オデッセイ ホンダ

【徹底解説】オデッセイの寿命はいつ?買い替え時期を紹介!

ホンダのフラグシップミニバンとして人気のオデッセイ。すでに乗られている方、これから購入を検討されている方であれば、どのくらい長く乗れるのか気になるものですよね。また、寿命が来る前に買い替えをしておきたいと思うでしょう。

一般的に車の寿命は、「10年10万km」と言われていますよね。実際のところはどうなんでしょうか?

今回、オデッセイの寿命とオススメの買い替え時期について調査しましたので、説明して行きます。

オデッセイの寿命はどのくらい?

一般的に車の寿命は、新車からの購入年数と走行距離で判断をされ、「10年10万km」と言われていますよね。では、実際、オデッセイの寿命はどのくらいでしょう?残念ながら、正確な数字を出すことはできません。なぜならば、使用者の運転の仕方、消耗品の交換などのメンテナンスの頻度、保管状態により個体差が非常に大きいためですそこで、今回、オデッセイの寿命は、乗用車の寿命(平均使用年数)とオデッセイの中古車流通台数より推定した寿命を元に算出しました。

乗用車の寿命

  • 年数  :13.51年(平均使用年数)
  • 走行距離:88,563km(推定値)

オデッセイの中古車流通台数からの寿命推定値)

  • 年数  :17〜18年
  • 走行距離:13〜14万km

乗用車の寿命(平均使用年数)とオデッセイの中古車流通台数からの推定寿命を比較すると、オデッセイの中古車流通台数からの推定寿命の方が大きい値となるので今回は、そちらをオデッセイの寿命としています。ただし、使用者の運転の仕方、消耗品の交換、保管方法により個体差が発生します。

オデッセイの寿命

  • 年数:17年〜18年
  • 走行距離:13万km〜14万km

以下にそれぞれ詳しく説明していきます。

乗用車の寿命は?

乗用車の寿命は、自動車検査登録情報協会の乗用車平均使用年数ソニー損保 全国カーライフ実態調査の年間走行距離を使用して推定をしました。

平均使用年数は13.51年

自動車検査登録情報協会のデータによると、乗用車の平均使用年数は、13.51年(2020年3月)です。乗用車の平均使用年数とは、国内で新規に登録されてから抹消登録されるまでの平均年数を算出しています。なお、このデータは軽自動車を除いた数字となります。

この乗用車の平均使用年数は、毎年伸び続けています。ちなみに、一般的に車の寿命として言われている「10年」は、2001年に「10.40年」に超えているんです。約20年前から比べると車の性能も上がっているので納得ですね。

しかし、今回の値は乗用車の使用年数の平均値です。オデッセイの寿命は、13.51年よりも長くなると想定されます。なぜならば、オデッセイはホンダのフラシップミニバンであるため、コンパクトカーなどの新車車両価格が安い車に比べて、中古車価格が高くなる傾向があるためです。そのため、同年式同走行距離であっても値段がつく限りオデッセイは登録抹消をされずに中古車市場で流通されて使用年数が伸びることになります。

平均走行距離は88,563km

乗用車の平均走行距離を考えるにあたり、年間の走行距離✖️平均使用年数としています。年間の走行距離は、ソニー損保 全国カーライフ実態調査の2014年〜2020年の平均値「6,555.3km」として、平均使用年数は上記の「13.51年」としました。

年間の走行距離(6,555.3km)✖️平均使用年数(13.51年)=88,563km/年

一般的に車の寿命と言われる「10万km」よりも少なくなりました。これは、とても驚きですね。ただし、乗用車平均使用年数と同様に、車種によっては10年以上経過すると中古車として売れなくなるために登録抹消しているケースがあるでしょう。そのため、オデッセイの実際の寿命は88,563kmよりも長くなると想定されます。

オデッセイの寿命は?

