トヨタ プリウス

プリウスの人気モデルは!?プリウスのモデルチェンジを紹介!

現在どのメーカーもハイブリッドカーの研究に力を注いでいます。世界的に見てもハイブリッドカー時代と言えるのではないでしょうか?

そんな時代を作ったのが1997年に、世界初のハイブリッドカーとして世に登場したプリウスです。そして、今もその人気は廃ることなく、国内での販売数は常に上位にランクインしています。

そこで、今回はプリウス登場から現在に至るまでのモデルチェンジの歴史を紹介します。実際にプリウスを古くから知る人にお話を聞くことができたので、みなさんぜひご覧ください。

プリウスは大きくわけて4世代

初代(1997年~2003年)

《前期モデル》

プリウスは1997年に「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーを引っ提げて、世界初のハイブリッドカーとして登場しました。トヨタ社内で21世紀に向けた車づくりをというテーマのもと、開発が始まりました。

当時の燃費では圧倒的な、10・15モードで28.0km/Lでした。

10・15モード燃費(じゅう・じゅうごモードねんぴ、テン・フィフティーンモードねんぴ)とは、日本で使われていた自動車の燃費測定方法。市街地および郊外を想定した状況において、燃料1リットルでの、走行距離を測定する。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

販売開始当時は、ガソリン車と変わらない走行性能に加え、およそ2倍の燃費向上とCO2排出量削減を実現し、多くの注目を浴びました。予約段階で当初の予定をはるかに超える台数の予約でした。

《後期モデル》

そして、2000年5月に初代プリウスはマイナーチェンジを行います。大きく変わったところはないのですが、燃費をさらに改良し10・15モードで29.0km/Lになります。その他にもバッテリーを小さくしトランクを広くするなど、様々な改良がおこなわれました。

この頃から最先端の技術を駆使していたトヨタのエース車ということで、プリウスの人気は不動のものとなります。

2代目(2003年~2011年)

《前期モデル》

初代プリウスはハイブリッドセダンだったのですが、2003年に大きく見た目を変更し2代目が登場しました。2代目モデルはハッチバックスタイルです。現在の日産マーチやノート、ホンダのフィットも同じハッチバックスタイル。

しかし、変わったのはフォルムだけではありません。初代プリウスの後期型で10・15モード29.0km/Lだった燃費が、2代目には10・15モード35.5km/Lへと飛躍的に向上します。なぜそこまで燃費を向上することができたのでしょうか。

それはハイブリッドシステムTHS(TOYOTA Hybrid System)を導入したからです。これにより、圧倒的な燃費を実現しました。

2代目はさらにプッシュボタンスタートなど、操作系において現在の仕組みの基盤を作りました。

《後期モデル》

2代目も初代同様、後期型へとマイナーチェンジを行います。2005年11月に後期型が登場したのですが、大幅なデザイン変更はありません。システムやボディに変更はなく、内装などが少し変わります。

当時トヨタはビジネス向けにEXグレードを発表し、価格を200万以下の低価格に設定しました。そういったこともあり、3代目のプリウスの販売を開始してからも社用車としての需要があったため、生産が行われていました。

3代目(2009年~2015年)

《前期モデル》

2009年5月に、プリウスは3代目モデルにフルモデルチェンジします。3代目モデルでは、さらに燃費を向上しました。10・15モードで38.0km/Lを記録し、10・15モードで燃費世界トップになりました。

さらに、排気量が1.5Lから1.8Lへと拡大し、パワーユニットを小型にすることによってトランクのスペースを約30Lも拡大しました。現行モデルにも搭載されている、3段階の走行モードを初めに実装したのも3代目プリウスです。

そして、ハイブリッドシステムも新しく開発した「リダクション機構付きTHS」を搭載しました。これまでのTHSから9割以上を新開発したことにより、軽量化や小型化、低コスト化を達成しました。

また、3代目の前期型より約2年遅れて発表されたのがプリウスαです。ミニバン市場がとても活性化するとみたトヨタは、ハイブリッド版ミニバン「プリウスα」の販売を開始しました。

《後期モデル》

2011年12月にマイナーチェンジした3代目後期型が登場します。前期モデルから大きく変わったところはありませんが、ボディカラーがを追加し、全8色になりました。

また、車両接近通報装置を安全装備として標準装備するなど、最先端の技術が常に更新して装備されています。

4代目(2015年~)

《前期モデル》

2015年12月に4代目プリウスの販売が始まりました。内装外装共に大幅に変更され、世界初のハイブリッドカーとして、さらに低燃費を実現します。

プリウスは4代目でトヨタ新プラットホーム「TNGAシステム」を初めて採用することで、さらにプリウスを高みへと導きました。

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(英:Toyota New Global Architecture、以下TNGA)とはトヨタ自動車が開発した、新プラットフォームを基幹とし商品力の飛躍的向上と原価低減を同時に達成するための車両作りのシステムの総称である。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

