トヨタ パッソ

パッソの人気モデルは!?パッソのモデルチェンジを紹介!

「パッソのこれまでの人気モデルは?」「昔と見た目がどうやって変わったのか知りたい」などと考えていませんか。パッソはこれまで3代にわたりモデルが登場しており、時代によって人気になったタイプも異なっています。

今回はパッソの歴史を知りたい人のために、モデルチェンジの遍歴をまとめました。この記事を読めば、パッソのこれまでのあゆみが分かります。

トヨタ・パッソとは?

パッソは発売当初からコンパクトカーとしての使いやすさや、燃費性能などのメリットが詰まっていました。フルモデルチェンジを重ねるたびにパッソのクオリティも上がっていき、現在は街乗りとしてスマートに使えるモデルに仕上がっています。

パッソの歴史で欠かせない基本的な特徴をまとめました。 

軽自動車に近いコンパクトカーで異名は「ぷちトヨタ」

パッソは2004年にトヨタに登場したコンパクトカーで、兄弟車「ブーン」があるダイハツとの共同開発を受けました。3代目ではダイハツからのOEM供給と生産体制が変化しています。

キャッチコピーは「ぷちトヨタ」で、軽自動車に近いコンパクトカーとしてCMや公式サイトなどのメディアで積極的な宣伝を受けました。

軽自動車からの乗り換えとしてもおすすめでしょう。相場価格が他メーカーの人気軽自動車と比べても安いからです。使い勝手や乗り心地も軽自動車と似た感覚なのも見逃せません。一般車とは思えない利便性に、魅力を感じる人も多いでしょう。

2004年の登場以来、パッソは軽自動車に近い感覚で使えるコンパクトカーとして、世間の認知を受けています。 

現行はモデルチェンジでボディがワイドになった

パッソはフルモデルチェンジの度に使い勝手がよくなったとイメージする人が多いでしょう。しかし実際はボディが段々ワイドになっている点が見逃せません。

ボディが大きくなるとデメリットを懸念する人が多いでしょう。小回りが損なわれたり、操縦が安定しづらくなると考えるのではないでしょうか。

しかし実際の現行のパッソは、スマートな性能や乗り心地を守っています。車高が低くなった代わりに、全長やホイールベースを拡大していますが、結果としてくつろぎやすさが強調されました。トールワゴンのようなイメージが深まっています。

現行のパッソは車高を犠牲にしながらも、全長を拡大させることで居住環境のレベルアップを目指しています。 

燃費や安全性能が向上し、乗りやすくなった

パッソは燃費や安全性のレベルアップで、多くのドライバーに安心感を与えています。

メーカー発表によると現行のパッソの燃費性能はベースグレードのWLTCモード基準で、2WD21.0km/L4WD19.0km/Lです。多くの軽自動車よりも1Lあたりの燃費に優れています。

安全性が向上したのもパッソのポイントです。「スマートアシストⅢ」で衝突回避をサポートしたり、誤発進抑制制御機能でアクセルとブレーキの踏み間違いにも対応したりします。

このように現行パッソは燃費や安全性能のレベルアップにより、多くの人にとって乗りやすい車です。

現行はスタンダードの「X」と高級感のある「MODA」の2タイプ 

現在のパッソはスタンダードモデルの「X」と高級感のある「MODA」の2タイプに分かれていて、それぞれで装備レベルに応じて複数のグレードが割り当てられています。

スタンダードモデルのXはローコストで買い、気兼ねなく市街地で乗りこなしたい人におすすめです。フロントマスクがシンプルで親しみやすいでしょう。

高級感のある「MODA」は小さなコンパクトカーでも見た目にこだわる人におすすめです。フロントマスクが締まりのある印象で、加えてフロントグリルが大きくなりヘッドライトは丸型になっています。上品な仕上がりが目を引くでしょう。

パッソは現在、XとMODAの2つに分かれており、それぞれ狙っているニーズがはっきりしています。 

パッソのこれまでのモデル

パッソのモデル遍歴をまとめました。初代から3代目までがトヨタの歴史に残っていますが、2021年に4代目が現れるかもしれません。パッソの歴史の全容を未来の可能性まで見ていきましょう。 

初代は当時の「トヨタ最小コンパクトカー」として世間をにぎわせた

初代パッソは2004年に初登場してから2010年まで長く活躍しました。コンパクトカーのなかでもひときわ小型だったため「ぷちトヨタ」が愛称になっています。CMでもパッソは愛称とともに印象的に宣伝され、人気モデルになりました。

兄弟車のブーンを発売するダイハツとの共同開発で、当時は現行のようなOEM供給とは違います。しかし小型車作りのノウハウを共有したことで、トヨタは新境地を開きました。

5ドアハッチバックながら、室内空間が快適に仕上がっています。後部座席を引き出してゆったり感を演出するロングクッションモードができるなど、シートアレンジも豊富でした。

