スズキ ワゴンR

ワゴンRの維持費を内訳別解説【ガソリン代・車検費用・自動車税・保険料等】

「ワゴンRの維持費ってどれくらいかかる?」「維持費の内訳が正確に分からない」などと悩んでいませんか。ワゴンRには購入金額だけでなく維持費もかかります。内訳もガソリンや車検、税金、保険料などさまざまなので、買う前に想定しておくとよいでしょう。

今回はワゴンRの維持費を知りたい人のために、内訳などの大切な情報を紹介します。車のモデルや生活環境によって正確な維持費は異なるでしょう。それでも今回の記事を参考にしながら、ワゴンRの大まかな維持費を想定してください。

軽自動車はもっとも維持費が安いクラス

ワゴンRが当てはまる軽自動車は、乗用車の形式のなかでもっとも維持費が安いといえます。税金面で普通の乗用車よりもお得であるなど、さまざまな理由が挙がります。軽自動車が経済面で優しい理由についてまとめました。 

年間維持費の相場は約30~40万円

ワゴンRに限らず、軽自動車の年間維持費は30~40万円が相場です。他のタイプの車と同じようにガソリンやメンテナンス、税金などで維持費はかかりますが、安く済ませられる項目が多いでしょう。

特にワゴンRにはマイルドハイブリッドもあるので、こちらを購入すればガソリン代などを節約できます。ハイブリッドはガソリンモデルよりも燃費がよく、年間の給油代も安くなりがちです。

軽自動車の年間維持費は約30~40万円と安く済ませやすいでしょう。

他のタイプの車より維持費が安い理由は?

軽自動車が他のタイプより維持費が安いのにはさまざまな理由があります。税金の面で優遇されたり、整備も安く済んだりすることが挙がります。

軽自動車は排気量が最大660ccに抑えられているので、ガソリン代を安くできるでしょう。排気量が小さいほど燃費もよくなりがちだからです。車体も小さく、装備中の部品の数も乗用車より少ないことが多く、そのぶんメンテナンスもローコストでしょう。 

他にも軽自動車は税金が安いことがポイントです。「軽自動車税」の適用で普通の自動車税よりも安く、一律1万800円を払えば済みます。重量も普通の乗用車より軽いので、重量税も安いでしょう。

さらに2021年3月31日まではグリーン化特例があります。これは前年までに燃費基準をクリアしたことで、軽自動車税が25~75%減税される制度です。

以上からワゴンRも含む軽自動車は、維持費が安くなるポイントが複数あります。

軽自動車の維持費の内訳を知っておこう

ワゴンRを新車で買う前に、維持費の内訳を知っておくことが重要です。税金やメンテナンス代、保険、駐車場などさまざまな場面で維持費はかかります。それぞれにかかるお金を想定し、ワゴンRをマイカーとして持つべきかを検討しましょう。 

軽自動車税

ワゴンRが適用を受ける税金は軽自動車税で、一律1万800円です。普通の乗用車とは違うので、通常の自動車税は適用されません。

自動車を購入したら、税金を払わなければいけません。自動車税は軽自動車でなければ1000cc以下でも2万5000円、1000cc超~1500ccでは3万500円という風に、排気量が大きいほど増えていきます。しかし軽自動車税の適用を受ければ、もっとも低いクラスの税金で済むのでお得です。

ワゴンRは自動車税の面で優遇されているので、なるべくお金をかけないで車を持ちたい人には理想的でしょう。

自動車重量税

ワゴンRの税金には軽自動車税に加えて、重量税もかかります。自動車が重いほど税金が高くなりますが、軽自動車は重量を問わず一律で決まります。

車を所有する目的でも、税金は変わります。一般的には「3年保有の自家用」としてワゴンRを所有することが多いといえますが、その場合は7500円です。1年あたり2500円と考えましょう。

