ダイハツ ロッキー

ロッキーの乗り心地や静寂性のレベルを解説!悪い?良い?

2019年11月に発売されたダイハツ「ロッキー」は、発売後1年以上が経過しても高い人気を維持しています。今流行りのクロスオーバーSUVタイプであり、低燃費ながらパワフルな1.0L 3気筒ターボエンジンや全長4mを切るコンパクト5ナンバーサイズと、売れる要素満載なので納得です。

これらの売れる要素から考えて気になることがあります。それは「乗り心地」と「静粛性」です。ロッキーは新車価格が200万円前後の大衆向け車種なので高級車と比較されると正直、乗り心地や静粛性は上回ることはなく良いとは言えないでしょう。では、コンパクトクロスオーバーSUVとしてロッキー単体で見たときの乗り心地や静粛性はどうなのか?詳しく見ていきたいと思います。

ロッキーオーナーの評価

まずは実際にロッキーに乗っているオーナーさんの声を複数のウェブサイトから拾い集めてみました。

乗り心地について

ポイント

  • やや硬めの足回り
  • 少しでも道が悪いとかなり左右に揺れます。突き上げもドーンときます。ただ良くも悪くもなく普通です。
  • 17インチタイヤのグレードですが少し固め。16インチならマイルドかもしれない。
  • 突き上げが大きくビックリすることがある。
  • 基本、2人乗車で後席は使用しない為、不満はありません。運転も特に疲れる事はなく、不満無し。
  • 全体的に固めにチューニングされてるため、走行時の安定感は運転していてとても安心。
  • 車高が高いので多少ふらつきが気になります。16インチタイヤなのでそれほど大きな段差ショックも気になりません。
  • 目線も高いので運転しやすく満足です。
  • サスは固いと言われるが,私にはちょうど良いように思う。
  • シートのやや硬めでホールド感はある。後席は5ナンバーなのに広く感じる。

乗り心地についての評価を全体的に見ると、足回りが「硬い」や「」という意見が多くありました。またその要因として、上位グレードの「Premium」と「G」に標準装備されている「195/60R17」という17インチタイヤだからという声が多いようです。悪路などを走行したときの「突き上げ」が大きいという声もいくつかありました。

しかし硬いと言われる足回りも、オーナーさんによっては「ちょうどいい」などの評価もあることから、ロッキーの使用状況やオーナーさんの好みで乗り心地の評価は変わってくるようです。

静粛性について

ポイント

  • エンジン音が軽自動車並みに響く。
  • 静粛性は良い。
  • 少し微振動のようなものを感じますが、全体的にはしっとりとしていて、楽に乗れます。
  • エンジン音やタイヤ摩擦音はあまり気にならない。
  • 自分はプレミアムサウンドシステムでデットニングしてあるので、静粛性は良いと思ってます。
  • あえて言うとヒューンという高周波音が微かに耳につきます。
  • 3気筒でぼこぼこ振動はあるもののエンジンがあったまれば気にならないレベル。
  • 車重がかるいため、振動は拾うが軽いので致し方なし。
  • 17インチタイヤのため、若干ロードノイズ強め。

静粛性についても意見は分かれています。悪い評価では、エンジン音タイヤのロードノイズが気になるオーナーさんや、風切り音や振動が気になるオーナーさんがいくつか見受けられました。逆に良い評価として、静粛性は良いと感じているオーナーさんもおられます。コンパクトサイズだから仕方ないと思うオーナーさんもいました。

ロッキーの乗り心地は悪い?良い?

まずロッキーの乗り心地ですが、オーナーさんの評価としては悪いと感じる人もいれば、良いと感じる人もいて分かれています。しかし、ロッキーは乗り心地をよくするための作りや工夫がいくつも施されています主なものをいくつかご紹介します。

新しいプラットフォームの採用

ロッキーにはダイハツが新しく開発したプラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」が採用されています。このプラットフォームにより、それ以前のダイハツの同クラスの車種よりも剛性アップと軽量化・低重心が実現されています。

剛性がアップすることで、加速・減速での前後Gがかかるときや高速コーナーで横Gがかかるときでも、ボディがヨレたりたわんだりすることがなく、コンパクトサイズながら安定した走行を実現し、ドライバーに安心感を与えています。

また新設計により、16インチや17インチの大径タイヤをはきながらも、小回りが利く最小回転半径4.9m(17インチは5.0m)を実現させたり、全長4m弱で全幅1.7m以下のコンパクトボディでも室内空間や荷室を広く作ることに成功しています。

