トヨタ パッソ

トヨタパッソの新車乗り出し価格は約118万円~193万円

「パッソの予算はいくらなら大丈夫?」「どれくらいの価格で買えるのか知りたい」などと考えていませんか。パッソの相場を知ることで、適切な予算を準備するきっかけがつかめるでしょう。

今回は初めて車を買う人のために、パッソの新車乗り出し価格の相場を伝えます。この記事を読めば、パッソがどれくらいの価格で買えるかのヒントが分かるでしょう。 

パッソのグレード別価格を紹介

パッソの車体価格をグレード別に紹介します。

グレード 2WD車体価格(税込) 4WD車体価格(税込)
X 119万9000円 137万5000円
X”S” 126万5000円 144万1000円
X”L package” 136万9500円 154万5500円
X”G package” 150万1500円 167万7500円
MODA 156万2000円 173万8000円
MODA”G package” 172万7000円 190万3000円
MODA”Charm” 161万7000円 179万3000円

パッソにはサポカー補助金がある

パッソには65歳以上を対象にしたサポカー補助金があります。この定義と補助金対象グレードをまとめました。

サポカー補助金とは?

サポカー補助金とは、経済産業省および国土交通省が定めた補助制度の総称です。安全運転サポートがついた車の購入と、ペダル踏み間違いによる急発進抑制装置をオプションで導入することを補助するためのルールで、65歳以上を対象にしています。

新車登録済みのパッソなら、サポカー補助金制度により10万円のキャッシュバックをもらえます。これから定年を迎える人で、パッソを買いたいと思ったら、10万円の補助金に注目しましょう。

パッソの補助金対象グレードを紹介

パッソでは以下のグレードがサポカー補助金の対象になります。紹介するグレードはともに衝突被害を軽減するための自動ブレーキと、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する装置を両方標準装備しているため、補助金対象になりました。

・X”S”

・X”L Package・S”

・X”G Package”

・MODA

・MODA”G Package”

・MODA”Charm”

ベースグレードのX以外は、2WDと4WD問わず、65歳以上を対象として10万円の補助金がもらえるので心強いでしょう。 

パッソの価格をライバル車と比較

パッソは「ぷちトヨタ」という愛称がつくほど、軽自動車並みに使い勝手に優れたコンパクトカーというイメージです。ここから他の軽自動車やコンパクトカーと価格で比べて、パッソがお得かを調べる人もいるでしょう。この章ではパッソの新車価格をライバル車と比べてみました。

人気軽自動車との比較

パッソと性質が似た軽自動車として、スズキ・ハスラーやダイハツ・ムーヴキャンバスなどが挙がります。2WDのベースグレードを基準に、新車価格を比較してみましょう。

車種 新車価格
トヨタ・パッソ 119万9000円
スズキ・ハスラー 136万5100円
ダイハツ・ムーヴキャンバス 151万8000円

表のようにパッソはハスラーやムーヴキャンパスよりも安く買えます。軽自動車以上にお得な車体価格なので、興味を引かれる人も多いでしょう。

人気コンパクトカーとの比較

コンパクトカーで人気の車種には、パッソと同じトヨタのヤリスや、2020年のフルモデルチェンジが話題になったホンダ・フィットなどがあります。これらとパッソを比べるとどうなるのでしょうか。

車種 新車価格
トヨタ・パッソ 119万9000円
トヨタ・ヤリス 139万5000円
ホンダ・フィット 155万7600円

パッソの車体価格は、ヤリスやフィットよりも安いと分かるでしょう。比較対象の2種類より車内空間も広いという魅力もあるので、コストパフォーマンスの高さに期待が持てます。 

パッソを買うときは車体価格に諸経費が上乗せされる

パッソを買うときに車体価格や、あとから装着するオプションアイテムの合計金額を気にする人が多いようです。しかし税金や保険料などの諸経費もかかることを忘れてはいけません。この章ではパッソに限らず新車購入に重要な諸経費の内訳を紹介します。

税金

自動車にかかる税金には以下の2つの要素があります。 

税金の種類 意味
自動車税 自動車の排気量に応じた税金。パッソの排気量は全グレード996ccなので2万5000円 
自動車重量税 自動車の重量に応じた税金。パッソの重量は910~960kgなので2万4600円 

保険料

保険料には加入義務がある自賠責型と、ドライバーの意思で自由に契約内容を決められる任意型があります。パッソのような自家用乗用車の自賠責保険でかかる料金を表にまとめました。

