スズキ ソリオ

ソリオのグレードごとの違い!人気のグレードやおすすめは?

車の購入の際、生活スタイルから選ぶことが多いですよね。日常的な買い物で使うことが多いから軽自動車が便利、子供が小さいのでスライドドアのコンパクトカー。大家族なので大型のバン、アウトドアが好きなのでSUV、長距離運転が多いから低燃費なハイブリットカーなど様々です。

購入する車の車種が決まれば次は自分の好みで選ぶと思います。やはりデザインで選ぶ人が1番多く、自分の愛車になるのですから気に入った車が良いですよね。次に走りのよさ、使い勝手、価格です。意外に価格では選ばないのでしょうか?当然気に入った車が安ければ1番いいのでしょうが多少予算がオーバーしても生活をともにする愛車、言わばパートナーですから気に入ったデザインの車を選ぶようですね。

では、欲しい車が決まりました。次は何で決めますか?どのメーカーでも同じ車に複数のグレードを用意しています。装備の違いやオプショの違いで差があるようですが、細かく分類されているので正直分かりにくい。純正オプションは後からつけれない物もあるので、何がついていて、何がない。装備の内容を確かめて納得して購入したいですね。

ここでは新型ソリオのグレードの違いと、その中でも人気のグレードを紹介します。

ソリオには3つのグレードがある

価格が抑えられるG

価格は1,515,800円~1,581,800

パワートレインはエンジンのみで2WD・4WDがあり、さらにスズキセーフティサポートの非装着車と装着車とあわせて4つの種類がある。

燃費はWLTCモードで17.8km~19.0km。カラーは8色展開。

車体サイズ3,790mmx1,645mmx1,745mm。 室内サイズ2,500mmx1,420mmx1,365mm。

いいとこどりのMX

価格は1,850,200円~1,975,600円。

エンジンにISGを組み合わせたマイルドハイブリットカーで2WD・4WDがある。さらにスズキセーフティサポートの非装着車と装着車とあわせて4つの種類がある。燃費はWLTCモードで19.6km。カラーは8色展開。

車体サイズ3,790mmx1,645mmx1,745mm。 室内サイズ2,500mmx1,420mmx1,365mm。

全ての装備を搭載したMZ

価格は2,022,900円~2,148,300円。

エンジンにISGを組み合わせたマイルドハイブリットカーで2WD・4WDがあわせて2つの種類がある。スズキセーフティサポートは標準装備。燃費はWLTCモードで19.6km。

車体サイズ3,790mmx1,645mmx1,745mm。 室内サイズ2,500mmx1,420mmx1,365mm。

ポイント

多きな違いはやはりパワートレインでエンジンかハイブリットかの違いです。ただ車体サイズも室内サイズもボディカラーの色展開も同じ、燃費もエンジン車でもハイブリット車とほぼ同じです。グレードの値段の違いは装備の差でしょう。

では装備の違いにはどんなものがあるでしょうか。

MXとMZの比較グレード別装備の違いは?

安全装備での違い

カラーヘッドアップディスプレイは「MZ」のみ搭載。

「カラーヘッドアップディスプレイ」は小型車で初の採用となり運転席のダッシュボードの上に車の速度、シフトや警告をカラーで表示します。カラーで見やすくダッシュボード上なので視線が動くことなく確認できます。センターにあるメーターより、今の速度何キロ出てる?っていう時に数字での表示なので慣れるとこちらの方が見やすいかもしれません。同時に速度標識も表示されるので、うっかりのスピード出しすぎも防げますね。見ない時は収納できますが半透明なので視界の邪魔をしません。

LEDフロントフォグランプは「MZ」のみ。ハロゲンより明るく持ちが良くバッテリーへの負担も少ないです。夜の走行時はライトを付けていても暗く見えにくい事があるので夜道も安全に運転できます。

快適装備での違い

「MX」のスライドドアは左側のみがワンアクションパワースライドドアで「MZ」は両側についています。車のキーを用意しなくてもボタンひとつで開閉できるのは嬉しいポイント。

