トヨタ ルーミー

ルーミーのバッテリーはどれくらいもつの!?バッテリーの交換時期も紹介!

皆様は、自動車を動かすために必要なものは何かと聞かれたら何を思い浮かべるでしょうか?

恐らくガソリンや軽油といった燃料を思い浮かべる方が多いことでしょう。
勿論、その回答は正解です。皆様ご存知の通り、多くの自動車は燃料無しでは走ることができません。

ただ、そんな燃料と同じくらい自動車を動かすために必要不可欠な存在があります。それこそが今回のテーマである”バッテリー”です。

一見すると、燃料と異なりバッテリーは載せておくだけで特に何もする必要が無いように思えることでしょう。しかしながら、バッテリーにも寿命があるため、然るべき時に交換をしなければなりません。そして、その交換時期はバッテリーの種類や車種によって異なります。

今回は、トヨタが発売する”トールワゴン型コンパクトカー”である『ルーミー』にターゲットを絞り、そのバッテリーについて検証していきましょう。

ルーミーのバッテリーの寿命は概ね4~5年!

ルーミーには所謂『ガソリン車用バッテリー』と呼ばれるバッテリーが搭載されています。
ルーミーのガソリン車用バッテリーは電動パーキングブレーキの有無によって2種類に分けられますが、その寿命はいずれのバッテリーについても概ね4~5年程度です。

ただ、こうした寿命はなるべく延ばしたいもの。そこで本記事では、各バッテリーの寿命の詳細にとどまらず、その寿命を延ばす秘訣から交換時の価格まで余すところなくご紹介します!

ルーミーのバッテリーをご紹介!

まずは、ルーミーに搭載されているバッテリーの具体的な中身について見ていきましょう。
ルーミーには『ガソリン車用バッテリー』と呼ばれるバッテリー、言い方を変えれば、充電して繰り返し使える蓄電池が積載されています。
ルーミーのバッテリーのもちや交換時期を知るためには、まずこのガソリン車用バッテリーについて理解を深める必要があるのです。

それでは、このガソリン車用バッテリーとは具体的に何なのでしょうか?読んで字の如く、ルーミーのガソリン車に搭載されているバッテリーを指します。

ボンネットを開けてエンジンルームを覗いてみると、四角い箱が目に入ることでしょう。それがルーミーのガソリン車用バッテリーです。
一般的に”自動車のバッテリー”と表現する場合は、このガソリン車用バッテリーを指します。

皆様も一度は「バッテリーが上がってしまった」という悔しそうな声を聞いたことがありませんか?これはまさにガソリン車用バッテリーが機能しなくなってしまったということを指すのです。

そんなルーミーのガソリン車用バッテリーの適合規格は下記の通りになります。

ルーミー ガソリン車用バッテリー

  • バッテリータイプ:N-55(電動パーキングブレーキあり)
  • バッテリータイプ:M-42(電動パーキングブレーキなし)
  • 容量(Ah(アンペアアワー)):5時間率(JIS)・20時間率(DIN)ともに指定なし

※寒冷地仕様も同条件

「何のことやらわけがわかりません」と思った方。細かい内容は理解しなくても大丈夫です。上記の規格を満たすガソリン車用バッテリーを探すことだけを覚えておいてください。

多くの皆様は自分自身でバッテリー交換をせず、ディーラーやカーショップでスタッフの方にバッテリー交換を依頼する場合が多いことでしょう。ルーミーに適合するガソリン車用バッテリーは複数種類あるものの、そうした店舗のスタッフの方と相談しながら進めていけば、バッテリー規格の適合可否について特に心配する必要はありません。

ガソリン車用バッテリーの寿命と対策は?

ここからは、ルーミーのガソリン車用バッテリーの寿命と長持ちさせる対策についてご紹介しましょう。
ルーミー用のバッテリーも含め、一般的にガソリン車用バッテリーの保証期間は1~2年程度になります。

つまり、ルーミーのガソリン車用バッテリーの寿命は1~2年・・・とはなりません。
1~2年というスパンでガソリン車用バッテリーを交換している方は、ほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?
「保証期間=寿命」とはならないということについては、皆様も日常生活の中で感じていらっしゃることでしょう。

保証期間とは何なのか?

ところで、保証期間とは何なのでしょうか?

バッテリーのみならずあらゆる製品について、保証期間とはあくまでもメーカーが製品の品質を保証する期間のことを指します。
つまり、その期間において製品が故障することはレアケースであり、万が一故障してしまった際には無償あるいは少額費用で交換するという意気込みが表れている期間なのです。

では、保証期間が過ぎた途端に製品は故障してしまうものなのでしょうか?

勿論、100%故障しないということはありませんが、ほとんどの場合において保証期間を過ぎても数年単位で使用することが可能です。すなわち、製品がその寿命を迎えるタイミングは保証期間よりも更に先の時間軸に存在しています。

ガソリン車用バッテリーの寿命は?

