トヨタ パッソ

パッソのバッテリーはどれくらいもつの!?バッテリーの交換時期も紹介!

「パッソのバッテリーの寿命を知りたい」「いつ交換すればいいの?」などと疑問に思っていませんか。パッソのバッテリーの交換時期を知れば、いつまで利用できるかが分かるので、維持費を抑えながら車を管理することにも役立ちます。

今回はパッソのバッテリー交換時期を知りたい人のために、その目安を紹介します。この記事を読めば車のバッテリーの寿命を想定できるでしょう。

パッソのバッテリー寿命は?

パッソのバッテリー寿命が気になる人も多いでしょう。結論からいうと1年半~2年であることが多いですが、車の異常からサインが分かることもあります。パッソのバッテリー寿命についてまとめました。 

寿命は1年半

パッソのバッテリー寿命は1年半が相場になります。アイドリングストップ車用のバッテリーを使っており、当てはまる製品の保証期間は1年半が多いからです。

パッソを丁寧に扱えば、2年までもたせられる可能性はあります。しかし保証期間外だとメーカーやディーラーのサポートを受けられないので、長くても1年半ごとの交換がおすすめです。

1年半に到達していなくても、走行距離が3万kmに到達すれば交換しましょう。仕事や趣味などから長距離運転の機会が多い人は、期間ではなく走行距離を交換目安にするのが賢明です。

パッソのバッテリーの寿命は1年半で、走行距離にして3万kmと考えましょう。 

バッテリーの寿命のサインは?

期間や走行距離以外でも、パッソのバッテリーが寿命のサインを出すことがあります。主に以下の3つが要因です。

  • エンジンのかかりが悪くなった
  • ヘッドライトが明るくならない
  • アイドリングストップが効きづらくなった

エンジンをかけるときに音が弱くなったときは、バッテリーをチェックして下さい。エンジンの起動時がバッテリーにもっとも負担がかかり、本体が劣化していると耐えられなくなっているからです。

ヘッドライトもカーナビやメーターなどの電気系パーツと同様にバッテリーで動きます。ライトの灯りが悪いと感じたらバッテリーが劣化しているサインかもしれません。

他にもアイドリングストップが効きづらくなっているときも要注意です。信号待ちでエンジンの停まりやかかりが悪くなったら、交換を考えましょう。

バッテリーの期間やパッソの走行距離にこだわりすぎず、車のさまざまなところから感じる異変からも、交換のタイミングを考えてください。

パッソの適合バッテリーの見方

パッソには適合するバッテリーが決まっています。バッテリーであればどれでもよいわけではありません。車検証の情報からパッソに合ったタイプをチェックし、交換するなら正しい製品を注文しましょう。

車検証にある型式と排気量をチェック

自動車の適合バッテリーは、車検証を見れば分かります。車のバッテリーは販売時、適合する型式と排気量を公表しているからです。車検証から型式と排気量をチェックし、適合するタイプを見ましょう。

バッテリーのタイプによって仕様だけでなく、見た目の大きさや形も違います。不適合のバッテリーだと車を動かせなかったり、そもそも装着できなかったりするので注意が必要です。不安なら購入時に業者に適合バッテリーの情報を聞き出しておきましょう。

パッソの購入時やバッテリー交換時には、適合するタイプを聞き出しておくことが重要です。同時に車検証も適合バッテリーを知るうえで重要なので、失くさずに管理しましょう。 

現行のパッソに適合するバッテリー一覧

現行のパッソに適合するバッテリーを紹介します。

型式 排気量 適合バッテリー
5BA-M700A 996cc M-42
5BA-M710A 996cc M-42
DBA-M700A 996cc M-42
DBA-M710A 996cc M-42

2016年4月から発売した現行の3代目は、4つの型式がありますが、すべてM-42が適合バッテリーです。これからパッソを買う人にとっては、バッテリーの情報が分かりやすいでしょう。

