ステップワゴン ホンダ

ステップワゴンのグレードごとの違い!人気のグレードやおすすめは?

ホンダの人気ステップワゴン(STEP WGN)。「わくわくゲート」を始め、他にはない装備で世間を驚かせてきたミニバンも、今回で5代目。このRP型ステップワゴンにはハイブリッドも登場し、より複雑に思えるグレード構成になりました。ステップワゴンのグレード構成の見分け方や、おすすめのグレードをしっかりとご紹介していきます。グレードだけでなく、ハイブリッド車とガソリン車で迷う人も、是非参考にしてください。

ステップワゴンのグレードごとの違い

HONDAステップワゴン(STEP WGN)の、グレード選択時の大きな違いは、次のポイントになります!

ポイント

  • グレードは3構成
  • エンジンは2種類
  • 7名乗車と8名乗車モデルがある
  • 全車「Honda SENSING」標準装備

ステップワゴン(STEP WGN)には、ガソリンエンジンと、ハイブリッドモデルが存在しています。またグレードの大きな分類は「G・SPADA・Modulo X」となっており、見た目から違いが明確になっているのが特徴です。

グレード エンジン その他
・G
・SPADA
・Modulo X
・ガソリンモデル
「VTEC  TURBO」
・ハイブリッドモデル
「e:HEV」
・7名乗車
・8名乗車※全車標準装備
「Honda SENSING」

ステップワゴンのグレード選択検討時には、この点を最初に覚えておきましょう。

ステップワゴンのグレード詳細

ステップワゴンのグレード詳細になります。主なグレード構成は次の3つに分かれています。

・ベースグレードの「G」
・スポーツモデルの「SPADA」
・ハイエンドモデルの「Modulo X」

この3つのグレード構成から、パワートレインや装備の違いによるグレードが派生していきます。パワートレインや駆動方式によっては、存在しないグレードや、乗車定員も変わりますので注意しましょう。

ガソリンモデル|排気量1,500cc

VTECTURBOガソリンモデルは、ベースの「G」に始まり最上位クラスの「Modulo X」までとなります。

●G・Honda SENSING
●G・EX Honda SENSING
●SPADA・Honda SENSING
●SPADA・Cool Spirit Honda SENSING
●Modulo X Honda SENSING

<8名乗車>が選べるグレードは、「G/SPADA」のメーカーオプション装着車になります。(2列目6:4分割ベンチシート対応車)

e:HEV−HYBRIDモデル|排気量2,000cc

e:HEV−HYBRID(ハイブリッド)モデルは、「SPADA/Modulo X」グレードに設定されています。

●e:HEV SPADA G・Honda SENSING
●e:HEV SPADA G EX・Honda SENSING
●e:HEV Modulo X Honda SENSING

「Modulo X/e:HEV−HYBRID」グレードは、全て<7人乗車>になり、4WDモデルは設定されていませんのでご注意ください。

ステップワゴンのグレードごとの特徴

ステップワゴンのグレードごとの特徴や、装備の違いをご紹介していきましょう。

G・Honda SENSING|エントリーグレード

ステップワゴンのエントリーグレードが、この「G・Honda SENSING」です。「G」グレードのみヘッドライトがマルチリフレクター式になります。おおまかな全グレード共通装備は、次のような内容になり、これにグレードごとに追加装備が加わります。

全グレード共通装備

・アイドリングストップ機能
・ヘッドライトオートオフ機能
・LEDハイマウントストップランプ
・LEDミラーウインカー
・リアコンビネーションランプ
・UVカットガラス/電動格納ミラー
・サイドビューサポートミラー
・2列目キャプテンシート(両側アームレスト付)
・わくわくゲート
・スマートキーシステム
・イモビライザー
・セキュリティーアラーム
・両側パワースライドドア
(イージークローザー・挟み込み防止機能付)
・車速連動ドアロック
・6スピーカー
・16インチホイール
・スペアタイヤレス(応急修理キット) など

「G」グレードは、ステップワゴンを出来るだけ安く購入したいユーザーにおすすめのモデルです。ベースモデルとはいえ、ファミリー向けワゴンとしては主要装備も充実しています。ステップワゴン自慢のわくわくゲートも装備されており、リアゲートが横向きに開放できるのが最大の特徴。荷物の積み下ろしはもちろんのこと、三列目への乗車も楽々可能です。