新らしく搭載のスリムサーキュレータは「MZ」のみ。空気の循環をしエアコンの温度を均一にします。なかなか後部座席まで冬は暖まらないってことがなくなり、前だけ冷気でとても寒いなんてこともなくなります。後部座席も同じように快適な温度になりますね。

ポイント

大きな違いはないようにみえます。両側パワースライドもあれば便利、スリムサーキュレータもあれば快適というところでしょうか。約170,000円の金額の差ならここは検討したほうが良いかもしれません。

安全装備での違いMXとGとの比較

アダプティブクルーズコントロールが「MX」「MZ」には付いています。前を走っている車を自動追従し、前の車が止まると自動的に2秒間止まり追突を防ぎます。ちょっとした不注意で前走車が目の前になんていうことないでしょうか。1秒目を離した時間でも追突の可能性はあるのでつけているとうっかりの事故をなくせそうです。

スズキセーフティサポートを搭載車にすると前記の装備以外はほぼ「G」にも装備していま

快適装備での違い

運転席・助手席のシートヒーターとリヤヒーターダクトが「G」には付いていません。シートヒーターは座席自体を暖めてくれ、リヤヒーターダクトは後部座席の足元に温かい温風を送ります。なくても困らないですが付いていると冬の時期、エアコンよりも早く温かみを感じられて寒い冬は付いてて良かったと思う装備でしょう。乗ったとたんに快適な暖かさです。

ールサンシェードが「G」には付いていません。スライドドア部分についているシェードで使わないときは、すっきり収納できるのが嬉しいです。日差しをカットしたり着替えなどのときに目隠しとして使えます。サイズが窓にぴったりなので市販のよりもカバーする範囲が広いですね。

パーソナルテーブルが「G」には付いていません。後部座席に座ってる人が倒して使うテーブルで、ドリンクホルダー2個とフックが3個。広さもあるのでちょっとした物も乗せることができ、子供におやつを食べさせたり食事も出来ます。ファミリーで小さい子供がいて遠出の時なんかは、あってほしいテーブルです。

USBソケット2個とアクセサリーソケットが後部座席の右側に「MZ」「MZ」には付いています。これは残念です。標準装備で欲しい装備です。「G」にはアクセサリーソケットがひとつのみです。今や小さな子供でもゲームや携帯も充電は不可欠。不便に感じることが多いかもしれません。特に後部座席にもあるのが嬉しいですね。

後席シートバックスライドレバーが「G」にはありません。荷室からレバーを上げ後部座席をスライドさせることができ、荷物が多いとき乗せるときに荷室を広げることができます。「G」は後部座席から座席をスライドさせないといけないので度々あると不便に感じると思います。

ポイント

「G」は価格を抑えてる分細かい装備は付いていません。代用できる物もありますがやっぱり付いてて良かったと思うものばかり。ただ安全装備についてはほぼ同じだったので安心して運転できそうです。生活スタイルによっては全く使わない装備もあるでしょう。室内空間は変わらないので欲しい装備、代用できるから、なくてもいい装備と分けて考えて検討すると良いかもしれませんね。

ソリオの使いやすさそもそもソリオってどんな車?

コンパクトなボディは最小回転半径が4.8mと軽自動並みなので小回りが利いてどこでもスイスイ走行できます。スライドドアで狭い場所に停めても乗り降りに困りません。両側スライドドアでステップ高は365mmと小さい子供でも楽々乗り込めます。そのためファミリーに人気で小さいけど大きいを実現した車ですね。

ソリオの機能性

もちろん低燃費は魅力のひとつで、走行の工夫や高速などでは最高WLTCモードで21.1kmまで伸びます。ガソリンは維持費の中でも大きい割合なので重要な点です。

ライト自動消灯システム。エンジンを切るとライトが自動的に切れるので切り忘れを防ぎバッテリーが上がってしまうことがないです。トンネルを走行中、点灯したままで明るい昼間だと切り忘れて付いたままってことがないです。

収納が多いですね。全部で15箇所あり、運転席と助手席のドリンクホルダーは500mlのパックがすっぽり入る大きさです。缶ジュースなどだと隙間がありすぎてガタガタ動きそうですが、四角な箱状なので小さい小物なども入れれるので従来のドリンクホルダーよりはるかに用途は増えると思います。

