ステップワゴン ホンダ

ステップワゴンの燃費(実燃費・カタログ燃費)の全て!悪い?良い?

今回はホンダ「ステップワゴン(STEP WGN)」の燃費(実燃費・カタログ燃費)の全てを徹底検証します。
歴代モデルとの比較から、ライバルとの比較まであらゆる角度で調査しています。
もちろんガソリンモデル、e:HEVハイブリッドに分類して、参考にしやすい環境でご提供しています。
今のミニバンの燃費は、いったいどの程度なのか?
ステップワゴンの購入検討で、失敗したくない方は必見です!

ステップワゴンのカタログ燃費と実燃費一覧

ホンダステップワゴン(STEP WGN)の燃費は、ミニバンとしては「良い燃費」と言える数値になっています。
まずはWLTCモードカタログ燃費値と、実燃費平均一覧表です。(※全ての実燃費の参考サイト:「e:燃費」及び「みんカラ」燃費記録)

カタログ燃費 実燃費平均
ガソリン2WD(FF) 13.6km/L 10.55~10.80km/L
ガソリン4WD 13.0km/L 10.62km/L
e:HEVハイブリッド 20.0km/L 17.36km/L

カタログ燃費が「JC08モード値」から、「WLTCモード値」に表示が変わったのもあり、実燃費もあまり遜色ない数字になっています。
ステップワゴンe:HEVハイブリッドの「実燃費17.36km/L」という数字には驚きを隠せません。
しかし新型モデルではガソリン車も、実際にはかなり優秀な燃費になっています。

ステップワゴンのガソリン車の燃費

ステップワゴンのガソリン車の燃費について、グレードや駆動方式による違いは次のようになります。

カタログ燃費 実燃費平均
G・G EX 13.6km/L 10.55km/L
SPADA ModuloX 10.80km/L
 4WD 13.0km/L 10.62km/L

ステップワゴンはガソリン車でも、実燃費で10km/Lを超える数字を出しています。
しかしこれだけでは、なかなか良いのか悪いのかピンとこないと思いますので、歴代モデルで比較してみましょう。

歴代モデルとの燃費比較

ガソリンモデルについては、歴代のステップワゴンと比較してみました。
カタログ値は過去にWLTCモード値での表示がないため、「10・15モード値」と「JC08」モード値での表示になります。
実燃費は、2WD・4WDモデルを合わせた平均燃費になります。

カタログ燃費 実燃費平均
RF型(初代・2代目) 11. 4km/L 8.72~9.50km/L
RG型(3代目) 13.2km/L 9.07~9.38km/L
RK型( 4代目) 14.8km/L 10.1~10.23km/L
RP型(現行) 16.0km/L 10.65~11.66km/L

モデルごとに実燃費も確実に向上しているのがわかります。
過去モデルの排気量は、「2,000cc〜2,400cc」のラインナップになります。
ステップワゴンは、ファミリーユースのミニバンとして、家族と荷物を乗せて走るための一定のパワーを必要としてきました。

しかし家計にもっとも大事な要素「燃費」については、時代を問わず常に高い水準で守られていることがわかります。
そして現行のRP型では、最低基準でも11km/Lに迫る勢いです。
しかし排気量は「1,500cc」まで下げられているのが、RP型ステップワゴンの大きな特徴になります。

ガソリン車の特徴|VTEC TURBO

ステップワゴン(STEP WGN)RP型のガソリンエンジンは、新開発の「直列4気筒DOHC1,500ccc直噴ターボエンジン」です。
主なスペックは次のようになります。

直列4気筒DOHC1,500cc直噴「VTEC TURBO」エンジン
最大出力 110kw(150PS)/5,500rpm
最大トルク 203N・m(20.7kgf・m)/1,600~5,000rpm

この新しい直噴VTECエンジンに備わった、「ターボチャージャー」がもたらす効果は、大きく次の3つのポイントになります。

3つのポイント

✔️力強い加速性能
✔️優れた低燃費性能
✔️エンジン回転数を抑える静音性能

力強い加速性能

新開発の「低速から効くターボ」により、常に力強い走りを提供してくれます。
また、最大人数で乗車した場合にも、その排気量からは想像できないパワフルな加速を見せるのも魅力です。

