シエンタ トヨタ

シエンタのバッテリーはどれくらいもつの!?バッテリーの交換時期も紹介!

車のバッテリーってどれくらいもつのでしょうか?
ある日突然止まるイメージありますよね。
車にはなくてはならない大切な部分であるバッテリーですがガソリンやオイルは気にするのについ存在を忘れがちになります。
いきなりのバッテリー上がりに慌ててJAFのお世話になった人も多いでしょう。
JAFの出動ランキングの中でもタイヤのパンク、燃料切れ、キーのとじ込みを押さえて堂々の1位です。

そもそもバッテリーって実際どんな役割をしているでしょう。
車のエンジンを動かすのにも、たくさん装備されているナビゲーションもパワースライドドアなどの電子部品を動かすのにも必要なのがバッテリーなんです。
人に例えると心臓でしょうか。
心臓の動きが悪くなると血液を循環しなくなり体にダメージを与えます。これと同じでかなり重要ですね。
では止まってしまったら即交換しないといけない?
実はバッテリーが上がってしまう原因には様々な要因があり対処法も違います。
走行の仕方でもバッテリーのもちは変わります。こまめに点検メンテナンスをしていれば寿命が伸びることもあります。
消耗品ですからそれらの不具合に対してのサインに気づくことも大切です。

今回はシエンタに重点を置いてバッテリーはどのくらいもつのか?交換時期の目安は?を紹介していきます。

シエンタってどんな車?

シエンタの人気の理由

シエンタは、2013年発売当初からかわいらしいフォルムながらスライドドアを装備し3列シートで人も荷物も積めるちょうどいいサイズでファミリーユーザーからも人気の車です。
2015年にはハイブリット車も登場しデザインを一新しクールでスタイリッシュに変身した。
ヒップポイントを上げたデザインも特徴的ですがこれにより空間に広がりもでています。
車体カラーも16色もあり自分仕様にカスタマイズできるバリエーションです。
2018年には5人乗りの荷室を広げたファンカーゴも新たに追加され生活スタイルに合わせて選べるラインナップになっている。
アウトドアや車中泊も可能にしたファンカーゴです。

ガソリン車でもJC08モードで20.0km、ハイブリット車ではJCモード28.8kmと燃費性能を高め、安全面でも歩行者や車をキャッチし衝突の可能性を押さえる機能やアクセルとブレーキの踏み間違いを軽減する機能もあり乗ってる人みんなの安全を守ります。

生活のあらゆるシーンに応えることが出来るまさに「大きすぎないミニバン」として人気のシエンタです。

シエンタのバッテリーへのこだわり

ハイブリットバッテリーをセカンドシートの足元に搭載し、薄型燃料タンクをセカンドシートの下に配置した事により低床化でその高さ330mmを実現しています。
これによりスライドドアからの乗り降りも快適になり、フラットな状態のフロアは車内での移動をズムーズにしました。
また3列シートの足元もフロアとシートの座面までの高さが生まれたことのより膝が上がることなくゆったりとした空間となっています。

バッテリーの位置を変えたことで低床になり、誰もが快適に実用的なコンパクトミニバンになっています。

シエンタのバッテリーの寿命

どのくらいもつ?

シエンタのバッテリーの寿命は約2年~5年と言われています。
年数には開きがありますね。これは製品自体の寿命もありますが使用状況により大きく変わってくるからなんです。
エンジンをかけて走行する事によりバッテリーは充電しているので、乗らずにほうっておくとバッテリーは放電してしまい所謂バッテリーが上がってしまう状態となり寿命を縮める事になります。
最低1回に1時間以上の運転を週に数回していれば充電は大丈夫でしょう。

シエンタのハイブリットカーはガソリン車と違い、補機バッテリーと駆動バッテリーと2つのバッテリーを搭載しています。
補機バッテリーはエンジンを始動するのに必要なバッテリーでガソリン車と同じ役割をしていますが寿命は少し長く4年前後。
ただ同じくメンテナンスが必要になります。駆動バッテリーはハイブリット専用のバッテリーでモーターへ電力を送る働きをし大容量なので寿命は10年と言われています。
メーカー保障も5年10万km未満で無償の交換を行っているところがほとんどなのでそれだけ長持ちするバッテリーと言えます。

寿命を延ばすには?

