トヨタ プリウス

プリウスの乗り心地や静寂性のレベルを解説!悪い?良い?

車を選ぶ時に乗り心地は1つの判断基準になります。
乗り心地が良くないと何年も乗ることになるマイカーとしては、少し物足りないですよね。
また、走行中の音の大きさというのも重要なポイントです。

プリウスは圧倒的な低燃費ばかりに注目が集まっています。
しかし、プリウスは走行中の音がとても静かなことでも知られています。
実際の乗り心地や静寂性はどうなのでしょうか?

プリウスに普段から乗っている方にプリウスの乗り心地や静寂性を聴くことができました。
そこで、今回はプリウスの乗り心地と静寂性について解説していきます。
プリウスの購入をお考えの方や、現在プリウスに乗っている方はぜひご覧ください。

それでは見てみましょう。

プリウスの乗り心地はいいのか?

実は燃費だけじゃない

プリウスは1997年の初代プリウス登場から、その燃費の良さで世間を驚かせました。
しかし、最近はプリウスの走行性能の高さにも注目が集まっています。プリウスの走行性能はどうなのでしょうか?

そもそもプリウスは3代目まで、走行性能があまり良くありませんでした。
プリウスはハッチバックスタイルで重心がイマイチ安定していませんでした。
そのため、直進の時でも僅かな段差でとてもとても衝撃を感じるものでした。

自動車なのでとても重いのは仕方のないことなのですが、遠くまでプリウスを運転するとなった時など疲れてしまう、そんな印象でした。
乗り心地が微妙だったのです。

しかし、4代目のフルモデルチェンジで、3代目とボディも大きく変更しました。
3代目より重心が低くなり、全体的にドシッとしたようなボディになります。
そのため、3代目よりは、段差などの衝撃を受けにくくなりました。

それでも、下り坂のカーブでブレーキを踏んだりすると、車体がとても不安定だったのです。
前期型から後期型へのマイナーチェンジ後、公式で発表はされていないのですが、乗り心地は改善されていました。
直進時の段差も、ほとんど感じられなくなったのです。
そして、さらに重心も下がったため下り坂のカーブ中にブレーキをを踏んでも安定するようになりました。

自動車としてのレベルも高い!

ハイブリッドカーとして登場し、現在もハイブリッド界を牽引しているプリウスですが、自動車としての質もとても高いです。
走行性能、安定性ともに現在販売されている車の中でもトップクラスと言えるでしょう。

さらに、内装やその装備もとても洗練されています。
内装はとても高級感があり、シンプルな仕上がりです。
オプションで内装のカラーを変更することもでき、自分好みのスタイルにできます。

その中でも安全性能はトヨタの最先端技術が詰め込まれています。
4代目プリウスの前期モデルまで、上級グレードにしか搭載されていなかった衝突回避支援パッケージ(トヨタセーフティセンス)が後期モデルから標準装備されました。

さらに、エアバッグもフロントだけでなくサイドにも標準装備され、安全性に関してトップレベルといっても過言ではありません。
その他にもぶつかりそになった時、ブザー音を変化させることで障害物との接近を知らせてくれるクリアランスソナーや、死角から車が近づいていることを知らせるブラインドストップモニターも装備されるなど、十分と言えるほどの安全性です。

プリウスにも弱点はある?!

プリウスは、エンジンの力が弱い時はモーターが駆動しエンジンをアシストします。
そのため、発進や停止、スピードが出ていない時はモーターの力のみで車を動かしているのです。

スピードが出てエンジンが力を発揮しだすとモーターが止まる仕組みなのですが、その切り替えに弱点があります。
峠道や山道を走る時に力不足になってしまうのです。

坂道やカーブが多いと切り替えがうまく出来ず、上り坂の途中でパワーがなくなり失速する場面がよくあります。
3代目から4代目へとモデルチェンジした時に、改良されたようですがまだまだパワー不足は否めません。

今後のモデルチェンジでさらに改良されることに期待しましょう。

プリウスの静寂性

プリウスが静かな理由は?

そもそもプリウスはハイブリッドカーです。
プリウスはTHS-2を搭載しているため、発進と停止をモーターの力のみで行なっています。
そのため、エンジンの駆動が全くなく普通のガソリン車よりも静かになるのです。

プリウスの場合、エンジンの始動の時からその静かさを実感できます。
アクアやヴィッツなどの他のハイブリッドカーはエンジンを始動する時に電子音やモーター音が聞こえるのですが、プリウスの場合メーターが回るだけで音は全く聞こえません。

それでも発進はモーターのみで行うのでギアをDに変えればそのまま発進できます。
そして走行中に切り替わる仕組みになっています。

0からスタートさせる力が強いモーターと走行中の力を維持する力が強いエンジンの長所ばかりを取ったのがプリウスです。
その結果、ハイブリッドカーの中でも群を抜いた静寂性を実現することができたのです。

静かすぎて危険!