乗用車の平均使用年数よりもオデッセイの寿命は長くなりそうなことがわかりましたね。では、他にオデッセイの寿命を検討する方法として中古車流通台数を目安に推定をします。年式ごとまたは走行距離ごとに中古車流通台数を比較し、流通台数が極端に少なくなっている年式または走行距離を寿命とする方法です。この方法では、乗用車の平均使用年数よりもオデッセイの限界寿命に近い値になります。

中古車流通台数からの推定寿命年数は17〜18年

中古車情報サイトのカーセンサーによると、2022年1月2日時点での掲載台数で2003年式22台、2004年式82台と大きな台数の差があります。そのため、寿命年数は17年〜18年と推定できるでしょう。

やはり、オデッセイは、乗用車の平均使用年数よりも長期間寿命な車であり、長期間使用される車であることがわかりました。そのためオデッセイの中古車流通台数からの推定寿命を17年〜18年とします。

中古車流通台数からの推定寿命走行距離は13〜14万km

同様に中古車情報サイトのカーセンサーによると、2022年1月2日時点での掲載台数で13万kmの台数47台、14万kmの台数28台差があるんです。そのため、寿命年数は13〜14万kmと推定できます。

オデッセイは、寿命年数が乗用車の平均使用年数よりも長いこともあり、寿命の走行距離も乗用車の平均走行距離よりも長くなります。そのためオデッセイの中古車流通台数からの推定走行年数を13〜14万kmとします。

オデッセイの寿命は?

上記の乗用車の寿命(平均使用年数)とオデッセイの中古車流通台数からの推定寿命を比較すると、オデッセイの中古車流通台数からの推定寿命の方が大きい値となるので今回は、そちらをオデッセイの寿命としています。ただし、使用者の運転の仕方、消耗品の交換、保管方法により個体差が発生します。

オデッセイの寿命

  • 年数:17年〜18年
  • 走行距離:13万km〜14万km

寿命の伸ばし方

オデッセイの寿命について説明しましたが、先にも述べた通り、寿命は個体差が大きいです。では、寿命を伸ばす方法はあるのでしょうか?

寿命を伸ばす方法は、運転の仕方、消耗品などの交換、保管方法の3つあります。以下にそれぞれ説明していきます。

運転の仕方

日々の運転の積み重ねにより車に負荷がかかり寿命を短くすることになります。では、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?以下にまとめました。

運転の仕方

  • 急ブレーキ・急発進・急ハンドルを避ける
  • 段差や縁石にタイヤを極力ぶつけない

車に負荷がかからない丁寧な運転運転をすることで寿命を伸ばすことができます。寿命を伸ばしたい方は、運転を見直して見ましょう。同乗者に「自分の運転が乗り心地が良いのか?」聞いて見るのも良いかもしれませんね。同乗者に優しい運転は、車にも優しい運転となりますよ。

消耗品の交換

車の寿命を伸ばすためには、消耗品の交換も欠かせません。主に注意すべき交換部品を以下の3つです。

消耗品の交換

  • エンジンオイル交換
  • タイミングベルト交換
  • バッテリー交換

詳しくみていきます。

エンジンオイルは、エンジンの部品同士を潤滑しスムーズに動かすなどエンジン性能を発揮するためには必要不可欠です。エンジンオイルが劣化してしまうとエンジンの故障や不具合に繋がります。

タイミングベルトは、エンジンの吸排気のタイミングをはかるために使われています。タイミングベルトが切れてしまうとエンジンの吸排気のバランスが崩れ、エンジンストップ、最悪の場合にはエンジン破損につながることもあるでしょう。

バッテリーは、ナビ、オーディオ、ヘッドライト、ルームランプ、エンジン始動など車の電気製品を駆動するために使用します。バッテリーが劣化するとエンジンの始動ができなくなるなどの不具合の原因となるのです。

その他にも定期的に消耗部品を交換することで寿命を伸ばすことができます。しっかりと点検を行い、良いコンディションを保ちましょう。

保管方法

車の寿命を長くするためには、保管方法も重要です。短期的な影響は少ないですが、長期的な影響としてはボディーやゴム製品の劣化に繋がります。

保管方法

  • 雨や直射日光を避ける場所で保管
  • カーカバーを使う

長持ちをさせるためには保管方法にも気をつけてみましょう!