初代パッソはコンパクトカーとしても画期的なデザインに仕上がり、人気モデルになっています。現在もトヨタではバラエティに富んだコンパクトカーが見られますが、パッソは開発当初から独自路線を進んでいる印象です。

2代目は女性の意見を取り入れて使いやすさを向上

2代目パッソは2010年から2016年まで活躍していたモデルです。初代と比べると、どこか洗練されたビジュアルでしょう。

女性の意見をベースに企画から開発まで進めたことで、初代との差別化に成功しています。初代の特徴だった快適性やコストパフォーマンスを、2代目でさらに高めた印象です。

ボディサイズには大きな変化はありませんが、室内空間のゆとりが増えました。ドライバーシートのヒップポイントが最適化していたり、軽自動車並みの小回りを発揮したりなど、コンパクトカー随一の使いやすさに磨きをかけています。

2代目のパッソは初代からの純粋な進化を狙ったモデルでしょう。あらゆる面で機能性が向上しており、多くの人の興味を引きました。 

3代目はワイド化したボディながら街乗りに適した一台に

2016年から登場したパッソは現行にして3代目のモデルです。全高は先代より減っているものの、全長やホイールベースを拡大させたことで、ボディはワイド化しています。しかし室内空間など向上した部分が多く、使いやすい印象です。

「街乗りスマートコンパクト」「軽じゃないK」などをコンセプトに掲げ、広い室内空間、安全性能の高さ、きれいな走り、高いコストパフォーマンスなどをアピールしています。

トータルバランスを高めたことで、発売1カ月後に1万6000台を超える受注を記録しました。

3代目はこれまでのパッソでトップクラスに印象的なモデルです。スタイリッシュなフォルムと充実した性能を両立しているからです。

軽自動車顔負けの燃費性能や「スマートアシストⅢ」をはじめとした安全運転支援技術が備わり、多くの人が安心して乗れるモデルに仕上がりました。

3代目のパッソはこれまでの歴史を変えるほどの洗練された車として、世間から注目を受けています。 

4代目は2021年に発売予定? 

「Car-nalism」や「最新自動車情報2020」など多くのWebカーメディアが、2021年のパッソのマイナーチェンジの可能性を報じています。

まだトヨタからの公式発表がないので、情報の解釈に注意は必要です。しかし実現すれば、これまでのパッソのイメージを覆す可能性はあるでしょう。

4代目のフルモデルチェンジ後のパッソについて最新自動車情報2020は、次世代スマートアシストの標準搭載や軽量化、燃費向上などの可能性を指摘しています。

トヨタでは他のモデルに対しても軽量化や燃費向上の取り組みを続けており、安全性能の進化も日々話題です。

しかし新型パッソのフルモデルチェンジの正式なタイミングは、メーカーから公式発表されていません。安全性能や燃費などのレベルアップが本当なら期待できますが、しばらくは今後のトヨタのプレスリリースを待ちましょう。

パッソの歴史に残る派生モデル

パッソには兄弟車ブーンや派生モデルもあり、同車の歴史に寄り添っています。それぞれについて見ていきましょう。 

兄弟車としてダイハツ「ブーン」も活躍中

ダイハツ・ブーンはパッソの兄弟車として活躍中の5ドアハッチバックです。パッソと同じく2004年6月に登場しました。

初代・2代目はトヨタ自動車との共同開発で生まれており、現在のパッソはダイハツ開発・製造によるOEM車両です。ブーン自体は女性をターゲットにした戦略を強調しており、個性的な見た目や使いやすさをアピールしています。

現行の3代目ではダイハツが独自開発した「e:Sテクノロジー」という軽エコロジー技術を採用しました。ガソリンエンジンとしてトップに準ずる低燃費を実現するなど、スモールカーとしての乗りやすさを示しています。

ブーンはパッソに負けじと、身近なスモールカーとしてのアピールを続けています。

7人乗りの「パッソセッテ」も登場していた

2008年12月から2012年2月までは「パッソセッテ」も新車市場に登場していました。パッソの派生モデルである3列シート7人乗りのミニバンです。同時期にはダイハツでも兄弟車として「ブーン ルミナス」もありました。

初代シエンタの後継車両として登場しており、本来のパッソよりもスペースが広いことから車中泊にも使えると評判でした。パッソ特有の個性的なビジュアルはそのままに、3列シートに拡大したことで、ミニバン特有の居住性や使いやすさをアピールしています。

パッソセッテの新車市場での活躍時期は短いといえます。しかし個性的なモデルだったので、印象に残った人も多いのではないでしょうか。

まとめ

パッソはトヨタが数多く残したコンパクトカーのなかでも特に小さいことで有名です。燃費や使い勝手に優れており、特に初代はインパクトの強さから、3代目は軽自動車顔負けの使いやすさで特に人気モデルとなりました。

兄弟車のブーンや派生モデルのパッソセッテも登場するなど、歴史の内容はバラエティに富んでいます。

パッソの歴史から便利な車のイメージを考えてみましょう。 

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, パッソ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.