車買取・売却

喫煙車や匂いが気になる車の売却査定は下がるのか!?

昔に比べると、喫煙者の人数がとても少なくなり喫煙者からすると肩身の狭い時代になっています。
そしてタバコ離れもあり、中古車でも禁煙車を選ぶ方が多くなってきました。

最近では、レンタカーも禁煙車の方が圧倒的に多く昔のように車を運転しながらタバコを吸うことがだんだんと少なくなっています。しかし、車の下取り査定員が気にするのはタバコの匂いだけではありません。

そこで今回は、喫煙車や匂いが気になる車は下取り査定額に影響が出るのかということについて解説します。
現在マイカーでタバコを吸っている方や、これから車を購入する方で、喫煙車は選びたくないという方はぜひご覧ください。

それでは見てみましょう。

どういう車が喫煙車なのか?

喫煙車と禁煙車という言葉をよく聞くと思いますが、喫煙車の定義とはどのようなものなのでしょうか?喫煙車は車の中でタバコを吸っている車のことをいいます。

最近では、電子タバコが発売され、紙巻きタバコよりは、匂いや煙は抑えることができますが、電子タバコを車で吸っている場合も喫煙車になることがあります。

タバコや電子タバコを吸うと車内が汚れていなくても、匂いが残り喫煙車と判断されるのですが、電子タバコだけを吸っている場合匂いが残りにくく、禁煙車となる可能性があります。

喫煙車は下取り査定に影響が出るのか?

匂いを消すことはできない

喫煙車は実際、下取り査定の金額に影響が出るのでしょうか?

結論から言うと喫煙車は下取り査定の際、査定額に大きく影響します。実際禁煙車に比べると3~10万円ほど査定額が下がると言われています。

窓を開けていたり、消臭剤を普段から置いているから大丈夫と言う方もいますが、タバコの匂いを簡単に消すことはできません。エアコンから出る風やシートにタバコの匂いが残り、それが査定の時になっても完全には消えないのです。

さらに、シートに落ちた灰や車内に染み付いたヤニもタバコの匂いがする原因になります。

電子タバコも査定額に影響が出る

査定額に影響が出てしまうのは、紙巻きタバコだけではありません。紙巻きタバコに比べて、匂いや煙の少ない電子タバコだけを吸っていても、査定額に影響が出てしまう可能性があります。

匂いが紙巻きタバコより少なく、ヤニも出ないので車内が汚れることはありませんが、それでも独特の匂いが残ってしまうのです。しかし、汚れが少ない分査定員が気づかずに、禁煙車として査定される場合もあります。

そうとはいえ、現在マイカーで電子タバコしか吸っていない方も十分注意が必要です。

喫煙車でなくても要注意

ここまで喫煙車は下取り査定額が禁煙車よりも下がってしまうということをお話ししました。禁煙車の需要が増え、タバコ離れが進む現在では仕方のないことです。

しかし、査定額が下がってしまうのは、タバコの匂いが取れていない喫煙車だけではありません。タバコを普段吸っていなくても、匂いが気になる車は下取り査定額が下がってしまう可能性があるのです。

「タバコの匂いは確かにわかるけど、他にどんな匂いが対象になるの?」と思った方も多いと思います。タバコの匂い以外にも下取り査定額が下がってしまう原因になる匂いはたくさんあります。

例えば、ペットの匂いです。普段車にペットを連れて乗っている方は十分に注意が必要です。なにも気にせずに乗っていても、下取り査定の際にペットの匂いが影響してしまいます。

続いての原因は、車内での飲食です。車内で飲食をするとどうしてもきつい匂いが車内に残ります。他にも、服を通してシートについた汗の匂いやエアコン内のカビなど様々な匂いが査定額を下げてしまう原因になります。

どうして査定額に影響が出るのか?

喫煙者が減少している

査定額に影響が出る理由の一つに喫煙者が昔に比べてとても減少しているというのがあります。昔はほとんどの人がタバコを吸っていて、街のあらゆるところにタバコ屋がありました。

しかし、現在はどうでしょうか?タバコにかかるタバコ税は上がり、街中の喫煙所も次々に撤去されています。その影響もあってか、タバコを吸う人は年々減少傾向にあります。

昔はタバコを吸うのも何も気にせず、車の中でも吸う人が多かったのですが、今では喫煙者にとっては肩身の狭い世の中になりました。喫煙者の減少が、車の査定額に影響が出る原因です。

喫煙車というのを気にする層が一定数いる

今も昔も変わらず、タバコが嫌いな方は少なくありません。昔は喫煙者が多かったのでそのような方も目立たなかったのですが、喫煙者の減少により、タバコが嫌いな方が目立つようになりました。

その中でも、マイカーに喫煙車は選びたくないという方がとても多いです。中古車は新車ではないので、古着と同じように前に使用していたユーザーがいます。

自分の前に車に乗っていた方がタバコを吸っていたのであれば、車はタバコ臭く車内はヤニで汚れてしまいます。そのため、喫煙者を嫌がる方は多く、禁煙車の需要が昔に比べて増えました。

