ダイハツ ロッキー

ロッキーでの車中泊を徹底解説!寝心地や快適さはどの程度?

ロッキーはクロスオーバーSUVという性格上、アウトドアで活用したいと考える人が多いと思います。そのため、これからロッキーを購入しようと考えている人の中には、車中泊を楽しみたいと思っている人がいるのではないでしょうか?

ロッキーに限らず、どの車でも車中泊をしようと思えば可能です。ただし「快適に睡眠」できるかどうかと言われれば話は別。ということでロッキーでの車中泊は問題なく快適に睡眠ができるのかをお伝えします。また、車中泊するスポットや注意点についてもお伝えします。

ロッキーで車中泊をするには?

ロッキーで快適に車中泊ができるのかどうかを知るためには、まずはロッキーのことを知る必要があります。快適な睡眠を行える車中泊で重要なことは、車内の広さや形状がポイントになってきます。

ロッキーの車内の広さ

ロッキーの車内の広さはどれくらいでしょうか。まずは室内のサイズを見てみましょう。

室内長 1,955mm
室内幅 1,420mm
室内高 1,250mm

インパネから後席の背もたれまでの長さは約2mなので、サイズ上では一般的な大人が寝ころべる長さになります。しかしロッキーは前席を最大限倒してもフルフラットにはならないため、そのままでは快適に睡眠することは難しいでしょう次にラゲージスペースを使って車中泊をする場合を見てみましょう。後席を前に倒した場合のラゲージスペースの長さは以下になります。

後席のヘッドレストからラゲージスペース端までの直線サイズ 約1,420mm
前席を一番前までスライドさせた場合の直線サイズ 約1,670mm
後席のヘッドレストからラゲージスペース端までの対角線サイズ 約1,750mm
前席を一番前までスライドさせた場合の対角線サイズ 約1,870mm

後席を倒しこんでもラゲージスペースの床面とフルフラットにはなりませんが、前席を倒しこんで室内でフルフラットを実現させるよりはフルフラットになるので、ラゲージスペースを使って車中泊をする方が快適な睡眠を実現できそうです

ロッキーで快適な睡眠を得る車中泊を行うには、身長160㎝ほどの人なら2名までは可能ですが、それ以上の身長になると1名での車中泊となりそうです。お互い身長が高くないご夫婦やカップルか一人旅をする人なら、ロッキーでの車中泊も問題ないでしょう。

ロッキーで車中泊するために最低限準備するもの

ロッキーの車中泊において快適な睡眠を得るためには、最低限準備するものがあります。それは「寝床を水平にできるもの」「窓を覆うもの」「車内を照らすもの」です。

寝床を水平にできるもの

快適な睡眠を行うには、寝床が水平で足を伸ばして寝られるスペースが必要になります。また寝床が固いと快適な睡眠は得られないので、ある程度のクッション性も必要になってきます。手持ちの布団などを持参しても良いですが、最近は車中泊が流行っていますので、車中泊用のマットクッションなどが各ネットショップやカー用品店で販売されています。先ほどのロッキーの車内寸法を参考にして買いそろえておくのも良いでしょう。

ラゲージスペースを使って車中泊をする場合、前席を一番前までスライドさせて行う場合は前席と後席の間に空間ができるため、埋める必要が出てきますので注意しましょう

季節や車中泊する地域によっては寝るときに寒い場合もありますので、かけ布団や寝袋なども一緒に用意するようにしましょう。

窓を覆うもの

車内で寝ている姿を外から見られるのは良い気分ではありません。また街灯や他の車のヘッドライトの灯りなどでまぶしくなることで快適な睡眠を得られなくなることもあります。

大きめのタオルや毛布などを使って窓を覆うことも可能ですが、固定するのも一苦労します。また生地が薄いと光が漏れて気になる場合もあります。

ホームセンターなどで販売されている銀マットを使うと結構便利です。窓の大きさや形に加工してはめ込むようにすれば、吸盤やガムテープなどを使わなくても窓から落ちることもありません形を合わせているので隙間ができることもなく、光が漏れたり外から覗かれる心配もなくなります。

外から車内を見えないようにすることでプライバシーも守られて、安心して車内で過ごすことができます。翌朝の朝日のまぶしさで予定時間よりも早く目覚めることも防げ、しっかりと睡眠をとることも可能です。さらに断熱効果も上がるので冬なら寒さ対策にもなります。

車内を照らすもの

エンジンを切っている状態で車内灯を使いすぎるとバッテリーが上がってしまい、エンジンがかからず車が走れなくなるので危険です。車中泊には必ず懐中電灯は持っていきましょう。懐中電灯だけでなくランタンも用意しておくとさらに良いでしょう。

ランタンであれば車内のフックに吊り下げることができ、灯りが車内全体に行きわたるのでとても便利ですまた、ランタンと懐中電灯の両方があれば、車内はランタン、トイレなど車外に出るときは懐中電灯と使い分けることもできます。

ランタンも懐中電灯もできればLEDのものを選ぶと良いでしょう。普通の電球よりも明るい上に省電力なので電池の減りが少なく安心です。最近ではLEDタイプでも低価格なものがありますので、買いそろえておくことをおすすめします。

車中泊ができるスポット

オートキャンプ場は車でキャンプをする場所なので、車中泊をしても問題ありません。オートキャンプ場以外にもサービスエリアや道の駅などでも車中泊を行っている人を見かけますが、車中泊は可能なのでしょうか。

オートキャンプ場

オートキャンプ場は、テントやタープを張るところまで車を乗り入れできるキャンプ場です。昼間にバーベキューや川遊びなどをした後、夜はそのままテントや車内で寝泊りできる場所なので、車中泊を行うことは全く問題ありません。

