車買取・売却

車の査定に手数料がかかるのかをご紹介

みなさん車を査定に出す時、「査定って手数料とかかかるのかな?」と思った経験はありませんか?
今のご時世、店などに頼む時には何かと手数料というものがかかるので、査定の時にもかかるか疑問になることもあると思います。

愛車であれば、少しでも高く売りたいと思うのが当然です。しかし、店舗を回って査定に出したものの、手数料という名目であれやこれやと査定額から金額が下がってしまっては、元も子もありませんよね。

そこで今回は、車の査定には手数料がかかるのか、また手数料には詳しくどのような費用が含まれるのかについて解説します。
現在愛車の売却をお考えの方、また今は考えていなくても近い将来売却をするかもしれない方はぜひご覧ください。

それでは見てみましょう。

車の査定に手数料は必要なのか?

そもそも車の査定には手数料が必要なのでしょうか?今まであまり気にしたこともなかったかと思います。

結論から言うと、一般的に買取業者にて査定を行う場合は、手数料として金銭を請求されることはありません
しかし、査定が終わった後の手続きで何かと経費が必要なため、経費分をあらかじめ引いた金額を査定額として伝えられます。

査定額として提示された金額から、手数料としていくらか金額を下げられるわけではないということですね。
査定額を提示された後、手数料や経費という名目で査定額から金額を下げられた経験がある方は、悪徳業者かもしれないので注意してください。

買取業者とディーラーで手数料は変わる

同じ査定内容でも、買取業者とディーラーでは査定にかかる手数料が変わることをご存知ですか?
「同じ査定なのになぜなんだ。」と思う方も多いですよね。

買取業者の場合は、中古車を買い取ってその車をメンテナンスし、新しいオーナーにお客さんに車を買ってもらうために店頭で販売します。
そのため、査定にかかる人件費やその後の経費まで査定費用に含まれている場合がほとんどです。

しかし、ディーラーの場合、大きく異なります。ディーラーが車を査定する時はお客さんが車を買い替える時です。
そうなると、通常はかからないはずの人件費などがかかってしまうため、手数料などで相殺しようと考えるのです。

軽い気持ちで下取りに出してしまったために、とても格安で車を買い取られてしまい、さらに手数料がかかってしまうケースがよくあるので、ディーラーで査定をしてもらう時は気をつけなければなりません。

売却時にかかる手数料の種類

車を実際に売却するとなると、様々な手数料がかかります。その中からいくつか代表的なものを紹介します。

査定料

車を売却しようとする時、まずは買取業者やディーラーに愛車を査定に出しますよね。その査定にかかるのが査定料です。
査定料とは、査定にかかる人件費のことです。

先程、買取業者に査定をしてもらう場合は手数料を請求されないとお話ししました。
それは、あらかじめ人件費など必要経費を差し引いた金額を、査定額として提示しているからです。

この査定料には人件費の他にも、出張費用というものが含まれます。最近は多くの買取業者が、出張査定というサービスを行っています。
これは、買取業者が自宅の駐車場まで出張し、愛車を査定しに来てくれるというサービスです。

無料出張査定と大々的に宣伝している買取業者が多くありますが、自宅まで来てくれる時にかかるガソリン代などもタダではありませんよね。出張費用として実は、ガソリン代なども含まれているということです。

車の運送料

車を売却するという契約が完了すると、買取業者はその車を店舗まで持って帰らないといけません。
直接店舗に持っていって査定をした場合、この費用はかからないのですが、車検切れの状態などで車を持っていくことができない時に、車の運送料がかかります。

さらに、故障していて自走できない車や、運転免許を失効中の時などはレッカーで車を運ばないといけませんよね。
しかし、最近は運送料、出張査定無料な買取業者も多く、その場合は手数料として金銭を支払う必要はございません。

名義変更料

続いて、車を売却した時にかかる手数料は名義変更料です。名義変更料といっても、車を売却する時にかかるのは、所有者権を抹消する手続きにかかる費用です。

この名義変更は自分で行うこともできるのですが、面倒ということもあり、買取業者が代行するケースがほとんどです。人件費や書類作成などに費用がかかるので、仕方はありませんが、自分で名義変更を行うと手数料を支払う必要はありません。

しかし、こちらの名義変更料も買取業者やディーラーが無料で行ってくれる場合が多く、支払わなくて良い可能性があります。

廃車手続き料

車を廃車にするのにも手数料はかかります。事故を起こして自走できなくなった車、乗っていないけど売ることも考えていない車は廃車にしないといけません。

ゴミのように袋に入れてゴミステーションに出すだけだと楽なのですが、車はそうはいきませんよね。廃車として車を処分するのにも手数料はかかるのです。

しかし、今は廃車専門の買取業者も存在しています。廃車を分解して、その中から使える部品だけを売っているのです。そうすることで、最後はスクラップになりますし、処分費用は一切かかりません。