小さいお子様がいるご家庭に好評なのは、ベビーカーの積載も畳まずにできるという使い勝手の良さ。ベースモデルでも、ステップワゴン本来の利便性は、しっかり体感できるでしょう。

G・EX Honda SENSING|インテリアの装備が充実したグレード

「G・EX」グレードは、「G」グレードとエクステリア(外観)での大きな違いはありません。「G・EX」グレードはヘッドライトがLED化され、主に安全装備とインテリアの追加装備が増えています。

・運転席助手席i−サイドエアバックシステム
・サイドカーテンエアバックシステム
・3列目グラブレール(吊り手)
・LEDルームランプ(調光機能付)
・後席エアコン用独立コントローラー(送風口はGも装備)
・運転席助手席シートヒーター

SPADA・Honda SENSING|ステップワゴンで人気のスポーティーモデル

SPADAグレードは、丸みを帯びた可愛らしい印象のステップワゴンから、専用エアロで外観から大きくイメージチェンジ。フロントグリルを大型化し、専用デザインのアルミホイールなどで、よりスポーティーなイメージになります。

バンパーなども専用のエアロスタイルになり、見た目のボリューム感だけでなく、実際のサイズも歴代モデル唯一の3ナンバー化。このSPADAグレードで、ステップワゴンの標準装備に追加・変更されるものは次の通りです。

SPADAグレード主要装備

・パドルシフト
・LEDフォグライト
・専用フロントバンパー
・専用カラードサイドシルガーニッシュ
・専用リアバンパー
・テールゲートスポイラー
(LEDハイマウントストップランプ付)
・専用デザイン16インチアルミホイール
・FABTECT(撥水・撥油シート)
※「わくわくゲート」の非搭載も選択可能。

他にもシフトチェンジが手元でできる「パドルシフト」を採用しており、ステップワゴンのグレードの中では、特に若い世代に人気のあるグレードになります。

SPADA・Cool Spirit Honda SENSING|専用の足回りを施したグレード

SPADAグレードから約16万円のアップで、17インチホイールや専用のサスペンションなどの装備を追加。さらにインテリアも安全性能の向上だけでなく、小物やシート素材でも徹底して差別化を図っています。SPADAの主要装備に追加される内容は次の通りです。

・Cool Spirit 専用17インチアルミホイール
・Cool Spirit 専用サスペンション
・スポーツペダル(アクセル・ブレーキ)
・ブラックコンビシート(プライムスムース×ソフトウィープ)
・センターテーブル(インストルメントパネル内蔵型)
・運転席助手席i−サイドエアバックシステム
・サイドカーテンエアバックシステム
・運転席助手席シートヒーター
・3列目グラブレール(吊り手)

SPADAのガソリンモデルを選ぶなら、「SPADA・Cool Spirit Honda SENSING」グレードはおすすめのモデルです。装備内容が価格アップ以上の内容になっており、インテリア・エクステリアともに充実しています。

Modulo X Honda SENSING|ステップワゴン最上位グレード

ステップワゴンの最上位グレードが「Modulo X」。専用のエクステリア・インテリアで高級感溢れる内容になっています。空力を最大限に活用し、リフトバランスを最適化するエアロバンパーや、専用のサスペンションで運動性能も向上。インテリアもModuloX専用ロゴ刺繍の入ったシートなど、特別な車であることが伺える仕様になっています。

・ModuloX専用デザイン17インチアルミホイール
・ModuloX専用サスペンション
・ModuloX専用デザインシート&インテリア
・本革巻きステアリング&セレクトレバー
・パドルシフト
・スポーツペダル(アクセル・ブレーキ)
・運転席助手席i−サイドエアバックシステム
・サイドカーテンエアバックシステム
・運転席助手席シートヒーター
・3列目グラブレール(吊り手)

またModuloXグレードのみ、オプションに「10インチプレミアムナビパック」が選べます。

10インチプレミアムナビパック

・10インチプレミアムナビ
・マルチビューカメラシステム
・Hondaスマートパーキングアシストシステム
・後退出庫サポート
・ドライブレコーダー
(価格:355,300円)

e:HEV SPADA G・Honda SENSING|e:HEVシステムのエントリーモデル

ハイブリッドシステム搭載のエントリーモデルが、「e:HEV SPADA G・Honda SENSING」グレードになります。SPADAグレードの標準装備に、e:HEVグレードで追加される主な内容は次の通りです。

e:HEV共通装備

・LEDフォグライト
・専用セレクトレバー
・専用エンブレム
・専用16インチアルミホイール
・専用サスペンション
・充電用USBジャック
・遮音/IRカット(遮熱)フロントガラス
・車両接近通報装置
・電子制御パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド機能
・エコアシスト
・電動サーボブレーキシステム
・EVスイッチ