保険期間 料金
25ヶ月(新車登録から2年後に車検) 2万2210円
37ヶ月(新車登録から3年後に車検)  3万0170円

自賠責保険だけでなく任意保険にも入りましょう。自賠責だけで補償してもらえるのは事故の相手のケガだけです。車や周辺のものが壊れたり、自身や同乗者がケガをしたりしたことなどには任意保険でしか損害をカバーできません。さまざまな事故のケースを想定し、自身の経済的な余裕のある範囲内で任意保険の内容を決めましょう。 

検査登録関連費用

自動車を所有するときには検査や登録が必要で、関連する費用も払わなければいけません。検査登録手続用として新車は3400円かかります。さらに車庫証明手数料もかかります。地域により異なりますがパッソのような普通車の場合、東京都では2600円かかります。 

自動車を健全な形で所有するためには検査や登録、車庫証明も必要なので、それに応じたコストを忘れてはいけません。 

リサイクル料金

新車を購入する時はリサイクル料金もかかります。これはカーエアコンのフロン類を捨てたり、エアバッグ類のリサイクルをしたりするためのコストです。

車が古くなって処分しなければならなくなったとき、解体時に廃棄物を処分するにも費用がかかるため、車を買う人がその一部を負担しなければなりません。現行のトヨタ・パッソの場合は8060円かかります。このように新車購入時のリサイクル料金も計算に入れましょう。

その他の諸費用

他にもメンテナンスパックの契約費、注文書が紙だったときの印紙税200円、ディーラー以外の納車場所を選んだときの納車費用などがかかります。状況に応じてコストがかかるポイントがどれだけあるかを検討しましょう。 

諸経費用は車体価格の10%強

以上のような諸経費は合計すると、パッソの新車価格に対して10%強はかかるでしょう。以下にパッソにかかった料金の実例があるので参考にしてください。 

トヨタパッソはいくらで購入できる?新車価格や税金、値引き情報は?

出典元:国産コンパクトカーは俺の恋人

 

こちらではパッソのX”LパッケージS”の2WDを購入したところ、車両本体価格が131万7600円でした。しかし諸経費に14万5265円かかり、総支払額が146万2865円になっています。諸経費の割合は車体価格の約11%です。

パッソの見積もり公開。標準車とモーダの価格差はどのくらい?

出典元:クルマ情報マガジン CarMe

こちらはパッソX”G package”を見積もってもらったところ、車体本体価格が144万7200円に対し、16万3782円の諸経費が加わり、車体価格の約11.3%に相当します。以上から車体価格の10%強が諸経費として加わるという想定が重要です。

パッソはエコカー減税対象車両

パッソはエコカー減税対象車両なので、グレードにより異なりますが、優遇額として支払い合計から割り引いてもらえます。内訳はエコカー減税、環境性能割、グリーン化特例の3項目の合計ですが、4WD車はグリーン化特例の対象外なので、2WDより優遇額が低くなっています。グレード別の優遇額を以下にまとめました。

グレード 2WDの優遇額 4WDの優遇額
X 4万5700円 2万6300円
X”S” 4万7300円 2万7400円
X”L package・S” 4万9900円 2万9100円
X”G package” 5万3100円 3万1200円
MODA 5万4600円 3万2200円
MODA“G package” 5万8600円 3万5000円
MODA”Charm” 5万5900円 3万3200円

パッソのおすすめオプションを紹介

パッソを買うならオプションの費用も計算しておきましょう。予算オーバーにならないように、必要性の高いアイテムをピンポイントで見つけることが大切です。今回は参考資料として、おすすめのオプションを紹介します。 

革巻きステアリング

革巻きステアリングにより、手触りのよさから心地よいドライブを実現できます。従来のパッソのステアリングはウレタン製ですが、革巻きのおかげで握りやすいのがメリットです。

インテリアに高級感や、ファッション的なアクセントを与える点でも効果的でしょう。おしゃれ感や楽な手触りを求めるなら革巻きステアリングにも注目です。価格は1万8700円になります。 

赤外線カットフィルム

リアサイドとバックガラスに、赤外線カットフィルムを装着できます。種類もクリアとスモークの2つで、スモークタイプは外から車内を見えづらくするのでプライバシーに効果的です。紫外線や赤外線による肌への影響が気になる人におすすめで、価格は1万5400円になります。 

LEDルームランプ

標準のバルブから明るく照らせるLEDの2個セットに交換してみませんか。室内の明るさが際立つので、夜間のドライブに役立つでしょう。セット価格として6600円で売ってあります。