優れた低燃費性能

ターボの効果で、エンジン回転数を抑えることができるので、当然燃費も向上します。
アイドリングストップシステムとの相乗効果で、歴代最強の低燃費を実現しました。

エンジン回転数を抑える静音性能

走行中のエンジン回転数を抑えることは、低燃費への貢献だけではありません。車内へのエンジン音も減り、後席との会話も楽しく行えます。

ステップワゴン歴代エンジン比較

ステップワゴン(STEP WGN)の歴代モデルのエンジン特性を比較してみました。
低燃費はわかったけど、「排気量が小さくなったことによるパワー不足が心配だ」という方は、ぜひこちらをご覧ください。

エンジン型式(モデル) 排気量 最大出力 最大トルク
B20B(初代) 2,000cc 150ps/6,300rpm 18.8kgm/4,500rpm
K20A (2~3代目) 2,000cc 155ps/6,000rpm 19.2kgm/4,500rpm
K24A (2~3代目) 2,400cc 162ps/5,700rpm 22.2kgm/4,000rpm
R20A ( 4代目) 2,000cc 150ps/6,200rpm 19.7kgf・m/4,200rpm
L15B TURBO(現行) 1,500cc 150PS/5,500rpm 20.7kgf・m/1,600~5,000rpm

歴代モデルと遜色ない最大出力を誇り、ターボの効果で低速から2,400ccクラスのトルクが出ています。
この表を見れば、「カタログでは低燃費でも、結局パワー不足で実燃費が悪くなる」という不安はなくなると思います。

ステップワゴンのハイブリッドの燃費

ステップワゴン(STEP WGN)のe:HEVハイブリッドの燃費は次のようになっています。

カタログ燃費 実燃費平均
全グレード共通 20.0km/L 17.36km/L

e:HEVハイブリッドには、 4WDモデルの設定がないので、全グレード共通の燃費となります。
ステップワゴンのハイブリッドモデルとして、優秀なカタログ値でデビューしましたが、実燃費でもその内容は見劣りしない結果となっています。

ホンダハイブリッド燃費比較

ステップワゴンではハイブリッドはRP型のみになるので、参考資料としてホンダの他ハイブリッドとの燃費比較をしてみましょう。
カタログ数値は全てJC08モード値になります。

カタログ燃費 燃費平均
フィット 38.6km/L 24.12km/L
ヴェゼル 27.0km/L 18.5km/L
ジェイド 25.0km/L 18.07km/L
オデッセイ 26.0km/L 16.46km/L
ステップワゴン 25.0km/L 17.36km/L

コンパクトカーからSUV・ミニバンまで、ホンダのハイブリッド勢の燃費の良さが伺える結果になりました。
年式や車種クラスなどにより、採用されるエンジンやハイブリッドシステムも変わります。
新型ステップワゴンに採用されたのは、「e:HEV」というホンダ独自のハイブリッドシステムです。

e:HEVの特徴|新HYBRIDシステム

ステップワゴンe:HEV−HYBRIDシステムは、主に発電用として「直列4気筒DOHC2,000cc i−VTECエンジン」を採用。
このエンジン及びモーターのスペックは、次の表の内容になっています。

「直列4気筒DOHC2,000cc i−VTEC」エンジン+e:HEVシステム
エンジン最大出力 107kw(145ps)/6,200rpm
モーター最大出力 135kw(184ps)/5,000~6,000rpm
エンジン最大トルク 175N・m(17.8kgf・m)/4,000rpm
モーター最大トルク 315N・m(32.1kgf・m)/0~2,000rpm

数字で見ていただくと、モーターのトルクの強さが見えてくると思います。
モーターでの最大出力に関しても、最大乗車時にも心配する必要のないレベルです。
このe:HEVシステムの特徴は、次のようになります。

3つのポイント

✔️2モーター式(発電用/走行用)
✔️エンジンは主に発電用
✔️シーンに合わせて切り替えられるモード

2モーター式(発電用/走行用)

