タンク トヨタ

タンクのバッテリーはどれくらいもつの!?バッテリーの交換時期も紹介!

「タンクのバッテリーはどれだけもつの?」
「バッテリーを交換する理想のタイミングを知りたい」
などと興味を持っていませんか!?
タンクを走らせていたり、これから買おうと考えていたりしていれば、バッテリー管理を学ぶことも重要です。

今回はタンクのバッテリー管理を知りたい人のために、寿命や交換時期についてまとめました。
今回の記事を参考にしながら、車のバッテリーの扱いを学べます。

バッテリー型番は車のタイプで異なる

まずはバッテリーの型番表記を覚えましょう。
標準車用とアイドリングストップ車用で、それぞれ表記が異なります。

標準車用のバッテリー

標準車用のバッテリーは2007年モデルのノアに適合する「65B24L」のように、2ケタ数字とアルファベットを2組ずつ合わせています。

上の例でいうと、最初の2ケタの数字である「65」は性能ランクです。次のBはバッテリーの奥行を示しており、Bなら幅が127か129mm、高さが203mmになります。

次の2ケタ数字である「24」はバッテリー本体の幅で、240mmです。最後のLは端子の位置を示しています。
Lは端子が左側、Rは右側にある場合です。

このように数字とアルファベットは、バッテリー本体の大きさを中心に情報を示しています。

アイドリングストップ車のバッテリー

アイドリングストップ車のバッテリー型番は標準車用よりもシンプルです。
たとえばタンクの適合バッテリーのひとつに「M42」があります。

Mはバッテリーの奥行と幅で、標準車用でいうところの「B20」です。
Bで奥行129mm×高さ203mmを表しており、20は幅が200mmという意味になります。

このようにアイドリングストップ車は、標準車との差別化を図った結果、シンプルな型番になっているのがポイントです。
必要に応じて標準車に置き換えながら考えましょう。 

タンクに適合するバッテリー型番は?

タンクに適合するバッテリーは2つあり、いずれもアイドリングストップ車両です。
型番もアルファベットひとつと2ケタの数字というシンプルな組み合わせになります。
タンクに使えるバッテリーについてまとめました。 

M42

M42はタンク用バッテリーの定番です。
ボッシュ
GS YUASAアトラスなど複数のメーカーから発売されているので、ネットショップやカー用品店で手に入りやすいでしょう。

クオリティではボッシュがおすすめです。
最高級モデルである「ハイテックプレミアム」を中心に、容量や耐久性に優れたモデルが役に立ちます。

低価格によるコストパフォーマンスを狙うならアトラスに注目しましょう。
韓国のメーカーですが、自己放電特性や高始動性能などバッテリーとしてのクオリティは申し分ありません。

M42はボッシュやアトラスなど、海外製に注目しましょう。 

M65

M65はパナソニックが提供するアイドリングストップ車用バッテリーです。
型番がM42と異なりますが、サイズは変わらないので、所定の位置に収まります。

パナソニックは数多くの電化製品をヒットさせたノウハウから、カーバッテリーでもクオリティの高さを発揮しています。
M65のように大容量で使いやすいバッテリーが揃っているのです。
大手メーカーなので、購入後のトラブルが起きても相談しやすいといえます。 

パナソニックの信頼感を買うなら、M65をタンクに装着してもよいでしょう。

専用充電器にも注目

カーバッテリーだけでなく、専用充電器にも注目しましょう。
バッテリーが一度上がっても、充電器を接続できれば回復できるからです。

タンクのバッテリーの電圧が合った充電器を使えば、車を回復させられます。
ただし接続不良があると、かえって車にダメージを与えてしまうので注意です。
フルに充電されているのに接続を放置していても過充電として車を壊してしまいます。

使用時の注意点もありますが、カーバッテリー用の充電器をもっておくとトラブルに対処しやすくなります。
タンクのバッテリーの電圧を調べてから、適合する充電器を入手しましょう。

h3ジャンプスターターでもバッテリー上がりを解決できる

ジャンプスターターを使っても、バッテリー上がりを解決できます。
車に対応した外づけのバッテリーで、車が動かなくなったときにエンジンをかけられる優れものです。
バッテリーの反応が弱いときは、非常用としてジャンプスターターを接続しましょう。

モバイルバッテリーのようにUSB端子があることでスマートフォンの充電に使えるモデルもあります。

このようにジャンプスターターは緊急用に助かるアイテムとして重宝するでしょう。
非常時に電気が使えないときでも安心できます。 

バッテリー交換は車検時がおすすめ

バッテリーの適正な交換時期は2~3年です。タンクは中古でしか手に入らないので、2年ごとに車検を受け続けます。
バッテリーの理想の交換時期と車検のタイミングが同じなので、車を調べてもらうときに換えてもらうとよいでしょう。

希望のバッテリーがあれば、車検時に持ち込み、業者につけてもらうのも選択肢です。
パナソニックやボッシュのような高品質のバッテリーなら、次回の車検までもたせやすいでしょう。

バッテリーは2~3年で交換するとトラブルのリスクを避けられます。
タンクの所有者が忘れないためにも、車検で換えてもらうことがおすすめです。

タンクのバッテリーが上がる寿命以外の原因3つ

タンクのバッテリーが上がる原因は寿命だけではありません。
電装品の使いすぎで上がることもあれば、車を走らせなさすぎてもバッテリーが上がってしまいます。
寒さによる故障もあるので注意しましょう。

