トヨタ ノア

ノアの維持費を内訳別解説【ガソリン代・車検費用・自動車税・保険料等】

「ノアを持っていたらどれだけ維持費がかかるの?」「維持費の内訳を正確に知りたい」などと考えていませんか。ノアにはガソリン、車検、税金などさまざまな形で維持費がかかります。内訳やそれぞれの想定金額を知っておきましょう。

これからノアを買おうと考えている人たちのため、購入後の維持費をまとめました。購入金額だけでなく、持ち続けることによるコストも想定できるので、ノアが本当にお得な車がが分かるでしょう。

新型ノアの維持費に関する口コミ

まずはノアに関する口コミをもとに、維持費の相場を割り出します。内訳まで参考にしながら、ノアを持つことで1年あたりいくらかかるかを確かめましょう。

口コミ1: 「cobby」

「cobby」は自動車好きな人たちが記事を発信する情報サイトです。こちらの調べではノアの年間維持費は以下のようになっています。

自動車税 3万9500円 
ガソリン代 7万5000円
車検代 4万9685円
任意保険料 6万8500円
駐車場代 0円
諸経費 1万9333円
合計金額 25万2018円

駐車場代は自宅前に停めるケースが多いとして0円と計算しています。ノアはファミリーカーとしてサイズが大きく、家族がいる人の自宅は玄関前に駐車スペースがあることを考慮しているのでしょう。

25万円程度がノアの維持費の相場と見積もっています。 

口コミ2: 「新・クルマを買う!」

「新・クルマを買う!」というブログをもとに、年間の維持費を見積もってみました。

自動車税 3万9492円
ガソリン代 12万7488円
車検代 4万9992円
任意保険(35歳 車両保険あり) 4万9080円
駐車場代(月極) 9万6000円
諸経費 7万2036円
合計 43万4088円

こちらは「cobby」とは大きく変わり、40万円台という見積もりが出ています。高速道路を頻繁に使い、駐車場も月極を使っているため、維持コストが高まる計算になっています。

運転環境によっては、上の表のように維持費が高くなる可能性も考えましょう。 

口コミ3: 「大学生、車を買う。」

大学生が車を所有したときにかかるコストを検証したサイトです。2014年から発売しているノアの現行モデルについて、以下のように維持費をまとめています。

自動車税 3万9500円
重量税 1万6400円
ガソリン代 11万6500円
車検代 5万円
保険代(自賠責+任意) 20歳以下: 9万1915円

21歳以上: 5万8015円

駐車場代 未計上
諸経費 未計上
合計 20歳以下: 31万4315円

21歳以上: 28万0415円

こちらは20歳以下と21歳以上の場合に分けて維持費を計算しています。20歳以下は任意保険料が高くなることを示しながらも、最終的には30万円前後に収まるとのことです。

ノアはファミリー向けの車なので、多くの人は21歳以上で購入するでしょう。ここからノアの維持費は30万円以内に収まる可能性が高そうです。 

ノアの維持費は32万0209円か

上記3サイトを検証した結果、ノアの平均維持費の相場は32万0209円と分かりました。運転者の条件に応じた保険料の高さや、高速道路の利用頻度、駐車場が月極かそうでないかなど、さまざまな条件に左右されるようです。

ノアは家族の送り迎えやアウトドアに使いやすいため、ドライバーの利用頻度はコンパクトカーや軽自動車よりも多くなりそうです。以上の関係もあり、維持費が30万円を超える可能性を考えましょう。 

他の人気ミニバンとの維持費を比較

ノアの維持費を他の車種と比べてみましょう。ここではトヨタにある他の人気ミニバンと、ホンダや日産で人気を得ているミニバンの場合に分けて検証します。 

トヨタで人気のミニバンとの比較

トヨタにはノアだけでなく、アルファード、ヴェルファイア、ヴォクシー、エスクァイアがあり、ミニバンが目白押しです。それぞれを比べてノアが維持費の面でお得かを確かめてみましょう。ここでは各車種を検証した3サイトの平均合計額で算出します。

車種 維持費相場 検証サイト
ノア 32万0209円 「cobby」「新・クルマを買う!」「大学生、車を買う。」
アルファード 60万0820円 「ナビクルcar」「Line Up」「くるまのニュース」
ヴェルファイア 44万2861円 「ほけんROOM」「cobby」「iCAR Magazine」
ヴォクシー 36万0965円 「cobby」「大学生、車を買う。」「ナビクルcar」
エスクァイア 50万4738円 「cobby」「ほけんROOM」「クルマの税金&維持費解説書」

ノアの維持費は、トヨタのミニバンの中でトップクラスに安いことが分かりました。ファミリー向けのミニバンとしてはスタンダードな設計なので、使い勝手だけでなくコストにも優れています。

