トヨタ ルーミー

ルーミーのサイズ(長さ・横幅・高さ)の数字を全部紹介

皆様は”トールワゴン型コンパクトカー”をご存知でしょうか?『トヨタ ピクシス メガ』や『スズキ スペーシア』に代表される”軽スーパーハイトワゴン”よりも大きく、『トヨタ ノア』や『日産 セレナ』よりも小さな部類にカテゴライズされる、比較的背の高いワンボックスあるいはツーボックスタイプの車種のことを指します。

そんな”トールワゴン型コンパクトカー”の中で今人気を集めているのが、『トヨタ ルーミー』です。その人気さ故に街中でも見かける機会がかなり多くなっているルーミーですが、実際のサイズはいかほどなのでしょうか?また、そのサイズや取り回し具合は他の車種と比べた際の良し悪しも気になりますよね?

今回はルーミーのサイズについて、詳しく解説していきます!

ルーミーは使い勝手良好!競合よりも室内幅が広い!

ルーミーは、”5ナンバーサイズ”というボディサイズから、基本的には一部駐車場を除いて屋外における使い勝手が良好な車種です。そのサイズは、同一カテゴリ内の競合車種と比較しても見劣りせず、むしろボディサイズが同じでも室内空間が若干広く設計されており、お得感が感じられる車種になっています。

そんなルーミーのサイズ(長さ・横幅・高さ)の数字をこれから全てご紹介し、街中でよく見かけるほど人気である秘密に迫っていきましょう!

グレードで異なる!ルーミーのボディサイズを検証!

はじめに車両外側の、いわゆるボディそのものの長さ・横幅・高さのサイズを示す”全長”・”全幅”・”全高”についてご案内します。

ルーミーのボディ(車両外側)サイズ

  • 全長×全幅×全高=3,700~3,705×1,670×1,735 [mm]

同じルーミーであるにもかかわらず、全長に”~”という表記があることからわかる通り、サイズに違いがあることがおわかりいただけるでしょうか?この違いの原因は、ルーミーのグレードが関係しています。

このグレードというのは、”カスタム”のグレードか否かということです。具体的には、カスタムではないノーマルグレードである『X』『G』『G-T』は全長3,700mm、カスタムグレードである『カスタムG』『カスタムG-T』は全長3,705mmになっています。

カスタムの特徴は、ノーマル車と差別化したデザイン性です。そのデザイン性の違いが最も際立っているのは、カスタムグレードには専用のフロントグリルが採用されているということにあります。

あらゆる車種において、カスタム系のグレードは専用デザインが大きなポイントの1つです。そして、そのデザイン性が要因で、ノーマルグレードに比べてパーツが前後に張り出しているケースが多く見受けられます。ルーミーのカスタムグレードも例にもれず、ノーマルグレードよりも高級感や存在感のあるデザインを採用しているため、必然的に全長の数値が僅かながらノーマルグレードに比べて大きくなっているのです。

室内は1パターン!ルーミーの室内空間サイズを検証!

続いて、車両内側の室内空間の長さ・横幅・高さのサイズを示す”室内長”・”室内幅”・”室内高”をご案内します。

ルーミーの室内空間サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高=2,180×1,480×1,355[mm]

ルーミーの室内空間の大きさは、全グレード統一の1パターンのみです。勿論、グレードによって装備の違いはありますが、それはあくまでも同じ大きさの室内空間に装備されているアイテムの違いということになります。

ルーミーの使い勝手は?公道と駐車場で解説!

ここまでは、ルーミーのサイズについて解説させていただきました。ところで、実際にこのサイズの車の日常生活における取り回しの良し悪しはどうなのでしょうか?ここからは、ルーミーのサイズから見る使い勝手を検証します。

公道における取り回しは?基本的に不自由はなし!

