タンク トヨタ

【徹底解説】タンクの寿命はいつ?買い替え時期を紹介!

「トヨタ・タンクっていつまで使えるの?」
「タンクの寿命を知りたい」
などと気になっていませんか!?
これからタンクに乗ろうとしている人も、今持っている人も、次の車を買い替えるなら寿命の見極めが重要です。

今回はタンクの寿命を知りたい人のために、耳寄りな情報をまとめました。
この記事を読めば、タンクを処分する最適なタイミングをつかみやすくなります。

タンクの寿命はいつなのか?

タンクの寿命の目安を知りましょう。
正確には分かりませんが、中古車市場の流通状況や、世間が車を使う平均年数、走行距離などからある程度は想定できます。
タンクの寿命目安の知り方をまとめました。

タンクの寿命はまだ明らかになっていない

タンクの寿命は、2020年12月時点ではまだ正確に分かりません。
タンク自体が2016年11月とデビューが早く、中古車市場にも状態の優れた車が多いからです。

ドライバーの運転スタイルや走行環境によっても、タンクの劣化は異なります。
街乗りで毎日丁寧に扱っていれば長く使えますが、山間部のようなタフな条件での走行が多いと、パーツが早めに劣化するかもしれません。

このようにタンクの寿命は走行条件に左右されます。
モデル時代が新しいので中古車としても買い取られやすく、正確な寿命がいつなのかはまだ分かりません。 

中古車市場で同じ年式の流通台数が少なくなったとき

自身が使っているタンクの年式に注目しましょう。
同じ年式のタンクの流通台数が中古車市場で少なくなったときは、寿命の目安と判断できます。

参考までに同じトールワゴンのトヨタ・パッソで見てみましょう。
出典は「カーセンサー」で、2020年12月13日時点のデータです。

年式  パッソの流通台数
2020年式 18台
2019年式 332台
2018年式 236台
2017年式 375台
2016年式 503台
2015年式 326台
2014年式 259台
2013年式 194台
2012年式 248台
2011年式 335台
2010年式 384台
2009年式 198台
2008年式 95台
2007年式 79台
2006年式 53台
2005年式 52台
2004年式 27台

パッソの中古車流通台数のピークは2016年式です。
一方で2008年式以前は100台を下回るようになっています。
中古車として買い取ってもらいやすいという基準では、2020年から見て2008年式が当てはまる12年落ちまでが寿命でしょう。

以上からタンクの寿命も、約10年強となる可能性があります。

車は平均約13年使われる

一般財団法人である自動車検査登録情報協会によると、2019年3月末に調べた自動車の平均使用年数は13.26年です。
これは軽自動車を除いた数字なので信憑性が高いといえます。

世間では多くの人が、ひとつの車を10年以上使っていることになります。
トヨタ・タンクは中古車市場の状況から早めに手放している人もいますが、基本的には10年経っても使い続けるという人が多数派でしょう。

このような統計データから考えれば、今タンクを所有している人にとっては、新車登録から10年以上経過するまで買い替えを待つのも選択肢でしょう。

走行距離が10万kmを超えたら寿命の可能性

タンクの寿命を知るなら年数経過だけでなく、走行距離にも気を配りましょう。
一般的に走行距離が10万kmを超えたら、寿命を迎える可能性が高いとされています。

一方で日ごろから車の扱いが丁寧で、定期的なメンテナンスを繰り返していれば、10万kmを超えても状態が良いというケースもあるでしょう。

しかし見た目のダメージが大したことなくても、センサー類やエンジンの構成部品のように、目に見えないパーツの故障も考えられます。
走行距離が10万kmの大台を突破していると、見た目ではわからない部分が壊れている可能性に気をつけましょう。

タンクでも走行距離が10万kmを超えると、安全のために買い替えた方がよさそうです。 

タンクの理想の買い替え時期は?

