トヨタ パッソ

パッソのグレードごとの違い!人気のグレードやおすすめは?

「パッソのグレードが分からない」「間違ったグレードを選んで後悔したくない」と悩んでいませんか。新車でパッソを購入するなら、グレード同士を比べて正しく選ぶように考えましょう。

今回はパッソを買いたいという自動車の初心者のために、人気のグレードやおすすめを紹介します。
これを読めばパッソで使いやすいタイプが分かるので、ぜひ参考にしてください。 

パッソのグレードと価格の紹介

トヨタのパッソのグレードを、価格とともに紹介します。この記事では2WDと4WDに分ける形です。

2WD

・X: 119万9000円

・X”S”: 126万5000円

・X”L package・S”: 136万9500円

・X”G package”: 150万1500円

・MODA: 156万2000円

・MODA”G package”: 172万7000円

・特別仕様MODA”Charm”: 161万7000円

4WD

・X: 137万5000円

・X”S”: 144万1000円

・X”L package・S” 154万5500円

・X”G package”: 167万7500円

・MODA: 173万8000円

・MODA”G package”: 190万3000円

・特別仕様MODA”Charm”: 179万3000円

パッソのグレードごとの特徴は?

パッソのグレードごとの特徴をまとめました。ベースグレードのXから、最上級グレードのMODA”G package”まで、それぞれの特徴をつかんでおきましょう。

Xはもっとも装備がシンプル

Xはベースグレードなので、価格が安いぶん、装備もシンプルです。インテリアでも装飾は目立たず、リアシートも倒せますが一席ずつ分離していません。衝突防止システムである「スマートアシストIII」もXだけにはないなど、簡素なしくみが印象に残ります。

それでもプッシュボタンによるエンジンスタートやキーフリーシステムは備わっており、クルマとしての使いやすさは最低限残っているでしょう。パッソのXはベースグレードらしく、シンプルにまとまった一台に仕上がっています。 

X”S”はスマートアシストIIIを搭載

X”S”は、ベースグレードにはないスマートアシストIIIを搭載しているのが特徴です。

スマートアシストIIIは、外にいる他の車や歩行者を認識し、衝突警報や自動ブレーキなどで事故を防ぐサポート機能です。最近の車ではこうした安全運転支援技術はおなじみなので、こだわる人も多いでしょう。

安全運転支援技術を搭載しているおかげで、「サポカーSワイド」の認定を受けているのもうれしいところです。X”S”は最低限の装備に安全サポート技術を加えているので、安心してドライブしたい人に向いた一台になっています。 

X“L package・S”はリアシートを倒せる

X“L package・S”は、リアシートが6:4分割に分かれていて、それぞれ独立して倒せるしくみです。X”S”と同じくスマートアシストIIIも標準装備なので、安全性と利便性を両立させたグレードといえます。

フロントの窓や各ドアにUVカットガラスを使っているので、紫外線が気になる人にもおすすめです。X”L package・S”は、車の便利さにこだわる人が注目すべきグレードでしょう。

X“G package”は紫外線対策が万全

X“G package”は紫外線対策が万全なので、暑い日のドライブも肌への影響が気になりません。フロント・リア両方のガラスがスーパーUVカットタイプなので、約99%の紫外線をカットします。

日差しを気にすることがないので、夏場の出張や旅行による長距離運転でも安心できます。他にもヘッドランプがLED式になっているので、夜の運転における安全性も高められるでしょう。X”G package”は快適な運転環境を提供するグレードです。 

MODAはエクステリアデザインが個性的 

MODAは個性的なビジュアルが印象的です。フロントグリルインスタでメッキを施していたり、フロントやセンターピラーの黒がアクセントになっているからです。ルーフもブラックで、ツートーンカラーをおしゃれと感じる人もいるでしょう。 

インテリアにもXにはないアクセントカラーがあり、遊び心をくすぐる環境を楽しめます。ヘッドランプもひとつだけでハイビームとロービームを切り替えられるなど、運転環境に応じた切り替えが可能です。

MODAはかわいさと運転のしやすさを両立させたタイプでしょう。

MODA “G package”はもっとも装備が充実している

MODA “G package”は特別仕様車を除くと、現行のパッソとして最上級のグレードです。トップグレードらしく装備も豪華に仕上がっています。

このグレードにしかない装備として、LEDフロントフォグランプがあります。これにより、霧がかかった場所のような視界が限られた場所でも、最低限の見通しを確保したうえで運転できるでしょう。 

MODAのかわいさはそのままに、装備レベルを最大限に高めた一台と考えましょう。

パッソのグレードごとのコンセプトの違いは?