まずは、公道における取り回しについて解説です。結論からお伝えすると、ルーミーは5ナンバーサイズであるため、余程狭い住宅街の路地のような道でない限りは、基本的にどの道路においても問題なく走行することができます。

そもそも5ナンバーとは、『小型乗用自動車』というカテゴリに分類される車を指すナンバーです。ある一定の範囲内に収まる車に対して、このナンバーが付与されます。5ナンバー指定されるの具体的な条件は下記の通りです。

5ナンバーの条件

  • 排気量:2,000cc以下
  • 全長 :4,700mm以下
  • 全幅 :1,700mm以下
  • 全高 :2,000mm以下

エンジン排気量とボディサイズは、直接的には関係ありません。ただ、ルーミーの排気量は0.996L(いわゆる1.0L車)であるため、これまでご紹介したサイズ条件と照らし合わせても、ルーミーは5ナンバーの車種であるということがわかります。

注目すべきは全長と全幅です。

ここで、同じくトヨタから発売されている売れ筋のコンパクトカー『ヤリス』と比較してみましょう。『ヴィッツ』から名称が変更された『ヤリス』と言えば、コンパクトカーの代名詞と呼べる車種です。そんなヤリスの全長と全幅は、それぞれ3,940mmと1,695mmになります。

この数値を見て衝撃を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか?なんとルーミーの全長はヤリスよりも20cm以上短く、全幅も2cmほど狭くなっているのです!コンパクトカーの代名詞とも呼べる車種よりもルーミーがこれほどコンパクトとなれば、日常生活における取り回しには何ら問題はございません。

今回は、全高については触れていません。ただ、ルーミーの全高であれば、公道を走る上では余程のことが無い限り通れない場所は無いと考えて差し支えないでしょう。

ところで、コンパクトカー規格でありながら室内空間の広さがウリであるルーミーがヤリスよりも小さいと聞くとどうでしょうか?室内空間もヤリスよりも狭いと不安になる方もいらっしゃいませんか?

ご安心ください。ヤリスの室内寸法は、室内長×室内幅×室内高=1,845×1,430×1,190[mm]です。すなわち、ルーミーの室内寸法は、室内長・室内幅・室内高いずれにおいてもヤリスよりも大きい数値となっております。

駐車場における取り回しは?状況によって判断すべし!

次に駐車場における取り回しについての解説です。一言で駐車場と言っても、大きく分けて3種類あります。『平面駐車場』、『自走式駐車場』、そして『機械式駐車場』です。それぞれの駐車場について、サイズを確認してみましょう。

平面駐車場について

平面駐車場とは、最も多く存在しているタイプの駐車場であり、いわゆる「その辺にある駐車場」です。一般的な規格としては、1枠当たり長さ5,000mm、幅2,500mmであるため、ルーミーであれば問題なく駐車することができます。

自走式駐車場について

自走式駐車場とは、スロープを使って自分で運転しながら上下階へ移動する立体駐車場のことです。ショッピングセンターをはじめとする各種施設や地下駐車場等で見ることができます。

郊外の施設に付随する自走式駐車場であれば、基本的に何も気にせず利用できますが、街中にある自走式駐車場は小規模に設計されている場合もあるため注意が必要です。そうは言っても5ナンバーサイズの車種であるため、入庫できる場合がほとんどですが、一部の自走式駐車場ではルーミーの全高では入庫不可の場所もあるのでご注意ください。

機械式駐車場について

機械式駐車場とは、機械で車を上下させることにより、狭いスペースに沢山の車を収納する駐車場のことです。街中で多く見受けられる回転式タワー駐車場や、マンションの敷地内で車がコレクションのように積み上げられている駐車場が代表的なものになっています。機械式駐車場の場合、余程設計が古いものではない限り、ルーミーの全長と全幅であれば問題ありません。

但し、全高に関しては基本的にルーミーをはじめとするトールワゴン型コンパクトカーは入庫不可です。機械式駐車場は、基本的に全高1,550mm以下の自動車にしか対応しておりません。「ハイルーフ車OK」といった類の案内があれば全高2,000mm以下の車種も対応している場合がありますが、その場合においても、1つの駐車場当たりの駐車可能台数は非常に限られています。

故に、ルーミーは機械式駐車場には向かないと言えるでしょう。

競合車種と比較!ルーミーの立ち位置は?

