スズキ ソリオ

ソリオの維持費を内訳別解説【ガソリン代・車検費用・自動車税・保険料等】

車を持っていると維持費って当然かかりますね。意外にかかるなぁというのが正直なところではないでしょうか?1年に1度の税金や車検の時期に慌てたことなんてないですか?

毎月やその都度払うもの、忘れていた頃に来る費用など細かいものもあるのでトータル的な金額は把握しづらいですね。所有している車や用途にによっても費用は変わってきます。ではどんなものがあり、1年間でみると一体いくらかかるのか、節約できるコツはあるのかを解説します。

維持費用って年間どのくらいかかる?

一般的にかかる維持費用

車を購入してからもいろんな維持費用が所有している間はずっとかかってくるもの。日々のガソリン代から急な故障による修理、部品交換などから必ず払わないといけない税金や保険もあります。

車種や用途などによって金額には、ばらつきがありますが年間約30万円~50万円かかるといわれています。まとめて見ると結構な金額ですね。ただ節約できるところもあるので、きちんと把握して見直ししながら備えておく必要があります。

ソリオの年間維持費用

ソリオの維持費用は年間約20万~30万円です。年間費用が一般的な車より抑えられているのは、やはりガソリン代にあります。ハイブリットなどの低燃費車は長距離の運転をされる方の場合、ガソリン車に比べると大きく違ってくるのがポイントで約2割~3割も抑えることが可能です。
普通車に比べ排気量や車両の重量も軽いのである程度節約でき、またエコカー減税で税金面でもお得になっていますね。ではソリオの維持経費の内訳はどんなものがあるでしょうか?

ソリオの維持費用の内訳

ソリオの自賠責保険

ソリオの自賠責保険は、金額は地域によって変わりますが12ヶ月契約でみると13,410円です。36ヶ月契約にすると29,520円となり年間でみると3,570円の節約になります。まとめて払うのはやっぱりお得になりますね。

自賠責保険とは、購入時と車検時に支払う保険でほぼ強制保険です。保障内容は第三者に対してのみの賠償で未加入のままで運転すると、違反点数6点が付され、即座に免許停止処分となります。また、1年以下の懲役または50万円以下の罰金を支払う事になります。2020年4月に約16.4%金額が下がり、契約期間を長くすればするほどこの金額は安くなるので年間経費も変わってきます。

ソリオの任意保険

ソリオの任意保険は約11,000円~65,000円選ぶ保障内容や、用途、免許証の色などにより金額には幅があります。

自賠責保険ではカバーできない部分を保障するもので、第三者への賠償、車に対する保険、乗っている人への保険です。車につける保険なので1台1契約となります。

等級は1段階~20段階まであり初めての加入は6段階からのスタートとなり、また等級が上がるごとに割引きを受けることができます。逆に事故などで保障を使うと等級が下がるので事故など起こさないようにするのも節約につながります。

ソリオの自動車税

ソリオは排気量1300ccなので30,500円になります。毎年4月1日に車を所有している人に課税される税金で金額は車の重量によって変わります。

エコカー減税は現時点で2021年3月31日までに新車登録をした、国が定めた基準にクリアした環境に優しい車に対して課せられる減税でソリオは対象者となり、減税額は新車登録から2年間25%~50%の減税となります。

ソリオの車検費用

ソリオの車検代は約8万円です。車検費用、部品交換費用は項目や交換内容により違いますが、法定費用の自動車重量税は2年間で16,400円です。

車は消耗品なので当然維持していくのにメンテナンスが必要で、平均の車検費用は約5万~15万円くらいです。車検には検査交換費用、車検費用、法定費用があります。車検は新車登録から3年後、それ以降は2年毎に受けるように義務付けられていて受けずに運転を続けると6ヶ月以下の懲役か50万円の罰金となります。車の安全面からも必ず受ける必要があります。

ソリオ年間ガソリン代

低燃費のハイブリットが年間約10,000円台~70,000円となっています。

ソリオハイブリット(MZ,MX) ソリオガソリン車(G)
3,000km~5,000km 13,812円~23,021円 15,483円~25,806円
5,000km~10,000km 23,021円~46,043円 25,806円~51,612円
10,000km~15,000km 46,043円~69,064円 51,612円~77,419円

ハイブッリトの4WDでもガソリン代は年間15,000円~80,672円となり、平均的な4WD車の約20,000円~90,000円に比べても低く抑えられています。ハイブリットカーは走り方、道路などにより最高で27.8kmまで燃費が伸びガソリン代の節約が期待できます。

ガソリン車においても燃費は24.8kmで4WDでも22.0kmになります。一般的なコンパクトカーのガソリン車に比べると約2割低くく、年間では約4,000円~20,000円もの違いがでます。日々1番、維持経費と言えば思い浮かべるのがガソリンではないでしょうか。ガソリンを入れる回数が減るだけでも感覚的にかなり得をした気分になりますね。

