トヨタ プリウス

プリウスでの車中泊を徹底解説!寝心地や快適さはどの程度?

世間では寝ても覚めても新型コロナウイルスの話題で持ちきりです。新型コロナウイルスの流行によって、仕事を失った方も増えています。そんな中、先日テレビで仕事と家を失い、車中泊をしている方が取材を受けているのを見ました。

その他にも旅行の際は、ホテルを取らず車中泊をする方が一定数いると思います。今回は車中泊の中でも、プリウスでの車中泊について解説していきます。今、車中泊をしている方も、今後やってみたいという方もぜひ見ていってください。

プリウスで車中泊はできるのか

プリウスの内装

現行のプリウスは内装的にも車中泊がしやすい内装になっています。種類でいうとセダンという種類になるプリウスですが、セダンには珍しい、後部座席とトランクが別々ではないタイプです。後部座席のシートを前に倒すことによって広々としたスペースが確保できます。

しかし、ここで問題が一つ発生します。後部座席を倒してもトランクのスペースと段差ができてしまいます。そのまま寝るとなると、どうしても体に負荷がかかってしまいます。

そのため、薄手のマットレスや車中泊用のマットレスを購入することをおすすめします。運転席のリクライニングを最後まで倒せば、175cmある方でも目一杯足を伸ばせるので、快適な寝室空間になります。

また、プリウスはセダンなので、どうしても天井までが狭くなってしまいます。ただ、寝るだけであれば全く問題はありません。

プリウスの装備

プリウスには車中泊をする上で外せない装備がいくつかあります。まずはトランクにある1500wの電源コンセントです。運転席と助手席の間にも、USBを挿せるところソケットがあるのですが、トランクにある電源コンセントもとても便利です。

寝るときにはエンジンを切って寝ると思うのですが、エアコンにはオート機能が搭載されていて、いつも車内を快適な温度に保ってくれます。バッテリーが上がる心配がないのであれば、プリウスはエンジンをかけていてもとても静かなので、エアコンをつけたまま寝ることも可能です。

窓もUVカットをしてくれるようになっていますので、寝ている時の紫外線は気にする必要はありません。しかし、そのままの装備では様々な不都合が出てくると思います。車用のカーテンを購入するなど、車中泊使用に改造することをおすすめします。

車中泊をするメリット・デメリット

メリット

車中泊をするのには、たくさんのメリットがあります。
なかでも大きく3つのメリットに分けて、今回はご紹介します。

①お金を節約できる

車中泊する上で、1番のメリットはお金を節約できるというところです。旅行に行った際でも、1番お金がかかるのは宿泊代だと思います。例え安いビジネスホテルに泊まったとしても、1泊5000円ほどはかかってしまいます。

しかし、車中泊をすることでその費用を圧倒的に抑えることができます。車中泊が認められている施設の駐車場や、サービスエリアで車中泊すると宿泊代は0円です。

②時間が自由に使える

ホテルに泊まるとなると、必ずチェックインとチェックアウトがあります。このことによって、予定をすべてチェックインとチェックアウトに合わせないといけません。行動をとても制限されてしまいます。

しかし、車中泊をするとそのような時間の縛りがまったくありません。いつ寝ても良いですし、いつ起きて出発しても良いのです。ゆっくり温泉のある旅館で過ごしたいという方は、少し厳しいと思いますが、週末に予定を詰めて旅行する方なんかには良いと思います。

③キャンプの際にはテント代わりになる

キャンプが好きで、普段からよくテントで寝ている方も多いと思います。しかし、寒い冬の次期や、虫の多い夏にテントで寝るのは大変です。寒さに耐えれなかったり、虫が多すぎて寝れなかったりしますからね。

そこで活躍するのが、みなさんの愛車です。テントの代わりに車中泊をすれば、寒さは外で寝るよりもしのげますし、虫のせいで寝れないなんてこともありません。

デメリット

メリットがある反面、デメリットもいくつかあります。
なかでも大きく3つのデメリットに分けて、ご紹介します。

①トイレができない

車中泊をするにあたって、1番困るのがトイレができないということです。トイレがある駐車場やサービスエリアで車中泊をする時はまだいいのですが、それ以外のところで車中泊をしようと思うとトイレができません。

②お風呂に入れない

①番と同じような内容なのですが、車中泊をするとお風呂に入れません。温泉に行くか、近くのネットカフェや漫画喫茶でシャワーを借りないといけません。そのため、近くの温泉などをあらかじめ検索しておくことをおすすめします。

③安全ではない

いくら車の中で鍵を閉めて寝るといっても完全に安全なわけではありません。鍵をしていてもそれをこじ開けてでも襲おうとしてくる人もいます。もし、車中泊をするのであれば、安全面にとても気をつけなければいけません。

車中泊をする上で気を付けること

車中泊をする上で気を付けないといけないことがいくつかあります。みなさんが快適に車中泊をできるようにモラルを守らないといけません。

①車中泊をしてもいいところに駐車する

車中泊はどこの駐車場でもできるわけではありません。車中泊が許可されている駐車場やサービスエリア以外は他の利用者の迷惑になってしまうので避けましょう。

②決まったスペースで楽しむ

車1台でとても多くのスペースを使ってしまうと、後から来た人が車中泊をできないかもしれません。1台分のスペースに駐車するようにしましょう。

③周りに迷惑をかけない

夜遅くまでエンジンをつけて、騒音を出したり騒いだりするのは他の利用者からするととても迷惑です。利用者の全員が気持ちよく車中泊ができるように、夜遅くなったらエンジンを切り、動画などを見る時にはイヤホンをするなどの工夫をしましょう。

