タンク トヨタ

タンクの乗り心地や静寂性のレベルを解説!悪い?良い?

「タンクの乗り心地っていいの?」
「静粛性が高いか知りたい」
などと考えていませんか!?
車選びを後悔しないためにも、乗り心地や静粛性について貴重な情報を知りたいですよね。

今回はタンクに乗った印象をイメージしたい人のために、乗り心地や静粛性に関する情報をまとめました。
この記事を読めば、タンクの乗りやすさを想定でき、車選びに役立てられるでしょう。

タンクの乗り心地に関する評価を知るには?

タンクの乗り心地を知るには、口コミや試乗レポートを検索してチェックすることと、ディーラーや中古車市場を訪れて試乗することが重要です。
タンクは2020年9月をもって新車販売を終了しているので、購入だけでなく試乗も中古車市場でしかできません。

新車時代の口コミや試乗レポートは、タンクのイメージを知るうえで重要です。
情報だけでなく実際の感触を確かめたくなったら、中古車市場が展開している試乗を行い、口コミがどこまで正確かが分かるでしょう。

情報と試乗を使い分けることで、タンクが自身の愛車としてふさわしいかを正確に判断できます。 

一般ドライバーからのレビュー

まずは、一般ドライバーからのレビューを参考にしてみましょう。
実際にタンクを運転した人からの感想を確かめることで、乗り心地をイメージしやすくなります。
代表的な一般ドライバーによる、タンクの乗り心地へのレビューをまとめました。 

良かった評価

タンクの乗り心地についての一般ドライバーのレビューのうち、前向きなものを数点取り上げます。

メリット

  • 視界が広い(「みんカラ」より)
  • マイルドな乗り心地(「みんカラ」より)
  • N-BOXよりもカーブ時のロールは少ない(「価格.com」より)

タンクの乗り心地についてよく評価されていたのは、視界の広さです。
他にも乗り心地がマイルドと感じたり、カーブ時のロールが競合車よりも少ないという意見もありました。

以上からタンクの乗り心地について、多くのドライバーが好印象を感じているようです。
特にドライバーにとっての視界の広さなど、安全性につながる点が評価されているのが大きいでしょう。 

悪かった評価

タンクの乗り心地には、ネガティブな評価も見られました。以下が代表例です。 

デメリット

  • 全体的に乗り心地が少々固い(「みんカラ」より)
  • 後部座席の乗り心地が悪い(「CarMe」より)
  • デコボコした路面の衝撃が伝わってきやすい(「CarMe」より)

ドライバーによっては、タンクの乗り心地の固さが気になるようです。
具体的には路面の衝撃が伝わってきやすいという意見もあったので、静粛性についてあまり期待しない方がよいでしょう。
後部座席の環境の悪さを指摘する声もありました。

乗り心地や静粛性で考えると、タンクの弱点が明らかになるかもしれません。 

試乗レポートでのレビュー

タンクの乗り心地や静粛性を調べるなら、一般ドライバーだけでなく、自動車情報サイトなどに登場する専門家の意見にも注目してください。
自動車情報サイトにおける試乗レポートの意見を数点ピックアップしました。 

良かった評価

試乗レポートでは、以下のような点が評価されています。

メリット

  • コンパクトカーとしては高い背もたれで座り心地が快適(「MoTA」より)
  • 試乗したのがターボ車というのがあるが、静粛性は意外に高い(「MOTOR DAYS」より)
  • ドリンクホルダーやスマホ置き場などインテリアの道具が充実している(「MOTOR DAYS」より)

タンクの高評価ポイントとしては、座り心地のよさ静粛性インテリアパーツの充実性などが挙がっています。
特に専門家が座り心地や静粛性について評価したのは安心できるでしょう。

良かった評価を見ると、タンクには安心して乗れそうなイメージがあります。 

悪かった評価

タンクの試乗レポートでは、乗り心地や静粛性について以下のことが指摘されています。

デメリット

  • 床と座面の間隔が離れているので、小柄だとペダルが踏みにくいかもしれない(「MoTA」より)
  • 後部座席は柔軟性に欠ける(「MoTA」より)
  • ハンドルが軽すぎて手応えがない(「CarMe」より)

専門家からは床と座面の間隔の大きさや、後部座席の固さなどが指摘されています。
さらにハンドルの軽さは操作性にも影響するので、気になる人は多いでしょう。

このようにタンクの弱点を指摘する意見もあるので、メリットと合わせて受け止めきれるかは試乗でチェックしてください。

タンクの乗り心地で注目すべきポイントは?