新たなサスペンションの採用

ロッキーの足回りには、フロントにマクファーソン・ストラット式コイルスプリング、リアにトーションビーム式コイルスプリングというオーソドックスなサスペンションを採用しています。しかし、これらのサスペンションは新設計により最適化され、オーソドックスなサスペンション構造ですが、路面状況に対してリニアに反応しコンパクトクラスとしては高い乗り心地を実現しています。

乗り心地を意識したシート形状

ロッキーのシートにはいろいろと工夫が施されています。ドライバーとパッセンジャーが座るフロントシートには、背もたれサイドサポートの角度を上げることで高いホールド性を確保しています。座面形状は見直され、座面長を拡大することでフィット感を向上させています。ワインディングなどのコーナーが多い道では上体は左右に振られることなく安定し、長距離ドライブでは疲れにくくなっています。

リアシートは、体格に合わせて2段階調整ができる「6:4分割リクライニング機能」を装備しています。前後席の空間は900mmと大きく、大人でも足を組めるほどのゆとりを確保し、長距離移動の疲労を軽減しロングドライブを快適に楽しむことができます。

SUVならではの高いアイポイント

ロッキーはクロスオーバーSUVということで全高1,620mmと車高が高く、そのためドライバーズシートのアイポイントは高くなっています。これにより前方をかなり先まで見渡せるので、万が一の危険回避にも素早く反応ができますまたフロントのAピラーとドアミラー間の死角を最小限にした設計を取り入れ、左右の視界も良好です。ボンネットフードの左右前端の見切りが良いので、狭い道も安心して運転できます。

ロッキーの静粛性は悪い?良い?

ロッキーの静粛性についても、実際に乗られているロッキーオーナーさんの評価は分かれています。乗り心地と同じくロッキーは静粛性をよくするための特徴がいくつもあります。主なものをいくつかご紹介します。

ダウンサイジングされた1.0Lターボエンジン

ロッキーに搭載されるエンジンは、1KR-VET型と呼ばれる1.0L 直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボです。1.0Lと小排気量ですが、ターボチャージャーを搭載することで最高出力98PS/6,000rpm最大トルク14.3kgf・m/2,400~4,000rpmを発生。高出力と太いトルクを確保しています。

ロッキーはリッターエンジンとしては優秀ですが、坂道を上る場合は出力であるパワーが重要となります。最高出力を発生させる回転数が6,000回転と高回転になるため、エンジン音が気になるユーザーさんがいるのはこのためだと思われます。しかし加速に関係するトルクは、2,400回転という低回転から最大トルクを発生させるので、エンジン音が静かなまま走行することが可能です。

新開発のD-CVT

ロッキーのトランスミッションには新開発の「D-CVT」が採用されています。従来までの単なるCVTでは、変速ショックがなくスムーズな加速・減速が可能ですが、トップギア状態からさらに加速させようとした時、減速比に限界があるためエンジン回転数を高回転にしなければなりません。これによりエンジン音が大きくなり静粛性を損なってしまいます。

D-CVTは従来のCVT構造に「遊星ギア」を組み合わせることで、従来のCVTの問題である高速域でのエンジンノイズを抑えることを実現しています。低速では従来のCVT同様にベルトのみで動力を伝達します。そこから速度を上げていき、高速になると遊星ギアとベルトで動力を伝達するスプリットモードへ移行します。そこからさらに高速へ移行する時にはベルトギアをローギアへ移行させ、遊星ギアの働きによりエンジン回転数を上げることなく高速走行が行えるのです。

遮音材と制振材を使用

ロッキーにはドアなどに遮音材制振材が使用されています。これらはエンジンノイズやロードノイズ、風切り音など外部からの雑音や、エンジンの振動や路面からくる振動を抑える働きをし、助手席の人とはもちろん、後席の人とも会話が楽しめるほど、ロッキーの室内を静かなものにしています。

2WDと4WDではどちらが乗り心地や静粛性が良い?

ロッキーにはFFの2WDと4WDという2つの駆動方式が採用されています。駆動方式の違いで乗り心地や静粛性に違いはあるのでしょうか。実際にロッキーの2WDと4WDを乗り比べた人の評価を調べてみると、4WDの方が乗り心地が良いという回答がいくつか見つかりました。なぜ同じロッキーなのに2WDよりも4WDの方が乗り心地が良いと感じられるのでしょうか?

