トヨタ ノア

ノアの人気モデルは!?ノアのモデルチェンジを紹介!

「ノアにはどんな人気モデルがあるの?」
「これまでのモデルチェンジで何が変わったか知りたい」
などと考えていませんか!?
ノアは複数のモデルチェンジを繰り返しているので、変化をたどることで特徴をつかめます。

今回はノアのモデルチェンジを知りたい人のために、変化の歴史を紹介します。
この記事を読めば、今のノアが昔とどれだけ違うかが分かるでしょう。

現行のノアは前代より何が変わった?

現行のノアは3代目ですが、過去に販売されていたモデルからさまざまな改良を受けています。
前代より何が進化したかをチェックすることで、今のノアの魅力が分かるでしょう。
2020年12月時点における現行ノアの、前代から変わったポイントを見ていきます。 

安全性能が充実した

現行のノアは過去のモデルよりも安全性能が充実しました。
多くのメーカーでは交通事故のリスクを抑えるため、安全性能の開発に積極的です。
トヨタはその部分でトップクラスの技術を誇り、ノアにも反映されています。

たとえばインテリジェントクリアランスソナーに注目してください。
ガラスや壁のような動かないものを検知し、ノアがぶつからないように自動ブレーキを動かしてくれます。
駐車時にどこかにこすったり、ぶつかりそうになったときも安心できるでしょう。

インテリジェントパーキングアシストもオプション設定できます。
これがあれば、駐車時のポジションを自動的に修正してくれます。
運転初心者でもコントロールしやすいでしょう。

しかし以上の安全システムはGグレード以上で標準装備になります。
ベースグレードのXはオプションなので注意してください。

それでも今のノアは過去のモデルよりも安全性が高まっているので、家族で使ううえで安心できるでしょう。

燃費も向上していて安心できる

ノアは2代目からのフルモデルチェンジにより、燃費もグレードアップしています。
アイドリングストップ機能のおかげで、ガソリンを節約しやすいでしょう。

カタログ燃費はWLTCモードの2WDベースグレード基準で、ガソリン車で13.6km/L、ハイブリッドでは19.8km/Lになります。
どちらにしてもミニバンとして上位クラスです。

ノアは走行モードが3つに分かれているのがポイントです!
「EVドライブモード」はハイブリッド特有の運転タイプで、エンジンを停めてモーターだけで走れます。

他にも「パワーモード」は出力を最大化し、「エコドライブモード」ならガソリンを効率的にコントロールできます。

ノアは前代より燃費が向上しているだけでなく、ドライブモードによってコントロールしやすいのです。

乗り心地も良くなった

3代目のノアはフルモデルチェンジにより、乗り心地が上がりました。
ドアミラーをはじめ各パーツの形状を工夫し、風切音のようなノイズをカットしています。

ハイブリッド車には高遮音性ガラスをウィンドシールドに採用しており、静粛性が向上しています。

他にもトヨタはノアについて、「安心ドライブ」「レジャー」「子育て環境」と3つのパッケージを用意しました。
生活状況に応じて装備セット選べるのが魅力です。ノアは、利用者に合わせて使いやすくなっています。

ノアの歴代モデルを紹介

ノアはこれまで2度のモデルチェンジを経ているほか、前進モデルもあるのを知っているでしょうか。
トヨタに「ノア」という名前が使われ始めたときから、現在までの歴史を紹介します。

1996年に「タウンエースノア」「ライトエースノア」として登場 

1996年にトヨタから「タウンエースノア」「ライトエースノア」の2車種が登場しました。
こちらは1970年から活躍しているワンボックスカーである「タウンエース」「ライトエース」シリーズから派生したモデルです。

タウンエースノアとライトエースノアの違いは、販売チャンネルの違いから名前を分けているだけです。
タウンエースノアは当時カローラ店、ライトエースノアはネッツ店で発売されていました。
性能や装備といった特徴はどちらも一緒です。

タウンエースノアとライトエースノアは、ともに当時のミニバンの代表格として注目を受けています。 

ノアとしての初代は2001年

2001年にタウンエースノアは「ノア」に、ライトエースノアは「ヴォクシー」に様変わりしています。
ノアは発売当初から3列シートらしい余裕のある室内空間と、5ナンバーサイズらしい手ごろなサイズ感を両立させて人気モデルになりました。 

低床フロアで乗り降りが楽なので、老若男女誰でも楽しみやすい車に仕上がっています。
衝突安全ボディGOAを採用するなど、当時から安全にかかわる技術が高いことも人気の要因です。

2007年6月まで、初代ノアは安定した活躍を続け、日本のミニバン市場を支えています。 

2007年登場の2代目は装備や性能をブラッシュアップ

2007年にノアとして初めてフルモデルチェンジを迎えたときは、装備や性能のブラッシュアップが目立ちました。

キープコンセプトを心がけながらも、エンジンは新開発の2.0Lで、前代よりもパワフルなイメージを与えています。
スムーズな加速感でドライブを楽しみやすいことも見逃せませんでした。
ミニバンとしての実用性だけでなく、ドライバーのニーズにも柔軟に応える設計が特徴です。

