スズキ ワゴンR

ワゴンRの気になる評判や口コミをまとめました!

「ワゴンRを買う前に、評価を見ておきたい」「悪い口コミがないか気になる」などと考えていませんか。

新車を買う前は、後悔しないためにも口コミをチェックしておくとよいでしょう。良いコメントばかりでなく、悪いところもチェックし、メリットとデメリットをつかむことが重要です。

今回はワゴンRの評判が気になる人のために、実際の口コミをまとめました。
ユーザーや専門家のコメントから分かるメリットやデメリットもまとめたので、この記事を読めばワゴンRの全体像が分かるでしょう。

ワゴンRの口コミは?

ワゴンRを選んで後悔したくないと思ったら、口コミを参考にするのが効果的です。一般ユーザーや試乗レポートから、ワゴンRの乗り味や使いやすさをイメージするとよいでしょう。

一般ユーザーのコメントをチェックしよう

一般ユーザーのほとんどは、実際にワゴンRに乗った感想をサイトに載せています。そのためあとからワゴンRを選ぶ人には参考になるでしょう。良い口コミだけでなく、悪い口コミもチェックすることで、総合的にワゴンRの使いやすさを判断できます。

良い口コミ

「カーセンサー」では、室内の広さを評価するコメントが目立ちました。
加えて静粛性や乗り心地が格段に良いと満足するユーザーもいたようです。

「CarMe」では、燃費に優れているという評価が見られます。軽自動車としての経済性に満足する人が多いようです。他にもハンドリングが楽で、小回りが利きやすいというコメントも見られました。

ワゴンRに乗ったユーザーの多くは室内の広さ、燃費、小回りの利きやすさなど、実用性の高さを感じるコメントを残しています。 

悪い口コミ

「カーセンサー」によると、インテリアの装備には目立った特徴がないというネガティブな評価がありました。
また内装色のベージュについて汚れが目立つと懸念するドライバーもいます。車重が軽くて加速が鈍いことを気にするコメントもありました。

「CarMe」でも横風を受けるとふらつきやすいというデメリットが挙がっています。さらに高速道路を走ったときに、発進がもたつく感じがしたユーザーもいたようです。

ワゴンRは内装の地味さや、加速感や安定感に欠ける面があるようで、それらを気にする声が相次いでいます。

専門家の試乗レポートもチェック

一般ユーザーだけでなく、専門家の試乗レポートもチェックしましょう。普通のドライバーには分からないポイントから、ワゴンRのメリットやデメリットを伝えてくれるからです。専門家によるワゴンRの試乗レポートから、当編集部が気になるコメントをまとめました。 

良い口コミ

「CAR and DRIVER」によると、加速時のエンジンを除いてハイレベルな静粛性であることを評価しています。

「MoTA」の試乗レポートでは室内空間への注目があり、後部座席の空間が確保されていることを挙がっていました。背もたれを前に倒すと、座面も一緒に下がってフラットな空間ができるそうです。

「MOTOR DAYS」でも、マイルドハイブリッドに標準装備のオートエアコンのパネルが操作しやすいことを前向きに評価しています。室内が横方向に広くなったことも評価していました。

このように専門家からも、走行性能や使いやすさに関して、前向きなコメントが多く見られます。

悪い口コミ

「CAR and DRIVER」によると、ワゴンRは高速走行時において、横風に影響されやすいそうです。「リファインを期待する」という、改善を求めるコメントがありました。

「MoTA」の試乗レポートでは、ベースグレードのFAにスタビライザーがないことを気にしていました。そのためカーブを曲がるときにボディが傾きやすいことを指摘しています。

「MOTOR DAYS」では、ペダルを踏み込んでも期待どおりのパワーが生まれないことを挙げ、加速力のなさを懸念していました。

このように試乗レポートでは、走行時にデメリットを感じやすい印象が根づいているようです。

口コミから分かるワゴンRのメリットは?

ワゴンRの口コミからは、さまざまなメリットが分かります。ここでは室内の広さや燃費の優秀さなど、4つのポイントを解説します。この章を読めば、ユーザーや専門家がワゴンRに満足する理由が分かるでしょう。

なお、この記事における競合車との比較値は、2WDベースグレードを基準としています。

室内が広い

ワゴンRは室内のサイズ感が強みです。特に後部座席の空間が広くなり、家族連れが使いやすくなったことが分かるでしょう。

その証拠として、ワゴンRや、競合車であるダイハツ・ムーヴホンダ・N-BOXのサイズを比べてみました。

項目 ワゴンR ムーヴ N-BOX
長さ 3395mm 3395mm 3395mm
1475mm 1475mm 1475mm
高さ 1650mm 1630mm 1790mm
室内長 2450mm 2080mm 2240mm
室内幅 1355mm 1320mm 1350mm
室内高 1265mm 1280mm 1400mm

