ノート 日産

日産ノートの新車乗り出し価格は146万円〜266万円

日産ノートの新車乗り出し価格はガソリンエントリーモデルで「146万円」からe-POWERモデルの最上位で「266万円」。今回は日産ノートの新車購入時の諸経費含む内訳と、複雑なパッケージ内容差やオプションについてご紹介していきます。値引きに関しても、比較に適したライバル車を挙げてご説明していますので是非参考にしてください。

ノートの新車乗り出し価格は幾らから?

日産ノートの新車乗り出し価格は、「S」グレードで約「146万円」台から展開されています。これはノートの新車車両本体価格に加え、諸経費や値引きを加味してオプション無しの最もプレーンな金額ですが、その内訳についてこれからご説明していきます。

日産ノートの新車乗り出し価格モデル表

まずは日産ノートのカタログ上の「新車本体価格」を見ていきましょう。

グレード ガソリン e-POWER
S 144万円 設定無
X 155万円〜167万円 206万〜242万円
X-DIG S 180万円〜187万円 設定無
MEDALIST X 177万円〜184万円
MEDALIST 213万円〜220万円 262万円〜269万円
特別仕様車 178万円〜268万円 231万円〜281万円

日産ノートの新車価格はガソリンエントリーモデルの「S」グレード約144万円台から始まり、e-POWERモデルの4WDモデルの「MEDALIST Four」で269万円、e-POWERモデル特別仕様車「NISMO S」の281万円が最高額となっています。このようにノートの新車価格はグレードやパワートレインとパッケージングで、最高140万円近くの価格幅が出てきます

ノートの特別仕様車との装備と価格差

パッケージングや特別仕様車の多いのが特徴の日産ノートですが、違いについて内容がわかりにくいところもあります。そこで追加装備のポイントや、ベースグレードとの価格差を見ていきましょう。

特別仕様車の主な装備の違いと価格差

ブラックアロー Vセレクション Vセレクション(e-POWER)
特徴 主に「外装重視」に追加装備を与えたパッケージング 主に「内装重視」に追加装備を与えたパッケージング 「内装」の他、LEDライトやセーフティ機能拡張した内容
「X」との価格差 約+11万円 約+5万円 約+14万円

パッケージングで言えば外観をお得に仕上げるなら「ブラックアロー」、内装の充実であれば「Vセレクション」という棲み分けになります。

特別仕様車

AUTECH C-Gear NISMO NISOMO S
特徴 ライトスポーツ RVスタイル スポーツ 1.6L スポーツ
「X」との価格差 23万円〜40万円 24万円〜30万円 60万円〜70円 80万円〜110万円

特別仕様車に関しては各モデルとも趣向を凝らした仕様になっていますので、通常のベースグレードとの価格差は大きくなります。「他の人とは違うノートが欲しい!」という方は自身のライフスタイルに合わせて選択肢に入れるのも良いかと。

最上級の「NISMO S」は価格差はベースグレードとの比較こそ最大110万円差になりますが、「MEDALIST」グレードとでは約20万円差から選べ、専用パーツの豊富さと排気量も1,600ccに変わる点などリセール時にはその価値は大きくなると考えられます。
パワートレインに始まり、グレード・パッケージング・特別仕様車と選べる幅の多さはノートのメリットでもありますが、反対にノート新車購入時の最も悩むポイントにもなっていきます。しかしベースグレードを主体に検討される場合でも、オプションを必要最低限選んでコストを抑えながら自分のノートを作ることも可能です。

ノートの主なオプション

特別仕様車でなくとも必要なものだけ自分で選んだ個別オプションを指定されたい方に向けて、代表的なオプションを表にまとめてみました。

オプション①(外装)

オプション名 詳細 価格
LEDヘッドランプ オートレベライザー、ポジション付 77,000円
フォグランプ 通常 34,126円
LEDフォグ 69,363円
プラスチックバイザー 窓枠雨除け 20,219円
15インチアルミホイール 185/65R15 88Sタイヤ付 66,000円
14インチアルミホイール タイヤ付 3種類有 80,384円〜

オプション②(内装)

オプション名 詳細 価格
マジックミラーイルミネーション 白色・青色 選択 47,960円
リモコンエンジンスターター 車両の仕様により異なる 58,056円〜
日産オリジナルNavi ナビゲーションシステム 171,789円〜
ETCユニット ETC 30,360円〜
インテリアパネル 車種により専用仕様有 39,181円〜
センターアームレストコンソール USB充電ポート付き 32,890円
フロアカーペット 室内マット 21,293円〜
マルチラゲッジボード ラゲッジ内仕切り 27,200円

オプション③(セーフティ)

