シエンタ トヨタ

シエンタのサイズ(長さ・横幅・高さ)の数字を全部紹介

2003年に3列シートで室内広々、スライドドアで乗り降り便利なコンパクトミニバンとして登場したシエンタ。発売当初から機能性と実用性の高さからファミリーカーとして人気を博してきました。2015年にはボディを一新しガラッとスポーティな印象に。ハイブリットカーを新たに追加し荷物がたっぷり積める2列シートも含めるとグレードだけでも20種類!生活スタイルに合わせて選びやすいラインナップです。

シエンタの魅力はカスタマイズしたくなるバリエーションの多さと何と言ってもちょうどいいサイズ感にあります。軽自動車ユーザーが家族が増えて乗換えを考えたときにちょうどいいサイズ。ミニバンに乗っている人がそこまでの大きさは要らなくなったけど、なんだか便利な3列シートが欲しいときにちょうどいいサイズなんです。新たに2列シートが加わりファミリーからアウトドア派のユーザーにも支持されているシエンタですが、じゃあその丁度良いサイズってどんなの?

シエンタのサイズ全部見せます!

シエンタのサイズ

シエンタの車体サイズ

長さ4,260mmx横幅1,695mmx高さ1,675mm

5ナンバーの規格が長さ4,700mm以下x横幅1,700mm以下x高さ2,000mm以下ですので横幅は規格内ギリギリに抑えられていますね。快適に感じる空間は横と高さにあるので十分な広さでしょう。ライバル車のホンダのフリードとほぼ同じサイズです。

前モデルと比べると?

前モデルから長さは25mm、初代モデルからは140mmも長くなっています。さらに最小回転半径は5.2mmを保っているので小回りのよさは残したままと言えます。変わったと言えばまるで違う路線のボディの顔でしょう。かわいい感じから一気に攻める風貌に。でもカラーやオプションでデコルメしたらかわいいにも変身できるのが面白いですね。デザインは賛否両論あるようですが組み合わせ次第で街にしっくりなじむことも出来るんです。

シエンタの室内サイズ

3列シートは長さ2,535mmx横幅1,470mmx高さ1,280mm

座面の奥行きは、1列目490mm2列目460mm3列目420mmで奥行きは後ろに行くほど狭く座りにくい感じはしますが、低床に改良され膝が上がることはなく3列目でも問題なく座れるでしょう。デザインでヒップが上がっているように見えますが床はフラットな状態で車内の移動も楽です。

2列シートは長さ1,900mmx横幅1,490mmx高さ1,280mm

3列シートに比べると長さが500mm以上も違いますね。3列シートがないので問題ない長さでしょう。それでもしっかり荷室スペースはあるのでシートを倒せば大き目の自転車でも2台も積むことができます。荷室に特化した室内サイズです。車中泊ブームでこちらの6人乗り2列シートを選ぶ人も増えています。

3列目シートと2列目シートの違いは?

コンパクトな車体サイズながら室内空間が広いのはバッテリーを2列目の足元に配置し薄型燃料タンクにする事によって3列目の足元にゆとり空間を作っています。サイズに違いからも分かるように、ただ3列シートをなくしただけの2列シートではありません。3列シートは人を2列シートは荷物がより多く積めるような特徴があり、はっきりした違いがあります。ファンベースの荷室スペースにはユーティリティフックが備え付けられオプションにより荷室をより自分使用に使いやすくカスタマイズ可能になっています。

シエンタ荷室の広さは?

3列シート使用のシエンタ

高さ1,085mmx横幅1,260mm奥行き370mmx荷室フロア高505mm。高さも横幅もありますが、ハッチバックを開けたらもう3列目シートが目の前って感じで奥行きが狭い感じがします。ベビーカーくらいは積めるかなといったサイズです。荷室への高さも結構高く感じ重い荷物の時とは苦労しそうです。

3列シートを格納すると高さ1,085mmx横幅1,260mmx奥行き970mm。かなりスペースが広くなりました。高さもあるので大きな物も詰め込めそうです。3列シートはロックを外しサードシートの下に収納するタイプです。フラットな状態になりますがワンタッチではないので少し作業は大変です。常に最大5人までしか乗ることがないのなら格納したままのほうが便利かもしれません。