ちなみに「自家用貨物2年」での所有なら5000円です。「自家用貨物」とは、主に仕事用の商品や備品を持ち運ぶ目的を意味します。 

いずれにしてもワゴンRは軽自動車なので、こちらもいちばん安いクラスの重量税を払えば問題ありません。 

ワゴンRはエコカー減税対象車である

2020年10月25日時点で、ワゴンRは全グレードにおいてエコカー減税対象車という認定を受けています。グレード別の減税額は以下のとおりです。

グレード 軽自動車減税額 重量減税額  合計
FA・2WD・5MT 1900円 1900円
HYBRID FX 2700円 3800円 6500円
HYBRID FZ 2700円 3800円 6500円
昇降シート車 FX 1900円 1900円
昇降シート車 FZ 1900円 1900円

もっとも減税の恩恵を受けられるのはHYBRID FX・FZです。3年自家用なら自動車税と重量税の合計は1万8300円ですが、減税を受ければ1万1800円で済みます。一方でガソリンモデルであるFAや昇降シート車は1900円しか減税を受けられないので、恩恵を感じづらい人もいるでしょう。

ワゴンRは全グレードでエコカー減税を受けられ、特にマイルドハイブリッドで効果を実感しやすいといえます。

ガソリン代

ワゴンRを走らせるとガソリンが減るので、空っぽに近くなったら給油をしなければなりません。1Lあたりのガソリン価格と、実燃費から年間費用を想定しましょう。

2020年10月25日時点のレギュラーガソリン価格は1L124.7円です。「e燃費」調べではワゴンRの実燃費から、想定される年間ガソリン代は以下のようになります。

グレード 平均実燃費 年間ガソリン量 年間ガソリン代
FA 19.7km/L 507.6L 6万3285円
HYBRID FX・FZ 19.9km/L 502.5L 6万2661円

ワゴンRの年間ガソリン代の相場は、6万円強と考えましょう。特にマイルドハイブリッドモデルはガソリンモデルよりも年間の額が安くなります。

以上からワゴンRに必要なガソリン代は安く、準備しやすいでしょう。 

メンテナンス代

メンテナンスにも費用がかかります。部品のチェックや交換だけでなく、洗車や室内清掃にもお金を要するでしょう。特にエンジンオイルやタイヤといった消耗品の交換は、安全な運転を続けるために必要なので、交換費を計算してください。

ドライバーが自力で交換する消耗品や相場は以下のとおりです。

消耗品 交換タイミング 相場
エンジンオイル 6カ月または6000kmごと 3000~4500円(フィルター交換含む)
バッテリー(一般) 2~3年ごと 3000~5000円
バッテリー(マイルドハイブリッド) 2~3年ごと 5000~8000円 
タイヤ 4~5年ごとか4万~5万kmごと 2万円

以上の消耗品の交換も含めて、年あたり約2万円ほどは用意しておいた方がよいでしょう(数字はナビクルcar調べです)。

車検代

車検は新車登録からは3年、2回目以降は2年ごとに受けるので、そのたびに代金がかかります。車検時には重量税、自賠責保険、印紙代、工場側による整備費などもセットで払うしくみです。

車検が必要なのは、国が決めた保安基準を満たしているかを調べるためです。そうでなければ修理が必要になります。 

人により車検を受ける場所も異なるでしょう。「ナビクルcar」によると、軽自動車の車検先がディーラーなら約7万円、車検専門店やガソリンスタンド、カー用品店なら約5万円はかかります。 

車検時は検査にかかったお金だけでなく、税金や保険代も払う必要があるため、どれくらいのお金を払うかチェックしましょう。

保険代

保険には自賠責保険と任意保険がありますが、どちらも加入した場合は約7万円かかります(「大学生、車を買う。」調べ)。自賠責保険だけで1万円かかるうえ、任意保険は21歳以上なら約6万円かかるからです。しかしマイルドハイブリッドモデルなら、任意保険額は少し安くなるでしょう。

自賠責保険は車を持った時点で強制加入になり、自動的に費用がかかります。任意保険には入らなくても車の運転はできます。

しかし自賠責で補償できる範囲は、事故相手のケガに対するものだけです。車の損傷や自身のケガなどは、任意保険に加入しないと補償してもらえず、高額出費になるでしょう。

以上から保険は自賠責・任意両方加入することを考え、費用計算することをすすめます。 

駐車場や高速道路など車で使う場所の利用費

駐車場や高速道路など、車で使う場所の利用料金も維持費に入ります。駐車場は自宅にない限り、近くにあるところを月極で借りなければいけません。相場も地域により異なります。

一方、遠くへ出かける頻度が多ければ、高速道路の年間利用回数も多くなるでしょう。ここは使う習慣がない限り費用はかかりませんが、利用時は一回あたりの費用を計算し、高すぎれば控えることも考えられます。

ワゴンRでも駐車場や高速道路の利用代金を想定することが大切です。 

ワゴンRの維持費はどれだけなのか?

