トヨタ ノア

ノアのグレードごとの違い!人気のグレードやおすすめは?

「ノアのグレードにはどんなものがある?」「グレードごとの特徴の違いが分からない」などと悩んでいませんか。自身に合ったモデルを選ぶには装備だけでなく、グレードごとの違いを確かめることが重要です。

今回はノアの新車を買おうと思っている人のために、グレード別の特徴を紹介します。それぞれの違いを学ぶことで、車選びに失敗するリスクを下げられるでしょう。 

ノアのグレードを価格とともに紹介

現行のノアにはさまざまなグレードがあります。今回は公式サイトと同じく2WDと4WDに分け、価格とともにリストアップしました。ガソリンやハイブリッド、福祉車両といったタイプ分けも行なっているので、見やすさは安心してください。 

2WD

グレード タイプ 価格
X ガソリン・7人乗り 258万7200円
X ガソリン・8人乗り 255万6400円
G ガソリン・7人乗り 285万5600円
G ガソリン・8人乗り 282万4800円
Si ガソリン・7人乗り 284万4600円
Si ガソリン・8人乗り 281万3800円
Si”GR SPORT” ガソリン・7人乗り 330万6600円
Si”W×B Ⅲ” ガソリン・7人乗り 294万0300円
Si”W×B Ⅲ” ガソリン・8人乗り 290万9500円
X ハイブリッド・7人乗り 305万9100円
G ハイブリッド・7人乗り 321万8600円
Si ハイブリッド・7人乗り 334万7300円
Si”W×B Ⅲ” ハイブリッド・7人乗り 344万3000円
X”ウェルジョイン” 福祉車両・7人乗り 261万3600円
X”サイドリフトアップチルトシート装着車” 福祉車両・7人乗り 271万1000円

2WDには通常のガソリンモデルからスポーツ系、ハイブリッド、福祉車両など幅広いラインナップが揃っています。 

4WD

X ガソリン・7人乗り 279万6200円
X ガソリン・8人乗り 276万5400円
G ガソリン・7人乗り 306万4600円
G ガソリン・8人乗り 303万3800円
Si ガソリン・7人乗り 304万2600円
Si ガソリン・8人乗り 301万1800円
Si”W×B Ⅲ” ガソリン・7人乗り 313万8300円
Si”W×B Ⅲ” ガソリン・7人乗り 310万7500円
X”ウェルジョイン” 福祉車両・7人乗り 282万2600円
X”サイドリフトアップチルトシート装着車” 福祉車両・7人乗り 290万1000円

4WDは2WDよりもシンプルなラインナップです。ハイブリッドや「GR SPORT」といった特殊モデルが存在しません。このようにノアを見るなら、2WDと4WDでグレードの顔ぶれが違うことも覚えておきましょう。 

ノアのグレード別の特徴

ノアには「X」「G」「SI」などにグレードが分かれており、それぞれ特徴があります。グレードごとの装備をチェックしましょう。 

Xは必要最低限の装備だけを揃えている

Xはノアのベースグレードに与えられる記号で、必要最低限の装備が揃っていることを示します。装備が簡易的な代わりに、価格も安いので、手ごろさにこだわる人は注目しましょう。

エクステリアにはオートレベリングつきLEDヘッドランプやアクセサリーソケットを採用しています。特にLEDランプには、夜中やトンネル内の運転では見通しが利きやすくて助かるでしょう。インテリアには充電用USB端子、フルオートエアコン、パワースライドドアと、基本グレードの段階から便利なものが揃っています。

ただしガソリン車にはスマートエントリーシステムがないので、ドアロックの操作には必ずカギが必要です。 

ノアのXは基本グレードの証ですが、LEDヘッドランプが使えるなど装備レベルは高いといえます。ただしスマートエントリーシステムがないなどのデメリットにも注意しましょう。

Gは快適性と安全性を両立させている

GはXから装備が進化しており、快適性と安全性を両立させていることがポイントです。Xよりも相場が30万円程度高くなっているぶん、充実したパーツに期待するのもよいでしょう。

快適性につながる装備として、スマートエントリー&スタートシステムがあります。かんたんな操作でドアロックを解除したり、エンジンを始動したりできることがポイントです。シート素材は消臭機能つきなので、毎日の通勤にもよい気分で使えるでしょう。

Gでは利便性も向上しています。4.2インチのカラータイプのマルチインフォメーションディスプレイが見やすいでしょう。パーキングサポートブレーキが標準装備されているほか、LEDフォグランプで視界が悪い場所でも走りやすくなっています。こうしたポイントがあれば、運転初心者でも安心できるでしょう。

Xよりも恵まれた装備をもっているGは、家族連れのドライバーにとって使いやすい要素が揃っているでしょう。 

Siはエアロパーツで見た目がかっこよくなった

Siはノアの上級グレードのしるしで、これまでよりも豪華な装備が見どころです。

フロントグリルは新たにスモークメッキを採用し、バンパーも大型化しました。フロントフェンダーやリヤスポイラーも加わり、走行性能がレベルアップしています。ホイールは従来の15インチから16インチにアップです。ステアリングホイールやシフトノブは本革巻きなので、優しい手触りに期待しましょう。