トヨタのミニバンの中では、ノアを買えば維持に苦労する可能性も抑えられるでしょう。

他メーカーの人気ミニバンとの比較

他のメーカーでは、日産・セレナやホンダ・ステップワゴンがミニバンとして人気です。これらはノアと同じ規格の車としても知られています。3車種の維持費を比べてみました。 

車種 維持費相場 検証サイト
ノア 32万0209円 「cobby」「新・クルマを買う!」「大学生、車を買う。」
セレナ 41万1025円 「価格.com」「iCAR Magazine」「新・クルマを買う!」
ステップワゴン 27万2136円 「札幌ホンダ」「BIDNOW」「大学生、車を買う。」

ノアの維持費はセレナよりは安いですが、ステップワゴンより高くなりやすい印象です。ステップワゴンは従来の2Lから1.5Lターボにエンジンを載せ換え、ダウンサイジングに成功しました。これにより排気量に応じた自動車税が安くなっているのが大きいようです。

しかしノアは2Lクラスのミニバンとしては維持費が安く収まっているので、セレナよりはお得に使えるでしょう。 

新型ノアの維持費に関する内訳6つ

新型ノアの維持費としてかかる内訳を知っておくことも重要です。税金やガソリン、メンテナンスなどさまざまな様子を確かめましょう。ここでは代表的な6種類の項目をまとめました。 

自動車税は排気量が大きくて重いほど高い

ノアに限らず、自動車には税金がかかります。内訳は自動車税と重量税です。自動車税は排気量、重量税は車の重さが大きいほど高くなります。 

ノアの場合は1.8L~2Lのエンジンを搭載しているため、3万9500円になります。他の規格と比べると、2.5L以上のエンジンを積むアルファードやヴェルファイアよりは安くなります。しかしダウンサイジングターボを取り入れたホンダ・ステップワゴンよりは高いでしょう。

重量税においては3万2800円かかります。ノアの重量はすべてのグレードにおいて1500kg以上2000kg以下にあたるからです。さらに重量税は新車登録から13年を経過すると上がり、18年経過でさらに高くなります。 

2Lエンジンのミニバンは、ファミリー向けの車としてはお得に感じられるでしょう。しかし小型車よりは自動車税が高いことに気をつけてください。

年間走行距離とガソリン代の相場から給油費を算出

ノアを運転していると、ガソリンが少なくなって給油が必要になる場面もあります。一年に複数回ガソリンスタンドに入ることを想定し、ガソリン代も算出してください。

ガソリン1Lあたりの価格は毎日変わります。過去の値動きから平均値を出すと、大まかなガソリン代を想定しやすくなるでしょう。ここから年間走行距離をかければ相場が分かります。 

燃費計算はメーカー発表ではなく、実燃費がおすすめです。走行環境や使い方によって、同じ車でも燃費が異なるからです。「e燃費」など口コミサイトに寄せられる実燃費相場は、カタログよりも少ないことが多いといえます。

「e燃費」調べでノアの実燃費は、ガソリンモデルが10.0km/L、ハイブリッドモデルが15.3km/Lです。ノアは通勤だけでなく家族の送り迎えやアウトドアなど用途が広いため、年間走行距離を1万5000kmと見積もりましょう。

実燃費と年間走行距離をかけ合わせることで、ノアにかかる年間のガソリン代が見えてきます。 

消耗品の交換も計算しよう

消耗品とは使っているうちに古く変化し、交換が必要になるパーツです。たとえばタイヤは同じものを長く使っていれば摩耗し、グリップ力が減ってコントロールしづらくなります。エンジンオイルバッテリーなども使っているうちに減っていくでしょう。

消耗品はディーラーや整備士に頼まなくても、自力での交換で解決できます。消耗品の多くはネットショップで注文し、DIYで交換できるからです。 

ノアの消耗品はパーツによって交換すべきタイミングが異なるので、こちらまで事前に調べておきましょう。交換費用を年単位の使用時期で割れば、1年あたりにいくら確保しておく必要があるかが分かります。

タイヤ交換やエンジンオイルなど、自力でネット注文できるものの費用も、ノアの維持費計算に大切です。

原則2年に1回の車検代も検討しよう

原則2年に1回必要な車検にかかるコストも検討してください。新車登録から3年後に最初の車検が必要ですが、2回目以降は前回から2年後に受けなければいけません。

車検では依頼費だけでなく、印紙代や自賠責保険、重量税も払わなければいけません。これらに対応した金額を、車検までにすべて用意する必要があります。 

車検を受ける場所によっても相場が変わります。基本的にはユーザー車検に頼めば車検代を安く抑えられるでしょう。部品交換の必要がなければ法定費用だけで済ませられるからです。しかしユーザー車検に合格になって再び検査が必要になれば、出費が大きくなります。 