ロッキーの車両重量

ロッキーの乗り心地は2WDよりも4WDの方が良いという理由ですが、これは駆動方式が理由ではなく車両重量が関係しています。また乗り心地で比較されるものは、道路にあるマンホールやつなぎ目を走行したときにサスペンションから伝わる振動の「コツコツ感」です。

ロッキーの車両重量ですが2WDは970~980kgに対して、4WDは後輪も駆動させるための装置が装備されるため1,040~1,050kgと+70kg重たくなります。重さは燃費や走行性能ではマイナスな要素になるのですが、乗り心地に関してはどっしりとするため、ちょっとやそっとの振動やショックは吸収し、ドライバーや同乗者に不快感を与えないようにするのです。

ロッキーの乗り心地をさらに向上させる方法

ロッキーは乗り心地をよくするための作りや工夫がいくつも施されていましたが、さらに乗り心地を向上させるにはどうすればよいのかをお伝えしたいと思います。

タイヤサイズを変更する

乗り心地において、悪い評価や口コミの原因で多いのが「タイヤ」でした。ロッキーはグレードごとに違うタイヤサイズを標準で用意しています。上位グレードの「Premium」と「G」には195/60R17、「X」と「L」には 195/65R16が標準装備されています。乗り心地で評価が悪いのは17インチの方になります。上位グレードが標準装備しているタイヤの方が、乗り心地が悪いもしくは良くないと評価されているのです。

なぜ17インチの方が乗り心地に対する評価が良くないのかの理由ですが、17インチというサイズよりも「扁平率」が乗り心地に関係しています。扁平率とは、タイヤの太さに対しての厚みのことを言います。ロッキーの場合、17インチも16インチも太さは同じ195mmです。しかし扁平率は17インチが60パーセント、16インチが65パーセントと16インチの方が5%だけ厚くなっています。

このタイヤの厚みが薄ければ薄いほど、路面からの細かい振動やショックをダイレクトに感じてしまうのです。そのため、ロッキーの場合は16インチよりも17インチの方が乗り心地が悪いと感じるオーナーさんが多く見受けられるのです。

では、なぜ上位グレードなのに乗り心地が悪くなるタイヤサイズを標準で装備しているのでしょうか。これは見た目のカッコよさ・上質感を演出するためです。車をドレスアップするときに、まず手を付けるのがホイールの大径化です。ホイールを大きなものにするだけで、見た目がカッコよくなるのです。ロッキーにおいても、上位グレードは見た目も大切なために17インチタイヤを標準装備したのです。

ロッキーを乗り心地重視にするならば、あえてタイヤ・ホイールを16インチにサイズダウンさせるのです。そうすればタイヤの扁平率があがり、路面からの振動やショックは減少します。

サスペンションを変更する

ロッキーのノーマルサスペンションは新設計され乗り心地を向上させていますが、オーナーさんによっては硬いと感じているようです。ロッキーは人気車種なので、各パーツメーカーからロッキー用の社外パーツが多数販売されています。費用はかかりますが、自分好みの社外サスペンションに換装することで、乗り心地を向上させることが可能です。

ロッキーの静粛性をさらに向上させる方法

ロッキーは静粛性をよくするための作りや工夫がいくつも施されていましたが、さらに静粛性を向上させるにはどうすればよいのかをお伝えしたいと思います。

タイヤを変更する

乗り心地を向上させる方法としてタイヤサイズを17インチから16インチへ変更することをお伝えしましたが、静粛性を向上させるうえでもタイヤサイズの変更は有効です。

せっかくのカッコイイ17インチタイヤのサイズをわざわざ落としたくないという人には、ロードノイズを低減しているタイヤに交換するという方法もあります。ブリジストンならレグノ、ヨコハマタイヤなら ADVAN dB V552、ダンロップならVEURO VE304などがあります。しかし残念なことにこの3社からは、ロッキーに合うサイズが出ていません。フランスのミシュランPRIMACY 4なら16インチではサイズが存在しますが、17インチでは195サイズがありません。

大きな効果はないかも知れませんが、タイヤの空気圧に注意することです。空気圧が下がっていると通常よりも接地面が大きくなり、ロードノイズが大きくなる可能性があります。また空気圧が低いまま走行すると、ころがり抵抗が大きくなりなり燃費が悪くなりますので、空気圧は定期的にチェックして適正な数値を保ちましょう。