ワゴンRの維持費は年間で約26万円はかかるでしょう。軽自動車なので税金など軽く済む部分もありますが、それでも20万円を超える負担に変わりはありません。

事故で大規模な修理が必要になるなど想定外の費用が出る可能性もあります。ワゴンRの維持費のために、相場である約26万円分だけでなく、10万円程度を貯金などで取っておくのもよいでしょう。

それでもワゴンRは軽自動車なので、セダンやコンパクトカーよりも維持費は安くなりがちです。月あたり2~3万円用意できれば、特にお金の心配はいらないでしょう。

他の人気軽自動車と維持費を比べてみよう

ワゴンRの維持費が他の軽自動車より安いか気になる人もいるでしょう。今回は他のメーカーで人気の軽トールワゴンを対象に、ワゴンRと維持費相場を比較します。この章ではダイハツ・タントとN-BOXを対象としました。

タントの維持費と比較

「cobby」調べでは、タントの維持費は全グレードを合わせた平均として、年間で約33.1万円かかります。内訳は以下のとおりです。

X Xターボ
自動車税 1万800円 1万800円
ガソリン代 6万5372円 6万9250円
車検代 2万6403円(継続審査時3万4140円) 2万6403円(継続審査時3万4140円)
任意保険料 7万9500円 7万9500円
駐車場代 12万円 12万円
諸経費 2万4750円 3万250円
合計 32万6825円(継続審査時33万4562円) 33万6203円(継続審査時34万3940円)

タントの維持費は、ワゴンRより高いでしょう。ターボモデルの方が自然吸気モデルよりも少し高くかかる程度です。

特にガソリン代でワゴンRとの差がつきやすいでしょう。「e燃費」によると、タントの実燃費は平均16.1km/LでワゴンRよりも短いため、給油回数や量が多くなりそうです。

以上を考えても、ワゴンRはタントより維持費がお得になりやすいでしょう。 

N-BOXの維持費と比較

「cobby」調べによるN-BOXの維持費は以下のとおりです。

2WD 4WD
自動車税 1万800円 1万800円
ガソリン代 6万7248円 6万9840円
車検代 1万9736円 1万9736円
任意保険料 6万4000円 6万4000円
駐車場代 12万円 12万円
諸経費  2万9875円 2万9875円
合計金額  31万1659円 31万4251円

N-BOXの維持費もワゴンRより高いといえます。N-BOX自体、4WDの方がわずかに2WDよりも高いという結果も出ています。「e燃費」調べでN-BOXの実燃費は平均15.5km/Lと出ており、ガソリン代でもワゴンRより高くかかりそうです。

結果から見て、ワゴンRはN-BOXでも維持費が安く済む見通しです。

ワゴンRの維持費を節約する4つのポイント

ワゴンRの維持費を安く済ませるなら、自宅からなるべく近いガソリンスタンドをはじめ、さまざまな工夫があります。この章ではポイントを4つに分けて解説します。

近場のガソリンスタンドを探す

ワゴンRの維持費を節約するためには、ガソリンスタンドの場所がポイントです。自宅からの距離が近いガソリンスタンドは、給油のためだけに外出する時間を短くできるからです。

通勤のついでに知らない場所にあるガソリンスタンドに立ち寄るケースもあるでしょう。しかしこのときは、満タンにしても行きや帰りで消費するため、その後の移動で再給油の必要が出るなど影響があります。

自宅付近のガソリンスタンドだけを使えば、ポイントも貯めやすいメリットがあってお得です。ワゴンRの給油には、ひとつだけのガソリンスタンドを使い続けるように心がけましょう。

自動車保険を見直す

自動車保険を見直すことでも、維持費の節約につながります。事故をおそれて補償の機会を作ることは重要ですが、あまりにも多くの項目を入れると保険代だけが重くのしかかるからです。

