タンク トヨタ

タンクの燃費(実燃費・カタログ燃費)の全て!悪い?良い?

「タンクの燃費はどれくらい?」「ライバル車よりどれだけ優れている?」と気になっていませんか。タンクはコンパクトカーにあたるので、乗用車全体としては燃費に優れています。

しかし特徴が似ている人気車と比べることで、タンクが燃費面でどれだけお得かが分かりやすくなるでしょう。

今回はタンクの燃費が気になった人のために、実燃費やカタログ燃費に分けながら解説します。これを読めば、タンクのガソリンの使い方に関するヒントを学べるでしょう。

カタログ燃費と実燃費の違いを紹介

タンクの燃費を知る前に、カタログ燃費と実燃費の違いを知っておきましょう。タンクに関係した資料にも、公表している燃費がカタログと実燃費で違うからです。それぞれの定義を踏まえて解説します。 

カタログ燃費はあくまでもメーカーの公表値

カタログ燃費は、メーカーが公表している1Lあたりの走行距離です。車を買いにきた人にとっては、メーカーが燃費を発表してくれることによって、どの車が一度の給油で長持ちするかを判断しやすいでしょう。

2018年10月以降の新車は、WLTCモードが原則です。それ以前はJC08モードでしたが、メインの方式が変わりました。

WLTCモードでは市街地・郊外・高速道路と走行環境に合わせた3通りの燃費を公表します。加えて3つを合わせた総合的な数値も公表するので、多面的に燃費を判断できるのがポイントです。

WLTCモードは走行環境の違いに配慮した燃費計算基準です。実燃費に近い性質なので、車を買いたい人にとっては参考になるでしょう。 

実燃費は実際に運転したときのガソリンの減り具合

実燃費とはドライバーが実際に車を走らせた結果、1Lどれだけ走れたかという数値です。口コミサイトでドライバーが感想の一部として出すことが多く、自己申告になります。

実燃費は車の専門家による試乗レポートでも見られます。車選びを検討する前に車名を検索して、実際に乗ってみた人のレポートから運転中をイメージしてみるのもよいでしょう。

最近の試乗レポートでは、WLTCモードに合わせて市街地・郊外・高速道路別に実燃費を出してくれることもあります。

実際に車を走らせた燃費が分かるという意味では、カタログ燃費以上に参考になりそうです。メーカー発表だけでなく、口コミによる実際の燃費からもタンクを考えてみましょう。

カタログ燃費と実燃費はどうして違う?

カタログ燃費と実燃費が違うのは、メーカーの燃費計算ルールの影響です。 

昔のカタログ燃費は、平坦な直線を走行した場合に1Lで走れる距離を示していました。しかし実際に車が走る道には市街地のような入り組んだ道や、山道もあります。場所によってスピードの出し方やブレーキを使う回数が変わるのです。

運転環境やドライブの仕方の違いは燃費の差に影響するので、実燃費がカタログより短くなります。

最近のカタログ燃費はJC08モードに進化し、現在はWLTCモードになりました。燃費公表の工夫により、だんだんと実燃費に近づいている段階です。

これから車を選ぶ人はカタログ燃費だけを鵜呑みにしないで、口コミから分かる実燃費も参考にしましょう。 

タンクのカタログ燃費を紹介

まずは参考値として、メーカーが発表したタンクのカタログ燃費を紹介します。2WDと4WDに分け、グレードごとに表でまとめました。なお公表燃費はJC08モードです。

2WD
グレード カタログ燃費
X 24.6km/L
X”S” 24.6km/L
G 24.6km/L
G-T 21.8km/L
カスタムG 24.6km/L
カスタムG-T 21.8km/L
4WD
グレード カタログ燃費
X 22.0km/L
X”S” 22.0km/L
G 22.0km/L
カスタムG 22.0km/L

タンクの実燃費は口コミから分かる

タンクの実燃費は口コミで調べると分かります。「e燃費」では2019年11月29日時点で、タンクの実燃費をこう示しています。

駆動・エンジン形式 実燃費
2WD・自然吸気 16.34km/L
2WD・ターボ 14.54km/L
4WD 13.32km/L

タンクの実燃費は2WDエンジンだとカタログより8.26km/L、ターボエンジンは7.26km/L、4WDは8.68km/L短くなっています

カタログ燃費はJC08モードですが、発表されていた20km/Lを超える燃費は、実際の運転では期待できないでしょう。

ライバル車とカタログ・実燃費を比較しよう

タンクの燃費が優秀かどうかは、ライバル車との比較で分かります。カタログと実燃費に分けながら、タンクと特徴の似た乗用車と燃費を比べてみましょう。なお比較燃費は2WDのベースグレードが基準で、燃費は特記事項がない限りJC08モードです。

