スズキ ワゴンR

ワゴンRの新車乗り出し価格は約101万円~177万円

「ワゴンRがほしいけど、どれくらいで買える?」「新車乗り出し価格がいくらか知りたい」と興味を持っていませんか。ワゴンRの新車乗り出し価格を知ることで、準備すべき予算を正しく想定できます。

今回は新車を買う準備を進めている人のために、ワゴンRの新車乗り出し価格とその背景に迫ります。今回の記事を参考に、ワゴンRの購入相場が分かるでしょう。 

ワゴンRの新車乗り出し価格について

結論からいうとワゴンRの新車乗り出し価格は、108万円~177万円が相場です。108万円はワゴンRのもっとも安いグレードを購入し、値引き相場どおりに安くしてもらったときの金額になります。

しかしもっとも高いグレードを購入し、値引きなしでオプションも盛り込むと、180万円前後もありえるでしょう。このようにワゴンRの新車乗り出し価格は、車体だけでなくオプションのような諸費用も考える必要があります。

メーカー発表のワゴンRの価格を紹介

まずはスズキが公式サイトで発表しているワゴンRの価格を見ましょう。グレード別に分けてあるので、目当てのタイプがどれくらいで買えるかが分かります。 

ノーマルタイプのワゴンRの新車価格

ノーマルタイプのワゴンRの価格は以下のとおりです。 

グレード 駆動形式・トランスミッション セーフティサポート 税込価格
FA 2WD・CVT 116万3800円
4WD・CVT 128万9200円
2WD・CVT × 109万8900円
2WD・5MT × 109万8900円
4WD・CVT × 122万4300円
4WD・5MT × 122万2100円
HYBRID FX 2WD・CVT 128万0400円
4WD・CVT 140万3600円
2WD・CVT × 118万6900円
4WD・CVT × 131万0100円
HYBRID FZ 2WD・CVT 142万1200円
4WD・CVT 154万4400円

派生モデル「スティングレー」の新車価格

ワゴンRをスポーティにしたモデルである「スティングレー」の価格もチェックしましょう。

グレード 駆動形式・トランスミッション セーフティサポート 税込価格
HYBRID X 2WD・CVT 150万1500円
4WD・CVT 162万4700円
HYBRID T 2WD・CVT 165万3300円
4WD・CVT 177万6500円

スズキの公式サイトで見積もりシミュレーションが可能

スズキの公式サイトでは、ワゴンRの見積もりシミュレーションが使えます。販売車種の紹介ページにて、以下の項目を順番に決めていけば、見積もり額を出してもらえるしくみです。

  • 車種
  • グレード
  • カラー
  • オプション

自動車のネットカタログに見積もりシミュレーションのスペースがあるので、情報を確かめながら予算を想定できます。ワゴンRがほしい人も今から使ってみませんか。

競合車種と新車価格を比較する

ワゴンRの新車が安いかを確かめるなら、競合車種との比較がおすすめです。スズキは軽自動車に強いメーカーなので、そのなかでも車高が高いスペーシアやハスラーと比べてみましょう。他のメーカーのトールワゴンと比較もおすすめです。

車種同士の比較では、2WDのベースグレードを基準とします。 

同じスズキの人気軽自動車との比較

ワゴンRの新車価格をスペーシアやハスラーと比べた結果は以下のとおりです。

車種 税込価格 
ワゴンR 116万3800円
スペーシア 138万0500円
ハスラー 136万5100円

スズキではスペーシアやハスラーの人気が高いですが、ワゴンRはこの2車種よりも車体価格が20万円以上安いといえます。ワゴンRは長年多くの人に愛されてきた車種であり、現行モデルは旧型よりも使い勝手が進化しているのでお得です。 

同じメーカーの人気車種と比べると、ワゴンRのコストパフォーマンスの高さが分かるでしょう。

他メーカーのトールワゴンとの比較

他メーカーのトールワゴンとして人気なのはダイハツ・ムーヴやホンダ・N-BOXです。ワゴンRとの価格比較を以下にまとめました。

車種 税込価格 
ワゴンR 116万3800円
ムーヴ 113万3000円
N-BOX 141万1300円

ワゴンRの価格はムーヴよりやや高い程度で、N-BOXよりは安く買えます。 他社の人気トールワゴンにも負けない使いやすさと、安さを両立していることが分かるでしょう。

他のメーカーのトールワゴンと比べても、ワゴンRのコストパフォーマンスは上位クラスとうかがえます。 

ワゴンRの値引き相場はどれくらい?

