トヨタ ノア

ノアの乗り心地や静粛性のレベルを解説!悪い?良い?

「ノアって乗り心地がいいの?」「買う前に静かに走れるか知りたい」などと考えていませんか。ノアに限らず新車を買う前には、乗り心地や静粛性をある程度イメージできるように、ヒントとなる情報が知りたいですよね。

今回は初めてミニバンの新車を買う人のために、ノアの乗り心地や静粛性についての情報を伝えます。ノアで心地よいドライブを楽しめるかを判断するヒントを得られるので、最後まで読んでください。 

ノアの乗り心地が優れている理由5つ

結論からいうと、ノアは乗り心地に優れた要素が多いといえます。理由として以下の5つが挙がります。

  • カーブ時の車体が安定している
  • シートが広くてくつろぎやすい
  • リアシートのオープンボックスで荷物の置き場所にも困らない
  • 床面が低くて乗りやすい
  • 乗り心地を決められる3つのパッケージ

それぞれの詳細をチェックします。

カーブ時の車体が安定している

ノアの乗り心地がよいのは、カーブ時の車体が安定しているからです。多くのミニバンはカーブのときに車が傾くので、揺すぶりをかけられているような不快感を感じる人もいるでしょう。しかしノアではそのような心配がありません。

曲がるときもタイヤがピッタリで、車体の大きな車にありがちなふらつきを抑えられるからです。他にもハンドルを切ったときの傾きが少ないので、車酔いを心配する必要がありません。家族を連れての長距離運転でも安心できるでしょう。

このようにノアは、ハンドルを切ったときも安定感が崩れないので、長距離運転でもハイレベルな乗り心地を期待できます。 

シートが広くてくつろぎやすい

ノアは各シートが大きなサイズなので、くつろぎやすいといえます。ひとりひとりがリビングでくつろいでいるような感触を味わえるでしょう。

シートアレンジを工夫して足を伸ばせるので、ゆったりとした乗り心地を楽しめます。長距離運転の合間に休憩もとりやすいでしょう。他にもシートを完全に倒して寝転べるので、車中泊にも役立ちそうです。このようにリラックスしやすい環境が、ノアの乗り心地を引き上げています。

リアシートのオープンボックスで荷物の置き場所にも困らない

ノアにはリアシートにオープンボックスが備わっているので、ちょっとした荷物を置きやすい点も便利でしょう。リアシートにある格納式センターボックスがポイントです。二つのカップホルダーに加え、買い物袋をかけられるフックもついているので、荷物が多くても置き場所に迷う心配がありません。

たとえば買い物で多くの商品を買い込んだときも、ノアの機能性が助かるでしょう。広々としたラゲッジスペースに荷物を積み込めるほか、格納式センターボックスのおかげで、すぐに使ったり食べたりしたいものを保存できるからです。荷物をきれいに整理できることも、ノアの快適性につながっています。 

最低地上高が低くて乗りやすい

ノアは床面が低くて乗りやすいというメリットも備えています。最低地上高は160mmで、セレナと同クラスです。子どもや高齢者でも乗りやすいでしょう。他の車と比べてもデリカD:5は210mmと高いので、ノアの方が乗り降りが楽です。

ノアはミニバンとして最低地上高が低く、バリアフリーのような効果も期待できるでしょう。 

乗り心地を決められる3つのパッケージ

ノアでは乗り心地を決められるパッケージを、以下の3つから選択可能です。

パッケージ 詳細内容
EVドライブモード ハイブリッドモデル専用。エンジンを停止し、モーターだけで走れるので静粛性が高まる 
パワーモード 最大馬力に近づくようなパワフルな走行が可能
エコドライブモード 1Lあたりの走行距離を伸ばすように、燃費を節約しながら走れる 

モードによって乗り心地は違いますが、乗っている人に合わせてチェンジすることで、誰でも快適な運転環境を作れます。3つのモードを使い分けられることも、ノアが便利な証拠です。 

ノアが静粛性にも優れている理由2つ

ノアは乗り心地だけでなく、運転中の車内も静かなので、リラックスしやすいでしょう。その理由として以下の2点が挙がります。

・ドアの隙間に新しいシール材を埋めた

・地面からの衝撃を感じづらい

それぞれの背景について見ていきましょう。 

ドアの隙間に新しいシール材を埋めた

ノアはスライドドア下の隙間にシール材を埋めています。このシール材が静粛性のもとです。スライドドアの隙間をふさぐことで、防音効果を期待できるからです。

車内に漏れ聞こえる音が改善されたことで、周囲の車が走るエンジン音などが車内に伝わりづらいでしょう。会話が聞こえなかったり、うるさくて不快に感じたりする心配はありません。スライドドアに潜ませたシールが隙間を埋めることで、音が入ってくる余地を断っています。ノアの高い静粛性は、ドア間のシールのおかげでしょう。 

地面からの衝撃を感じづらい

ノアは地面からの衝撃を感じづらく、走行中のタイヤから伝わってくる音もカットできます。常にタイヤが地面にくっついているので、粗い路面やオフロードの衝撃を吸収しやすいといえます。

逆に路面の粗さで車が跳ねやすいと、衝撃音が伝わるだけでなく、振動も起きやすいでしょう。そうなると乗り心地が悪くなってしまい、ストレスですよね。

しかしノアは地面の衝撃を吸収しやすい設計なので、衝撃音が車内に伝わりません。以上から静粛性の引き上げにつながっているでしょう。 

ノアの乗り心地で不便なポイントは?