タンクの理想の買い替え時期について紹介します。

走行距離が10万kmを超えたときのほか、中古車市場の流通状況を参考にするのもよいでしょう。
新車登録から13年を過ぎると自動車のために払う税金が増えるので、寿命に関係なくその直前を買い替え時期に選ぶことも考えられます。 

このようにタンクの買い替え時期には、さまざまなタイミングと動機があるでしょう。

走行距離が10万kmを超えたときに考える

タンクの走行距離が10万kmを超えたら、買い替えを考えてもよいでしょう。
10万kmも走ると、見た目では分からないパーツが壊れる可能性が高いからです。

特にエンジン内部を構成するタイミングベルトの劣化に注意しなければなりません。
タイミングベルトは走行距離が長すぎると、消耗しすぎて切れるおそれがあるからです。
ベルトが消えたまま車を動かすことで、エンジンに致命的なダメージを与えてしまいます。

以上から10万kmも走ったタンクは、エンジンに隠れたダメージを負っている可能性が高いとされます。
以上から走行距離がある程度長くなったときに買い替える計画は合理的です。 

使用中の年式が中古車市場で少なくなりはじめたら

あなたが所有しているタンクの年式が、中古車市場においても古くなり始めたときは買い替えがベターです。

古くなった車の処分は、買い取りがお得になります。
ただ廃車に出すよりも業者に買い取ってもらうことで、臨時的にお金をもらえるからです。
しかし車の状態が悪いと買い取ってもらえないかもしれません。

タンクは2016年にデビューした新しい車種なので、行き過ぎた劣化を理由にした買い取り拒否のリスクは低いでしょう。
しかし10年をすぎると、特にデビューに近い年式のモデルは、中古車市場で流通台数が少なくなります。

中古車市場の流通台数を見て、あなたが持っているタンクの年式がピークを超えはじめたら、買い取ってもらいましょう。
これが新しい車へ買い替えるタイミングにもなります。

新車登録から13年より前に買い替えると税金面でお得 

タンクは新車登録から13年が経過する前に買い替えるとお得です。
車は13年を過ぎると自動車税が高くなります。無駄な税金を払う前に買い替えを考える人も多いようです。

タンクの排気量は996ccで、重量はグレードにより異なり1070~1130kgです。
このクラスにおける自動車税と時間経過に応じた金額の変化は以下のとおりになります。

自動車税 自動車重量税(2年自家用)
新車登録から13年未満 2万5000円 2万4600円
新車登録から13年超~18年未満  約3万3900円 3万4200円
新車登録から18年以上 約3万3900円 3万7800円

このようにタンクを長く持ちすぎると、税負担が大きくなります。
余分な出費を避けるには新車登録から13年を前に買い替えることが理想です。

2020年9月にタンクは新車販売を終了しているので、中古車市場でしか手に入りません。
税負担が増えるまでの時期は、オーナーの購入からではなく新車登録からです。
中古車市場を訪れたら、タンクの新車登録時期をチェックし、税負担が増えるまでの時期を計算しましょう。

以上から税金が増える直前も、タンクを処分するタイミングになり得ます。 

タンクの寿命を伸ばすポイント

タンクは中古車市場でしか手に入らないので、ただでさえ新車より古い状態をいかに長持ちさせるかが重要です。
以下の寿命を伸ばすポイントを踏まえながら大切に扱いましょう。

この章では寿命を伸ばすうえで必要な行動について、消耗品の交換や、車庫入れ時の据え切りの回避など5つのポイントを紹介します。

消耗品を定期的に交換しよう

消耗品の定期交換はタンクの寿命を伸ばすうえで大切です。
以下に代表的な消耗品をまとめました。時期と交換費用を表にまとめているのでぜひチェックしてください。

消耗品 交換時期 交換費用の相場
エンジンオイル 半年か走行距離5000kmごと 4000円~
エンジンオイルフィルター 現行フィルター使用開始から2回目のエンジンオイル交換時 2000円~
ブレーキオイル 2~3年ごと、街乗りなら4年ごとも可 4000円~
デフオイル(4WDの場合) 3~4年か走行距離3万~4万kmごと 4000円~
ラジエター液 2~3年ごと、ただしそれより長くもつ製品もある  全量交換なら5000円~
ATフルード 走行距離5万kmごと 6000円~ 
バッテリー 2~3年ごと 1万円~
ブレーキパッド 厚さ2~3mm以下かブレーキでの異音発生時 4輪交換で1万5000円~
タイヤ 溝の深さが1.6mm以下 4輪交換で4万円
エアクリーナー 走行距離4万kmごと 3000円~
スパークプラグ 走行距離2~3万kmごと、プラチナやイリジウムなら10万kmごと 5000円~
ワイパーブレードゴム 2年ごと 2000円~