遮音材や制振材の追加

ロッキーのドア内側などには遮音材や制振材が使われていて、室内の静かさを作っています。しかしそのレベルでは満足できないオーナーさんもおられます。さらに遮音材や制振材を追加することで静粛性を向上させることが可能です。

ロッキー用の制振材は、デッドニングシートという名前でネット通販で売られています。ドア4枚分で5,000円と価格も手ごろです。ただし取り付けるには、ドアの内張を自分ではがして作業する必要があります。業者に取り付け作業を依頼することも可能ですが、その場合は別途工賃が必要になります。

取り付けが簡単で静粛性を向上させるアイテムとして、ノイズ対策遮音マットというものがネット通販で売られています。こちらは1台分で約28,000円とかなり高価になります。しかしロッキー専用に作られているため、純正マットをはがしてその下に敷くだけと作業はとても簡単です。

静音テープの追加

静音テープをドア開口部の縁(ふち)やピラー、ボンネットの周囲に沿って貼ることで、外から入ってくる音を遮音して静粛性を向上させることができます。両面テープで張り付けるタイプになっているので、初心者の人でも簡単に装着するこができます。

静音テープはその名の通り音を静かにするためのものですが、副作用として車内の気密性が高くなるので冷暖房の効果も向上します。そしてスピーカーから出る音も格段によくなります。さらにドアを閉めたときの音も軽く安っぽい音ではなく、高級車の重たいドアを閉めたときのような重厚感ある音に変わる効果も得られます。

デッドニングスプレーの使用

特にタイヤのロードノイズを何とかしたいという人には、デッドニングスプレーがオススメです。タイヤハウス内をはじめ、車体の下回りやドアの内側へスプレーすることにより、路面やタイヤハウスからくるロードノイズの車内への侵入を防いでくれます。

こちらもネット通販で1,500円~2,000円ほどで売られています。使い方は必要な個所にスプレーするだけなので、誰でも簡単に施工することが可能です。

ロッキーの乗り心地と静粛性のまとめ

ロッキーを実際に乗っているオーナーさんの評価と、ロッキーの乗り心地や静粛性に関係する特徴、そして乗り心地と静粛性をさらに向上させるための方法についてお伝えしてきました。

実際にロッキーに乗られているオーナーさんの評価は、実際に体験されていることなのでとても信頼性が高い評価だと思います。しかしオーナーさんは人であり、人の好みは「十人十色」と言われるように違いがあります。乗り心地ひとつにしても、硬めが好きな人もいれば、柔らかい方が好きだという人もいます。

このように好みがあるため、好みにバッチリはまれば良い評価になりますし、自分の好みではないとなれば悪い評価にされてしまいます。では結論として、ロッキーの乗り心地や静粛性は悪いのでしょうか?それとも良いのでしょうか?

ロッキーは、車両本体価格200万円前後で購入できるコンパクトカーとしては、乗り心地や静粛性は良いと言えるでしょう。その理由は、ロッキーのオーナーさんで乗り心地や静粛性を良いと評価している人がいるからです。

悪いと評価しているオーナーさんもいるのになぜ言い切れるのか。悪いと評価しているオーナーさんは、ロッキーの乗り心地や静粛性が自分の好みに合っていないのです。もしロッキーの乗り心地や静粛性が悪ければ、良いと評価するオーナーはいないはずです。

ただし、ロッキーの乗り心地や静粛性が良いと言えるのには条件が付きます。それは200万円前後で購入できる車としてということです。実際、ロッキーよりもはるかに乗り心地や静粛性が良い車はいくらでもあります。それらと比べれば、ロッキーの乗り心地も静粛性も悪いと言われるでしょう。

あくまでも、ロッキーは車両本体価格200万円前後で購入できる車としては、乗り心地も静粛性も良いということなのです。あとは、同じ価格帯の同じコンパクトカーで比較したときにどうなるのかが気になるところではあります。ロッキーのライバルになり得る車種としたら、スズキ・クロスビースズキ・イグニススズキ・ジムニーシエラ、輸入車まで含めるとフォルクスワーゲン・クロスポロあたりになると思われます。

これらライバルと比較したときに、乗り心地や静粛性で一番良い評価を得ることができたらロッキーは「真に乗り心地を静粛性が良い車」となるでしょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-ダイハツ, ロッキー

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.