トヨタ パッソ

パッソの燃費(実燃費・カタログ燃費)の全て!悪い?良い?

「パッソのガソリンは持ちがいいの?」「本当の燃費が分からないから使いやすいか不安」などと悩んでいませんか。パッソを買う前に燃費を調べておけば、満タンでどこまで走れるかが分かるので、給油の計画も立てやすくなるでしょう。

今回は車選びに慣れていない人のために、パッソの燃費に関する情報を伝えます。燃費を知れば、パッソがどこまで経済的かを判断できるでしょう。

カタログ燃費と実燃費の違いを知っておこう

パッソについて調べる前に、カタログ燃費と実燃費の違いを知っておくことが重要です。どちらも「1Lにつき何kmまで走れるか」という意味で単位を「km/L」としています。 

カタログ燃費とは

カタログ燃費とは、自動車メーカーが公表している数値です。現在の主流は「WLTCモード」として、市街地・郊外地・高速道路という3つのシチュエーションを設定し、現実に即した測定結果を公表しています。

しかし2011年4月から義務化しているJC08モードを採用している車も残っている状況です。こちらは複数の走行パターンから算出した結果をカタログ燃費として載せていますが、現実に忠実である度合いはWLTCモードの方が近いといえます。

このようにカタログ燃費はあくまでもメーカーが公表した数値ですが、現実になるべく近づくように算出しているのが特徴です。 

実燃費とは

実燃費とはドライバーが実際に測ってみたガソリンの持ち具合で、カタログとは違った数値が出ます。口コミサイトやSNSなどで実燃費を明かす人がいる他、自動車の情報サイトなどでは試乗レポートで専門家が公表するケースもあるのが特徴です。

カタログ燃費だけを鵜呑みにせず、実燃費に関係した情報もチェックしながら、パッソのガソリンが持ちやすいかをイメージしましょう。

パッソの燃費がよくなる取り組みとは?

現行のパッソには、燃費がよくなるための工夫があります。代表例として以下の4つのポイントをまとめました。

ポイント

  • コンパクトカー作りに定評のあるダイハツが開発している
  • プラットフォーム見直しで軽くなり、燃費が向上
  • 低回転域でトルクをスムーズに上げるセッティング
  • アイドリングストップ機能で燃費向上

コンパクトカー作りに定評のあるダイハツが開発している

現行パッソの開発はダイハツが行なっており、軽量化を受けて燃費向上に期待がかかります。ダイハツにはブーンというコンパクトカーがあり、現在の3代目パッソはこちらのOEM車両としてトヨタで発売中です。

しかし2代目まではトヨタとダイハツが共同開発している関係から、ブーンの方がパッソのOEMという位置づけでした。

ダイハツはコンパクトカー作りに定評を持っており、現行パッソでも小型車の要である軽量化に成功しています。車重が軽くなれば走行中の負担が減るので、燃費向上につながるでしょう。 

プラットフォーム見直しで軽くなり、燃費が向上

現行のパッソはプラットフォームの見直しを受けた結果、従来よりも燃費がアップしています。衝突安全性強化によりダメージ対策を万全としながらも、燃料タンクを樹脂化させたり、フロントフェンダーやバックドアなどのデザインを見直したりして、先代から重量をキープしています。

パッソの重量は910kgであり、 軽トールワゴンよりわずかに重い程度なので、燃費の節約を期待しやすいといえます。プラットフォームから余分な重量を与えないように見直すことで、パッソはガソリンに優しい車に仕上がりました。 

低回転域でトルクをスムーズに上げるセッティング

パッソは走行性能からも燃費を向上させる工夫が見てとれます。街乗りでストレスを感じないように、低回転域からスムーズにトルクを上げられるようにセッティングを工夫しているのが特徴です。

燃費重視の車はエンジンの回転数を抑える傾向がありますが、パッソは少ない回転数でもコンパクトカーとして充分なトルクを与えられるのが特徴です。わずか2500rpm前後で100km/hに到達できる性能により、パッソは少ないガソリン量で力強い走りを見せられます。 

アイドリングストップ機能で燃費向上

アイドリングストップ機能もパッソの特徴です。約9km/hまで速度が落ちたら自動でエンジンが止まる機能なので、余分なガソリン消費を抑えられます。

エンジンが停止している時間を長くできるため、経済的なイメージを感じやすいでしょう。パッソはこのような低燃費技術の導入により、ガソリンを長く持たせる取り組みが目立ちます。 

パッソのグレード別カタログ燃費を紹介

パッソのグレード別のカタログ燃費を並べました。燃費はWLTCモードによるメーカーの公表値で、全グレード共通です。2WDと4WDによる燃費の違いを以下に示します。

2WD

モード 燃費
WLTCモード 21.0km/L
市街地モード 17.4km/L
郊外モード 22.6km/L
高速道路モード 22.6km/L

4WD

モード 燃費
WLTCモード 19.0km/L
市街地モード 15.7km/L
郊外モード 20.4km/L
高速道路モード 20.5km/L

パッソの実燃費は?

「e燃費」によると、現行パッソの実燃費は以下のとおりです。同サイトでは小数点第2位まで表示していますが、ここではカタログ燃費に合わせて小数点第1位までの四捨五入を行っています。

駆動形式 燃費
2WD 15.2km/L
4WD 17.9km/L

以上からパッソの燃費はWLTCモードと比較すると、2WDで大きなズレが目立っています。カタログ燃費を信じすぎないように、パッソの2WDを選ぶときは慎重な検討が必要でしょう。 

人気コンパクトカー・フィットと燃費を比較

パッソを人気コンパクトカーであるホンダ・フィットと比べてみました。モデルは2WDのガソリンエンジン、燃費はベースグレードによるWLTCモードを基準にしています。 

現行フィットのカタログ燃費は20.4km/Lで、「e燃費」調べによる実燃費は10.7km/Lです。パッソはカタログから実燃費の差が5.8km/Lですが、フィットは実燃費がパッソに劣るうえ、カタログとの差も9.7km/Lと開きました。パッソはフィットよりも燃費面で優れていると考えられます。 

まとめ

パッソは個性的なコンパクトカーですが、燃費面では同型車のなかで優れています。コンパクトカーに強みを持つダイハツの開発を受けているので、ボディやプラットフォームの最適化により燃費向上を望めるでしょう。

アイドリングストップのように、ガソリンを無駄に消費しない取り組みもあります。以上かがパッソは燃費を強みにした車と評価でき、経済的に優しい車を求めている人におすすめです。 

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, パッソ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.