パッソにおけるグレードごとの違いをまとめました。それぞれのグレードにあるテーマを確かめ、車選びに役立ててください。

「X」は大衆的、「MODA」は個性的

パッソのグレードは、大きくXとMODAに分かれています。Xは大衆的なイメージで、MODAは個性を強調していると考えてください。

XとMODAという2つのコンセプトを両立させながら、それぞれに「”S”」「”L package・S”」などの細かいグレードを設け、特徴を差別化しています。

以上からXはなじみやすさを目指しており、MODAはおしゃれ志向というコンセプトがメインになっていると考えましょう。

スマートアシストIIIがないのはXだけ

パッソの安全運転支援技術はスマートアシストIIIと呼びますが、これが標準装備していないグレードはXだけです。

Xはベースグレードとして価格もパッソのなかでもっとも安いといえます。しかしそのぶん装備は最低限にとどまっていて、スマートアシストIIIもありません。

Xは「他の車や歩行者にぶつかる危険が起きても、サポート技術がないために避けられない」ということがあるかもしれません。安全にこだわるドライバーはスマートアシストIIIがあるグレードを選んだ方がよいでしょう。

「X”S”」より「X“L package・S”」の方が実用面の装備が充実

Xは細かいグレードに分かれていますが、”S”よりも”L package・S”の方が実用に役立つ装備が充実しています。主に運転時の機能や快適性につながる装備が多いとイメージしましょう。

運転時の機能においては、”L package・S”はオプションながらLEDヘッドランプを装着できるので、安全性を高められます。他にもフロントだけでなく、リアやバックドアにもUVカットガラスがついているので、家族連れでも紫外線が気にならない環境を望めるでしょう。

以上からX”S”よりもX”L package・S”の方が、実用性が高いといえます。

「X“L package・S”」より「X“G package”」が運転席を使いやすい

X“L package・S”よりも、X”G package”はさらに運転席を使いやすくなっています。LEDヘッドランプはX”G package”に限り標準装備なのがうれしいところです。

他にもステアリングが本革巻きになっているので、優しい手触りを期待できます。X“G package”では、安全性とステアリングの持ちやすさが印象に残るので、リラックスしてドライブを楽しみたい人におすすめでしょう。 

パッソの人気・おすすめのグレードは?

現行パッソにおいて人気・おすすめのグレードをひとつずつ挙げます。人気のあるタイプがおすすめとは限らないので、どのグレードがコストパフォーマンスに優れているかを考えましょう。 

人気グレードについて

現行パッソの人気グレードはエントリーモデルであるXです。XにはスマートアシストIIIがなく、全体の装備も最低限に抑えられていますが、価格の安さから人気を得ているのでしょう。

Xでも隔たりのないベンチ型シート、クリーンエアフィルターなどで快適な運転環境を望めます。このような背景からベースグレードでも充分に満足できるユーザーが多いようです。 

エントリーモデルのXが興味を引きやすい印象のパッソですが、人気だけで決めることはおすすめできません。各グレードの特徴を比較して決めましょう。

おすすめグレードはX“L package・S”

現行パッソにおけるおすすめグレードはX“L package・S”です。特に家族がいる人にとっては、リアシートをひとつずつ独立して倒せるタイプが使いやすいでしょう。

先進安全機能も備わっているので、運転中に他の車や歩行者が飛び出してきたときも、サポートシステムで対処できる可能性が上がります。コストパフォーマンスを考えると、装備のレベルが高くて、上位グレードよりも安く買える「X”L package・S”」がちょうどよさそうです。 

まとめ

パッソは愛嬌のあるコンパクトカーとして注目すべき一台です。多くのグレードで安全運転に関係したシステムが備わっており、安心したドライブが望めます。特にX”L package・S”は充実した装備ながらコストパフォーマンスに期待できておすすめです。

今回の記事を参考に、グレードごとのパッソの特徴を確かめながら、使いやすいと思ったグレードを決めましょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, パッソ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.