2列シートを格納すると高さ1,085mmx横幅1,260mmx1,430mm。一気に広くなりました。これだけ長いと自転車も余裕です。フラットになるのでかなりの大きい家電やたんすなんかも積めこみ可能ですね。

2列シート使用のシエンタ

高さ985mmx横幅1,260mmx荷室フロア高530mm(ローデッキ状態)610mm(ハイデッキ状態)2列目を格納したときは荷室長2,065mmにもなります。2列目はチルドダウン格納でヘッドを1番下まで下して最後方までスライドさせて格納することでフラットな状態になり車中泊にも快適な空間に仕上がります。

またファンベースは荷室のアレンジが出来、荷室のボードをひっくり返すことでハイデッキとなり床がフラットな状態になるので車中泊も快適に、ーデッキでは高さが1,070mmになり高いものでも積め自転車などは後輪が下がる状態になるので安定します。また半分ずつハイ・ローの状態にも出来るので活用もアレンジ次第ですね。

アウトドアを意識したファンベース。室内のサイズは3列シートよりコンパクトではありますが、荷室サイズはさすがに広々でオプションやカスタマイズすれば自分だけの快適空間に。最近ブームの車中泊にも余裕の空間でまさに趣味部屋にもなる広さですね。

スライドドアの開口サイズ

高さ1,160mmx幅660mmxステップ高330mm。シエンタのスライドドアは下部にラインが入っているので一見スライドドアに見えない特徴的なデザインですがしっかり開いて高さも十分。前モデルよりも開口幅は650mmも広くなっています。

ステップ高も前モデルより55mmも低くなり、コンパクトカーではランキング第2位の低さになっています。そのためか直接フロアに乗り込み感じです。さらにフリードのようにステップフロアがあればもっと楽に乗り降りでそうです。

シエンタのサイズ何がメリット?

シエンタのサイズは運転に丁度いい?

まず待ち乗りで気になるのは小回りが利くかどうかですよね?狭い駐車場や細い道に入り込んでしまった時など不安になります。軽自動車はそんな不安はあまりないでしょう。それは最小回転半径が約4.2m~4.7mなのでどこでもスイスイのイメージです。

エンタはこの最小回転半径が5.2mでミニバンのなかでもトップです。5.5m以下なら小回りが利き特に苦労することなく走行できると言われているので安心の数字で実際に狭い駐車場でも何度も切り返しなしですんなり入るとの声が多いですね。ただオプションの16インチのタイヤを装着すると一気に最小回転半径は5.8mになってしまいます。5.5mをはるかに超えてしまっているので小回りのよさを感じることが出来にくいかもしれないので要注意です。

駐車場においても機械式駐車場は要注意です。入庫可能な高さに制限があるので確認が要るでしょう。車幅は狭い機械式駐車場でも最低1,700mm~1,750mmはあるので大丈夫ですが高さ制限1,550mm以下の車にしか対応していないところがあるのでシエンタの1,695mmは入庫できません。これは5ナンバー全車が無理なサイズですね。現在ではハイルーフOKも多く出来ていますがやはり台数に限りがあります。

また通常の道路幅は約4m。シエンタの1.7mなら余裕の幅です。住宅街でのすれ違いでも安心。通常の道路幅から細い道に走行するのにも最長回転半径5.2mでカバーできるでしょう。

シエンタの室内のメリット

2列目シートも加わり室内空間を目的に合わせて選べるのは嬉しい選択です。

前モデルよりも広さも拡大され床が低くなったので乗り降りも楽に足元のゆとりも生まれました。2列目シート7人乗りは3人がけ、6人乗りは2人がけでソファーシートになっていて6人乗りのほうは結構大き目のドリングホルダーがシートについています。シートでも良かったのではと思いますが意外に使い勝手がいいのかもしれません。

シートは独立型でスライドやリクライニングの角度もそれぞれが好きなように動かせますが、7人乗りの場合2列目に3人座っていたら真ん中の人は少し困りますね。前モデルでは薄いおまけのような3列シートもクッション性もよくなり7人乗っても快適に座れる用になっています。

空間的なサイズではフリードより少し長さは短いですが格段に広くなっていて機能面とアレンジで勝負といったところでしょうか。

ライバル車とのサイズ比較!