T-Connectナビ NSZT-W68T

オーディオレス車には、T-Connectナビをつけてあげましょう。さまざまな映像や音楽メディアをプレイできるだけでなく、カーナビ機能としてもハイクオリティです。価格はバージョンにより異なり、以下の表のようになっています。

パノラミックビュー対応ナビレディパッケージつき 15万3780円
パノラミックビュー対応ナビレディパッケージつき DCMパッケージ 19万9980円
ナビレディパッケージつき 15万1030円
ナビレディパッケージつき DCMパッケージ 19万7230円
ナビレディパッケージなし パノラミックビュー対応 14万9930円
ナビレディパッケージなし パノラミックビュー対応 DCMパッケージ 19万6130円

ナビレディパッケージは、ステアリングに備わった専用ボタンで選曲やボリュームを変えられる「ステアリングスイッチ」と、後退時にハンドルの角度で予想進路をリアルタイムで知らせる「バックカメラ」からなるセットです。快適なカーライフに役立つメーカーオプションなので、パッソを買うときに一緒に注文するとよいでしょう。 

新車のパッソはいくらまで値引き可能?

新車のパッソを少しでも安く買いたくて値引きを考える人もいるでしょう。車両やオプションの値引き額相場を知るほか、競合車種との比較や時期の選定など値引きしやすくなるシチュエーションも学びましょう。

車両値引き額相場は10.3万円

価格.com調べで、パッソの車両値引き額の相場は10.3万円です。こちらは2020年9月28日時点の最新20件の値引き情報を参考にしています。以上から考えると、相場の1.5倍である15万円まで値引きができればうまくいった方でしょう。

 

オプション値引き額相場は4.3万円

車両価格と同じ出典で、パッソのオプションの値引き額の相場は4.3万円で、1.5倍の6万円まで差し引きができれば好条件といえます。 

異なるディーラー同士の競合でお得に買いやすくなる

パッソの値引き額を上げるなら、異なるトヨタディーラー同士での競合を試してみましょう。別の店でパッソの見積書を出してもらってから、ディーラーに見せ、競合させるというやり方があります。

自身よりも安い見積もりを見たディーラーは、それよりもお得な価格への値引きを認めてくれるかもしれません。このように複数の店を競合状態にして、値引きへ持っていくテクニックは使えます。 

ライバル車種との競合もおすすめ

ディーラー同士に限らず、ライバル車種との競合も値引きに使えます。パッソなら兄弟車であるダイハツ・ブーンや、日産・マーチなど排気量が同じコンパクトカーが当てはまるでしょう。

ライバル車種を扱うディーラーから取った見積もりの内容がお得なら、トヨタのディーラーに見せて競合を持ちかけてみてください。トヨタ側も自身の車を買ってもらいたいので、値引きを認めてくれるかもしれません。このようにディーラー同士だけでなく、競合車種を使った値引きも有効です。 

ディーラー決算時期なら値引きしやすくなる

ディーラーの決算時期なら、値引きを認めてもらえる傾向が強まります。ディーラーは決算が始まる前に、1台でも多くの車を売りたいという意識が強いため、多少の価格犠牲を受け入れやすいからです。

自動車業界では、各ディーラーで年度末が近づいた1月中~3月末、中間決算期を控えている8月~9月末に決算セールを行います。こうしたときに値引き交渉をすると成功しやすいでしょう。 

結論:新車乗り出し価格は約118万~193万円

今回の記事で紹介した価格の内訳や値引きを考慮した結果、想定できる新車乗り出し価格はベースグレードで約118万円最上級グレードで約193万円と考えましょう。

もともとの相場が人気のある軽自動車やコンパクトカーよりも安く、エコカー減税も関わっていることから、200万円以内のお得な買い物が可能です。この記事の新車乗り出し価格を参考にしながら、予算を準備しましょう。 

まとめ

トヨタ・パッソは人気軽自動車やコンパクトカーよりも車体価格が安いので、お得に感じられるでしょう。エコカー減税や、65歳以上を対象にしたサポカー補助金もあるので、買いやすいイメージがあります。

パッソは実用性に優れた車として人気なので、値引きを認めてもらえばさらにコストパフォーマンスを上げられます。T-Connectナビや革巻きステアリングなどのオプションアイテムを取り入れつつ、理想のパッソを買えるように準備を進めるとよいでしょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, パッソ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.