ノアを車検に出す前にも、検査を受ける場所や想定すべき支払項目を覚えておきましょう。 

事故の補償対策として保険にも入ろう

事故を起こしたときの治療費が損害賠償対策として、保険代も計算しましょう。自賠責保険と任意保険の2種類がありますが、両方に加入することがおすすめです。

自賠責保険は自動車のオーナーになったら必ず37カ月契約での加入になります。しかし事故の相手にケガをさせたことに対する補償しか対象になりません。このため自賠責だけでは自身のケガや車の損傷などへの出費をカバーできないのです。

任意保険に加入すれば、補償の範囲を広げられます。対人だけでなく対物、自身や同乗者のケガ、事故により破損した周囲のものへの弁償などは任意保険でカバー可能です。毎月払える保険料の範囲で、補償対象の項目を決めましょう。

以上からノアを買う前に保険のプランを決めておくことも重要です。 

自宅に駐車場がなければ借りる代金がかかる

自宅に駐車場がないときは、近くにある月極のものを借りる必要があります。借りるためのお金も計算しましょう。

ノアはファミリーカーなので、自宅前の駐車場が使えるならただで停められます。しかし自宅に駐車スペースがなければ、月極で借りるため毎月お金がかかります。

プライベートの駐車場の有無により、維持費が影響を受けるでしょう。ノアを買うときはあらかじめどこに停めるかを想定してください。 

ハイブリッドモデルを買うときの注意点

ノアにはガソリンとハイブリッドの2通りのモデルがあります。ハイブリッドの方が維持費は安いですが、価格とのバランスを考えましょう。ハイブリッドモデルを買うときのコストにおける注意点をまとめました。 

ガソリンモデルよりも維持費は安い

ハイブリッドモデルはガソリンよりも維持費が安いといえます。1Lあたりの燃費がよいので、年間に必要なガソリンの量が少ないからです。

実燃費で見てもガソリンが10.0km/Lに対し、ハイブリッドは15.3km/Lも走れます。このことからハイブリッドの方が給油回数が少なくてお得でしょう。

以上からハイブリッドはガソリンよりも維持費を安くしやすいでしょう。家族でのお出かけをよくするなら、低燃費が助かりそうです。 

ガソリンモデルより価格差が大きく、埋めるには約16年か

ハイブリッドはガソリンにはないシステムを追加しているため、価格が高いといえます。「cobby」調べではノアの場合、ハイブリッドが購入費と維持費を合わせたトータルコストでガソリンモデルに並ぶまで約16年かかる計算です。

ガソリンとハイブリッドの価格差は年間5万0400円です。同じグレードのノアにおいて、両モデルの価格差を比較し、何年で逆転できるかをチェックしましょう。

ノアの場合は16年以内に手放した場合、ハイブリッドよりガソリンの方がお得になりそうです。

ノアの維持費を節約する方法

ノアの維持費を少しでも節約したい場合は、保険の見直しやガソリンの節約、安全運転による車の負担の軽減などが方法として挙がります。代表的な7パターンを説明するので、一部でも実践してみてください。 

保険代は無事故や内容の見直しで安くできる

ノアの任意保険代は、年齢や等級に加え、車両保険の有無でも変わります。補償項目を減らすことでも保険料を節約できるでしょう。

年齢には「21歳以上」「35歳以上」などのように限定可能です。高い年齢ほど相対的に事故リスクが低いとされることから保険料を安くできます。

等級は保険契約者が払うお金のグレードです。事故歴が少ないほど等級が上になりやすく、保険料の割引を受けられます。

加えて車両保険があれば、月々の保険料が安くなります。車が破損したときの保険を設定していることで、保険会社が信用性が高いと評価するからです。

車両保険を加えたり、等級を上げたりするだけでなく、保険内容自体を見直してもよいでしょう。たとえば一人でノアに乗るときが多ければ同乗者への補償をなくすことが挙がります。安くてサービスに優れた保険会社に契約先を変えることで、月々の保険料を抑えられることもあるでしょう。

このように保険の内容は、自身の生活状況に合わせて毎年見直すことが重要です。 

ガソリン代は荷物を少なくしたり、安全運転で安くできる

ガソリン代は荷物の量を減らしたり、安全運転を心がけたりすることで安くできます。車に負担のかからない運転方法はガソリンの減りを抑制できるからです。

たとえば長期間積みっぱなしで使わない荷物があれば、下ろして家に片づけることで軽量化につながるでしょう。

アイドリングや急発進、急加速などを控えるだけでも、無駄なガソリンを減らさずに済みます。他にもタイヤの空気圧をほどよくしたり、エンジンオイルの交換時期を守るなど、燃費への悪影響を防ぐ取り組みはさまざまです。