兄弟車ルーミーやハイトワゴンとの比較

タンクには同じトヨタの兄弟車ルーミーがいるほか、トヨタがOEM供給を受けた元であるダイハツ・トールもあります。ハイトワゴンとしてはホンダ・フリードスズキ・ソリオもライバル車に入るでしょう。これらのカタログ燃費と実燃費を比較します。

車種 カタログ燃費 実燃費 実燃費のカタログに対する割合
タンク 24.6km/L 14.54km/L 59.1%
ルーミー 18.4km/L(WLTCモード) 14.54km/L 79.0%
トール 18.4km/L(WLTCモード) 16.25km/L 88.3%
フリード 19.0km/L 14.01km/L 73.7%
ソリオ 19.6km/L 16.29km/L 83.1%

タンクの実燃費はカタログと比べて大幅に減っています。ソリオより短くなっていますが、フリードよりはわずかに長く走れる印象です。カタログ燃費との離れ方が気になりますが、タンクはトールワゴンとしては標準的な実燃費でしょう。

軽トールワゴンとの比較

タンクは普通乗用車ですが、形が似た軽トールワゴンも多数あります。なかでもホンダ・N-BOX日産・ルークスが人気モデルです。3台のカタログと実燃費を比べてみましょう。

車種 カタログ燃費 実燃費 実燃費のカタログに対する割合
タンク 24.6km/L 14.54km/L 59.1%
N-BOX 27.0km/L 17.75km/L 65.7%
ルークス 27.2km/L 12.83km/L 47.2%

タンクのカタログ燃費はN-BOXやルークスより劣ります。実燃費でもN-BOXより下ですが、ルークスよりは長く走れる印象です。実燃費とカタログ燃費のズレでもルークスより抑えられています。

実燃費で見ると、タンクは一部の軽トールワゴンに引けをとりません。

タンクの燃費以外で気をつけるポイント

タンクは燃費以外でも注目すべきポイントが複数あります。2020年11月現在、タンクは新車としての販売を終了しています。特徴面でも静粛性や操縦安定性をよくチェックしましょう。

燃費以外で気をつけるべきポイントを3つにまとめました。 

新車市場にルーミーはあるがタンクはない

2020年11月29日現在、トヨタの新車市場に兄弟車のルーミーはありますが、タンクはありません。2020年9月15日のマイナーチェンジにより、2車種は統合されルーミーの名前が残ったからです。

トヨタでは他にもノアとヴォクシー、アルファードとヴェルファイアなど兄弟車で有名です。しかしタンクとルーミーだけはマイナーチェンジにより販売戦略が分かれ、タンクは新車市場に残っていません。

今からタンクを求められるのは中古車市場だけです。新車のディーラーにいってもルーミーしかありません。

静粛性に優れているか

車選びは燃費だけでなく、静粛性に優れているかもチェックしましょう。幸いにもタンクは吸音材や遮音材をふんだんに使っているおかげで、車内にノイズが入りづらくなっています。

ガソリンの持ちがよくても、走行中の車内がノイズだらけになると運転環境に影響します。タンクは静粛性向上に積極的な装備構成なので、一人で静かに走ったり、同乗車との会話を楽しんだりもできます。

燃費だけでなく静粛性に優れていることで、タンクは優秀なモデルでしょう。 

ハイトワゴンは操縦安定性がポイント

タンクのようなハイトワゴンは操縦安定性がポイントになります。車高が高いとコーナリングやレーンチェンジなどで車が揺れやすくなるからです。乗り物酔いなどのリスクに注意しましょう。

しかしタンクは高剛性のボディやサスペンションを備えているので、操縦安定性に優れています。コーナリングでも高速走行時でもスムーズに進めるので、運転中のストレスが少ないでしょう。

トールワゴンとしては揺れが少ないので、タンクは家族旅行でも安心して使えます。長距離運転を見据えた車選びでもおすすめでしょう。 

まとめ

タンクはカタログ燃費と実燃費が離れていることに注意です。しかし実燃費は他のトールワゴンや軽自動車と比べても互角でしょう。

カタログ燃費ではJC08モードで全グレード20km/L以上ですが、実燃費では15km/L前後にとどまります。それでも車高の高いコンパクトカーとしては合格ラインなので、燃費が気になる人でも安心できそうです。

燃費以外でも静粛性や操縦安定性にも優れているので、タンクは乗り味に優れたモデルです。ただし兄弟車のルーミーと違って新車市場では手に入れられません。タンクにこだわるなら中古車市場で状態に優れた一台を見つけましょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-タンク, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.