他にも、モーターやバッテリーを軽量化することにより、40.8km/Lとさらに低燃費になります。安全装備として、「トヨタセーフティセンスP」を設定するなど自動車としての質も向上します。

さらに、2012年にハイブリッドの次の段階であるプリウスPHVがデビューします。電気で走行が可能な車として、強烈なインパクトを残しました。

《後期モデル》

2018年、プリウス初代が誕生してから21年を経て現行モデルである4代目後期型へとモデルチェンジしました。前期モデルから見た目に大きな変化はありませんが、トヨタセーフティセンスが標準装備されています。

カラーも2色を追加し、内装も少し変更が加わりました。初代のプリウス登場からずっと燃費はもちろんのこと、最先端の安全装備や技術に重点が置かれています。

モデルチェンジを繰り返し今のモデルに!

低燃費にさらに磨きをかける

プリウスは初代の登場からその低燃費で、日本中を魅了してきましたが、現行モデルの4代目に至るまでモデルチェンジの度に燃費を向上してきました。さらに、PHVの登場などで常にハイブリッドカーの先頭を走っています。

燃費は現行モデルで、40.8km/Lを達成していますがこれからもその燃費はどんどん良くなるのでしょうか?期待してしまうほどに、プリウスの底は見えません。

これからもハイブリッドカーのパイオニアであるプラウスの進化に注目してみてください。

自動車としての質の向上

プリウスの素晴らしさは圧倒的な低燃費だけではありません。初代プリウスからすでに、トヨタの最先端技術が詰め込まれています。

燃費の向上だけでなく、最新技術もモデルチェンジの度に装備されました。近い未来、自動運転が可能になるのではないでしょうか。

プリウスを買うなら3代目!?

3代目が人気な理由

プリウスで、どのモデルが人気があるのかディーラーさんに聞いたとことろ3代目モデルが1番人気ということでした。プリウスは当然人気車種なので、中古車の価格もとても安定しています。

しかし、最近になってプリウスの価格が落ちてきたのです。3代目モデルが販売されていた時期は、日本国内ではバブルの時期で、新車価格がとても低く設定されていました。さらに、人気車種なため生産台数もとても多いことにより、中古車価格が下がっています。

燃費も良く、性能の良い安全性能も標準装備されている3代目モデルなので人気が出るのは納得です。

プリウスを安く買う方法

プリウスを安く買う方法を紹介します。

①3代目モデルを狙う

先ほどもお話ししたのですが、3代目モデルは新車の設定価格が低く、生産台数も多いため中古車が安くなっています。中古車ディーラーに行っても、プリウスの中では3代目モデルが1番多く現行モデルと比べると車体価格が30万ほど安いです。

そのため、プリウスを安く買うためには3代目モデルを狙うことをおすすめします。

②マイカーを下取りに出す

現在乗っているマイカーを下取りに出すことで、プリウスを通常より安く買うことができます。さらに、現在乗っている車がトヨタの場合、プリウスの購入費用に割引が適用される可能性があるため、プリウスを買いたい方はぜひマイカーを下取りに出してみてください。

実際にプリウスに乗る人の声

「プリウスに乗ってるおかげで、ハイブリッドへの意識が高まりました。」とある方は話してくれました。プリウスは世界初のハイブリッドカーなので、プリウスを買って燃費のことを気にしだした方や、ハイブリッドに興味を持った方も少なくないと思います。

また、燃費が良いという理由でプリウスに乗ってみたらその他の性能も申し分なく、プリウスを買って良かったという方もいます。プリウスは、その圧倒的な燃費の良さばかり注目されていますが、実は自動車としての質も高いです。

プリウスはトヨタのエース車ですので、トヨタの最先端の技術が詰め込まれています。燃費が良く、乗り心地も良い、さらに安全性能も最先端となれば、みなさんの思い描く夢の1台に限りなく近づいているのではないでしょうか。

更なる高みを目指すプリウス

プリウスは初代プリウスが登場してから、23年の歴史になります。その間も何度もモデルチェンジを続けて、常にハイブリッドカーの先頭を走ってきました。

さらに、2021年には5代目モデルが登場するとも言われていて、車業界の注目の的となっています。今後も進化が止まる気配のないプリウスですが、どのようになっていくのでしょうか?

プリウスはトヨタのエース車であり、販売台数ランキングで常に上位にランクインしています。最近は売り上げが下がっていると言われていますが、これからもハイブリッド業界を引っ張ってくれるのはプリウスだと思っています。

プリウスの歴史と技術を体感したい方はぜひ店頭で確かめてみてください。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, プリウス

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.