オプション名 詳細 価格
SRSカーテンエアバッグシステム カーテンエアバッグ 49,500円
セキュリティパック 車両の仕様により異なる 41,315円〜
リバース連動ミラー リバース時助手席ミラー下向き 20,743円〜
コーナーセンサー フロントのみ、リヤセット有り 42,775円〜
バックソナーセンサー リバース時の後方障害物センサー 9,460円
インテリジェントパッケージ ビューモニター他パッケージ 77,000円〜

上記の数あるオプションの中でも特に人気のあるオプションは、日産独自の安全装備「インテリジェントアラウンドビューモニター」を含むパッケージ。こちらについては機能の方がかなり充実しており、非常にコストパフォーマンスに優れた内容になっていますので、ノート新車購入時には是非検討して欲しいオプションNo.1となっています。

諸費用について

オプション費用以外に、ノートの新車購入時にかかる諸費用は以下のようになります。
前提として日産ノートは全モデル「エコカー減税対象車」ですので「重量税」は免税。
これを踏まえノート「X」グレードをモデルにした法定手数料モデルは下記の表の通り。

諸経費一覧

重量税 環境性能割 自動車税 自賠責(37ヶ月) 検査料 印紙代 リサイクル料
免税 0円 30,500円 30,170円 11,000円 1,100円 8,480円

上記の「法定手数料」の他は、車庫証明等登録手続き関係の「代行手数料」「納車費用」「消費税」等で諸経費は概ね「10万円〜15万円前後」となります。
車両価格にこのような様々な諸費用を含めて金額が定まりましたら、いよいよディーラーでの値引き交渉です。次は新車のノートは一体どの程度の値引きが見込めるのか?また効果的に値引きを促すライバル車は何を引き合いにすると良いかについてご紹介していきます。

ノートの効果的な値引き方法とは?

ノートの単純値引きの目安は、車両本体価格から約「10万円」程度が相場と言われています。オプション等を含めたノートの新車本体価格の大幅値引きを目指して、ライバル車との比較見積もりで効率よく交渉していきましょう。
ノートのライバル車はガソリン・e-POWERで変わりますが以下のようなものが挙げられます。比較対象候補の車両だけでなく、おすすめ適正グレードも参考までに挙げておきます。

値引き引き合い①(ガソリンモデル)

ガソリンモデルはFITやヤリス、モデル末期のVitzも比較対象としては有力です。

S X X-DIG S MEDALIST
HONDA FIT BASIC  〜 HOME NESS  〜 LUXE
TOYOTA ヤリス X“B“ 〜 Xグレード Gグレード G  〜 Zグレード Zグレード
TOYOTA Vitz Fグレード Jewela〜 Uグレード U 〜 GRグレード

値引き引き合い②(e-POWERモデル)

e-POWERモデルに関してはハイブリッドジャンルのFITやヤリス、Aquaが比較対象としては有力です。

e-POWER X e-POWER MEDALIST
HONDA FIT e-HEV e:HEV BASIC  〜 e:HEV HOME e:HEV NESS  〜 e:HEV LUXE
TOYOTA ヤリス HIBRID X 〜HIBRID G HIBRID Z
TOYOTA Vitz Jewela〜 Uグレード U 〜 GRグレード
TOYOTA  Aqua Lグレード 〜  Sグレード Gグレード

ノートで最も効果的と思われる車種は以上のモデルになりますが、FITやヤリスのように発売時期間もないモデルは強気な部分もあり、値引き幅自体が少ない場合もありますが、本体価格差があまり無い中での「装備の違い」を前面に出して交渉するのも手段の一つです。
他にもモデル末期となるAquaやVitzの値引き幅を活用するなど、相見積もり交渉の場合はライバル車の状況に注意が必要です。目標の値引き幅としてはオプションや諸経費を除く、「車両本体価格の10%」程度は最低ラインとして捉えておきましょう。

ノートの新車乗り出し価格帯

日産ノートの新車乗り出し価格帯は、ガソリンモデルで約「146万円〜256万円」、話題のe-POWERの価格帯は約「200万円〜266万円」の展開になります。
この金額が諸経費や値引き額も考慮したノートの新車乗り出し価格になりますが、これにオプションなどの装備は別途プラスになりますのでご注意ください。
実際の値引き額については、全モデルの平均で「20万円」前後から最大で「40万円」の値引きを得たという人も報告されていますので、ガソリン・ハイブリッドそれぞれの適正に合わせたライバル車を引き合いに出し、オプションをサービスなどの実質割引も考慮しながら根気よく交渉を進めていきましょう。
話題のノートe-POWERの新車も、実質「200万円」前後から選べます。日産ノートで「技術の日産」の本気を体感してみましょう!

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-ノート, 日産

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.