トヨタ ノア

【徹底解説】ノアの寿命はいつ?買い替え時期を紹介!

「ノアの寿命を知りたい」
「いつまで快適に運転できるの?」
などと興味を持っていませんか!?
ノアの寿命は、生活状況や運転環境によりますが、丁寧な扱いで長くもたせられます。

また車の買い替え時期には、自動車に関する税金や中古車としての買取事情など、さまざまな社会的要因が影響するでしょう。

今回は適切なタイミングでノアを買い替えたい人のために、寿命に関するヒントや理想の買い替え時期についてまとめました。
この記事を読めば損をせずにマイカーをチェンジする方法が分かるでしょう。

車の寿命は乗ってみないと分からない

ノアの寿命相場については、メーカーからの公式発表がないため、乗ってみないと分かりません。
しかし一般的な乗用車の平均使用年数や、資産として利用できる年数など、寿命につながるヒントはあります。
ノアの寿命を知るための手がかりを知りましょう。 

寿命は生活環境に影響される

ノアに限らず、乗用車の寿命は正確には分かりません。
生活環境や車の使い方に左右されるからです。

住宅街での街乗りと、悪路や曲がり道が多い山間部では、ノアにかかる負担が違います。
運転の仕方にしても、丁寧に車を扱う場合と、急加速や急減速のような負担の大きな運転をしている場合では、車体の消耗度に差が出るでしょう。
寿命に関係なく、事故や突然の故障による廃車の可能性も考えられます。

以上からノアの寿命は何年とはっきり言えません。
生活や運転の環境により、いつ寿命のサインが出るかが違うからです。

平均使用年数は13.26年

自動車検査登録情報協会の調査によると、2019年には車の平均使用年数について、13.26年というデータが出ています。
これは世間において一台の車を10年以上にわたり使う人が多いと考えるべきでしょう。

「車の寿命はおおよそ10年」という趣旨の内容を示す自動車サイトもあります。
しかし今回登場した協会の正式な調査から考えると、自動車の耐久性は上がっているでしょう。
一台の車を大切に使い続けたい人にとっては耳よりな情報です。

以上からノアは丁寧に走らせ続けることで、13年程度もつ可能性もあるでしょう。 

純正部品の在庫は10年までしか置いてもらえない

純正部品の在庫は10年までしか手に入らない可能性が高いでしょう。
ただしパーツがないことは車自体の寿命とは無関係です。

メーカーは、10年は純正パーツを在庫として管理しなければならないと法律で定められています。
しかし10年が切れると、メーカーは余った在庫を処分してしまうかもしれません。
10年以上使ったノアでパーツが壊れたとき、交換するものがないケースも考えられます。

以上から考えると、あなたが使っている代のノアは、製造終了から10年がひとつの区切りになるかもしれません。

新車登録から13年経過で自動車税と重量税が増える

自動車に関する税金も、新車登録から一定年数が経過すると増えるので注意です。
対象は自動車税と重量税で、ノアの場合は新車登録から13年を過ぎたら両方が高くなります。

さらに重量税については、新車登録から18年を過ぎるとさらに高額になるしくみです。
税金から考えると、長く持ちすぎると維持費に影響するので気をつけましょう。

自動車税と重量税が増える直前も、買い替えのタイミングと考えられます。

資産として利用できるのはノアなら6年まで

資産としてノアを利用するなら、新車登録から6年をひとつの区切りに考えましょう。
日本の法律ではノアは普通車に分類され、普通車が資産として利用できるのは6年までと決まっているからです。

これは車の減価償却が関係しています。
減価償却とは車や不動産のような資産が、できあがってから時間が経つことで失う価値を計算することです。

ノアも時間が経つほど古くなっていき、価値を少しずつ失っていきます。
中古車で年落ちのノアが新車より安く買えるのもこのためです。
しかし実際は中古車市場において、6年より長く経ったノアを買ったり売ったりできます。

車を資産として取引に使いたいなら、ノアにおいても新車登録から6年までに手放すとよいでしょう。 

走行距離が10万km以上なら要注意

ノアの走行距離が10万km以上なら、車体にトラブルが出るリスクが高まるでしょう。
これは新車登録からの経過年数に関係なく気をつけるべきことです。

一般的に走行距離は1年で1万kmが相場と考えられています。
1年間の移動距離が1万kmより長いと、それだけ車への負担も大きくなるでしょう。

特にノアはファミリーカーなので、車体が大きいぶん装備点数も多いといえます。
傷んだパーツが多すぎると車を動かしづらくなり、家族に迷惑をかけてしまうかもしれません。
走行距離が10万kmを超えたら、傷んだパーツがないか整備工場に調べてもらうとよいでしょう。

