トヨタ プリウス

プリウスの維持費を内訳別解説【ガソリン代・車検費用・自動車税・保険料等】

車を購入する時、車にどれくらい維持費がかかるのかというのは、1つの判断基準になるのではないでしょうか?車を持っている以上、乗っていなくても維持費はかかってしまいます。

そこで、今回はプリウスにかかる維持費を内訳とともに解説します。プリウスを買おうか悩んでいる方、ぜひ参考にしてください。

それでは見てみましょう。

車の維持費はどれくらい?

一般的に30~50万円!

車に乗っていると、どれだけの維持費がかかるのでしょうか?一般的に1年間にかかる維持費は30~50万円と言われています。

軽自動車であれば、30万円ほどですし、ミニバンであれば50万円ほどになります。乗っている車の種類によって変わってくるということですね。燃費が良い車や悪い車、税金が高い車、安い車など様々です。

プリウスの維持費は?

プリウスの維持費は、年間で25~30万と言われています。他の車より少し安いことがわかりますよね。しかし、維持費は走行距離やメンテナンスの回数によっても変わります。

誰しもがこの値段になるわけではないということです。あくまで、今プリウスに乗っている方の平均値ですので参考程度です。

プリウスの維持費の内訳!

ガソリン代

プリウスは世界初のハイブリッドカーとして登場した車です。その燃費は、最近まで他を寄せつけないほどに群を抜いていました。今でも国内では圧倒的な人気を誇っています。

そして、車の維持費としてまずみなさんが思いつくのは、ガソリン代ではないでしょうか。プリウスの年間にかかるガソリン代は、およそ5~10万円と言われています。しかし、ガソリン代は走行距離によって変わってきますし、必ずしもこの金額になるわけではありません。

さらに、実燃費も必ずしも近しい数字になるとは限りません。運転の仕方で燃費は大きく変わってきますし、新車のプリウスと10万キロを走っているプリウスとでは、大きな差があります。

あまり車に乗らない方であれば、5万円を超えない場合もありますし、ほとんど毎日車に乗る方であれば、10万円を超えるかもしれません。さらに、プリウスにはPHVというグレードがあり、電気とガソリンで走ることができるので一般的なガソリン車よりも、ガソリン代はとても安く抑えることができます。

車検費用

プリウスを維持する上で、絶対に払わないといけないのが車検費用です。新車の場合は購入から3年、それからも2年おきに車検が必要になります。プリウスの車検費用は、他の車と大きく変わりません。

車検の度に、8~10万円ほどが必要になります。車検は避けては通れない維持費ですが、安く抑えることはできます。値段の安い車検を探すか、日頃からメンテナンスをしっかりとしておくかです。

自動車税

そして、自動車税もまた、車に乗っている方は毎年払わないといけない維持費です。自動車税とは毎年4月1日に課税される税金です。プリウスの場合であれば、グレードに関わらず排気量が1800ccなので毎年39,500円が必要です。

しかし、プリウスはエコカー減税の対象になっている車ですので、購入月の翌年度は自動車税が10,000円になります。29,500円の減税ということになります。

車には他にも重量税というものがかかります。重量税とは言葉の通り、プリウスの重さに課税される税金です。プリウスはどのグレードも重量が、1400kgほどで、1500kgを超えていないため、36,900円です。

重量税は、自動車税と違い毎年かかる費用ではありません。3年ごとに払わないといけないのですが、先ほどもお話しした通り、プリウスがエコカー減税の対象になるため、減税か、免税どちらかの処置がなされます。

保険料

車を持つ上で、保険にも入らないといけないのですが、保険の種類は2種類あります。車を持つなら必ず払わないといけない保険(自賠責保険)、任意で加入する保険(任意保険)の2種類です。1つずつ紹介していきます。

まずは車に乗る上で、必ず加入しなければならない保険です。交通事故などが起きてしまった時に、被害者の方に損害金が払えなくなるのを防ぐためのもので、自動車損害賠償保障法に基づいて、義務化されています。

自賠責保険は、車の種類や契約する期間で金額が変わります。プリウスであれば、1年ごとの契約の場合、およそ16,000円、2年ごとの契約の場合、およそ28,000円、3年ごとの契約の場合、およそ40,000円となっています。

次に任意保険です。任意保険は、加入が義務化されているわけではないので、入らないこともできるのですが、自賠責保険だけでは対処できない事故などでも、対応してくれます。保険料は年齢や、免許証の色でも変わってきます。

事故が多い、若い世代では保険料が高くなります。ゴールド免許は、最後の事故から5年間無事故無違反だと更新の際ゴールドになるのですが、保険も少し安くなります。保険料は、プリウスの場合であれば、とても幅広いのですが年間60,000円から150,000円が一般的と言われています。

保険料を安くするためには、普段から安全運転で、無事故無違反を心がけることですね。

その他費用

今まで4種類の維持費の内訳を紹介しましたが、細かくわけると、プリウスにかかる維持費はたくさんあります。

①駐車場代

まずは駐車場代です。一軒家にお住まいの方はかからない維持費ですが、マンションなどに住んでいる場合、毎月駐車場代がかかります。駐車場代は8,000円から10,000円なので、年間およそ10~12万円がかかります。

②メンテナンス費用

車に乗る上で、メンテナンス費用も必要経費となります。乗っていても劣化せず、メンテナンスが必要ない車は、世界中どこを探してもありません。タイヤの交換や、オイル交換など様々ですが、日頃からメンテナンスをしっかり行うことで、車検費用が安くなる可能性があります。