サイドトランクは深さもあり、かなりの大きさ。普段使わない物もたっぷり入りそうです。助手席シートの下の物いれも大容量で運転席のシートサイドポケットは薄いですけどシートと同じ生地で取り出しやすい位置ではあるので携帯を入れたり活用次第で意外に便利なポケットになりそうです。

ソリオの安全性能

スズキセーフティサポートを装備すれば、運転中のドキっとなることが少なくなるでしょう。ついうっかりをしっかりとサポートしてくれます。

ガラス面が広くインパネがフラットで遮るものがないので視界が良好。メーターがセンター位置にあるのが視線を移しがちですが慣れればそうでもないかもしれません。その分、「MZ」のみですがコンパクトカー初のカラーヘッドアップディスプレー搭載し運転者の目の前に位置するので欲しい情報はここで確認できます。

運転席、助手席はもとよりサイドエアバック、カーテンエアバックと前と横を守る6つのエアバックが付いているので安心できます。

ソリオの室内

ソリオの魅力はなんといってもその広さにあります。高さもありフロントシートセンターウォークスルーで室内の移動が楽にできます。荷室も広く後部座席のスライドにより広げることもでき座席のアレンジも多様です。広いと車で出来ることも増え何より開放感がありますよね。

スズキセーフティサポートって?

事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術

衝突被害を軽減するサポート、踏み間違いを防ぐサポート、走行中の車間距離や出遅れ、暗い道での自動にハイビームサポート、見えない場所を減らすサポートなど全部で12個のサポートがある。誰でも運転中、後ろの障害物を見落として衝突しそうになったり、夜道で気づかなかった歩行者にドキッとしたことないでしょうか?そのドキッを回避するサポートなので装着するのをぜひお勧めします。

非装着車と装着車では66,000円の違いがありますが、価格以上のサポートです。

新しくなってどう変わったの?

新しく追加された機能

スズキセーフティサポートに追加された「デュアルカメラブレーキサポート」
衝突の可能性がある場合に段階により、ブザー音、弱いブレーキ、強いブレーキをかけ衝突を避けるサポートをします。急に出てきた歩行者や急ブレーキをかけた前走車に気づくのが遅れてしまったこと、暗い夜道など経験ありませんか?4段階でブザー音で教えてくれるのもいいですね。いきなりの急なブレーキ作動だと少し驚きます。

スズキセーフティサポートに追加された「アダプディブクルーズコントロール」
前走車に一定の車間距離を保ちながら追従します。高速道路や渋滞の運転は疲れます。ブレーキやアクセルを繰り返す運転はストレスが溜まり疲れがどっと出ます。足をこまめに動かさないだけでも嬉しいポイント大の機能です。また前走車がいなくなれば設定した速度に加速し走行します。長距離運転も渋滞もカバー。

パワースライドドア予約ロック機能が新たに追加されました。携帯リモコンで予約しドアが閉まりきる前にロックできます。MZは両側、MXとGは左側のスライドドアにつきGかオプションでの装備となります。ちょっと便利なのかどうか分からない機能ですけど、急いでるときゆっくり閉まるスライドドアにイライラしなくてすむのかも。

新しく追加された快適装備

スリムサーキュレーター(MZのみ)空気を循環し室内の温度を一定にし快適空間にします。

プレミアムUV&IRカットガラス(MZのみ)、ロールサンシェード(MZ,MXのみ)、シートヒーター、リヤヒーターダクト(MZ,MXのみ)が追加となりましたが室内の温度を快適にする装備が増えています。夏も冬も乗っていて不快な温度になりにくいのは長距離などにも嬉しいです。

USBソケット2個とアクセサリーソケットの追加(MZ,MXのみ)これは便利です。万が一の災害時にも使うことが出来ます。

おすすめの装備

やはり スズキセーフティサポートは欲しい機能です。新機能も追加となり安心がより満載になりました。うっかりを最小限に抑えることが出来る機能でしょう。

なくても困らないけどあったら嬉しいのがシートヒーターとエコクールでしょうか。快適に感じことのポイントは色々ですが車内の温度が寒かったり暑かったりはやっぱり嫌ですよね。一度体験してしまうとこれらが付いていないと、なんだか物足りないと思うかもしれません。

