トヨタ パッソ

パッソでの車中泊を徹底解説!寝心地や快適さはどの程度?

「パッソを持っているけど、車中泊できるか気になる」「これからパッソを買いたいが、キャンプに使えるか知りたい」などと考えていませんか。寝心地は快適さを知るには、パッソの構造を学んだり、不便な場面での対処法を知ったりすることが大切です。

今回はアウトドア志向でパッソを持っていたり、買いたかったりする人のために、この車がどれだけ車中泊に向いているかを考察します。今回の記事を参考に、車中泊を実践するヒントを見つけられるでしょう。 

パッソは通常のコンパクトカーより寝泊まりしやすい

パッソはハッチバック型のコンパクトカーと比較すれば寝泊まりしやすいでしょう。しかしミニバンやSUVよりはスペースが限定的なので、不便に感じることがあります。

現行である3代目パッソの全長×全幅×全高は、ベースグレードのXで3650×1665×1525mmです。上級グレードのMODAなら全長は3660mmです。特に車高に余裕があるため、カローラスポーツやヤリスより車中泊の準備をしやすいでしょう。

パッソはコンパクトカーの中では、スペースに余裕があるので、工夫すれば車中泊に使えます。

パッソで寝泊まりのスペースを確保する方法

パッソで車中泊をするとき、どうすれば簡単にスペースを確保できるか悩む人もいるでしょう。理想の就寝スペースの作り方は2パターンあるので、以下にまとめました。 

後部座席の背もたれを収めて確保できる

パッソの後部座席は背もたれを収納できるので、そのまま就寝スペースにも使えるでしょう。後部座席のスライド機能はありませんが、そこの背もたれの横にあるレバーを引けば折りたためます。最後部の荷室とつなげられるので、一晩をしのぐスペースに役立つのではないでしょうか。

パッソの後部座席を収納して就寝スペースに変えることは、他の車高が高いコンパクトカーでもできることです。 

ソファーモードで快適にできる

もうひとつの活用方法にソファーモードがあります。フロントシートを倒して後部座席と連結すれば、フルフラットに近い状態に仕立てられるでしょう。フロントシートのリクライニング幅は大きいので、水平に近い角度まで倒せます。車中泊に限らず、長距離運転時に一休みするときにも有効活用できるでしょう。

パッソのフロントシートを倒した状態は、見るからにリラックスしやすくて、車中泊にも役立ちそうです。 

パッソのおすすめ車中泊スタイル

パッソを使った車中泊では、可能なスタイルを確かめることが重要です。寝泊まりできる人数や使い方などを、この章で参考にしてください。 

シートリクライニングで2人で泊まれる

フロントシートのリクライニングを使えば、2人で並んで寝泊まりできるでしょう。前の座席は水平に近い角度まで後ろに倒せます。即席のリクライニングベッドのように使えることで安心できる人もいるでしょう。

しかし座って寝ることしかできないので、仮眠程度しか望めません。座席で長時間同じ体勢でいれば、エコノミー症候群のリスクも考えられます。

足元にクーラーボックスのような箱を置けば、座席の段差を埋められます。少し足を折り曲げる程度で済むので、エコノミー症候群のリスクを和らげられるでしょう。このように注意は必要ですが、フロントシートを使って2人で寝泊まりするスタイルは可能です。 

ラゲッジスペースを使って一人でリラックスできる 

一人で車中泊をするなら、ラゲッジスペースを活用しましょう。後部座席を倒せば、荷室とともに就寝スペースに使えるでしょう。運転席と助手席を前へスライドさせることで、約160cmもの長さを確保できます。

斜めに寝れば、160cmより身長がある人でもリラックスして寝られるでしょう。パッソはコンパクトカーですが、カローラスポーツやヤリスよりもゆとりがあるので、このような使い方が可能です。 

他にも、大人一人と子ども一人のキャンプなら体を寄せ合うことでスペースを活かせます。しかし大人が2人並んで寝ようとした場合は、身長の制約に引っかかるケースも考えられます。後部座席を有効活用することで、パッソでもリラックスした車中泊を楽しめるでしょう。 

パッソの車中泊で注意すべきポイントは?

パッソの車中泊には、座席収納でできる段差というデメリットに気をつけなければなりません。車中泊で不快感を覚えないための注意点2つを以下にまとめました。

寝るときに段差が気になるかも

パッソは座席を折りたたむことでできる段差に注意しなければなりません。特に後部座席と荷室を連結させて使うときは、背もたれで段差を感じてしまうでしょう。

パッソの後部座席は折りたたむと底に金属パイプも見えるので、寝る姿勢を工夫しないと当たって不快感になります。背もたれをたたんだことによる段差も目立つこともネックです。車中泊では後部座席の段差をどうしのぐかがポイントになるでしょう。 

シート連結部分で段差を感じるかもしれない

フロントシートと後部座席の連結部分で、わずかな段差ができることが気になる人もいるでしょう。前の座席を限界まで倒して後ろの座席につなげることは、本来トヨタが推奨しているシートアレンジではありません。

以上からフロントシートを倒したとき、後部座席より位置が浮いています。フロントシートを上から押し込むことで、段差が若干なくなる可能性もありますが、基本的には就寝用のマットをひくなどの対応がおすすめです。

後部座席を折りたたんだときだけでなく、フロントと後部の各座席のつながりもまとまっていない点は気になるでしょう。 

パッソでの車中泊を快適にするグッズ

パッソでもグッズ次第で、車中泊を快適にできます。代表例としてフルフラットシート、エアマット、目隠しグッズを紹介するので、車中泊に興味がある人は使ってみましょう。 

シート段差をなくせるフルフラットシートを使おう

フルフラットシートは、座席を倒したときにできた段差をなくすグッズとして人気です。フロントや後部シートの上からはめ込むようにセットすることで、デコボコを感じなくなるでしょう。

就寝用のシートを追加することで就寝スペースを平坦にできれば、リラックスしやすくなります。パッソの中でグッスリと眠りたいと思ったら、フルフラットシートの活用がポイントでしょう。 

エアマットでシートの硬さを感じずに済む

後部座席を折りたたんで荷室で寝るなら、エアマットがおすすめです。折りたたんだシートの段差は寝るときに不快感を覚えやすいので、エアマットでのカバーが重要でしょう。

寝るスペースを平坦に感じるだけでなく、エアマットの柔らかさでシートの硬さをフォローできます。中には小さくまとめて手軽に収納できるグッズもあるので、荷物がかさばるリスクも抑えられるでしょう。後部座席の硬さが気になるなら、エアマットを入れてみてはいかがでしょうか。 

サンシェードや断熱シートで目隠しできる

サンシェードや断熱シートを使った窓への目隠しもほしいところです。パッソで車中泊をするときは、外から誰にも見られないようにプライバシーを守る必要があるからです。

サンシェードは主にフロントガラスに使いますが、手持ちサイズを座席の窓にも装着できます。他にも断熱シートを使うことで、夏の暑い夜に気温が上がりすぎたり、冬場では寒さをしのいだりできます。

サンシェードや断熱シートはネットショップでも注文できる他、自作で完成させて使う人もいるので、準備しやすいアイテムです。 

まとめ

パッソはコンパクトカーとしては車内スペースに余裕があるので、2人までなら車中泊にも役立つでしょう。フロントシートを倒したり、後部座席を折りたたんだりして就寝スペースを広くとれるからです。

車中泊をするならフルフラットシートや、目隠し用のシートなどのグッズを用意しましょう。パッソでも工夫さえできれば快適な車中泊を楽しめます。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, パッソ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.