初代よりも洗練されたイメージを発揮したノアは、2007年以降も人気を守り続けています。 

2014年登場の3代目は使いやすくて環境に優しくなった

2014年に登場したのが現行の3代目です。
プラットフォームが重厚かつプレミアムに仕上がり、使いやすさが向上しています。

フロントグリルは大きなメッキグリルを備えてボリュームアップしています。
おかげでディーラー展示で人目を引かれた人は多いでしょう。フロアは旧モデルより低床化しており、バリアフリーを求める人にも応えています。

室内はキャプテンシートワンタッチスペースサードシートを採用しています。
前後へのスライド距離が大きくなり、シートアレンジがしやすくなりました。
車中泊にもより使いやすくなった印象です。

ハイブリッドモデルも登場しており、燃費性能への取り組みは大幅に向上しています。
走行面でも実用面でもミニバンとしてトップクラスでしょう。

現行のノアは、旧モデルから大きな進化を遂げ、ミニバンの歴史を彩っています。 

ノアの関連車種を紹介

トヨタ・ノアには同格のミニバンが2車種あります。
ヴォクシーとエスクァイアがノアの兄弟車として、現在も活躍を続けている状況です。
ノアの歴史に関わる2車種について解説します。

ヴォクシー

ヴォクシーは2001年にライトエースノアから生まれ変わったミニバンです。
実用性を重視したノアと比べ、ヴォクシーはビジュアルを強調しています。 

フロントマスクはロアグリルが大きく開いており、全体的なシルエットはシャープながら力強さが伝わってきます。
ノアよりもゴージャスな見た目で、おしゃれを求める人におすすめです。

ヴォクシーはノアよりも攻めたスタイルで、多くの人の印象に残っています。 

エスクァイア

エスクァイアは2014年に、ノアとヴォクシーの兄弟車として登場しました。
すでに登場していた2車種よりもさらに高級感のある見た目はアピールしています。

メッキグリルの存在感は、トヨタがこれまで打ち出していた高級車を連想させます。
リアゲートや窓枠などにもメッキパーツがあり、威厳のある雰囲気です。

インテリアのパーツも大人の魅力を連想させるラインナップで、ゴージャスな見た目を求める人にふさわしい一台でしょう。

高級感をテーマにしたミニバンスタイルで、エスクァイアは今も存在感を発揮しています。

ノアの今後のモデルチェンジについて

ノアは2021~2022年のフルモデルチェンジが噂されています。
またヴォクシーやエスクァイアがノアに統合される可能性も考えられており、今後の動向にも目が離せません。

ノアの歴史を変えるかもしれない未確認情報について検証します。

2020年5月からの販売体制チェンジが影響するか

トヨタは長らく「カローラ店」「ネッツ店」のようなチャンネル制にこだわってきましたが、2020年5月から全店においてすべての現行車種を販売する方針に変わっています。

チャンネル制時代は店舗によって車種ラインナップが異なっていました。
ノア・ヴォクシー・エスクァイア以外でもアルファード・ヴェルファイア、ルーミー・タンクといった兄弟車が生まれており、これらは車種によって販売店を分けていたのです。

しかし現行の販売体制の変化を受け、2020年9月にタンクはルーミーに統合されています。
ここからノア・ヴォクシー・エスクァイアも統合され、ノアだけが生き残るかもしれません。

「ベストカーWeb」によると、トヨタの販売体制が変わったことで、兄弟車が不要になると見ています。
ノア兄弟の販売体制の変化については、まだトヨタから公式発表はありませんが、今後の動きを見守っていきましょう。 

2021~2022年にフルモデルチェンジの可能性 

ノアとヴォクシーは近々フルモデルチェンジを受けるかもしれません。

たとえば「MoTA」は2021年初夏にヴォクシーのフルモデルチェンジとノアとの統合を予想しています。
一方で「MOBY」は2022年にノアとヴォクシーがフルモデルチェンジし、ノア1車種に統合されるという未確認情報です。

これらはどちらも公式の情報ではないので、メーカーからの公式発表を待つしかありません。
しかしノア・ヴォクシー・エスクァイアがひとつにまとまり、フルモデルチェンジになるなら自動車業界において重大なニュースになるでしょう。

まとめ

ノアは日本のミニバンの歴史を支えるモデルです。
タウンエースノア時代から人気ミニバンとして、多くの関心を受けてきました。

現行のノアはハイブリッドモデルも含め、日本のミニバン市場を支える人気モデルとして進化しています。
安全性能や乗り心地もレベルアップしていて、多くの人のニーズに応えられるでしょう。

ノアの歴史は、現行モデル完成までの長い道のりです。
過去の情報を参考にしながら、今のノアで何ができるか、今後どのように変化していくかを考えてみませんか。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, ノア

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.