たとえば独り暮らしの人でも、同乗者にケガをさせることを警戒し、それに見合った保険を決めることもあるでしょう。しかし同乗者に乗ってもらう回数が少ないときは、あえて同乗者のケガに対する補償を決めないことも考えられます。

このように自身の生活状況を見直し、リスクが少ないと思われる項目を補償範囲に定めない選択肢もあるでしょう。

ユーザー車検で節約できることもある

ユーザー車検の利用で維持費を軽くする方法もあります。これは自身で軽自動車検査協会に車を持ち込むことで、車検を通してもらうサービスです。法定費用や車検の手数料を払うだけでよいので、ただでさえ安いワゴンRの維持費をさらに削れるでしょう。

しかしユーザー車検には注意点もあります。不具合の整理がスルーされたり、不合格による再検査の必要が出たりすることです。事前に自身でできるだけ車の状態を調べておき、ユーザー車検をクリアできなさそうなら、ディーラーや整備工場に相談しましょう。

ユーザー車検は、ワゴンRの維持費を安くする手段ですが、不合格の可能性も想定することが重要です。

自力の整備・点検はできる範囲で

ワゴンRの維持費を安くするなら、できるだけ自力や整備は点検も考えましょう。車全体の整備は、よほど知識がない限り、ドライバー本人だけではできません。しかし車全体のチェックを整備士やディーラーにまかせっきりにしても、依頼の費用が高くついて不便でしょう。

以上を考えて、自身でできるチェックは自身で済ませるのがおすすめです。たとえば消耗品の交換程度なら、ネットショップで新しいものを取り寄せることで準備できます。

現在なら部品の交換方法を動画で公開するケースも多いので、スマートフォンで参考にしながら実践するとよいでしょう。

このようにワゴンRの整備や点検は、自身で無理なくできる範囲なら自力で済ませましょう。プロに整備を依頼するときのお金を浮かせられるからです。 

ワゴンRの維持費に関するポイント

ワゴンRの維持費を知るだけでなく、その背景を知ることも大切です。ハイブリッドの方が維持費を安くできることや、一台を長く持ちすぎるデメリットなど、以下の2つのポイントを押さえましょう。

マイルドハイブリッドの方が維持費が安い

ワゴンRはマイルドハイブリッドの方が維持費が安い傾向です。ハイブリッドシステムがある車は燃費に優れているので、ガソリン代を抑えられるでしょう。 

「大学生、車を買う。」調べでも、6代目ワゴンRについてはマイルドハイブリッドの方が安い試算です。21歳以上が乗った場合として、ガソリンモデルは18万1020円に対し、マイルドハイブリッドモデルは16万9260円と出ています。

ワゴンRの車両価格ではガソリンモデルの方が安いですが、維持費で見るとマイルドハイブリッドモデルの方が安上がりです。

新車登録から13年を超えると税金が高くなる 

ワゴンRに限らず、同じ車を13年以上持っていると税金が高くなります。軽自動車税は1万800円で、3年の自家用で所有していれば1年あたり2500円です。しかし新車登録から13年以上が経過するとともに上がります。

新車登録から13年が過ぎたワゴンRの自動車税は1年あたり1万2900円です。さらに重量税も4100円に増えるうえ、こちらは18年経過で4400円とさらにアップします。

このルールはワゴンRを長く持ち続けている人に限らず、中古車として買った人も要注意です。中古は新車登録から期間が経っているのがほとんどなので、13年ルールを迎えやすいでしょう。

税金アップが気になるなら13年以上ワゴンRを所有せず、新しいモデルに買い換えることがおすすめです。

まとめ

ワゴンRの維持費は年間で26万円です。ちょっとした諸費用が追加でかかったとしても、30万円を下回る可能性が高いでしょう。

維持費の内訳にはガソリンやメンテナンス、税金、保険などさまざまです。それぞれにかかるお金を計算し、ワゴンRを持っているだけで年間でどれほどかかるかを想定しましょう。

それでもタントやN-BOXよりワゴンRは維持費が安く済みそうです。今回の記事でワゴンRがお得と感じたら、維持費の安さを車選びの材料にしてもよいでしょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-スズキ, ワゴンR

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.