ここで本題に戻りましょう。

ルーミーをはじめとする多くの車種のガソリン車用バッテリーの寿命は、およそ4~5年程度です。
勿論、この寿命は自動車の乗り方・取り扱い方にも左右されるものですので、4年を待たずに寿命を迎えてしまうケースもあれば、10年経っても元気いっぱいなケースもあります。

後ほど解説しますが、ガソリン車用バッテリーは決して安いものではありません。
そうであるならば、1つのバッテリーをなるべく長く使用したいものです。

ガソリン車用バッテリーの長寿の秘訣は?

ガソリン車用バッテリーを長く使う、すなわち長寿の秘訣について知りたいと思いませんか?
その秘訣とは、エンジンのON/OFFの回数をなるべく減らすことです。

ピンと来ないでしょうか?具体例を2つ挙げるならば、「車内待機中にエンジンのON/OFFを繰り返さないこと」と「チョイ乗り繰り返さないこと」です。

1つ目について、解説させていただきます。

ガソリン車用バッテリーに最も負担がかかるのは、エンジンを起動させるタイミングです。つまり、ガソリン車用バッテリーに負担をかければかけるほど、寿命は短くなっていきます。すなわち、エンジンのON/OFFを延々と繰り返す行為こそが、ガソリン車用バッテリーにとって悪影響なのです。

2つ目の例についても基本的な考え方は同じになります。

自動車を短時間しか走らせない、ちょっと近所のコンビニまで、といった所謂”チョイ乗り”についても、中長距離を走る場合と比較するとエンジンのON/OFFをする回数が増えますよね?すなわち、チョイ乗りを繰り返すこと行為も、ガソリン車用バッテリーにとって悪影響なのです。

アイドリングストップ機能はバッテリーに悪影響?!

ところで、皆様はルーミーにアイドリングストップ機能が備わっていることはご存知でしょうか?

一般的に、アイドリングストップ機能は燃費の向上に寄与することで知られていますので、ルーミーにこの機能が付いていることは、所有者にとって朗報であると言えます。

ただ、それはあくまでも燃費面での話。
実はガソリン車用バッテリーの側面から見ると、アイドリングストップ機能はこれらのバッテリーにとって悪影響を及ぼす機能なのです。

一体何故でしょうか?実は、答えは既に出ています。

ガソリン車用バッテリーを長持ちさせる秘訣を思い出してみてください。そう、エンジンのON/OFFの回数を減らすことでしたね。

ルーミーの走行シーンを思い浮かべると、特に街乗りでは信号待ちや渋滞時の停止によるアイドリングストップが頻発することが想像できます。すなわち、生活の中でエンジンが停止するシーンがいくつも挙げられますね。
このことを念頭に置いてアイドリングストップ機能について考えてみると、走行中には信じられないくらいエンジンのON/OFFを繰り返していることがおわかりいただけることでしょう。

ガソリン車用バッテリーのお値段はおいくら?

ここまでは、ガソリン車用バッテリーの寿命や長寿の秘訣を解説して参りました。
ただ、どんなに長寿の秘訣を実践しても、いずれ寿命が来てしまうのは避けられないこと。
そこで気になるのが、ガソリン車用バッテリーが天寿を全うした際に古いものと交換するための新しいガソリン車用バッテリーのお値段ですよね?

先述の通り、ルーミーに適合するガソリン車用バッテリーは複数種類あるため、お値段はピンキリです。
ただ、相場としては、オンラインショップにおいて約1万円弱~2万円弱。ディーラーやカーショップにおける店頭価格はそこから少々高値で販売され、バッテリー価格に加えて工賃が発生し、その価格は数千円~2万円程度
と少々幅広です。

冒頭でご紹介した通り、ルーミーのガソリン車用バッテリーは電動パーキングブレーキありグレード向けの『N-55』と電動パーキングブレーキなしグレード向けの『M-42』の2種類があります。そんな中でも、M-42よりもN-55の価格帯がやや高めとなっているのは、皆様お察しの通りです。

ところで、前項ではアイドリングストップ機能がガソリン車用バッテリーにとって悪影響を及ぼすというご紹介をさせていただいたことにより、不安が拭えない方もいらっしゃらないのではないでしょうか?

ご安心ください。ルーミーの適合バッテリーおよびその価格帯の内容は、”アイドリングストップ機能対応”のガソリン車用バッテリーとなっています。
そのため、このバッテリーは一般的なガソリン車用バッテリーと比較して、エンジンON/OFFの行為に対しての耐久性が高い製品となっているのです。

ただ、強化されていると言ってもガソリン車用バッテリーそのものの傾向は変わりませんので、ガソリン車用バッテリーの長寿の秘訣もお忘れなく。

まとめ

今回はルーミーのバッテリーに関する解説をさせていただきましたが、いかがでしたか?特に終盤は衝撃の内容もあり、鬱々としてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、実際にはそこまで神経質になる必要はないでしょう。ガソリン車用バッテリーは、「帰宅後に前照灯や室内灯を点けっ放しにして一晩明かしてしまった」ということがなければ基本的にはご案内した寿命通りの期間もちます。

バッテリーに限った話ではありませんが、自動車を乱暴に扱わず、丁寧に扱うこと。これこそがバッテリー長寿の秘訣なのです。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, ルーミー

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.