プリウスで車中泊をしている人の声

コロナで職と家を失いプリウスで車中泊をしている男性Aさん(20代)

僕は、飲食店でアルバイトをしていたフリーターなのですが、新型コロナウイルスの流行によって仕事を失いました。それまでは安いアパートで暮らしながら、なんとか生活していました。しかし、仕事を失ってお金が回らなくなったので現在は車中泊をしています。

仕事を失ったので実家に帰るという選択肢もあったのですが、このままで終わりたくないという思いから親にもらったプリウスで車中泊をすることに決めました。プリウスは車中泊がしやすい車だと思います。

後部座席を倒すと広々としたスペースがありますし、電気関係も何も不自由はありません。今は仕事もお金もないので仕方なく車中泊をしていますが、自分の夢を叶えるための試練なのであれば、全く苦にはなりません。

早く仕事を見つけて、車中泊をしなくていいように頑張ります。

無計画で遠出することが多い男性Nさん(30代)

私はよく何も計画せずにふらっと車に乗って出かけます。本当に何も決めていないので当日にホテルを予約することもあるのですが、ほとんどの場合は車中泊をします。ホテルを取ってしまうと、時間と行動に縛りができてしまうので...。

その分、車中泊は本当に楽です。自分の好きな時に起きて好きな時に出発できるわけですから。私の愛車はプリウスの50系と呼ばれる車種なのですが、いつも車中泊のセットを車には積んでいます。ネットで購入したマットレスや、枕、電気関係です。

以前はそれでも毎回ホテルを取っていたのですが、1回どこもホテルが取れない時があってその時に初めて車中泊をしました。最初は何も装備がなかったのでどちらかというと寝にくかったのですが、その時間などの自由さにハマってしまいました。

それからというもの、車中泊をするたびにいると思ったものを購入して今の装備になりました。プリウスはとても車中泊しやすいですし、これならどこでも車中泊ができます。

出張でホテルが取れず急遽車中泊した男性Kさん(40代)

先日出張に行くことになって急遽ホテルを探したのですが、どこも予約ができず仕方なく車中泊をしました。まずお風呂に入らないといけないと思って近くのネカフェでシャワーをしました。

次の日の商談が朝早かったので早めに寝てぐっすり寝ようと思ったのですが、初めての車中泊で少し不安でした。後部座席を倒したのですが、トランクとの間にできてしまう段差が気になりあまりぐっすり寝れませんでした。

しかし、車中泊の感じにハマってしまいそうでした。キャンプに来ているかのような非日常を体験出来てとても楽しかったです。これからは色々アイテムを購入してマイカーで挑戦してみようと思います。

プリウスの車中泊についてのまとめ

工夫次第で快適な寝床にできる

プリウスは、工夫次第で快適な寝床へと大変身を遂げます。先ほどもお話ししたのですが、後部座席とトランクの間に段差ができてしまいます。この段差がおよそ8cmです。

この段差は様々な工夫でなくすことができます。例えば、折り畳みのマットレスを購入して置いてみると段差がなくなります。

他にも車中泊をする時に気になるのが周りからの視線だと思います。窓を外からは見えないように加工するのもいいのですが、ネットで車用のカーテンを購入することができます。これで、外からは車内がまったく見えない状態になります。

しかし、安全性についてはやや疑問が残ります。カーテンで車内を見えないようにしたとはいえ、安全を保障できたわけではありません。車中泊をする時には気を付けてください。

プリウスは車中泊に向いているのか

結論から言うと、プリウスは車中泊に向いています。セダンタイプの車なのですが、トランクと後部座席が分かれているわけではありませんし、同じトヨタのアクアのように狭いわけでもありません。快適に車中泊を楽しもうと思うと様々な工夫が必要ですが、広さ、高さなどは車中泊をするのに十分な車です。

さらに、電気関係も充実していて運転席と助手席の間の肘置きの部分には、USBを挿し込めるところやソケットまでついていますし、トランクにも1500wの電気コンセントが装備されています。ここまで装備されている車も珍しく、プリウスは車中泊に向いていると言えるのではないのでしょうか。

今後プリウスでの車中泊を考えている方へ

車中泊をすることには、金銭面、時間面で様々なメリットがあります。ホテルに泊まるより格段に費用を抑えることができますし、時間的にも縛りがなくとても自由です。

しかし、メリットがある反面、やはりデメリットも少なからずあります。車中泊も快適ですが、自分のベッドで寝るよりは少し窮屈な思いをします。また、トイレや風呂問題も車中泊をする上では避けて通ることはできません。

そして、1番気にしないといけないのが、安全面です。鍵をかけて、外から車内が見えないようになっていても100%安全だとは言い切れません。鍵をかけていても、こじ開けようとする人はいますし女性だけで車中泊をするのであれば、なおさら危険です。

それでも車中泊は楽しいものです。安全面に気を付けて、周りに迷惑がかからないように楽しんでください。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, プリウス

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.