現行のパッソの適合バッテリーは、モデルやグレードを問わずM-42です。 

パッソのバッテリーについての基礎知識

自動車のバッテリーの型番は、タイプによって違いますが、基本的にはアルファベットと数字の組み合わせです。バッテリーの型番の読み方や、付属品である専用充電器を知っておきましょう。 

アルファベットと番号の組み合わせを学ぶ

バッテリーの型番はアルファベットと番号の組み合わせです。たとえばパッソに適合するM-42はアイドリングストップ車用で、外形寸法と性能ランクを示します。

Mは外形寸法の一種で、幅129×高さ203mm×奥行200mmです。外形寸法には他にもK、N、Qなどがあり、それぞれバッテリー本体の大きさが決まっています。

「42」は性能ランクを意味しており、数字が大きいほど性能に優れているという意味です。

また2代目までのパッソに採用されていたものに「60B19L」があり、こちらは標準車用です。ここでは「60」が性能ランク、Bが幅×高さ、「19」が奥行、Lが端子の位置で、Left(左側)になります。

このように自動車を購入するときは、バッテリーの情報の見方を覚えておきましょう。標準車用アイドリングストップ車用で表記が分かれる点にも気をつけてください。 

車のバッテリー専用充電器にも注目

車のバッテリー専用充電器もあわせて買うとよいでしょう。急にバッテリーが上がったときに対応できるからです。 

特に充電に関係した機能に注目してください。たとえば自動充電停止機能があれば、充電のしすぎによるバッテリーへのダメージを防げます。パルス充電機能があれば、バッテリーが上がったあとでも復活させられるでしょう。

ただしパルス型は急速充電なので、初心者は安全面の観点から自力で使うのはおすすめできません。ディーラーや整備工場に相談して使ってもらうのがよいでしょう。

パッソのバッテリーだけでなく、専用充電器もチェックしてください。バッテリーの上がりで車を動かせなくなったときの早期解決アイテムとして役に立つからです。 

パッソのバッテリーを売るメーカー3社の特徴

パッソに対応するバッテリーは、主に3つのメーカーから発売されています。パナソニックやボッシュといった世界的メーカーから、アトラスといった格安系までバラエティに富んでいるので、それぞれの特徴を判断材料としてください。 

パナソニック

パナソニックには「caos」というカーバッテリーシリーズがあります。世界的なメーカーだけあって、口コミ評価も高いといえます。

価格.comのカーバッテリーランキングでは、2020年7月1日時点で1位に輝くなど、信頼性の高さが特徴です。

アイドリングストップ車用にのみ対応する現行のパッソでは、M-65を装着することになります。しかしパナソニック製は大容量なのでバッテリーの効きがよく、長持ちさせやすいでしょう。

バッテリーから運転の満足度を上げるなら、パナソニックを選んでもよいでしょう。

ボッシュ

ボッシュからはPSバッテリーシリーズが発売中です。バッテリー自体のパワーは強く、耐久性にも優れています。長期間にわたり安心してドライブできるでしょう。

パッソに対応するアイドリングストップ車用も展開中です。こちらは容量と耐久性にも優れていて、バッテリー液が減ったときの補水もいりません。

以上からボッシュは世界的メーカーらしいクオリティの高さで、パッソの維持にも役立つでしょう。 

アトラス

アトラスは韓国のバッテリーメーカーで、70年以上の歴史を誇ります。成長を続けるアジア系メーカーらしく、低価格でコストパフォーマンスに優れた製品が特徴です。

ATLASBXは安くて使いやすいバッテリーとして注目を受けています。新カルシウム合金を使った極板により、自己放電や減益特性に優れているのが特徴です。以上から日本製のバッテリーに負けないほどの使いやすさをうかがえます。

海外ならコストパフォーマンスを期待できるアトラス製バッテリーに注目しましょう。 

バッテリー交換の方法

パッソのバッテリーを交換する方法を解説します。自力で行う場合と、業者へ依頼する場合に分けて見ていきましょう。 

自力で行う場合の準備

自身で行うなら、必要な道具を不足なく準備しましょう。バッテリー交換ではゴム手袋保護メガネを装着し、10mmまたは12mmのスパナを持参してください。さらにメモリーバックアップの準備も大切です。 