このe:HEV−HYBRIDシステムは、「発電するためのモーター」「駆動系の動力となるモーター」の、2つの高性能モーターが機能しています。
特に走行用のモーターは、幅広い領域で機能して、全てにおいて高出力・高トルクを発揮。
この2モーターシステムにより、「力強い加速」と「優れた燃費」の両立を成功させました。

エンジンは主に発電用

通常は2.0Lエンジンは主に発電用に割り当てられますが、高速クルーズ時には、ガソリンエンジンでの走行も可能なのが特徴です。
e:HEVハイブリッドでは、主役はあくまでもモーターですが、エンジンも必要時には動力として選べるのもポイントです。

シーンに合わせて切り替えられるモード

ステップワゴンでは、次の3つのモードをドライバーが任意に切り替えることができます。

・モーター駆動で静かな走行「EVモード
・パワーが必要な時にエンジンも併用する「ハイブリッドモード
・高速道路などでの走行に「エンジンドライブモード

完全にモーターだけで静音や燃費を意識する場合や、より力強い走りが欲しい時のエンジン動力による駆動。
またそれらを適度に使い分けるハイブリッドモードだけでなく、よりスポーティーな走行のためのSレンジも備えています。

ミニバンのカタログ燃費と実燃費比較一覧

ステップワゴン(STEP WGN)と、ライバルのミニバンの燃費を比較してみました。

ライバル候補

・ヴォクシー(ノア・エスクァイア)
・セレナ
・デリカD:5

比較参考値として記載していますが、デリカD:5については「ディーゼル」になる点にご注意ください。

ミニバンガソリン車燃費比較

まずはステップワゴンのガソリンモデルと、他社ガソリンモデルとの燃費比較一覧になります。
カタログ数値はWLTCモード値で、実燃費は2WD・ 4WDどちらも含みます。

車種名 カタログ燃費 実燃費
ステップワゴン 13.6km/L 10.55~10.80km/L
ヴォクシー 13.2km/L 10.36~12.27km/L
デリカD:5 12.6km/L 12.22km/L

ステップワゴンのガソリンモデルは、他に比べてカタログ値と実燃費の落差が目立ち、若干劣勢の印象を受けます。
ライバル対象車種の排気量が2,000ccクラスになるので、トルクの部分での差が出てくるものと思われます。
しかし問題になるほどの差はなく、ステップワゴンは「平均的な燃費」といえるでしょう。

ミニバンハイブリッド車燃費比較

続いてステップワゴンe:HEVモデルと、他社ハイブリッドモデルとの燃費比較一覧です。
カタログ数値はWLTCモード値で、実燃費は2WDのみが対象です。

車種名 カタログ燃費 実燃費
ステップワゴン 20.0km/L 17.36km/L
ヴォクシー ZS 19.0km/L 16.76km/L
セレナe-POWER 18.00km/L 18.01km/L

ハイブリッド比較では、カタログ値ではセレナe-POWERがカタログ値通りの燃費を示しているのが印象的な結果となりました。
現状ステップワゴンも中間的な数値に収まり、問題ない結果ではあります。
あとはカタログ値に、今後どれだけ実燃費が近づけるのかが気になるところです。

ステップワゴンの燃費について

ホンダのステップワゴン(STEP WGN)の燃費については、単独ではミニバンとして決して悪くはなく、むしろ良い燃費といえるでしょう。
しかし比較した際の総合的には、ガソリンハイブリッドともに「平均的」という結果になりました。
とはいえ1,500ccにダウンサイジングされながらも「10.8km/L」に迫るガソリン車の実燃費や、e:HEVの「17.36km/L」という結果には、ステップワゴン歴代最高水準の高評価。
Mクラスミニバンとしては平均的な燃費ですので、「燃費重視の検討」としても、充分に候補に挙げられます。

あとはガソリン車とe:HEVモデルはおおよそ50万円の差。
燃費の差でこの価格差をどう検討するかが、ステップワゴン購入の最大のポイントになるでしょう。
(※全ての実燃費参考サイト:「e:燃費」及び「みんカラ」燃費記録)

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-ステップワゴン, ホンダ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.