バッテリーは放電と充電を繰り返していますがエンジンを動かす事によって充電しているので当然乗らないと放電してしまいバッテリー上がりの状態を起こしてしまいます。
しばらく乗る予定がないならエンジンをかけたりしアイドリングしておくといいでしょう。
気温も関係し気温が低いと電解液が冷え放電量がふえます。
エアコンやライトの点灯も通常の運転よりも消費し、ちょい乗りもバッテリーに負担をかけます。
エンジンをかけるときにもっとも負担をかけているので少し運転をして止めるを繰り返すと消耗してしまいます。

寿命を伸ばすには、定期的に長時間の運転をすることが好ましいんですね。
あんまり運転はしなくてもエアコンなど電気系統を切ってアイドリングしてあげるだけでもある程度の充電をしてくれます。
充電と放電をバランスよく保つのが重要ということですね。
充電には10時間くらいかかると言われているので、充電の時間が短いと放電量が多くなりバランスがくずれます。

シエンタのバッテリー交換時期

シエンタの交換時期の目安は?

シエンタのバッテリーの交換時期の目安は2年~3年です。走行距離で言うと3万km前後です。
ほとんどのバッテリーが2年~3年の保障期間が付いているのでこの期間は壊れません、不具合が生じたら交換しますということです。
車検ごとを目安にして交換しておくと安心して運転はできますが必ず交換というわけではありません。
運転の仕方やメンテナンスにより時期は変わってくるので定期的にバッテリーの状態を確認しておくといいですね。

ハイブリット車の駆動バッテリーは10年ですがほとんど交換がありません。
保障も長く新車登録から5年走行距離10万km未満まで付いていて駆動バッテリーのトラブルは少なく初期の段階でのトラブルは無償の交換となるので基本交換はないでしょう。
補機バッテリーの目安は4年前後ですが負担も大きいため2年に1度は交換を推奨しているディーラーも多いですね。

バッテリーにこんな症状が現れたら交換

エンジンが一発でかからない時はバッテリーの電力が弱くなっている可能性があります。
キュルキュルとした音がギュルンギュルンと重い音がしだしたときや週に2~3回エンジンのかかりが悪いことがあると交換する必要があります。
またヘッドライトがハロゲンランプの場合明るさが弱くなります。この他電気系統のパワーウインドウなどの部品がスムーズに動かなくなったり、アイドリングストップをする回数が減ったときなどは交換の時期が近づいてきています。

1番分かりやすいのは、ガソリンスタンドなどで電圧をチェックしてもらうことです。
正常値が1.2V~1.3Vなので数値が1.2Vを下回っていれば交換時期でしょう。

シエンタバッテリー交換の金額相場

ガソリン車のバッテリーは約5,000円~40,000円です。
性能や容量、国内製、海外製と様々あり純正品だと20,000円前後です。
値段の高いバッテリーの方がエンジンの始動が早く長持ちしてくれます。
メンテナンスフリーだと値段は通常よりしますがこまめに点検しなくても良いという面もありますね。
同じバッテリーでも補機バッテリーは30,000円前後。
ハイブリットには欠かせない部品なので高性能で容量の多いものと交換したいところです。

ハイブリットの駆動バッテリーは専用のものしか使用できないのでディーラーでの交換となり相場は約10万円~40万と高めです。

バッテリーのメンテナンス

どんなメンテナンスが必要?

突然のバッテリー上がりに慌てる前に定期的にバッテリーの状態を確認するのが重要です。

ずは液量を点検。
液量は蒸発して少しずつ減っているため液面が適正ラインより下に来ていたら補水し充電をしましょう。
充電時間は5時間~10時間で全ての液口栓からもガスが出ていたら充電が出来ています。
ガスが出たのを確認したら液口栓をしっかりと閉めて完了です。常に満水状態だと長持ちしてくれます。

充電状態を見るのにはバッテリーテスターがあれば自分でもできます。
液口栓を外しバッテリーテスターをいれて液をスポイドで吸い上げます。
垂直にして液の水面が1,280以上あれば大丈夫です。
バッテリーの電圧はガソリンスタンドでもみてもらえるところが多いですが12.5V以下でないか確認。
またバッテリー上がりとよく間違えてしまうプラス・マイナスのターミナル外れも確認しておきましょう。
錆びつきなども確認し綺麗な状態に保つことも大切です。

1ヶ月に1度は見ておくといいでしょう。

メンテナンスフリーって?