バッテリー交換の自力作業では、以上の3点が必要になります。

メモリーバックアップは必ずしておこう 

メモリーバックアップはバッテリー交換の前に必要です。バックアップがないと、バッテリーを外したことで、車のメモリーがリセットされてしまいます。時計やナビゲーションの設定、コンピューターなどが初期に戻ってしまうので、復旧作業が面倒でしょう。

しかしメモリーバックアップを使えば、バッテリー代わりに電源を供給してくれます。これなら車内の電気機器の設定がリセットされる心配もありません。

バッテリー交換前にメモリーバックアップを済ませておくと、作業中もデータ保存ができます。 

自力でバッテリーを換える手順

バッテリーを換える手順は以下のとおりです。パッソのエンジンを止め、キーを抜いた状態で始めましょう。

手順 詳細な順番
1.バッテリーの取り外し A.-、+の準にケーブル端子を外す

B.バッテリーの取付金具を外す

C.本体を車から取り外す 

2.新しいバッテリーの取りつけ  A.バッテリーを取付金具で固定する

B.+側ケーブル端子をバッテリーの同じ端子に装着し、ナットを締める

C.-側ケーブル端子でも同じことをする

D.車両の端子カバーがついていれば、元どおりに取りつける 

以上でバッテリーの交換は完了です。 

業者への依頼はカー用品店がおすすめ

業者に依頼する場合は、カー用品店にしましょう。バッテリー交換におけるミスが起きるリスクを抑えられるうえ、店舗で買ったバッテリーを直接装着してもらえるからです。

ただし自力で取りつける場合よりもコストがかかる点に注意しましょう。バッテリー本体の価格に加えて、取り替え工賃を払わなければならないからです。店舗によっては交換前のバッテリーの廃棄業も支払いに加わるでしょう。

業者にまかせることで、自身の作業負担はカットできますが、金銭面のデメリットに気をつけてください。 

バッテリーの廃棄方法を知ろう

車用のバッテリーを商品として扱っている実店舗は、ほとんど交換前のものを引き取ってくれます。したがって自身で廃棄方法に悩む心配はいりません。 

オートバックスやイエローハットのようなカー用品店はもちろんのこと、ガソリンスタンドホームセンターでも引き取ってくれるケースがあるからです。新しいバッテリーを入手できる場所だけでなく、引き取り場所も豊富なのが助かります。

バッテリーの交換時に、外したものを処分するように頼めば、店員が認めてくれるでしょう。以上から、交換前のバッテリー廃棄に悩むことはありません。 

バッテリーはネットで注文するとお得なのか?

バッテリーはネット注文により、お得にこなせる可能性があります。実店舗より格安の商品が買えるだけでなく、交換サービスとセットになっているケースもあるからです。

たとえばAmazonギフト券にチャージしたお金でバッテリーを買えば、実費なしで交換できるかもしれません。ギフト券の有効活用により、パッソの維持費にかかるお金を浮かせられるでしょう。 

さらにAmazonでは、バッテリー交換のサービスチケットも注文できます。こちらを購入すれば最寄りの取付工場への案内連絡が届くので、そちらに向かってチケットを示せば作業をまかせられます。

ネット活用により、バッテリー交換にかかるお金を少なく済ませられるでしょう。 

まとめ

現行のパッソのバッテリー寿命は、1年半です。アイドリングストップ車用しか使えないので、通常の車用バッテリーの2~3年より短いといえます。

しかし近年はパナソニックやボッシュなどから、アイドリングストップに対応したハイクオリティなバッテリーを購入可能です。車をいたわりながら走らせ続ければ、2年もたせられる可能性もあるでしょう。

交換の手順も学べば、パッソのバッテリーの扱いが分かります。今回の記事を参考に、車のバッテリーの基礎知識をメモしてもよいでしょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, パッソ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.