ルーミーのサイズや取り回し具合はおわかりいただけましたでしょうか?

ここからは、ルーミーと他のトールワゴン型コンパクトカーを比較してみましょう。今回比較する車種は、ルーミーの競合車種としてよく挙げられる『スズキ ソリオ』です。また、参考情報として、ワンランク小さいトヨタの軽スーパーハイトワゴンである『ピクシス メガ』、およびワンランク大きいトヨタの5ナンバーサイズミニバンである『ノア』も併せてご紹介します。

他の車種との比較

<ソリオ>

  • ボディサイズ:全長×全幅×全高=3,710×1,625×1,745 [mm]
  • 室内空間  :室内長×室内幅×室内高=2,515×1,420×1,360 [mm]

<ピクシス メガ>

  • ボディサイズ:全長×全幅×全高=3,395×1,475×1,835 [mm]
  • 室内空間  :室内長×室内幅×室内高=2,215×1,345×1,455[mm]

<ノア>

  • ボディサイズ:全長×全幅×全高=4,695~4,710×1,695~1,735×1,825~1,870[mm]
  • 室内空間  :室内長×室内幅×室内高=2,930×1,540×1,400[mm]

上記の情報を踏まえて、ボディサイズおよび室内空間について検証してみましょう。

ソリオとはあまり変わらない?ボディサイズを比較!

ボディサイズに関しては、ルーミーの直接的な競合車種となり得るソリオと比較すると、ほとんど変わらない数値です。すなわち、公道における取り回しについては、ルーミーは同一カテゴリ内の競合車種と比較しても優劣が無いと言えるでしょう。

続いて、参考までに検証するピクシス メガとノアについて考察してみます。

ピクシス メガについては軽自動車ということもあり、全長および全幅はルーミーよりも小さな数値です。一方で全高については、なんとルーミーよりも10cm高くなっています。

軽自動車としての要件を満たす全高は、2,000mm以下に収まっていれば良いというのが定義です。全長や全幅にかなりの制限がある軽自動車において室内空間を広く確保するためには、上へ背伸びするしかありません。そうした事情もあって、”軽スーパーハイトワゴン”と呼ばれるカテゴリに属する軽自動車は、5ナンバーサイズミニバンであるノアにも匹敵する全高を有しているのです。

最後に、そんなノアのボディサイズを見てみましょう。さすがに、同じ5ナンバーサイズと言っても、ルーミーよりも車格が大きい”ミニバン”カテゴリに属するノアは、全長・全幅・全高の全ての値においてルーミーよりも大きな数値を示しています。

故に、公道における取り回しについては、軽スーパーハイトワゴンよりも悪く、5ナンバーサイズミニバンよりも良いと言えるでしょう。

決め手は室内幅!ソリオと室内空間を比較!

続いて、室内空間を比較してみましょう。

まず、ルーミーの競合車種であるソリオと比較すると、その室内長の数値に大きな差が生じていることがおわかりいただけますでしょうか?何とソリオはルーミーよりも室内長が30cm以上も長いのです。ここまで数値が違うと、ボディサイズも相当違ってくるはずですが・・・。

しかしながら、両車種は同じ”トールワゴン型コンパクトカー”という同一カテゴリに属しています。全長が30cm以上も違えば、当然ながら同一カテゴリに収めることができません。念のため両車種のボディサイズを再確認してみると、次の通りになります。

ルーミーvsソリオ 車体寸法比較

 凡例・・・車種名:全長×全幅×全高[mm]

  • ルーミー:3,700~3,705×1,670×1,735[mm]
  • ソリオ :  3,710  ×1,625×1,745[mm]

なんと、室内長に30cm以上も差があるのにも関わらず、ボディサイズでは全長が1cm程度しか変わっていないのです。

ルーミーのボディがアメリカ大統領向けの防弾仕様車並みに肉厚か、ソリオのボディが紙のように薄くペラペラでないとこのような現象は起きません。あるいは、どちらかの車内空間が科学の常識を超えて歪んでいるのか・・・。