ノアの寿命サインは異変から分かる

ノアの寿命は、車に異変を感じたときに分かるでしょう。
エンジンやトランスミッションなど、車を動かす重要なパーツに異常が起きたら、処分を考えるべきです。
他にも車体のサビにも気をつけましょう。寿命サインについて解説します。

エンジンの不具合

ノアを長く使う場合は、エンジンの不具合に気をつけましょう。
特に走行距離が10万kmオーバーになれば、エンジントラブルの可能性が上がります。

エンジンの不具合には、オイルや水漏れ、異音などが挙がります。タイミングベルトの故障にも注意です。
これはエンジンのバルブを開閉する部分で、効率的な燃焼に役立ちます。
10万kmごとの交換を推奨する業者が多く、経年劣化で切れてしまう可能性に注意です。

タイミングベルトの交換で長くもたせられることもありますが、エンジン自体が劣化すれば買い替えのサインでしょう。

トランスミッションの異変も寿命サインになる

トランスミッションの異変も、車が寿命に近づいている証拠です。
ATなら変速時間が長くなったり、シフトチェンジで衝撃が起きるようになったら、先は短いでしょう。

一方でマニュアルを使っていれば、シフトを変えたときにガリガリと音が鳴り始めたら気をつけてください。
思いどおりにシフトチェンジができなくなると、車のスピード調整に影響します。
必要なときに加速や減速ができなくなれば、事故にもつながるでしょう。

トランスミッションに異変を感じたら、整備業者に相談し、症状によっては処分も視野に入れてください。 

車体がサビはじめたら要注意

車体がサビはじめたときも、ノアにとっては寿命のサインです。
特に主要構造にサビが出たときは、長く使えないと考えましょう。

車のサビは安全面でリスクを高めます。衝突時の強度が弱くなったり、サスペンションなど走行に必要なパーツが壊れたりするからです。
定期的に凍結防止剤が撒かれていたり、海に近い地域でサビが早くなりがちなので、特に足回りのチェックは欠かせません。

ノアはファミリーカーなので、車体がサビはじめたら同乗者に不安を与えるでしょう。
見た目でも分かることから、処分を判断しやすいといえます。

消耗品は交換すれば寿命を伸ばせる

バッテリーやタイヤなど、ノアには消耗系のパーツがさまざまです。
しかしこれらは劣化しても、新しいものに交換すれば大丈夫でしょう。

代表的な消耗品と、交換すべきタイミングを解説します。 

バッテリーは電圧確認で交換タイミングをチェック

バッテリーは電圧確認で寿命を確かめましょう。
メーカー保証期間は2~3年が多いといえますが、電圧が充分量なら保証期間を過ぎても使えるからです。

電圧測定はテスターを使います。テスターを起動したら、直流Vにスイッチを合わせてください。
テストリードの先端をバッテリーの+と-の各端子に当て、測定値を引き出しましょう。
さらにエンジンを始動しながら測れば、オルタネーターを確かめられます。

バッテリー電圧の正常値は、停止時では12.6V~13V程度です。
ただしアイドリングストップ車や充電制御車は、12.4V以下に電圧を抑えている可能性があります。

エンジンが起動していれば13.5V~14.7V程度が正常です。
これらを下回っていればバッテリーやオルタネーターが劣化している可能性があり、高いと過電圧としてレギュレーターが壊れているかもしれません。

電圧チェックで異常があったら、バッテリー交換か、整備工場に相談しましょう。 

タイヤはスリップサインや傷で交換を判断

タイヤはスリップサインや傷が目立つようなら、交換すべきでしょう。
タイヤが摩耗しすぎた状態で走行を続けると、安全面でリスクが高まるからです。

タイヤの溝の深さが1.6mm以下になるとグリップ機能が低下し、すべりやすくなります。
車がグリップしづらいと感じたらチェックし、摩耗が進んでいれば交換しましょう。

ノアのようなミニバンでは、タイヤの片べりが起きやすいといえます。
4輪のなかで1輪や、片側2輪だけのすりへりが大きいという意味です。
ミニバンは乗用車のなかで車重が重いので、カーブなどで負担を受けやすいのでしょう。

以上からノアを使い続けるなら、タイヤの片べりを中心に、定期的な足回りのチェックが重要です。

エンジンオイルは5000kmか半年に一度の交換が原則

エンジンオイルは5000kmか半年に一度は交換しましょう。
しかし現在は1万kmや1年といった長持ちするオイルもあるので、商品の説明書に合わせながら交換時期を検討してもよさそうです。 