プリウスはその静寂性が故に、とても危険な車であると言われています。
プリウスは40キロ以下で走行している時、音がほとんど出ません。

そのため、曲がり角が多い住宅街などで車が来ていることを知らない歩行者や自転車とよく事故を起こしてしまうのです。
夜はライトをつけるので車が近づいていることがわかるのですが、昼や見通しの悪い場所では事故が多発してしまいます。

住宅街を走行しても全く騒音が出ず、迷惑にならない反面、危険がすぐ近くに潜んでいるのです。
プリウスを運転する方も歩行者もお互いが気をつけないといけません。

プリウスが静かすぎるため、走行中に注意喚起音が出る仕組みの導入が検討されています。
注意喚起音の導入が検討されると同時に装備の義務化も始まります。

今まで、自動車といえば騒音がすることが当たり前だったので、そんなことを考える必要がなかったのですが、静かすぎて危険になるなど誰も予想できなかったと思います。

プリウスの乗り心地は更に良くなる!

プリウスの静寂性はみなさんも良くご存知の通り、とても素晴らしいものです。
しかし、長年プリウスに乗っていたり、中古のプリウスを購入すると劣化で新車のような静寂性はありません。
だんだんと音が気になるレベルになってしまうのです。

そこで、プリウスの静寂性を更に良くする方法について紹介します。
1つ目は、タイヤの空気圧を少し減らすことです。
みなさんも自転車に乗ったことがある方ならわかると思うのですが、空気がタイヤにいっぱい入っている時よりも少し減ってきた時の方が衝撃を吸収しやすいですよね。

それは車も同じなのです。車も空気が少し減ってきた時の方が衝撃を吸収します。
わずかな段差でもプリウスは衝撃を受けてしまいますから、ぜひ試してみてください。

2つ目はサスを交換することです。
さすとは車やバイク、自転車にある車体とタイヤを繋げるクッションのようなものです。
このサスも乗っていると劣化してしまいます。

サスのおかげで車や自転車は衝撃を吸収しているのですが、劣化してしまうと動きがぎこちなくなり、衝撃の吸収率が下がってしまいます。
しかし、サスも新品と交換できるのです。
トヨタのディーラーなどに行けば、サスの交換をしてもらえます。

サスを交換するだけでもとても変わるので静寂性を改善したい方は、サスを交換してみてください。

プリウスに乗る人の声

口コミとしては、「燃費が良いと思ってプリウスを買ったら、乗り心地も抜群でびっくりしました。」という声がありました。
確かにみなさんがプリウスを買う時、燃費が良いからという理由で選ぶ方は多いと思います。

しかし、この方のようにプリウスに乗り出してからその乗り心地の良さに気づく方もいると思います。
プリウスは、燃費だけではないのです。

また、「プリウスが静かすぎて帰ってきたことを家族が気づいてくれなくて悲しい」という声も口コミにありました。
プリウスを購入する前に乗っていた車では、車の音で旦那さんが仕事から帰ってきた時、家族が気づいてくれていたみたいです。

ところが、プリウスに乗り換えた途端に帰っても気づいてくれなくなったみたいです。
悲しいような嬉しいようなお話ですよね。プリウスはそれほどまでに静かなのです。

静かすぎて危険とも言われているプリウスですが、ぜひ乗ってその静かさを体験していただきたいです。

最先端技術の結晶

ハイブリッドカーのパイオニア

プリウスは1997年に世界初のハイブリッドカーとして登場した車です。
ハイブリッドのパイオニアとも呼ばれているのですが、安全性能や走行性能の点においても群を抜いています。

みなさん知っての通り燃費の良さは、e燃費アワードの総合部門で3連覇するほどずば抜けています。
走行性能の点においても、登場当初はややウィークポイントがあったのですが、モデルチェンジの度に改良が加えられ、どんどん総合安定性や、乗り心地が向上しています。

毎年の販売台数ランキングで上位にランクインするプリウスですが、近年は販売台数が落ち込んでいるとも言われています。
ハイブリッドカーのパイオニアとしてまだまだハイブリッド界を引っ張ってほしいですね。

プリウスの見る未来

今までの常識を覆す低燃費や、静寂性を実現したプリウスですが、今後どのようになっていくのでしょうか?
走行性能も23年の歴史の中で見違えるほどによくなり、装備されているシステムも常に最先端です。

乗り心地はこれからもモデルチェンジの度に改良されるといわれています。
さらに、2021年には5代目モデルが登場するとも噂されていて、その進化は止まる気配がありません。

しかし、乗り心地というのは乗る方によって感じ方は変わると思います。
今まで解説してきたことはあくまで参考ですので、気になった方はぜひディーラーに行って試乗などしてみてください。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, プリウス

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.