メンテナンスをしても、そんなに高いお金ではありませんし、少し悪いとこがでてきたら、放っておくのではなく手入れしましょう。

プリウスに乗っている人の声

実際プリウスに乗っている方は維持費のことをどう考えているのでしょうか?ある口コミには、「この燃費の良いプリウスで年間これだけの維持費...。他の車は怖すぎて乗れない。」というのがありました。

この方は、ほとんど毎日車を使うようで、燃費が良いプリウスでも維持費がとてもかかっているみたいですね。たしかに、実燃費がおよそ25km/Lと、圧倒的な低燃費をほこるプリウスでも毎日乗ろうと思えば、ガソリン代はかかります。

その他にも、「バッテリーがどれだけ使ってもなくならないから安心」という声もあります。プリウスは、普通のガソリン車と違ってバッテリーが2つあります。発進、停車を行う駆動用のバッテリーと電飾関係のための補機バッテリーです。

駆動用バッテリーは、プリウスが走行中に充電されるようになっているので、劣化はあるものの走行距離が15~20万キロになっても問題なく走れます。また、補機バッテリーは一般的に2~3年が寿命と言われていますが、プリウスの場合は4~5年ほど持ち、こちらも長持ちです。

プリウスはメンテナンス費用が他の車に比べると安く抑えれますが、メンテナンスをしなくていいわけではないのでこまめにチェックするようにしましょう。

維持費を安く抑える方法!

燃費の良い車を選ぶ

ここまで維持費の内訳を解説してきましたが、維持費を安く抑える方法がいくつかあります。1つ目は、燃費の良い車を選ぶことです。あまり車に乗らない方であれば、ガソリン代よりも他の維持費の方がかかってしまうかもしれません。

しかし、車通勤をしている方や、買い物で毎日車を使う方はどうしてもガソリン代が維持費の大部分を占めてしまいます。そこで重要なのが、燃費の良い車を選ぶということです。プリウスはとても燃費の良い車ではありますが、車によってその燃費は大きく異なります。

特に、中古でプリウスを購入する場合は注意しなければいけません。前のオーナーが、発進停車など、極端な運転をしていた場合は、劣化がひどく本来のプリウスの低燃費を発揮できないかもしれないのです。

車の衝撃を吸収するサスの劣化がひどい場合や、タイヤの空気圧が少なくなっている場合燃費は少しですが悪くなります。そのため、中古でプリウスを購入する時でも、ディーラーに詳しく聞くことが、維持費を抑える1つめの方法につながります。

保険を慎重に決める

そして、保険の選び方も維持費を安く抑える方法になります。車の任意保険は、必ずしも加入しないといけないわけではなく、その保険料も高かったり安かったりします。

1番安く済む方法はもちろん、任意保険に加入しないことなのですが、事故が多い現在ではその方法をおすすめできません。ネットで何社もの保険料を比較して、自分に合った安い保険に加入することをおすすめします。

また、年齢や免許の種類によっても保険料の値段は変わります。事故が多い若い世代では、どうしても保険料が高くなってしまうのです。そのため、年齢が上がれば上がるほど保険料というのは安くなります。

一定の年齢を超えるとまた上がっていくのですが、その歳の自分に合った保険を見つけましょう。そして、免許証は最後の事故から5年間無事故無違反の場合、ゴールド免許になります。ゴールド免許になると、保険料も安くなるので、日頃から安全運転に気をつけることで、毎日注意して運転することで維持費を安く抑えられるようになるのです。

無駄な支出を控える

最後の維持費を安く抑える方法は、絶対に払わないといけない維持費以外の支出を抑えることです。とても抽象的なので、いくつか具体例をあげます。

駐車場など、高いところを使ってしまっていませんか?駐車場の値段は、土地を持っている人が決めれるのでバラバラです。自分が今車を停めている駐車場の値段を思い出してみてください。

近くにそれより安い駐車場があるならば、多少不便でもそちらを使うべきです。その方が維持費を抑えることができます。

そして、車検費用やメンテナンス費用も業者によって様々です。いつもお世話になっている知り合いの業者などはいいのですが、毎年ここだからといって、高い業者にお願いしてしまってないでしょうか。工賃などしっかり、他の業者と比較して値段、質とどちらも良いところを選びましょう。

プリウスは維持費が安い!

今までプリウスの維持費の内訳を解説してきましたが、プリウスの維持費は、他の車と比べると安いです。そこは、やはりガソリン代によるところが大きいと思います。保険料や車検費用は、同じような種類の車であればそこまで変わりません。

しかし、1番差が出るのはガソリン代です。そういう意味で、国内でもトップクラスの低燃費を誇るプリウスは、維持費が安いと言えるでしょう。また、エコカー減税対象車なので、税金などが免税されたり、減税されたりします。

しかし、プリウスの維持費も更に安く抑えることができるのです。中古で購入する場合は、実燃費が車によって違います。そして、運転の仕方でも実燃費は変わってきます。

燃費の良い車を選ぶことや、現在加入している保険を見直すことで、プリウスの維持費は更に安く抑えることができるのです。現在プリウスの購入を悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。また、プリウスに乗っていて、維持費が気になった方は実燃費や保険料を確認してみてください。

無駄な出費を減らすことで維持費は安くなります。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, プリウス

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.