 

オデッセイの買い替え時は?

オデッセイの寿命がわかりましたね。次に、オデッセイの買い替え時はいつが良いのでしょうか?オデッセイの買い替え時は、乗用車の買い替え時とオデッセイの中古車流通台数から推定買い替え時期として比較して検討をしました。

乗用車の買い替え時

  • 年数:8.9年
  • 走行距離:58,342km

オデッセイの買い替え時

  • 年数:6年もしくは8年
  • 走行距離:10万km未満

乗用車の買い替え時とオデッセイの中古車流通台数からの推定買い替え時を比較し、オデッセイの買い替え時としています。

オデッセイの買い替え時

  • 年数:8年
  • 走行距離:6万km以上10万km未満

以下に詳しく説明していきます。

乗用車の買い替え時期

年数は8.9年

乗用車の買い替え時期について、内閣府の消費者動向調査によると、8.9年(2021年)ということになります。つまり、多くの人は9年車検の前の8年〜9年で買い替えをされているんです。ちなみに、車検は車検は初回3年で、次回以降2年毎に5年、7年、9年・・・で受ける必要があります。

なお、買い替えの理由として多いものとしては、故障 22.7%、上位車種への買い替え 22%となっています。9年程度経つと運転の仕方やメンテナンスによっては故障してくる車が増えてくるのでしょう。

走行距離は58,342km

走行距離を考えるにあたり、年間の走行距離✖️買い替え時期年数としています。年間の走行距離は、ソニー損保 全国カーライフ実態調査の2014年〜2020年の平均値「6,555.3km」として、買い替え時期(年数)は上記の「8.9年」としました。

年間の走行距離(6,555.3km)✖️買い替え時期年数(8.9年)=58,342km/年

オデッセイの買い替え時はいつがいいの?

中古車流通台数からの推定年数は6年もしくは8年

同様に中古車情報サイトのカーセンサーによると、2021年1月2日時点での掲載台数で6年目279台、8年目274台と車検の前年に買い替えをしていることが多いですね。

中古車流通台数からの推定走行距離は10万km未満

カーセンサーでは、2万km〜9万kmまでほぼ同じ数量を掲載されています。しかし、10万kmで台数が減ります。やはり、一般的に車の寿命と言われている10万kmが一つの境と考えられることが多いです。

オデッセイの買い替え時は?

乗用車の買い替え時とオデッセイの中古車流通台数からの推定買い替え時を比較しました。その結果、年数は乗用車の買い替え時 8.9年とオデッセイの中古車流通台数推定 6年もしくは8年となるので、共通項となる8年とします。また、走行距離に関しては、乗用車の買い替え時 約6万kmとオデッセイの中古車流通台数推定 10万km未満となるので、6万km以上10万km未満とします。

オデッセイの買い替え時

  • 年数:8年
  • 走行距離:6万km以上10万km未満

まとめ

今回は、オデッセイの寿命とオススメの買い替え時期についてご説明をさせていただきました。

寿命は、一般的に言われている「10年10万km」を超える年数となります。ただし、寿命を伸ばすためには、運転の仕方・消耗品などの交換・保管方法が重要となりますので、気をつけてみましょう。

買い替え時は、年数は車検の前に、走行距離は10万kmを迎えるまでに買い替えをすることが良いでしょう。

オデッセイの寿命

  • 年数:17年〜18年
  • 走行距離:13万km〜14万km

オデッセイの買い替え時

  • 年数:8年
  • 走行距離:10万km以下

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-オデッセイ, ホンダ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.