ワゴンRは、室内の長さと幅がムーヴやN-BOXより優れています。外面の長さは一緒なのですが、ワゴンRは限られたサイズの中で室内のスペースを最大限に確保しており、使いやすさにつなげているのです。

以上からワゴンRの室内空間は優秀で、軽自動車に快適性を求める人にとっては好印象でしょう。 

燃費が優秀

ワゴンRは軽自動車として燃費も優れています。ここでもムーヴやN-BOXとカタログ燃費で比べてみます。また燃費はWLTCモードによる計測です。

車種 燃費
ワゴンR 24.4km/L
ムーヴ 20.7km/L
N-BOX 21.2km/L

ワゴンRの燃費は、ムーヴやN-BOXより優秀です。競合車より約3~4km/L優れていることは、軽自動車として燃費が上位クラスに入ることを意味します。マイルドハイブリッドを備えたワゴンRなら、より低燃費で、年間のガソリン代も浮かせやすいでしょう。

以上からワゴンRは、ガソリンにも優しい車でしょう。

小回りが利きやすい

ワゴンRの強みには、小回りが利きやすいこともあります。主要競合車と最小回転半径で比べてみました。

車種 最小回転半径
ワゴンR 4.4m
ムーヴ 4.4m
N-BOX 4.5m

ムーヴやN-BOXとの比較で、ワゴンRは互角です。現行のワゴンRは剛性が高くて軽量なプラットフォーム「ハーテクト」をもとに作られているので、運転初心者でもスムーズにコントロールしやすいでしょう。

街乗りとしてワゴンRを使う人が多いことを考えると、小回りが利きやすいことは重要です。 

乗り心地に優れている

ワゴンRは口コミから、乗り心地に優れていると考えられます。ハーテクトによってサスペンションが新しくなっているのが理由でしょう。

最新技術を使ったサスペンションのおかげで、コーナリングや粗い路面でも、足回りが衝撃を吸収しやすくなっています。ロードノイズも車内には伝わりづらいので、静粛性は申し分ありません。

ワゴンRのマイルドハイブリッドなら、ガソリンモデルよりもさらに静かな車内空間を望めます。静粛性にも優れたワゴンRは、優秀な乗り心地をイメージできるでしょう。 

口コミから分かるワゴンRのデメリットは?

口コミからワゴンRのデメリットも複数分かっています。地味なインテリアや加速力の鈍さなど、使っていて気になる点を挙げるユーザーも多いようです。今回は特に気になるデメリットを3つにまとめました。

インテリアが地味に感じる

ワゴンRはインテリアに特徴がなく、地味に感じる人が多いでしょう。約30年にわたり、大衆的な軽自動車というスタンスなので、インテリアにこだわった設計は見られません。

実際に内装を見ても、良くも悪くも無難にまとまった印象です。特に気にしない人もいますが、おしゃれを求める人にとっては物足りないでしょう。

しかし派生モデルのスティングレーなら、ワゴンRよりもどこかかっこよさを感じるデザインです。おしゃれにこだわるならこちらに注目してもよいでしょう。

通常のワゴンRは、インテリアが地味な印象を与えがちです。

加速力が鈍い

ワゴンRは加速力の鈍さも弱点のようです。軽自動車らしく非力なうえ、トールワゴンとして同じクラスの中だと車重もあるからでしょう。

旧モデルのワゴンRにはターボエンジンもありましたが、現在はマイルドハイブリッドが主流なので、パワフルな加速は期待しない方がよいでしょう。

モーターによるエンジンのアシストを期待する人もいますが、それでも思ったほどの加速力を感じられない可能性もあります。

スポーティな走行性能は、ワゴンRに求めない方がよさそうです。 

横風に揺られやすくて安定感がない

ワゴンRは横風に揺られやすくて安定しないと指摘するコメントも多いようです。これは車高の高さが原因でしょう。

一般的に車高が高いほど、カーブや風に吹かれているときには車体が傾きやすいのがデメリットです。スズキの中でも、アルトやカプチーノのようなスポーティなモデルより、ワゴンRが安定しづらいのは仕方ありません。

一方で、フロントやリヤにスポイラーというパーツをつけることで、車体の安定性が改善することもあります。

いずれにしてもそのままのワゴンRでは、横風に揺られたときの安定感が課題です。

まとめ

ワゴンRは口コミによると、室内空間の広さや低燃費などを評価するコメントが多く見られました。一方で加速の鈍さや不安定や車体を弱点に挙げる声も目立っています。口コミで分かったメリットやデメリットを踏まえ、公平に判断することが重要です。

車を買うときには、ディーラーで試乗に参加するのも良いでしょう。口コミで集めた情報をもとに、室内の使いやすさや加速力を実際に体感してみてください。現実のワゴンRの口コミと比べた感触を知る重要な機会です。

以上から口コミは新車選びにおいて重要な指標です。ワゴンRのような軽トールワゴンの選択に迷っている人も、積極的に情報を集めてみましょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-スズキ, ワゴンR

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.