ワゴンRを少しでもお得に買うには、値引きも考えられます。難易度はそこまで高くないので、正しいコツを押さえながら値引き交渉を進めてみましょう。

競合車種や経営違いである同じメーカーのディーラーとの比較をアピールするなど、誰もが実践できる方法があります。値引き相場やおすすめの交渉方法などをまとめました。 

値引きの難易度はそこまで高くない

ワゴンRの値引きは、そこまで難易度が高くありません。スズキとしてはお得に買えることをアピールし、売上台数アップにつなげたいからです。

現行のワゴンRは2017年2月にフルモデルチェンジを受けた6代目です。現行車種の登場から一定の期間が過ぎているので値引き交渉しやすいでしょう。

マイルドハイブリッドの採用や新しいプラットフォームによる軽量化など、強みもあります。ワゴンRの値引き難易度は高くないので、コストパフォーマンスを引き立てられるでしょう。 

価格.comの値引き情報から相場をチェック

「価格.com」の直近20件による口コミ検証の結果、2020年11月8日時点でワゴンRの車両値引き額相場は8.25万円、オプション値引き相場は3.75万円です。 

ワゴンRの値引き額は車両価格で10万円、値引き相場で5万円引いてもらえれば条件的には優秀といえます。車両価格だけで100万円台も夢ではありません。 

ワゴンRは、車両価格から10万円安くしてもらう交渉をしやすいでしょう。

競合車種との比較をアピールすれば値引き成功率が上がる

値引き後の新車価格において、競合車種との比較をアピールすれば、価格を安くしてもらえる可能性は上がります。ワゴンRはトールワゴンなので、ダイハツ・ムーヴやホンダ・N-BOXとの比較がおすすめです。

ライバル会社の競合車種と価格を比較した情報をディーラーに伝えれば、値引き交渉を有利に進めやすいといえます。スズキとしても、「ワゴンRを他社のトールワゴンに勝たせたい」という思いが強く働くでしょう。

業者の心理に訴えかける意味でも、競合車種からの見積もりを準備してください。それより安めの価格を交渉すれば、ワゴンR値引きに成功するでしょう。 

経営違いのスズキディーラーとの比較も有効

系列が異なるディーラーでワゴンR同士を競合させることも有効です。たとえば中古車販売店にも、ワゴンRを新車として売り出していることがあります。こちらとスズキの正規ディーラーのものを比較するとよいでしょう。

別系列のワゴンRの見積もりを見たスズキのディーラー側が、ワゴンRの購入金額を下げる可能性があります。

ただし同じグループのディーラー同士の比較で値引きを求めても、うまくいきません。スズキは各都道府県内で「スズキ自販」という形で新車を提供しています。同都道府県内のスズキ自販は同じグループなので、無駄な値引き競争はしません。

別々の店のワゴンR同士の競合から値引きを求める場合は、系列の違う2つのディーラーを比較対象にしましょう。 

ユーザーの行動次第で値引き相場が変わる

ユーザーがどれだけ意欲的な行動をしたかで、値引き相場も変わります。「B-cles car」のデータを参考に、交渉の程度に応じたワゴンRの値引き目安をまとめました。

値引き交渉の程度 値引き相場目安
特に交渉準備なし ~5万円
競合車種を絡ませて交渉 8~14万円 
限界交渉・多数のオプション 15~20万円

表が示すように、値引きに対する準備や意欲度によって、ワゴンRがどれだけ安くなるかも変わります。少しでもお得に買いたいなら、入念な交渉準備を整えましょう。 

ワゴンRの値引き交渉の正しい準備ややり方

ワゴンRの値引き交渉は、準備や方法を正しく進めることが重要です。過度に条件を押しつけすぎると印象が悪くなり、サービスを受けづらくなることにも注意してください。交渉時に準備すべきものやプロセスなどを確かめましょう。

値引き交渉で準備すべきもの

値引き交渉の準備には以下が挙がります。

  • ワゴンRの見積もりシミュレーション
  • 競合車種の選定
  • オプション装着後の価格計算

スズキの公式サイトでは、新車販売中の乗用車を紹介するページで見積もりシミュレーションを行えます。オプションパーツを選んだあとの見積もり額も出せるので積極的に利用してください。