これ以外にも車にはさまざまな消耗系パーツがあります。
異変が分かり次第原因を調べ、問題になっているパーツはすぐに交換しましょう。

日ごろからの丁寧な車のケアや、異常が発生したときの即座の対応が、タンクを長くもたせるうえで大切です。 

走行距離が長いほどメンテナンスも多くなる

タンクでも走行距離が長いほど、メンテナンスの機会も多くなります。
メンテナンスに時間やお金を多く取られるようになったら、タンクの処分を考えましょう。

定期的なメンテナンスで車の状態を保っていても、走行距離が長すぎるとさまざまなパーツが劣化します。
長らく交換を受けないままパーツが負荷を受け続けているので、健全な走行に耐えられなくなっている状態です。

タンクの所有期間や走行距離が長くなったら、メンテナンスの機会も多くなると想定しましょう。
自身でパーツを交換して工賃を節約したり、整備士に使用を終える時期を相談したりすることが重要です。

車庫入れ時に据え切りはしないこと

タンクを運転する際は、車庫入れ時の据え切りを控えてください。
据え切りとは、車が停まった状態でハンドルを回してしまう行動です。

余分なハンドル操作が、足回りに負荷をかけます。
止まっているときに足回りが摩擦にあらがうように動かされるからです。
特にパワーステアリングは油圧式なので、ハンドルのフルロックがあると圧力の逃げ場がありません。
こうしたことも足回りの劣化を早める原因です。

据え切りのような余分なハンドル操作が多いと、フルードが漏れたりホイールアライメントが狂ったりします。
フロントサスペンションの劣化により車の乗り味が変わったり、最終的には健全な操作ができなくなってくるかもしれません。

以上からハンドルの据え切りはなるべく控えてください。

エンジンの異常にはすぐに対処しよう 

エンジンの異常を感じたら、部品交換や整備の相談などを素早く行いましょう。
エンジンは車にとって心臓のような存在なので、壊れてしまうと二度と使えなくなります。

特にエンジンルームから煙が出たときは、すぐに車を停め、ロードサービスを選んで対応してもらいましょう。
エンジンからの異音や煙は、タンクにとっても寿命が限りなく近づいているサインです。

外出中に車が動かせなくなると、立往生になりかねず、生活への影響も懸念されます。
このような事態を避けるためにもエンジンの異常はすぐに察知するように心がけましょう。 

タンクの寿命のサインを知る異変とは?

タンクの寿命を知るうえで、車のいたるところから出る異変のキャッチは大切です。
エンジンやブレーキパッドなどの異変があるとき、車から聞いたことがない音が出るかもしれません。 

この章では、壊れかけの車にありがちな異音と、それに合わせた対処法をまとめました。
タンクに乗っているときも、以下に当てはまるような予兆がないか確かめてください。

走行中に「キーッ」と音が鳴ったらブレーキパッドの異変

タンクを走らせているときに「キーッ」と音が鳴ったら、ブレーキパッドが限界を迎えているかもしれません。
安全な場所に車を停めて、ブレーキパッドをチェックしてみましょう。
厚さが2~3mm以下なら交換した方が賢明です。 

ブレーキパッドは劣化が進むと、車の足回りから「キーッ」という音を出すことがあります。
通常と反応が違うので本来の制動力を出せないことも分かるでしょう。
ブレーキが利かないと減速すべきところでスピードを落とせなくなり、事故のリスクが大きくなります。

タンクには衝突を回避するための自動ブレーキシステムがありますが、ブレーキパッドにトラブルがあると、こうしたシステムにも影響が出ます。
危険を避けるためにも、ブレーキパッドから音が鳴り始めたら、ディーラーや整備工場にすぐ相談しましょう。
音が鳴り始めた時点で相談先に電話をかけ、対処法を話し合うことが重要です。 

以上からタンクの足回りから「キーッ」という音が鳴ったら、ブレーキの限界を疑ってください。

加速時の「ギューッ」という音は補器類を回すベルトの異常

車の走り出しや、信号待ちが終わったときなどの加速時に「ギューッ」と音が鳴っていたら、補器類を回すベルトの異常かもしれません。

ウォーターポンプや発電機、エアコンのコンプレッサーといった機械をベルトが回しているのですが、これが劣化していると加速時に大きな負担がかかります。
これも放置するとベルトが切れて、走行に大きな影響を与えかねません。