古くなったオイルを使い続けていると、エンジンの故障につながります。
付属品であるフィルターも同じものを使い続けると汚れがたまるので注意です。
フィルターはオイル交換2回ごとに、新品に変えましょう。

エンジンオイルとフィルターの交換スケジュールも忘れないでください。

ノアの適切な買い替えタイミングを紹介 

ノアをお得に買い替えるなら、適切なタイミングを知りましょう。
中古車市場の流通状況から推測できるほか、生活環境の変化で買い替えを決心する人もいるようです。
ノアの処分を考えるにふさわしいタイミングをまとめました。 

中古車市場からノアの適切な買い替え時期を推測

中古車市場におけるノアの流通状況から、買い替えやすい時期を推測できます。
流通台数が多い年式は買い取ってもらいやすく、次の車を買う予算に回せるからです。
「グーネット」調べで、2020年12月27日時点のノアの中古車としての年式別台数をまとめました。

年式 台数
2020年 147台
2019年 173台
2018年 345台
2017年 472台
2016年 373台
2015年 439台
2014年 404台
2013年 75台
2012年 117台
2011年 153台
2010年 186台
2009年 200台
2008年 173台 
2007年 225台
2006年 59台
2005年 72台
2004年 38台
2003年 28台
2002年 23台
2001年 5台

中古車販売台数のピークは、2017年式の472台です。
その前は2013年式を除いて、2007年式まで3ケタで推移しています。
中古車として買い取ってもらいやすいという意味では、13年落ちまでは安心してよいでしょう。

自動車としての価値を考えるなら、ノアの寿命は13年という可能性があります。 

車検とともに買い替えるケースも

本当の寿命に関係なく、車検とともにノアを買い替える人も多いようです。

特に新車登録から10年を過ぎて初めての車検を前に買い替えるのが理想のタイミングでしょう。
メーカーが法的に車のパーツを保管する義務は10年までなので、壊れたものを交換してもらえない可能性を警戒する人もいるようです。

また車検費用を避けるために、車の買い替えを検討することも考えられます。
傷んだパーツが車検で多く見つかると、交換や整備に費用がかかるので、その前に売り払うとお得でしょう。

以上から車検の直前は、買い替えを検討するタイミングにふさわしいといえます。

一緒に乗る人がいなくなったら

ノアは一緒に乗る人がいなくなったり、少なくなったりしたら買い替えどきでしょう。
7~8人乗りのファミリーカーですが、家族でも定員いっぱいを使うケースは少ないと考えられます。

育てていた子どもが大人になって自立したり、自身の親が高齢者施設で新しい生活を送ったりして、一緒に乗る人がいなくなることがあるでしょう。
その場合はミニバンに乗り続けていてもスペースを持て余すので、買い替え時にコンパクトカーのようなサイズダウンを選んではいかがでしょうか。

一緒に乗る人がいないと思ったときは、無駄な維持費を避けるためにもノアを買い替えてよさそうです。

保証期間切れも買い替えを考えるとき

ノアを販売しているトヨタをはじめ、多くの国産メーカーでは新車購入から5年間を保証期間としています。
その間は車にトラブルがあった場合、無償で原因を調べたり修理したりしてもらえるのでお得です。

しかし保証期間外だと修理や部品の交換は全額自身で負担しなければなりません。
修理費用を見積もってもらい、次の車を買った方がお得と感じたら、ノアの処分を考えるときでしょう。

修理に余分なお金は払いたくないと思ったら、保証期間が切れるときがひとつの判断ポイントです。 

買い替え前にはローンや税金も調べておこう

買い替え前には、支払う前のローンや税金が残っていないかチェックしましょう。

いらなくなった車を買い取ってもらう場合、名義変更が必要になります。
売却する人は自動車納税証明書を業者に提示しなければなりません。納税証明を得るためには、自動車税や重量税を払う必要があります。

車を買う際は、ローンを組んでいる人も多いでしょう。
マイカーローンが残っていても車は売れますが、車検証の所有者が本人でなければいけません。
これが信販会社だと、所有権解除の手続きをしないと車を売れないので気をつけましょう。

買い取り前に、ローンや税金をめぐる見逃しがないかを確かめてください。 

まとめ

トヨタ・ノアの寿命は一概にはいえませんが、中古車として買い取ってもらいやすいという意味では13年と推測できます。
しかし生活状況によって、快適に車を使える期間は変わることに留意しましょう。

お得な買い替えは、適切なタイミングと買い取りの準備を進めることが大切です。
車検や生活状況の変化、同じ年式の中古車事情などさまざまな要因から判断できるでしょう。

一日でも長くノアを使うためには、定期的なメンテナンスが重要です。
ノアを長持ちさせながら、お得に買い替える計画を立てましょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, ノア

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.