これまでノアの乗り心地や静粛性につながるメリットを紹介しましたが、不便なポイントにも注意しなければなりません。以下の3つが当てはまります。

・インテリアの質感に欠ける

・ハイブリッドモデルは専用電池で足元が狭いか

・硬めのサスペンションに注意

以上の3点について、詳細をチェックしてみましょう。

ンテリアの質感に欠ける

ノアについて、インテリアの質感に欠けると考える人が多いようです。ディーラーでノアの車内をチェックしてみれば、確かにインテリアの各パーツからのプラスチック感が強いともとれます。内装が質素すぎるという理由で、好みが分かれるかもしれません。

同じクラスのミニバンであるエスクァイアは、各装備に高級感があり、インテリアも優しい質感をともなっています。

ノアはエスクァイアとは違って大衆向けに売ってあるのでしょう。しかしノアのインテリアを見て、「生活感がありすぎる」と気になる人もいるようです。

ハイブリッドモデルは専用電池で足元が狭いか

ノアのハイブリッドモデルの弱点として、足元が狭いことも挙がります。これは1列目シートの下側に、ハイブリッド用の電池が収まっている影響で、2列目から1列目の下に足を入れづらくなったからです。

2列目でリラックスした姿勢を求めるなら、後方へスライドさせなければいけません。しかし今度は3列目の足元が狭くなります。4人までなら3列目は使わないので影響はありませんが、5人以上で乗ると3列目が窮屈になりそうです。

環境に優しいというイメージからノアのハイブリッドを求める人もいるでしょう。しかし購入を検討するなら、ハイブリッド用電池の影響による後部座席の足元の狭さに注意しましょう。 

硬めのサスペンションに注意

ノアの乗り心地は、全体的に硬いと感じる人が多いようです。これにはサスペンションが硬く決まっている影響があります。サスペンションが硬いことで、どこの座席にいてもリラックスしづらいのではないでしょうか。長距離運転ではストレスにもつながるでしょう。

ノアはサスペンションを硬くすることで、カーブ時のふらつきを抑えるメリットがあります。しかし反面、フィーリングも硬くなるデメリットも生じているようです。以上から乗り心地の硬さが気になる人は、試乗などでノアの感触を確かめる必要があるでしょう。

ノアの乗り心地に関する口コミを参考にしよう

ノアの乗り心地や静粛性については、実際に車を使っているユーザーの口コミが参考になるでしょう。ここではよい口コミと悪い口コミに分ける形で、参考になりそうな情報を届けます。 

よい口コミ

「最初は要らないなぁと思っていたシートヒーターが、ここにきて、チョット寒いから使ってみたら、癖になります」

「思ったよりも静かです。エンジン音はうるさくは感じません」

出典元:価格.com

「ファミリー使用では、硬すぎず柔らか過ぎない」

家族で乗っていても充分な乗り心地を実感しているユーザーが多いようです。優れた静粛性の評価も目立ちます。シートヒーターのような細かい部分を褒める人もいました。

出典元:みんカラ

このようにノアは口コミでも、快適性の面で総合的に優れているとうかがえます。

悪い口コミ

 

「乗り心地も突き上げ感が酷い。エンジン音が異常にうるさい」

出典元:価格.com

「贅沢をいうなら内装の質感がもう少し良かったらいいかも」

出典元:みんカラ

ノアへのネガティブな口コミは総合的に少ないといえます。人によっては乗り心地の突き上げやエンジン音などが気になるようです。後ろ向きな口コミを見るだけで買い控えようとせず、ディーラーの試乗で実際の感触を確かめてみるのもよいでしょう。

まとめ

ノアはトヨタのミニバンとして、乗り心地や静粛性に優れた車と考えられます。カーブや高速走行時のふらつきを抑える設計で、シートもくつろぎやすいからです。ドアの隙間にシールを設けることで、車内に響く音をカットする取り組みもあります。

一方でサスペンションが硬くて乗り心地に多少影響していることや、ハイブリッドモデルにおける後部座席の足元の狭さなど、気をつけるべきポイントも見ておきましょう。メリットやデメリットをバランスよく考えながら、ノアの乗り心地を見極めることが大切です。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, ノア

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.