加速時に「ギューッ」という異音を聞いたら、ディーラーや整備工場などに相談しましょう。
補器類を回すベルトは自力での交換が難しいことから、タンクでもこれを寿命のサインと判断してもよさそうです。 

エンジン始動から「カンカン」と音が鳴るとクランクシャフトに注意

走行中に「カンカン」と音が鳴っていたら、クランクシャフトが限界を迎えているかもしれません。

クランクシャフトはエンジン内部を構成するパーツです。
ピストンの往復を回転に変えたり、その逆を行ったりして、エンジンを機能させます。
クランクシャフトはメダルベアリングの支えを受けており、メタルとクランクの間には油圧で油膜が張られているしくみです。

しかしベアリングの磨耗が進みすぎると、油膜も少なくなり、クランクの回転時に打ちつけられた状態になります。
これが「カンカン」という音になるのです。 

エンジンオイルを交換せずに放置していると、潤滑不良がクランクシャフトに伝わってしまいます。
走行距離が30万kmを超えるとどの車にも起こりえますが、エンジンオイルを長く使い続けると早めに「カンカン」という音が鳴り始めます。

このような事態を未然に防いだり、改善したりするためにはエンジンオイルの交換が不可欠です。
タンクのエンジンに余分なダメージを与えないためにもオイル交換は定期的に行いましょう。 

走行中の「ガラガラ」はバルブトラブル

走行中に「ガラガラ」という音が鳴ったら、バルブトラブルを疑いましょう。
バルブが不調になると、エンジンの気筒のうちひとつだけが満足に出力できなくなるトラブルが起きます。
この影響で燃費が急に悪くなることもあるので気をつけましょう。

これも定期的なエンジンオイルの交換を怠っていると起きやすいでしょう。
しかしエンジンを温めることで「ガラガラ」という音が自然に消えるケースもあります。

それでもタンクを運転していて、「ガラガラ」という音が鳴り始めたら、エンジンオイルを交換してください。
交換後も
バルブの異音が収まらなければ、ディーラーや整備工場への相談が重要です。

発進時の「ゴンッ」はエンジンマウントの異変

車を発進させたときの「ゴンッ」という異音は、エンジンマウントの不調かもしれません。
車体と車軸をつなぐトルクロッドのブッシュの劣化から、エンジンユニット全体が、駆動時に大きく動いてしまうからです。

トルクロッドのブッシュは、サスペンションの負荷を和らげたり、路面から受ける振動や衝撃を吸収したりする役割があります。
しかしこのブッシュが劣化していると機能しなくなり、車内に余計な振動や衝撃が伝わりやすくなるのです。

エンジンへの負担も大きくなるので、「ゴンッ」という衝撃を感じるようになったら、だましだまし使い続けるのはやめましょう。
整備工場などに異音の相談を行い、修理の見通しを立ててもらうことが大切です。 

足回りが弱ると段差を超えたときに「ゴツッ」と響きやすい

段差を越えたときの「ゴツッ」という衝撃は、足回りの劣化のサインです。
ハンドルに衝撃が伝わってくると、サスペンションをはじめ足回りが限界を迎えているかもしれません。

サスペンションでもアーム部分にブッシュ、アームとハブキャリアを結ぶボールジョイントなどで路面から受ける衝撃をコントロールしています。
足回りの構成要素が劣化すると、路面からの衝撃を受け止めきれなくなり、乗り心地が悪くなるでしょう。

タンクは家族での使用を想定しています。走行中に無駄な衝撃が伝わるようになると、一緒に乗っている人が不安になるでしょう。
このような事態を避けるうえでも、足回りの交換を整備工場に相談してください。

まとめ

タンクは2016年に世に出たばかりなので、正確な寿命は断定できません。
しかし同じトヨタのトールワゴンであるパッソの寿命は約12年なので、タンクも10年強はもちそうです。

しかし10年以上タンクをもたせるには丁寧な扱いが大切です。
定期的な消耗品の交換や、異変が起きたときの対処など、タンクに余分なダメージを与えないように取り組んでください。

買い替えは新車登録から13年を迎える前に行うとお得です。
新車登録から13年をすぎると税金が上がりますが、その前に手放せば余分な出費を免れます。
日ごろから丁寧にタンクを扱いながらも、お得な買い替えをする準備が大切です。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-タンク, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.