ステップワゴンシリーズ待望のハイブリッドモデルが、歴代で人気の高かったSPADAグレードで遂に登場。エンジンは2,000ccで、2基のハイブリッドモーターを搭載しています。e:HEV−HYBRIDシリーズでは、全グレードで4WDと8名乗車が選べないのでご注意ください。WTCLモードで「20.0km/L」と、ミニバンでは圧倒的な燃費を提供しています。

e:HEV SPADA G EX・Honda SENSING|「パフォーマンスダンパー」搭載グレード

「e:HEV SAPDA G・EX」では、専用の「パフォーマンスダンパー」を採用。これは走行中の車体の歪みや、振動を軽減していくれるというシステムです。e:HEV SPADA Gからの、主要な追加装備は次のようになります。

・運転席助手席i−サイドエアバックシステム
・サイドカーテンエアバックシステム
・運転席助手席シートヒーター
・3列目グラブレール(吊り手)

さらに特筆すべきは、「100V電源のオプションに対応した唯一のグレードになります。アウトドアでは必須のこのアイテムが手に入れられるのは、「e:HEV SAPDA G・EX」グレードのみです。

e:HEV Modulo X Honda SENSING|ステップワゴン最高級グレード

「e:HEV Modulo X Honda SENSING」グレードは、ステップワゴンのなかで最高級のモデルになります。インテリアはピアノブラック調にまとめられ、ガソリン車同様に専用パーツをふんだんに使用したモデルです。

・ModuloX専用デザイン17インチアルミホイール
・ModuloX専用サスペンション
・ModuloX専用デザインシート&インテリア
・本革巻きステアリング&セレクトレバー
・パドルシフト
・スポーツペダル(アクセル・ブレーキ)
・運転席助手席i−サイドエアバックシステム
・サイドカーテンエアバックシステム
・運転席助手席シートヒーター
・3列目グラブレール(吊り手)

またe:HEVでも、ModuloXグレードのみ、オプションに「10インチプレミアムナビパック」が選べるようになります。

10インチプレミアムナビパック

・10インチプレミアムナビ
・マルチビューカメラシステム
・Hondaスマートパーキングアシストシステム
・後退出庫サポート
・ドライブレコーダー
(価格:355,300円)

ステップワゴンのグレード別価格表

ステップワゴンのグレードごとの価格一覧になります。まずは2WD(FF)モデルのご紹介です。

グレード

価格

乗車定員

G

2,714,800円

7名/8名

G EX

2,919,400円

7名/8名

SPADA

2,920,500円

7名/8名

SPADA Cool Spirit

3,122,900円

7名/8名

e:HEV SPADA G

3,427,600円

7名

e:HEV SPADA G EX

3,641,000円

7名

Modulo X

3,599,200円

7名

e:HEV Modulo X

4,094,200円

7名

ステップワゴンの2WDはFF駆動方式。エントリーモデルの「G」で270万円から、ハイブリッド最上位クラスの「e:HEV Modulo X」で400万円までとなっています。また、ステップワゴン(STEP WGN)のガソリン車には、概ね20万円ほどのUPで4WDモデルが設定されています。

グレード

価格

乗車定員

G

2,956,800円

7名/8名

G EX

3,139,400円

7名/8名

SPADA

3,162,500円

7名/8名

SPADA Cool Spirit

3,320,900円

7名/8名

ガソリンモデルとe:HEV−HYBRIDモデルの違い

「ガソリンモデル」と「e:HEV−HYBRID(ハイブリッド)モデル」のエンジン特性になります。

VTEC TURBO

e:HEV

最高出力

110kw(150PS)
/5,500rpm
107kw(145ps)
/6,200rpm

モーター出力

135kw(184ps)
/5,000~6,000rpm

最大トルク

203N・m(20.7kgf・m)
/1,600~5,000rpm

175N・m(17.8kgf・m)
/4,000rpm

モータートルク

315N・m(32.1kgf・m)
/0~2,000rpm

WLTCモード

(2WD)13.0km
(4WD)13.6km/L

20.0km/L

トランスミッション

CVT

電気式無段変速機

通常のガソリンモデルは全て「VTEC TURBO」を搭載。トランスミッションは、過去モデルの5AT/4ATを撤廃し、高効率の新型CVTになりました。e:HEV-HYBRIDモデルには、電気式無段変速機を採用しています。