ホンダのフリード

車体の長さ4,265mmx横幅1,695mmx高さ1,710mm~1,735mm。シエンタと比べると高さが少し高いくらいでほぼ同じサイズですね。室内は長さ3,045mmx横幅1,455mmx高さ1,275mm。長さがフリードのほうが500mm長いです。これは大きな違いです!3列シートでも足元に余裕が違ってくるかもしれませんね。

スライド開口サイズ、高さ1,170mmx幅665mmxステップ高390mm。乗り込みのフロア位置が5cm低くなっているのでシエンタと比べてステップ高は変わらないですが乗り込みやすさがフリードのほうが楽でしょう。小さなお子さんや年配の方などでは大きな違いが出できます。せっかく便利なスライドドアなので乗り降りは快適なほうがよりいいですよね。

荷室の広さは高さ1,255mmx横1,080mmx荷室高480mm。シエンタと比べるとほぼ同じ大きさといえます。ただ3列目の格納が跳ね上げ式格納なので出っ張り感がどうしても邪魔な感じで後方の視界も気になります。2列目がキャプテンシート採用車なら長いものを積めるのはありがたいですね。

フレキシブルラゲッジの使用で荷室の縦の空間を2つに区切りロングテールゲートと低床フロアを作ることが出来ます。下には重いクラーボックスなど乗せて上は海の着替えなどと使い分けが出来取り出しやすいです。大きな荷室を使い方で分けられるのは嬉しい仕様です。

日産のセレナ

車体は4,685mmx1,695mm1,875mm。やはり長さがあります。その分室内も広くサイズは長さ3,170mmx横幅1,545mmx高さ1,400mm。全体的にシエンタより一回り大きい印象です。3列シートでもゆったりです。7人家族でもみんなが快適にドライブできる広さです。

すわり心地重視なのか荷室の大きさは、3列シート使用時長さ1,250mmx横幅1,310mm奥行き400mm。あまり広くはないです。ただデュアルバックドアなので後ろが狭くでも開けて荷物が積み込めます。これは嬉しいですね。左右の空間が狭い駐車場はスライドドアが解決してくれても案外バックが狭いところもあったり、不安定な荷物を乗せて荷物が倒れてくる前に急いでハッチバックを閉めた経験ないですか?ハッチバックをあけるよりデュアルバックドアでポンっと乗せられるのはいいですね。

3列シート格納時は長さ1,250mmx横幅1,110x奥行き1,080mm。3列シートは側面に付ける格納なので出っ張りが邪魔になりますが、奥行きは2倍にも広がっています。2列目シートは格納できず1番前までスライドして背面をたおす形の収納でサイズは長さ1,250mmx横幅1,110mmx高さ1,660mm。

スライドドアの口の幅802mmx高さ1,308mmステップ高400mm。実際のフロアは100mmほど高く約500mm。手摺なしでは大変な高さに感じます。高さは高いのでかがめば大人でも余裕です。

シエンタのサイズ人気の秘密

まさに小さすぎず大きすぎずが人気の秘密でしょう。日頃の買い物に、子供用の自転車をちょっと乗せて公園に、週末は大人数で観光に。待ち乗りでも遠出にもちょうどいいのが最大の魅力ですね。車高が低そうに見えて中は小さな子供なら立てる高さです。室内空間は快適さにもつながります。そして3列シート。アレンジ次第で人を乗せたり、荷物を乗せたり、フラットにして車中泊まで出来るのがいいです。

アレンジできる室内空間と車体の選べるカラーやオプションのバリエーションの多さも人気の秘密です。

シエンタサイズのまとめ

2列目シートが新たに加わったシエンタですがサイズからみても仕様はかなり違っているのがわかります。使用目的によって選べるのは嬉しいポイントですね。ライバル車のフリードと比べてもサイズはほぼ同じといったところですが、荷室を広く取りたい方は3列シートの格納方法が気になる方もいます。逆にスライドドアの便利性を求めるならフリードのほうが快適に乗り降りできそうです。

用途・頻度に合わせて選ぶのがいいですね。

待ち乗りでもスムーズ、シートのアレンジ次第で荷室が自由自在なちょうどいいサイズのシエンタです。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-シエンタ, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.