寿命以外のバッテリー上がりの原因を3つに分けて紹介します。

原因1: 電装系パーツの使いすぎでバッテリーが上がってしまう

電装系パーツを使いすぎた結果、バッテリーが上がってしまうケースがあります。
電気の消費量が大きいと、バッテリーに残っている電気の量が減りやすいので注意しましょう。

車には電気を使ったパーツが多いといえます。
夜間に使うライトや車内の照明、エアコン、オーディオ、カーナビ、メーターなどいたるところに電気系の部品があるのです。

バッテリーを長持ちさせるには、必要な分を無駄なく使うことが大切です。
特に電気を使わなくてもよい行動は電気なしでこなしたり、つけっぱなしを長くさせないように気をつけたりしましょう。 

原因2: 車の使用頻度が低くてもバッテリー劣化につながる

車を走らせる機会が少なくてもバッテリーが劣化します。
エンジンをオフにしている間も、バッテリーはナビ機能のようなデジタルデータを管理するために電気を食っているからです。

長い間車に乗っていないと、久々に走らせようと思ってもバッテリーが上がっているかもしれません。
トラブルを避けるためには、2~3週間に一度は軽くドライブするように心がけてください。

車を長く走らせてもバッテリーを消費しやすくなりますが、使わなさすぎても無駄に電気を使うことに注意です。 

原因3: 寒さでバッテリーが上がりやすくなる 

冬の寒い時期は、バッテリーが上がりやすいので注意しましょう。
気温の低下でバッテリー液が冷たくなると、化学反応が鈍くなり、電気の活動に影響するからです。

特に古いバッテリーは寒さにやられやすくなっています。
北海道のような寒冷地だと、バッテリーの機能が思いどおりにいかない場面が多くなるでしょう。
車内を温めようとエアコンを使う時間が長くてもバッテリーが上がりやすくなります。

対処法としては、バッテリー専用の保温材を使い、冷たくなりすぎないように管理してください。バッテリーは寒さに弱いので、適切な対処が重要です。 

バッテリー交換で必要な準備は?

バッテリー交換では、以下の道具を準備しましょう。

  • ゴム手袋
  • 保護メガネ
  • 10mmか12mmのスパナ
  • メモリーバックアップ

バッテリーという電気系の部品を扱う関係上、感電や汚れ、ケガなどを防ぐうえでゴム手袋や保護メガネは重要です。
スパナはバッテリーの取り外しが再装着に使います。スパナは車体に触れないように、慎重に扱ってください。

自力でバッテリーを交換する場合、事前にメモリーバックアップを済ませてください。
バックアップがないと、新しいバッテリー交換する際に、ナビや時計などの保存データがリセットされてしまうからです。

それでもバッテリー交換に必要な道具の数は少ないので、準備にそれほど時間はかかりません。 

バッテリー交換の方法

バッテリー交換の方法は自力と業者に頼む場合に分かれます。それぞれのやり方を知っておきましょう。 

自力で交換する手順

まずは事前作業として以下を済ませましょう。

  • 車のエンジンを止め、キーを抜いてあるかのチェック。ライトなどのスイッチも切っておく。
  • メモリーバックアップ

事前作業が終わったら、以下の手順でバッテリー交換に入ります。

手順 詳細の順番
古いバッテリーを外す 1.-側のケーブル端子を外す

2.+側のケーブル端子を外す

3.バッテリーの取りつけ金具を外す

4.バッテリー本体を外す。端子が汚れている場合はサンドペーパーやワイヤーブラシを使ってきれいにする

新しいバッテリーをつける 1.取りつけ台に新しいバッテリーを置き、金具でしっかりと固定する

2.+側のケーブル端子を本体の+端子に装着し、ナットで固定する

3.-側のケーブル端子を本体の-端子に装着し、ナットで固定する

4.端子の金属部分が劣化しないように、さび止めグリースを塗る

4.車に端子カバーがあれば、元どおりに取りつけ直す 

以上でバッテリー交換は終わりです。
取り外したバッテリーはカー用品店やガソリンスタンドなどで引き取ってもらいましょう。 

業者に頼む場合

自力での交換作業が不安なら、業者にバッテリーを交換してもらいましょう。
ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店などでサービスを受けられます。

さらに世界的なネットショップ大手のAmazonでは、バッテリー交換チケットを入手可能です。
サービスチケットを買ってから確認メールに返信すると、バッテリーを取りつけられる工場を案内してもらえます。

決まった日付に指定の場所へ行き、チケットメールを見せればバッテリー交換サービスを受けられるしくみです。
タンクのような国産車なら1760円で頼めます。

相応のコストはかかりますが、業者にバッテリーの交換を任せられるのは大きいでしょう。 

まとめ

タンクはアイドリングストップ車対応のバッテリーが適合し、2~3年に一度の交換が理想です。
車検を受けるときにバッテリーを
交換してもらえれば、無駄なコストを出さず、バッテリー上がりのリスクも抑えられるでしょう。

バッテリー上がりの原因として、電気の使いすぎや、長期間の車の放置などがあります。
万が一バッテリーのトラブルで車のエンジンを動かせなくなったときは、非常用のアイテムで対応してみましょう。

バッテリーの交換は自力でもできますが、業者への依頼でもAmazon発のチケットを使ってこなせます。
タンクのオーナーはバッテリーの理想の交換時期をもとに、定期的なメンテナンスを心がけてください。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-タンク, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.