ステップワゴンガソリンモデル|VTEC TURBOの特徴

ステップワゴンのガソリンモデルの最大の特徴は、排気量がなんと「1,500cc」クラス。歴代モデルでは最小の排気量になります。過去モデルでは、主に2.0Lや2.4Lのi−VTECエンジンを搭載して、車重に対するパワーを賄っていました。

新型ステップワゴンでは、排気量をダウンサイジングしながらも、新開発のターボを搭載することでパワーを補い、クラスを超えた走行性能を発揮。燃費は向上しながら、2.4Lクラスの走りを体感できるこの<VTEC TURBO>エンジンの特徴は、次の3つのポイントです。

●直噴システム
●吸排気デュアルVTC
●ターボチャージャー

ターボエンジンの短所であるノッキングが起きやすいという状況を、直噴システムにより解消。また低回転時のレスポンスの悪さについても、可変バルブタイミングの効果で効率の良い過給が行えるようになりました。新開発のターボチャージャーは、少ない排気エネルギーでも効率良く回転し、ターボラグのない鋭いレスポンスを実現しています。

スッテップワゴンe:HEVモデル|HYBRIDシステムの特徴

ステップワゴンe:HEV−HYBRIDシステムは<発電用>と<走行用>の2つのモーターを使用。通常は2.0Lエンジンは主に発電用に割り当てられますが、このe:HEV−HYBRIDシステムの内容は次のようになっています。

●2モーター(走行用/発電用)
●2.0LアトキンソンサイクルDOHC i−VTECエンジン
●電動サーボブレーキシステム
●PCU(パワーコントロールユニット)
●エンジン直結クラッチ
●IPU(インテリジェントパワーユニット)
●リチウムイオンバッテリー

最大の特徴として、エンジンは主に発電用に割り当てられ、基本はモーター駆動するという点です。市街地走行などでは、モーター駆動による静かな走行になります。燃費が良いことはもちろんですが、静穏性にも優れたHYBRIDシステムです。またe:HEV−HYBRIDモデルでは、走行に関して3つのモードが選択可能。モーターのみでの走行や、エンジンだけを使用しての走行も可能です。

・EVドライブモード(モーター駆動のみ)
・ハイブリッドドライブモード(エンジン発電+モーター)
・エンジンドライブモード(ガソリンエンジンでの走行)

夜間や早朝でのご近所への配慮など、状況に合わせて自分で切り替えられるという点も、ステップワゴンe:HEV−HYBRIDモデルの大きなメリットといえるでしょう。

安全運転支援システム「Honda SENSING」とは?

ステップワゴンは、安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車に標準装備。このため、グレードには全て「Honda SENSING」が表示されています。このHonda(ホンダ)の安全運転支援システムの内容についてご説明しておきましょう。ステップワゴンには、以下の装備が全車標準装備されています。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
アダプティブクルーズコントロール(ACC)
車線維持支援システム(LKAS)
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
近距離衝突軽減ブレーキ
オートハイビーム

「Honda SENSING」は、上記の11種類の多彩な安全機能を搭載した安全運転支援システム。ドライバーの安全運転をしっかりとサポートしてくれますが、作動には一定の条件が必要です。

ステップワゴンの人気グレードとおすすめは?

ステップワゴンのグレードで、最も人気が高くおすすめのグレードは「SPADA」グレード。ガソリンなら「cool spirit」、e:HEVなら「SPADA G EX」でしょう。最上級モデルの「Modulo X」に近い装備で、価格は50万円近く安くなります。

ステップワゴンの選択には、まずはグレード構成の把握と、パワートレインの選択が主要のポイントになってきます。その中でも「SPADA」グレードは、他のミニバンよりもコストパフォーマンスの高いグレードといえるでしょう。ステップワゴンで選ぶなら、断然SPADAグレードをおすすめします。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-ステップワゴン, ホンダ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.