こんなオプションがある

9インチHDディスプレイはおすすめです。全方位モニター用カメラ搭載の「MZ」「MX」につけることができるオプションですが、大きい画面で助手席からでも斜めからでもはっきり見える大きさですね。携帯とも連携していてもちろん音楽を楽しむことも。タッチパネルで車両情報や燃費なども確認できます。タッチパネルでいろんな情報や見れるのは便利ですね。7インチ画面と比べると1.7倍も違います。家族全員で楽しめそうです。

9インチのナビゲーションを装着を前提とした装備で全方位モニターカメラが「MZ」「MX」にはつけれます。真上から見たような状態をカメラで確認することができ目視では見えにくいところをなくします。また表示の切り替えにより、3Dで車から離れてみている様な視覚で確認したり、対象物に近づいたとき車体を透かしたような映像で確認できます。バックモニターでは車体から近い場所は見えないのでこれは安心できる装備です。

また、このオプションに付随して運転席ハンドルの前のインパネアッパーボックス。大容量の上に中にUSBソケットが付いています。これもとても便利ですね。通常のUSBソケットで携帯の充電をした時、案外コードとつながれた携帯の置き場に困りませんか?これは携帯を充電しつつボックスの中に入れておけるのでいいと思います。今や携帯の充電は必須の時代ですよね。ただこちらは「MZ」のみのオプションとなります。

これらのオプションは後付けできないオプションなので、生活スタイル、使用頻度や価格で決めるのがいいでしょう。

ソリオの人気のグレード

人気のグレード「G」

1番人気があるには、やはり「G」です。まず価格が抑えられているのに安全装備の充実です。アクセルなどの踏み間違いやふらつき防止、衝突を未然に防ぐアラーム機能など運転上のサポートを前後左右でしっかりと見張ってくれます。どんなに快適空間でもうっかりの運転で大事故につながることもあるのが車です。新たに6つのエアバックも装備され万が一にも備えています。1番売れているグレードです。

お勧めのグレード「MX」

「G」と比べると価格では約268,400円違ってきます。でも装備が断然違います。この価格以上の標準装備になっているのでお勧めです。マイルドハイウリットなのでもちろん低燃費で音も静か、エコクールも標準装備です。

安全装備は新たに2つの機能が追加となり、付いててよかったなが詰まっています。収納スペースはフル装備で携帯の充電や電気製品をUSBにさして使用可能。後部座席にテーブルもありロールシェードがリヤガラスについているので後部座席の子供が寝ていてもまぶしくありませんね。小さな工夫が随所にあるのでまさにファミリー向けでお勧めのグレードです。

「MX」にオプションの9インチナビーションを付ければ快適そして機能的な愛車になります。

ソリオのグレードまとめ

2020年12月4日に4代目ソリオとして登場しました。より快適さ安全性能、機能ともにバージョンアップしています。室内空間はもともと広いので今回80mm長くなり荷室も広がりましたがそれほど実感はないかもしれません。

注目は安全性能と機能の充実です。

安全機能は新たに2つの機能が加わり、ほぼどのグレードにも装備できます。うっかり運転への予防、突然起こってしまう出来事への軽減、万が一に備えてのサポート。乗っている人全員の安全が守られている車になっています。ガラス面に広がりが感じられ視界が開けているのもポイントです。

そして機能。室内空間をより快適に温度を一定に保ち後部座席も快適です。内装の機能も増えディスプレイは9インチのタッチパネルであらゆる情報が確認できます。携帯との連動で音楽を聴いたり、渋滞情報を見たり自分仕様にカスタマイズし欲しい情報をタイムリーに受け取ることができます。

もちろん低燃費、乗り心地のよさはそのままなので、付いている装備を自分の生活スタイルと照らし合わせて検討すると良いでしょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-スズキ, ソリオ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.