距離が長くなるほど金額の差も開いてくるので車の用途目的により、毎日通勤に長距離運転するなどの場合は、最初の車選びも大切ですね。また新アイドリングストップを採用し減速の段階でエンジンを止めてガソリンの消費を軽減しています。

ソリオのメンテナンス費用

メンテナンス費用は年間約20,000円前後です。

定期的に意識してするメンテナンスは、オイル交換ではないでしょうか。ディーラーで交換すると約3,000円ほどになりますが、ガソリンスタンドや販売店などですると約2,000円ほど。どちらも手数料が含まれるため自分で購入すると価格も抑えられます。またワイパーのゴムやタイヤ交換などがありますが、部品の価格、手数料により金額は変わります。

メンテナンス不足だと大きな修理をしないといけなくなり急な出費を招く場合もあるのでこまめなメンテナンスは必要経費となりますね。

駐車代

地域によって金額は色々ですが平均5,000円~30,000円。

固定経費なので金額的には把握しやすいですが年間にすると結構な金額になります。戸建てなら節約できる部分ですが駐車場は車を所有している以上は必要な維持費用になるので、あまりはなれた場所だと負担ですが、できるだけ安いところを探したいですね。

維持費用を節約するポイントは?

ガソリン代

ハイブリット車は低燃費なので、やはり断トツでガソリンの節約につながり、ガソリン車に比べると約3割少ないです。またエコ運転を心がけたりアイドリングを減らす事によりガソリンの消費を少なくすることができます。

ガソリンスタンド選びでもポイントを貯めたり、アプリでお得なクーポンを受け取ったり1回1回の値引きは少ないですが年間トータルで見ると20,000円もお得になることもあります。ガソリン代は維持費用の約2~3割を占めているのでここの節約は大きいです。

ガソリンスタンドでも曜日によって燃料単価が値下げの日があるので狙い目ですね。

車検代

車検は受ける業者は、ディーラー、販売店、整備工場、ガソリンスタンドなどがあり、手数料や代行費用は業者ごとの規定の料金になるため色々です。ディーラーは純正部品を使うこと、整備などの事故をおこすとディーラーの責任となることもあるので、より丁寧な点検で料金は高めになりがちですが、その分安心して任せられるメリットはあります。業者選びで節約にもつながります

また車検そのものを自分でする方法もあります。自分で車検をすることを「ユーザー車検」といい、代行手数料、手続き手数料が節約が出来、1番安くできます。

早めに車検の申し込みをすると車検が安く抑えられることもあります。早期割引を実施している業者もあるため前もって申し込みしておくと費用をおさえられ、車検時期に慌てることもないので良いですね。

任意保険

任意保険は加入している内容や、加入する保険会社によって料金はかなり変わってきます。

年払いやネット申し込みによる割引をうけたり、カード支払いでポイントを貯めることもできます。また契約期間を2年、3年と長期契約にするとによる割引もあります。加入の前に一括見積もりを取るなどして検討するのが良いでしょう。固定費用は状況が変わるごとに見直すのが大切ですね。

見直しのタイミングとして用途が変わった時。日常レジャーと業務では保険料はかなり違ってきます。また使用者の年齢で21歳以上、26歳以上、35歳以上と保障する範囲の年齢が変更になった時も見直しのタイミングになります。

ルーミー・タンク・トールとの比較

それぞれソリオと変わらず維持費用は年約20万円~30万円です。

重量、排気量ともにソリオと同じなので平均的に変わらないようです。維持費用の2割~3割を占めるガソリン代で見ると年間10,000km走るとして、ソリオの方が抑えれた金額になります。ルーミーが年間約5,000円、タンクが年間約10,000円、トールが年間約5,000円ソリオの方がお得になっています。10年間でみると大きい金額になりますね。

ソリオの維持費用

ライバル車と比べると全体的な維持費用は大きな違いはありませんでした。ただ維持費用の節約を左右するのは低燃費にあり、燃費が良い分ガソリン代が断然お得になってきます。ガソリン車に比べると約3割は少なくすむ傾向にあり、維持費の割合の多くを占めるガソリン代なので大きいですね。

ソリオは燃費が良い上に排気量が少なく、新型はより軽量化に成功し100gも軽くなりエンジンへの負担が少なくなりました。新たに減速時からアイドリングストップ機能やブレーキエネルギー回生機構により無駄にエンジンを消費しないように改良されハイブリット車、ガソリン車ともに燃費の向上を達成しています。

購入時の車体価格がガソリン車に比べると割高な感じはありますが車体の寿命が10年~20年を考えると維持経費を抑えるのは、車種選びが肝心となるのかもしれませんね。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-スズキ, ソリオ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.