値引き交渉では競合車種の選定もキーポイントです。ダイハツ・ムーヴやホンダ・N-BOX、日産・デイズなどワゴンRと形の似たものをターゲットにしましょう。こうした競合車種の見積もりをもらい、比較情報を述べてディーラーに値引きの可能性を尋ねるのが有効です。

ワゴンRの値引き交渉では、見積もりシミュレーションや競合車種の想定乗り出し価格など、入念な準備がカギを握ります。 

値引き交渉は2段階がおすすめ

値引き交渉は2段階を推奨します。1段階目ではディーラーと様子を探りあうことをイメージしてください。

このとき買う側からは「車を買い換えたいが、ワゴンRにしようか迷っている」というニュアンスを伝えるぐらいで充分です。この時点ではまだ値引き額を提示してもらえないことが多いでしょう。 

ここでワゴンRへの試乗を交えて店員とのコミュニケーションを深め、見積もりをもらってください。

2段階目に入る前に、競合車種の見積もりも準備してください。買い替え前の車があれば、買い取り相場と下取り査定額を入手しておきましょう。

2段階目で本格的に交渉を始めてください。車体価格の値引き相場は8.75万円なので、ここが基準目標です。競合車種の見積もりのような情報をもとに、どこまで値引きできるかを問いかけましょう。

ワゴンRの値引きは、こうした2段階作戦でうまくいく可能性があります。 

自身の条件を押しつけすぎないように気をつけよう

ワゴンRの値引き交渉で気をつけるべきポイントは、自身の条件を押しつけすぎないことです。業者を長時間拘束させたり、希望条件を強制したりすれば、悪印象につながります。

新車は買って終わりではありません。納車やアフタープランなどにより、長い間ディーラーのお世話になります。購入段階で関係を悪くしないようにしましょう。 

自身の条件を押しつけすぎないほどに、どこまで値引きできるかを話し合う心がけが重要です。

ワゴンRの値引きしやすいタイミングを知ろう

ワゴンRには値引きしやすいタイミングがあると知っていますか? 月末もしくは閉店2時間前に交渉すると、値引きに応じてもらいやすくなります。この章は値引きしやすいタイミングについての解説です。

月末、特に3月末は狙い目

ワゴンRに限らず、 新車の値引き交渉は月末が狙い目です。特に3月末は大きな値引きを受け入れてもらいやすいでしょう。

ディーラーが月末に値引き交渉を受け入れやすいのは、月単位での販売台数を伸ばすためです。1カ月ごとの販売目標計画を遂行するために、値引きを受け入れてでもワゴンRを顧客に売ろうという心理が働きます。

特に3月末は狙い目です。ディーラーの多くは3月末に年間の決算を行うため、販売台数を伸ばすための最後の追い込みをかけています。そのため顧客からの値引き交渉を受け入れやすいでしょう。

ディーラーの事情を把握しながら、なるべく月末に近いタイミングで値引きの相談を始めたいところです。 

閉店2時間前は値引きに応じてもらいやすい

時間でいうと、閉店2時間前はディーラーが値引きに応じやすいでしょう。平日の閉店間際は特にお客さんの出入りが少ないからです。

静かな空間でグレードやオプションの選定ができ、その流れで値引きの話し合いも進めやすいでしょう。特に日曜日の閉店2時間前はディーラーにとっては週の締めです。販売記録を伸ばすために値引きを受け入れてでも車を売ってもらえる可能性があります。

月末以外の日なら、閉店2時間前の入店を考えるのが賢明です。 

ワゴンRのおすすめオプションを紹介

ワゴンRの新車購入時は、オプションにも注目しましょう。メーカーの純正やディーラーのオプションをつけることで、追加料金がかかります。新車価格からどこまで予算が増えるかも考えながら、オプションをそろえましょう。

この章では以下の7点をおすすめオプションとして紹介します。 

純正カーナビで快適な運転環境を作れる

純正カーナビはオプションの定番として、快適な運転環境を実現してくれます。ワゴンRの場合は、パナソニック製のエントリー8インチナビセットがおすすめで、価格は14万6905円です。