冗談はさておき、この数値の違いの原因は、室内長の測定方法の違いによるものです。

ルーミーの室内長は、ハンドル上端から後部座席のヘッドレストまでと定義されています。一方でソリオの室内長の定義は、ハンドルよりも更に前方であるダッシュボード、もっと躯体的に言うと、速度メーターの位置から後部座席のヘッドレストまでです。よって、同条件下での測定における正確な数値は公表されていないものの、室内長としてはルーミーもソリオもほぼ同じと考えて差し支えありません。

ところで、室内長はほぼ同じであっても、室内幅はルーミーの方がソリオよりも4cm広くなっています。数値だけ見ると「たかが4cm」と思われがちですが、実際に使用してみると、この4cmがじわじわと効いてきます。同一カテゴリ内の競合車種でルーミーが発揮できる優位性はこの室内幅にあるというわけです。

最後に、室内高については、ルーミーとソリオの違いは5mmしかありませんので、ほぼ同じと言って良いでしょう。

他カテゴリ室内空間とも比較!意外な逆転現象も?!

次に、参考までに検証するピクシス メガとノアについて考察してみます。

まずは、ピクシス メガについてです。ピクシス メガは軽自動車であることから、流石に室内幅はルーミーよりも10cm狭くなっています。

一方で、室内高は、前項におけるボディサイズ全高の解説にも関連するところですが、全高がルーミーよりも10cm高い分、室内高もルーミーより10cm高くなっていることがおわかりいただけるでしょう。また、後述のノアにも同じことが言え、そのピクシス メガの全高の数値に比例し、室内高もノアよりも大きな値をマークしています。

驚きなのは、室内長です。ボディサイズ全長がルーミーよりも30cm程度短いにも関わらず、室内長はルーミーよりも3cm程度長くなっています。何時ぞやの解説のように「車内空間が非科学的に歪んでいる」という冗談は挟まずに解説すると、この逆転現象の要因は2つ。

1つは軽自動車のボディの厚みが、ルーミーのような小型自動車に対して薄いということです。特に軽自動車の中でも軽スーパーハイトワゴンは限られた区画の中でいかに室内空間を広げるかということに命を懸けています。そのため、ボディの厚みを安全な範囲でなるべく薄くし、室内空間の拡大を図っているというわけです。

もう1つは、ピクシス メガのエンジンの大きさがルーミーよりも小さいことが挙げられます。排気量で比較すると最もわかりやすいですが、ピクシス メガは軽自動車の標準である0.658L(660cc)エンジンであることに対して、ルーミーは0.996L(1,000cc)エンジンです。

こうした排気量の差はエンジンそのものの大きさにも影響します。そして、エンジンが大きくなるということは、それを格納するエンジンルームも大きくなるということです。結果として、エンジンルームが大きくなることはボディサイズ全体あるいは、室内空間の大きさに影響を与えることになります。

以上が、ピクシス メガとルーミーにおける逆転現象の真相です。

続いて、ノアに関する考察です。こちらはボディサイズと同様、室内空間においてもルーミーよりもノアのほうが室内長・室内幅・室内高全ての値において上を行っています。この結果は当然と言えば当然ですし、ここが逆転するとミニバンの立場がなくなってしまうこともあり、同一メーカー内ではきちっと線引きをしていることが伺えますね。

まとめ

ルーミーのサイズ分析はいかがでしたか?今回の記事では、基本的には同一カテゴリ内の競合車種と同一サイズレベルの外枠を持ちながら、内側はやや幅広であるということをお伝えしました。

車を選ぶ際には、単純に「室内空間が広いほうがいいでしょ!」と決めつけるのは早計というものであることは事実です。しかしながら、大は小を兼ねるとはよく言ったもので、狭い空間を広げることはできなくても、広い空間はいかようにもできます。

車を選ぶ際には、是非ともこうした考えを念頭に置きながら選んでみてくださいね!

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, ルーミー

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.