口コミを参考にタンクの乗り心地につながるポイントを確かめましょう。
ここではトールワゴンの中でコーナリングが安定しているというメリットや、全体的な乗り心地が固いというデメリットなどを紹介します。

良: トールワゴンとしてはカーブ中でも安定している

タンクは車高の高いトールワゴンですが、カーブでもロールが少ないのが特徴です。
ロールが大きいと車体が傾きやすいですが、タンクではそうしたリスクを抑えられるでしょう。

「CarMe」の試乗レポートでは、急カーブを曲がったときの安定感が高評価を受けています。
このレポートが実践したように、トヨタのメガウェブのような試乗コースのスラロームを走ってみると分かるでしょう。
スムーズなコーナリングに納得できるかもしれません。

以上からタンクは、車高の高い車としては安定感していると結論づけられます。

良: 楽な姿勢で運転しやすい

タンクは楽な姿勢でドライブしやすいのが特徴です。
高剛性のサスペンションや見通しの 良さ、恵まれた背もたれなどが要因です。

サスペンションの剛性が高いことで足回りがしっかりしているため、カーブ時の安定感だけでなく、柔らかすぎて不快な乗り心地になる心配はありません。
視認性の良さは運転席前のメーターを低く設計しているからです。以上から運転環境の健全性は高いでしょう。

コンパクトカーとしても背もたれが高いので、背中を預けやすいといえます。
このように楽な姿勢で運転しやすいことがタンクの強みです。 

悪: 全体的な乗り心地は固め

タンクのデメリットとしては、全体的に固い乗り心地が挙がります。
サスペンションの剛性を高めているので、しっかりとしたフィーリングになるものの、乗り心地の柔らかさが犠牲になっているようです。

特に石畳のようなデコボコが多い路面だと、車内に振動が伝わってきやすいでしょう。
長距離運転では乗り物酔いにも注意が必要です。

タンクは乗り心地が固いと感じる人が多いでしょう。
なるべく路面の粗い場所は避けた方がよさそうです。 

悪: シート自体は固めで、走行中の突き上げを受けやすい

タンクはシート自体も固めで、走行中の突き上げに注意が必要です。
具体的には座面が薄く、特に後部座席の設計や厚みがシンプルすぎます。
家族でのドライブでは、リラックスしづらいかもしれません。 

シートが柔らかくないと、路面から受ける衝撃も響きやすくなります。
これが座席への突き上げになって、乗っている人の不快感につながるかもしれません。

試乗でどこまで突き上げがあるかをチェックし、受け入れられるレベルか判断するとよいでしょう。 

タンクの静粛性で注目すべきポイントは?

タンクの乗り心地を支えるポイントに静粛性もあります。これについて注目すべきポイントをまとめました。
具体的には遮音材の導入や、ターボと自然吸気による静粛性の違いをチェックしてください。
ただし走行中のロードノイズやエンジンの音には気をつけましょう。 

良: 車のいたるところに遮音材を導入し静粛性アップ

タンクは車のいたるところに遮音材を入れているので、ある程度の静粛性はあります。
これによりエンジンノイズやロードノイズを抑えやすくなっており、車内で必要な会話もスムーズに進むでしょう。

ただし発売当初は重量の軽さを守るため、遮音材や吸音材が少なくなっています。
そのため古いモデルではノイズが響きやすいでしょう。

それでも遮音材が全くないよりはマシなので、タンクの運転中はノイズに悩むリスクが小さいといえます。

良: ターボの方が静粛性に優れている

タンクは、特にターボの方が運転中静かでいられます。
ターボエンジンは通常のエンジン回転数を抑えられるので、加速時の騒音が車内に響きづらいでしょう。

ターボの方がパワフルなぶん、音も大きいと心配する人もいるかもしれません。
しかし実際のターボエンジンは少ない回転数で大きなパワーを発揮するので、騒音の面でもリスクを低くできます。

タンクのターボエンジンは1.5Lレベルのトルクを発揮するうえ、静粛性でも有利です。 

悪: 軽自動車のようなロードノイズは残っている

タンクの静粛性について、軽自動車にありがちなロードノイズが残っていると指摘する人もいます。
振動が多いことで、運転時のストレスが気になるところです。

サスペンションの剛性の高さやシートの固さと相まって、路面からの振動が伝わりやすくなっています。
高速道路の継ぎ目や、デコボコが多い道路を走るときは要注意でしょう。

タンクは特にロードノイズに対する対策がないようで、走行中の振動に気をつけなければなりません。
試乗でどこまで振動が伝わってくるかの検証も、車選びでは大切です。 

悪: 加速時のエンジンノイズに注意

加速時のエンジン音にも注意しなければなりません。
タンクには遮音材がありますが、それでも車内にエンジン音が響くのが気になる人がいるようです。

ターボエンジンならエンジンノイズも抑えめになれます。少ない回転数でも十分な加速ができるからです。
しかし自然吸気エンジンだと多くの回転数を要するので、走り出しの音が気になるかもしれません。

タンクは走り出しのエンジンノイズに注意が必要です。
これは試乗だけでなく、動画の走行レポートからも検証するとよいでしょう。

まとめ

タンクの乗り心地はトールワゴンとしては優れていますが、静粛性に弱点があります。
シートの固さによって振動を受けやすく、自然吸気エンジンの加速時におけるうるささが気になる人もいるでしょう。

乗り心地や静粛性は動画の走行レポートや、実際に中古車市場を訪れての試乗で確かめることがおすすめです。
実際に乗った感触をつかむことで、口コミの正確性が分かります。

タンクは乗り心地に優れた車ですが、弱点も複数あるので、バランスよく情報を集めてから購入を判断しましょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-タンク, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.