感圧式タッチパネルで扱いやすいでしょう。走行地点周辺の地図や交通情報を示してくれるだけでなく、音楽再生やスマートフォンとの連携など、優れた機能が目白押しです。

楽しいドライブを目指すうえで、パナソニック製のカーナビは役に立つでしょう。 

高速道路よく使うならETC

高速道路をよく使うなら、ETCも考えましょう。C9TZはパナソニック製ナビへの接続ケーブルがセットで4万0920円で買えます。

カーナビと接続することで、安全運転や渋滞回避などをサポートしてくれます。高速道路の利用履歴もチェックできるので、どれだけお金が使ったかも分かるでしょう。

長距離運転が多い生活をしているなら、ETC車載器を導入してはいかがでしょうか。

交通トラブル対策にドライブレコーダーも 

あおり運転や事故などの対策としてドライブレコーダーを準備しましょう。パナソニック製ナビに対応したCA7Xなら3万7920円です。後方録画用も合わせると3万6850円になります。

ドライブレコーダーが映す映像と地図を二元表示してくれるのがポイントです。超高感度撮影により鮮明な映像も記録できるので、事故やトラブルが起きたときも有利な証拠になるでしょう。

交通トラブル対策に備えて、ワゴンRの新車購入時にはドライブレコーダーの注文も考えられます。以上のおすすめアイテム3点を合わせると、22万5745円です。

下取り車で実費を減らせる?

車を下取りに出すことで、売却額をもらえるので、ワゴンRの新車購入時には実費を減らせます。下取りの意味を理解したうえで、損をせずに取引を進める方法を学びましょう。 

下取りとは何か

下取りとは、新車のディーラーに対して前の車を売却することです。前の車もスズキなら、新車のワゴンRを売っている店に引き取ってもらえるでしょう。

下取りは通常の車の買取とは異なります。買取は車の購入にかかわらず、それまで持っていた車を売ることで、場所は中古車販売店が多いでしょう。

しかし下取りは車を売った場所で即新車を買えるのがメリットです。ひとつの場所で売却と購入の手続きをセットで済ませられるので、時間的に効率がよいでしょう。下取りでもらったお金は新車の乗り出し価格の一部をカバーできます。 

下取りと買取どちらが得かをチェック

車を手放すなら、下取り先のディーラーだけでなく買取店からも売却額を見積もってもらいましょう。ディーラーは値引きを受けた新車の購入代金とのバランスを考え、下取り金額を低く見積もることがあるからです。

ワゴンRでも値引きを受けると、前の車の下取り額まで値引き分安くなり、顧客にとっては損かもしれません。どうしても下取りをしたいなら、複数のディーラーから見積もりをとり、値引き額も考えたうえでお得に売れる場所を判断することが重要です。

手放す車を有利な条件で買い取ってもらうには、ディーラーだけでなく買取店からも見積もりをもらい、サービス条件に優れた方に売りましょう。

ワゴンR購入にはリセールバリューにも注目

ワゴンRを買うなら、リセールバリューにも注目してください。その意味と、リセールバリューから考えるおすすめグレードを紹介します。 

リセールバリューとは何か?

リセールバリューとは、買った車を売ったときの価値です。買った車がある時期にどれだけの資産価値を残すかを想定し、高く売りやすい新車を選ぶユーザーが多いといえます。

そのとき買った車が、ある時期にいくら買い取ってもらえるかを数字で表したのがリセールバリューです。一台の車を長く持ち続けられる保証はないので、売却時も想定した購入計画を組むとよいでしょう。

リセールバリューから見たワゴンRのおすすめグレードは?

リセールバリューから考えたワゴンRのおすすめグレードは、「HYBRID FX」です。「価格.com」のレビュー数を見ても、現行の2017年モデルに限ってはHYBRID FXが15人ともっとも言及を受けています。

マイルドハイブリッドらしい環境性能のよさと、コストパフォーマンスの高さが評価を受けており、軽自動車市場において人気が高いのでしょう。

人気の高いグレードは中古車市場でも高く売りやすいといえます。以上からワゴンRではHYBRID FXがリセールバリューの高さでおすすめです。 

まとめ

ワゴンRの新車乗り出し価格は約107万円~177万円です。グレードやオプションによってワゴンR一台でも予算は変わります。しかし大きく見積もっても200万円近くを用意すれば足りるでしょう。

車高が高い軽自動車として特徴が似た車と比べても、ワゴンRはお得に買いやすい印象です。今回の記事でコストパフォーマンスが高いと感じたら、スズキのディーラーでワゴンRを確かめてみませんか。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-スズキ, ワゴンR

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.