査定員が喫煙者だとあまり査定額が下がらない

喫煙車だと、下取り査定の時に査定金額が通常より下がってしまうというお話をしてきましたが、巷ではこのような噂もあります。それは、下取り査定に来た査定員が喫煙者だと、それほど下取り査定額が下がらないというものです。

査定員が非喫煙者である場合、タバコを吸っていることをとても気にし減点ポイントになるのですが、もし査定員が喫煙者の場合タバコの匂いをそれほど気にしないのです。たしかに、非喫煙者はタバコのわずかな匂いでも気付きますよね。

しかし、あなたのところに来る下取り査定員が喫煙者である確率はとても低いです。喫煙者の下取り査定員が来ることを願うよりも、少しでもタバコの匂いを消して軽度と判定される努力をしましょう。

喫煙車は隠してもバレる

最近は、喫煙車だと下取り査定額が下がることを知っている方が多く喫煙車であるのに、禁煙車だと嘘をつく方が多くいるそうです。しかし、喫煙車であることはすぐにバレてしまいます。

では喫煙車であるのに、禁煙車として販売されている車をどう見分ければいいのでしょうか?また、少しでもタバコの匂いを消すのにはどのようなことをすればいいのでしょうか?

喫煙車はどう見分ける?

①天井や車内を確認する

紙巻きタバコを車の中で吸っていたならば、煙が上に上がるので必ず車内の天井やその近くがヤニで汚れてしまいます。ヤニで汚れていると、全体的に黄ばんでくるので、喫煙車を購入したくないという方はまず車内を隅々まで確認してみてください。

しかし、車内を見てもあまりわからないのが電子タバコだけを吸っていた場合です。電子タバコは紙巻きタバコよりも煙や匂いを抑えることができますし、黄ばみの原因になるヤニはほとんど発生しません。

そのため、車内を隅々まで確認しても喫煙車だとわからない可能性があります。

②エアコンをつけてみる

車内を確認しても特に黄ばみやヤニの汚れがない場合は、エンジンをかけてもらいエアコンをつけてみてください。エアコンというのは、車内と車外の風を通す役割をしているので、タバコの匂いを吸い込みやすいのです。

タバコを普段から吸っていた車であれば、エアコンをつけた時に通常の匂いとは違う匂いが車内に広がります。車内の天井などを確認するよりも、エアコンをつけた方が確実に喫煙車を見分けることができます。

しかし、先ほど同様に電子タバコの場合はエアコンをつけてみても、紙巻きタバコよりも匂いがしません。エアコン内のカビの匂いかタバコの匂いかわからず、喫煙車を見分けることができないこともあります。

匂いを抑える方法

①普段からよく換気する

タバコの匂いを抑える1つ目の方法は、普段からよく換気をするということです。タバコを吸いながら窓を開けない方もたまにはいるのですが、窓を開けてタバコを吸っているから大丈夫だというわけではありません。

灰皿の中の吸い殻、喫煙者の息、煙が十分に染み込んだ衣服やシート。このどれもがタバコの匂いを車に染みつかせてしまっています。

タバコを吸っていない時でも頻繁に換気をし、外の空気と中の空気を入れ替えることで、タバコの匂いを抑えることができます。

②エアコンをあまりつけずぎない

先ほどもお話しした通り、タバコを車内で吸っていたのであれば、エアコンをつけた時タバコの匂いが車内に運ばれます。これは、タバコを吸いながらエアコンをつけているためです。

寒い日や暑い日はついついエアコンをつけながら、タバコを吸ってしまいます。しかし、それがタバコの匂いを車内に留まらせる原因になっているのです。

タバコを吸いながら、エアコンをかけてはいけないと言っているわけではありませんが、少し気をつけることで査定の時に下取り査定額があまり下がらないようになります。

③消臭や防臭の芳香剤を置く

そして、タバコの匂いを抑える最後の方法は、消臭や防臭ができる芳香剤を車内に置くことです。なにもしなければ、タバコの匂いはきつくなっていく一方ですが、カー用品店などで買える芳香剤を置くことで、タバコの匂いを抑えることができます。

タバコを吸っている車に芳香剤を置いてもすぐにダメになるという話を聞いたことがありますが、それでも置かないよりは置いた方がいいように思います。普段から換気もあまりしていないし、タバコを吸いながらガンガンにエアコンをつけてしまっているという方は、一度カー用品店で芳香剤を購入してみてください。

少ししか匂いを抑えることができないかもしれませんが、その努力が査定額をあまり下げないことに繋がるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?喫煙者が昔に比べて大幅に減少しているという話をしましたが、それでも尚、車でタバコを吸われる方は一定数います。

喫煙車の場合、禁煙車に比べて査定額は3~10万ほど下がるのですが、匂いを抑える努力をすることで下取り査定額は大きく変わります。禁煙車だと嘘の申告をしても、プロの査定員の目や鼻は誤魔化すことができません。

匂いの原因は、タバコだけでなく様々なのですが普段から換気やエアコンに気をつけ、匂いを抑えるようにしましょう。喫煙車だとバレないようにするよりも、喫煙車だと素直に申告し、軽度の匂いで済むようにすることが重要です。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-車買取・売却

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.