従来のバッテリーは少しずつ蒸発していき液量が減っていたのが特殊な弁をつけバッテリー液を循環させ蒸発を防いでいます。
このために補水する必要がありませ
形状は同じですが従来の半透明から中が見えないタイプがほとんどなので点検や補充用の穴もないためインジゲーターの浮きの色で比重を確認するシステムです。
補水する必要はなくメンテナンスは楽ですがやはり消耗品ですので外観の傷や破損箇所がないかなどの確認はしておいたほうがいいでしょう。

バッテリー

バッテリー上がりの原因

充電を行っていないときにエアコンや室内灯を長時間付けると放電しバッテリー上がりを起こします。
状況やバッテリーの劣化具合によっては違いますが、うっかり室内灯をつけたまま車をおり朝に乗るときには動かなかったこと経験ないですか?
また冬になり気温が下がると充電の性能はおちます。
気温が0度なら80%、マイナスになりとさらに下がり新品のバッテリーでも性能を発揮しなくなり消耗していき通常よりも原因を作ってしまいます。

全く車を放置していた場合約40時間で放電します。約2日。意外に早いですね。
長期の出張のときなどはターミナルを外しいくといいでしょう。
うっかりそのままにしておくとロードサービスなどや交換する羽目になり出費がかさみます。

バッテリーが上がってしまったら

ンジンをかけた時、いつものセル音もせずライトや電気系統が付かないときはバッテリーあがりです。
原因はいくつかあります。上記で書いたように放電をし続けた状態のときでしょう。
室内灯の消し忘れ、長期間運転していない、エンジンをかけずにエアコンや音楽を聴いていたときなどです。
1度あがってしまったバッテリーは充電が必要です。充
電の方法は別の車から電気をもらうジャンピングスタートという方法やジャンプターターを積んでいれば自分でも再始動できます。
なかなか知識や条件が合わないと難しい方法なのでロードサービスを頼むのが1番早く確実でしょう。

またバッテリー上がりと間違いやすい症状もあります。シフトレバーがパーキングに入っていないときや燃料切れ、セルモーターが故障している場合もエンジンはかかりません。
セルモーターは最初にエンジンを始動させるためのモーターで交換するとなると3万円~5万円かかります。
ただ車体をたたき衝撃を与えることでエンジンがかかる場合が起こることもあるとか。やってみる価値ありですね。
また意外に多いのがターミナル端子が外れていることも。普通につなぎなおすとエンジンは始動するので知っておくと慌てることも減ります。

エンジンはかからないけど電気系統がついている時はスパークプラグかぶりという状態のことが多く、プラグはライターのような役割でエンジンと空気を混ぜて火をつけますが、寒い朝などエンジンが温まらないうちの運転や少しだけの運転で停止した場合など意外に起こりやすいんです。
湿り気を飛ばすとなります。エンジンをかけながらアクセルを踏む事により火花を散らしやすくし湿り気をなくし始動することが出来ます。

 

シエンタバッテリーのまとめ

シエンタの燃費はハイブリットならばJC08モードで28.8km。すごい低燃費ですね!
でも燃費はバッテリーと深く関係していてバッテリー性能が落ちるとせっかくの燃費数値を発揮しなくなります。
バッテリーは消耗品であり寿命があります。特に燃費を延ばすアイドリングストップはバッテリーに大きな負担をかけているんです。

でも寿命は少し意識した運転やメンテナンスをすることで長く延びます。
燃費にも影響しているならなおさらこまめな点検は必要ですね。
ある日ぱったり動かなくならないように意識した運転を心がけましょう!

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-シエンタ, トヨタ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.