車を丁寧に扱う心がけが、無駄なガソリン消費を防ぎます。 

ガソリンスタンドの割引は積極的に受けよう

ガソリンスタンドの割引は積極的に受けるとよいでしょう。家の近くにあるスタンドにお得なサービスがないか確かめてください。

たとえばクレジットカードでガソリン代を払うことで、1Lにつき1~5円安くしてもらえるでしょう。さらにカード払いの金額に応じてポイントがつくサービスもあります。ある程度たまったところでポイント払いにすれば、そのときのガソリン代は現金で払わずに済みます。

このようにガソリンスタンドでの割引サービスの活用で、財布の中身を守れるでしょう。 

安全運転でメンテナンスや消耗品交換代を節約できる

ノアの安全運転を心がければ、ガソリンだけでなくメンテナンスや消耗品の交換コストも節約できます。丁寧な車使いが、パーツのダメージを防げるからです。

メンテナンスが必要なパーツにはエンジン、タイヤ、ワイパー、バッテリーなどさまざまです。ディーラーや認定中古車店で購入すれば保証期間もありますが、過ぎたあとに傷つけてしまうと交換費がかかります。

スピード制限や法定速度を守り、高速走行時のリスクの高い運転を避けるなどの意識により、各種パーツへの負担をかけずに済むでしょう。なるべく路面の粗いところは通らないなどの工夫もあるとよさそうです。安全運転への心がけが車へのダメージを防ぐきっかけになります。

ノアはオルタネーターが弱点なので丁寧な扱いを 

ノアはオルタネーターが特に弱点です。こちらのダメージを防ぐ取り組みが重要でしょう。

オルタネーターは電力を使ってエンジンを動かします。他にもメーターやカーナビを表示させる役割も特徴です。これらが不調と感じたら、オルタネーターが壊れているかもしれません。 

ノアはスピードを落とすとエンジンの回転差が生じるので、オルタネーターにクラッチをともなっています。不調が始まるとベルト鳴きが起きて、ドライバーに違和感を呼び起こすでしょう。放置を続けるとエンジンがかからない事態も考えられます。

オルタネーターの交換費には10万円かかるため、なるべく長く持たせたいところです。対処法としては、運転中にカーナビやエアコンなど電気系部品を使わない場合はオフにすること、急減速の回避などが挙がるでしょう。

オルターネーターを温存するには、電気の使いすぎに気をつけてください。 

エコカー対象としてノアを減税してもらえる場合あり

ノアはエコカーの対象車なので、減税を受けられます。内訳には「エコカー減税」「環境性能割」「グリーン化特例」があり、3要素の合計から割引額が決まります。

グレード 2WD 4WD
HYBRID Si 12万4100円
HYBRID G 12万0900円
HYBRID X 11万7000円
HYBRID Si“W×B Ⅲ” 12万6500円
Si・7人乗り 2万3300円 2万4900円
Si・8人乗り 2万3000円 2万4700円
G・7人乗り 2万3300円 2万5100円
G・8人乗り 2万3100円 2万4800円
X・7人乗り 2万1100円 2万2900円
X・8人乗り 2万0900円 2万2600円
X・サイドリフトアップチルトシート装着車 2万4400円 2万6100円
X・ウェルジョイン 2万1400円 2万3100円
Si“W×B Ⅲ”・7人乗り 2万4000円 2万5700円
Si“W×B Ⅲ”・8人乗り 2万3800円 2万5400円
GR SPORT 2万7000円 2万7000円

ガソリンモデルは環境性能割だけですが、ハイブリッドはエコカー減税とグリーン化特例を認めてもらえるため、税金が安くなります。エコカーと認められれば重量税を免除してもらえるのでお得でしょう。

ノアを新車で買うときはエコカーとしての減税額を確かめ、ある程度維持費が安くなると見積もることも重要です。 

まとめ

ノアの維持費の相場は約30万円と見積もりましょう。自宅前の駐車場の有無やガソリンの使用量などさまざまな要素により、年間の維持費は前後します。維持費の内訳ごとにかかる金額を想定し、ノアを持ち続けることでいくらかかるかを考えましょう。

ハイブリッドモデルはガソリンよりも維持費が安くなりがちですが、車両価格で上回ります。持ち続けることによるトータルコストから、ハイブリッドとガソリンのどちらがお得かを確かめましょう。

購入金額だけでなく維持費もチェックすることが、ノアを選ぶポイントです。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, ノア

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.