利用する人たちのためにトイレをはじめ炊事場やシャワー、中には売店などを備えているオートキャンプ場もあります。利用するには事前に予約する必要があったり、時間単位や一日単位で料金を支払う必要があります。またチェックイン・チェックアウトの時間も決められています。

サービスエリア

高速道路や有料道路にある休憩施設で、小さなところでも最低限トイレやは完備されています。トイレ+自販機レベルのところもあれば、大きなサービスエリアになるとレストランや売店、ガソリンスタンドにコンビニや仮眠室まで多くの施設が完備されています。

大きなところは利用客も多く人の出入りがあり安心な面もありますが、サービスエリアはあくまでも休憩や仮眠をする場所になります。サービスエリアで車中泊をしたからと言って罰せられることはありませんが、あくまでも休憩や仮眠をする場所なので、できれば控えるようにした方が良いでしょう

道の駅

道の駅は一般道にある休憩場所で、最近はよく見かけるようになりました。場所によっては大型のサービスエリアに負けないくらい広い駐車場を構えている道の駅もあります。

道の駅にはトイレをはじめ売店や飲食店、中には温泉施設まで完備しているところもあります。ここまで便利な施設が揃うと車中泊をしたくなる気持ちも分かりますが道の駅もサービスエリアと同じく、あくまでも仮眠レベルの休憩をする場所となりますので、道の駅の車中泊もできれば控えるようにした方が良いでしょう

RVパーク

RVパークとは、車中泊を安心・安全・快適に、そして楽しく行えるように日本RV協会が認定する車中泊施設になります。全国の道の駅をはじめ、日帰り温泉施設などの駐車場の一部を車中泊専用のスペースとして有料で提供しています。

キャンプ場ではないので車外での調理等は行えませんが、自分のスペース内ではテーブルやイスを持ち出して広げることは可能です。

24時間使えるトイレをはじめ、100V電源が使えたり、ごみ処理も可能など設備はとても充実しています。駐車スペースもゆったりしており、車中泊で一週間くらい滞在することも可能です。

車中泊をする上での7つの注意点

車中泊を安全・安心に、また快適で楽しく行うためには、いくつか注意しなければいけないことがあります。どのようなことに注意しなければいけないのかをお伝えします。

1.車中泊する場所を下調べしておく

車中泊をする場所は事前に下調べしておく必要があります。いざ車中泊する場所へ行ってみたら、トイレや食べ物を買うお店やコンビニなどが近くにないと不便に感じます。そしてガソリンスタンドが近くにないと、万が一の時に不安になります。

また暗すぎる場所やひと気が無い場所も避けた方が良いでしょう。周りが静かなので寝る環境としては良いのですが、防犯のことを考えると不安です。

特に車中泊を初めてする人は、何かあってもすぐに連絡が取れるように携帯の電波が届く場所にすることが大切です。そしてトイレやコンビニなどが近くにあるのか、ガソリンスタンドは近くにあるのか、ある程度の灯りやひと気がありそうな場所なのかを事前に調べて決めるようにしましょう。

2.エンジンをアイドリングしたままにしない

エンジンをアイドリングしたままにして車中泊をすることは避けましょう。エンジン音や排気ガスは周りの人に迷惑を掛けます。またアイドリングのまま寝るのは危険も伴います。何らかの原因で車が動き出すかも知れません。

夏場の車中泊は車内が暑くなることがあります。エアコンを使うためにアイドリングさせたままにする、ということを避けるためにポータブルクーラーや扇風機、保冷剤などを用意して持っていくようにしましょう

3.時々窓を開ける

車内で長時間過ごすと、車内の酸素が薄くなります。人数が多くなれば酸素が薄くなる時間は早くなります。酸欠などを未然にふせぐために、時々窓を開けて換気を行い、外の新鮮な空気を取り入れるようにしましょう。

4.バッテリー上がりに注意する

エンジンを切って車中泊をしているので、車内灯を多用するとバッテリーが上がってしまいます。そうなると翌朝、エンジンを掛けようとしてもセルモーターが回らず、エンジンがかからず車を走らせることができなくなりとても困ります。室内灯の使用は避け、持参した懐中電灯やランタンで車内の灯りを確保するようにしましょう

5.必ずドアロックする

車中泊をするときは、必ずドアロックをしましょう。寝ている間は無防備になりますので、もし誰かが外から車に侵入してきても、すぐに対応ができず大変危険です。面倒と思わずに必ず全てのドアをロックするようにしましょう。

6.水平な場所を選ぶ

地面が傾いていると、いくら車内で工夫して水平を作っても、寝るときの姿勢は水平になりません。水平でない状態で車中泊をすると十分な睡眠が取れず、翌日の遊びを十分に楽しめなかったり、帰りの運転に支障をきたします。車を駐車する場所は傾斜を避けて水平な場所を選ぶようにしましょう

7.携帯の電源を確保しておく

今の時代、携帯がなければ何かと不便であり不安になります。電波の届く場所を選んでも充電不足や電源が無いことで携帯が使えないと意味がありません。走行中に充電し、満充電にしておきましょう。さらにモバイルバッテリーを用意して持参すれば安心感が増します。モバイルバッテリーは他の電源にも使えることがあるので、持っていない方は購入をおすすめします。

ロッキーで安全な車中泊を

ロッキーで車中泊を行う場合は身長や人数に制限がありますが、それらをクリアすれば問題なく「快適に睡眠」が得られる車中泊を楽しむことができます。

またここでお伝えした最低限用意するものや注意点にも気を付けて、正しい場所で車中泊を行えば安心・安全で快適に楽しい車中泊が行えるでしょう。

それでは、ロッキーを手に入れて車中泊を思う存分、楽しんでください。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-ダイハツ, ロッキー
-, , ,

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.