手数料を節約する方法

これまで車の査定には、手数料がかかることや、手数料にはどのような種類があるのかを紹介しました。手数料がかかるのは仕方のないことなのですが、手数料は節約できます。

買取業者に査定を依頼する

手数料を節約する1つ目の方法は、査定を買取業者に依頼する、です。買取業者とディーラーでは手数料が異なるという話をしました。

ディーラーは、一般的にかかるはずのない人件費やその他の経費をまかなうために査定に手数料をかけるのです。そのため、ディーラーにとって手数料を請求するのは当然のことなのです。

しかし、買取業者の場合は、手数料を請求されることはありません。請求されないといっても、査定にかかる経費などを差し引いた金額を査定額として提示しているからです。

査定にかかる手数料として、請求されないということですね。また、現在は査定料を無料としている買取業者が多いため、買取業者に査定を依頼することで、手数料を節約することができます。

店舗まで足を運び査定してもらう

手数料としての比率が1番大きいのは、運送費です。査定を終えて、売却をすることが決まると買取業者はその車を店舗まで持ち帰ります。
その車をレッカーするとなれば、レッカー料やガソリン代もかかりますよね。さらに出張査定の場合、手数料がかかるのは運送費だけではありません。

出張査定に来る査定員の、出張費用なども含まれます。買取業者であれば、査定額から差し引いているとお話ししましたが、手数料はかかっているのです。
そのため、出張査定を依頼せずに店舗まで足を運び、その場で査定を依頼することで運送費や出張費用といった手数料で大きな割合を占めるものをカットできます。

車を売却する時に注意した方がいいポイント

車を査定に出し売却をする時には手数料に関係した注意しなければいけないポイントがあります。そんなポイントをいくつか紹介します。

査定額手数料が含まれているか確認する

まずは、査定額に手数料が含まれているか確認してください。これを初めに確認しておかないと、後々大変なトラブルに遭うかもしれません。

一般的に買取業者などが提示する査定額は、査定や出張費用などの手数料を差し引いた金額です。
しかし、悪徳業者などは車の査定額を初めに提示し、契約が決まった後に手数料として査定額から金額を差し引くケースがあります。

せっかく査定額に納得して、売却を決めたとしても、そこから手数料を引かれ愛車を安く売ってしまうのはとても勿体ないです。そして、売却を決めたのにそれに納得いかず、売却をキャンセルなどしてしまうと、キャンセル料や違約金がかかってしまいます。

そうなってしまっては、愛車を売却するどころの問題ではありません。そうならないためにも、査定額を提示された段階で、その金額は手数料が差し引かれたものなのかしっかりと確認しておかないといけないのです。

手数料の内訳を確かめる

もう1つの注意しなければいけないポイントは、手数料の内訳です。
手数料としてお金を請求された場合は、どの手数料がどれだけかかっているか確かめましょう。
契約をするのであれば、手数料の内訳を知っておく権利があります。

手数料の内訳を聞いた時に、すぐに答えることができない買取業者などは不審に思う方が良いです。「手数料は適当にこれぐらいでいいか」というように手数料を請求されているからです。

例えば、手数料が20,000円だった場合、「出張費用として5,000円、レッカー代で10,000円、その他の手続きで5,000円の計20,000円です。」と言ってくれるような買取業者は安心できます。

そんなもの聞かなくてもいいと思う方も多いと思いますが、後々大きなトラブルに発展しないためにも、あらかじめ手数料の内訳を知っておくことは重要です。

査定の時の手数料に関するまとめ

ここまで、車の査定ににかかる手数料に関することを色々とお話ししてきました。最後にわかりやすいように少しまとめようと思います。

査定にはいくつかの手数料が発生する

車の売却をお考えで、買取業者やディーラーに査定を依頼した際は、いくつかの手数料がかかります。
どの買取業者も利益がないのに、無料で査定を行ってくれることはありません。

査定を依頼すると、査定料がかかります。これは、査定をするのにかかる人件費のことで、査定は必ずプロが直接行うので絶対にタダになることはありません。

その他にも車を売却すると決まった時の運送費用や、出張査定の場合にかかる出張費用、売却後の名義変更などにかかる経費が手数料として請求される一般的な内容です。

基本的に買取業者は、手数料を差し引いた金額を査定額として提示するので、別途査定料を請求されることはないのですが、ディーラーの場合は異なります。ディーラーの本職は車を売ることであり、査定をすることではないので人件費がかかります。

その人件費を手数料として請求されるというわけですね。

手数料には注意するポイントがある

手数料にはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。
1つ目は、査定額に手数料が含まれているか、含まれていないのかということです。

売却を決めたのに、査定額からさらに手数料を引かれトラブルになるというケースがよくあります。契約を完了してしまった後だと、キャンセル料や違約金がかかり、車を売却するどころの問題ではなくなってしまいます。

そうならないためにも査定額を提示された時に、手数料が含まれているかどうか確認しましょう。

2つ目は、手数料の内訳はどうかということです。悪徳業者など一部の買取業者は、手数料をうやむやに設定し、しっかりとした内訳がありません。何に対する手数料か、どのくらいかかっているのかということは、知る権利があります。

理不尽な値段を手数料として請求されないためにも、手数料の内訳は把握しておかないといけません。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-車買取・売却

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.