ミニバンとは思えないラグジュアリーな雰囲気を味わえることが、Siのポイントです。

W×BⅢは専用のインテリアやパーツを採用

W×BⅢはノアの特別仕様のグレードです。専用のインテリアやパーツを使うことで、おしゃれな雰囲気を醸し出しています。

エクステリアにおいて、LEDヘッドランプがBi-Beam型とクリアランス型のダブルタイプです。ドアハンドルやミラーにメッキがついているのも高級感のポイントでしょう。

ガラス全体にスーパーUVカット機能がある点も見逃せません。加えてフロントドアのガラスにはIRカットもついているので、赤外線や紫外線対策も充分でしょう。 

従来のノアでは見られない一面を味わえることが、特別グレードの醍醐味でしょう。独自の装備を楽しんでみませんか。

GR SPORTは走りにこだわるスポーツグレード

GR SPORTはトヨタが各乗用車をベースに、スポーティな走りを求めて改装したグレードで、ノア版も登場しています。

フロントグリルやバンパー、リヤコンビネーションランプなどがモータースポーツ直系のデザインです。レーシングカーを思い出させるビジュアルを楽しめるでしょう。

インテリアにもスポーツシートがあり、アルミペダルもついています。ステアリングホイールは本革巻きにして小径3本タイプなので、レーサー気分を味わえるでしょう。アルミホイールは18インチに拡大し、ノアをワイルドに仕立てています。

これまでのノアとは違い、走りへのこだわりを強調した設計がGR SPORTグレードの特徴です。スリリングなドライブをしてみたい人はこちらにも注目してみませんか。

ノアのグレード同士を比べると違いが分かりやすい

自身に合ったノアを正しく選びたいと思ったら、同じ車種の違うグレードを比べてみましょう。ノアが気になる人にとって、比較検討すべきポイントが揃っているので、ぜひ参考にしてください。

GはXより快適かつ便利、そしておしゃれ

GはXよりも快適性と便利性に優れていて、おしゃれも感じられます。

Gのエクステリアにはフォグランプ、インテリアではフロントオートエアコンや本革巻など、Xにはない装備が多く加わっています。車内環境につながる装備が揃っていることで快適性を実感できるでしょう。

インテリジェンスクリアランスソナーによりアクセルの踏み間違いを予防できる他、予約ロック機能によりハンドルタッチだけでドアのカギを解除できるなど利便性もアップしています。ホイールをはじめ要所にピアノブラックの装飾が入っており、おしゃれの面でアクセントになっているでしょう。

以上のようにGはXよりも実用性やおしゃれの面でグレードアップしていると分かります。 

SiはXよりもさらに見た目が豪華になった

XとSiでは見た目が違い、Siの方が豪華です。Siにはオリジナルのフロントバンパー、リアスポイラー、16インチアルミホイールなどが加わっているからです。大人の魅力のあるミニバンを乗りこなしたい人にはうってつけのアイテムでしょう。

実用面でもシートに消臭機能がついていたり、マルチインフォメーションディスプレイが見やすかったりなどします。SiはXにはない便利な機能を踏まえながら、豪華な見た目でドライバーの興味を引くでしょう。 

ベースグレードのGの方がSiよりも快適に使える

GとSiを比較したとき、Gの方が快適性では勝っている印象です。Siのおしゃれ面での装備はGよりも派手ですが、車内環境にこだわる人にとっては物足りないでしょう。

GにあってSiにない主な装備として以下が挙がります。

・切替スイッチ

・シートヒーター

・ナノイーエアコン

以上の3点は、快適なドライブに重要なアイテムです。特に夏場や冬場の運転環境への配慮にはエアコンやシートヒーターが重要なので、Gの装備に注目するべきでしょう。 

Siの派生グレードでそれぞれ注目すべきポイントは?

Siには特別仕様の”W×B”という上位グレードがあります。”W×B”の方がさらに装備が派手になっていると認識すればよいでしょう。

“W×B”にはドアハンドルのメッキ加工や、特別仕様車らしい専用エンブレムがあります。普通のノアでは味わえない特別な雰囲気が持ち味でしょう。利便性がアップしている点も見逃せません。リアオートエアコンが標準装備だったり、パワースライドドアのおかげで開閉が楽になったりしているからです。

装飾の豪華さに目がいきがちですが、ドライバーや同乗者が使いやすいように装備が整っているのも”W×B”の強みでしょう。 

ノアのグレード選びはオプションパーツと合わせて考えよう

ノアのグレードを選ぶなら、追加予定のオプションパーツとセットで考えてください。グレードによって装備の数が違うからです。

たとえば低価格にこだわってベースグレードを買ったとします。足りない機能を補うためにオプションパーツを多く追加すれば、ベースグレードでも最終的な支払い金額が高くなるでしょう。このような事態を避けるうえでも、車に必要な機能を先に決めて、目当てのグレードなら何点のパーツが必要かを検討することが重要です。 

必ずチェックするべき装備は?

ノアの快適なドライブのためにチェックしておきたい装備として、以下の9点が挙がります。

パーツ名 重要な理由
純正ナビ 地図やテレビなどをきれいな画質で見られるように
バックモニター 駐車時に後方の状況が分かりやすくなるから
ヒーティングシート 寒い時期でも快適に乗れるように 
スマートエントリー ノアで楽に乗り降りができるから
アルミホイール デザインのかっこよさ 
LEDヘッドライト 暗いところを照らして夜間運転がしやすくなるように
自動ブレーキシステム ペダルの踏み間違いや飛び出しを受けたときの事故を防げるように 
ドアバイザー 窓の上部にあるアクリル製のアイデム。雨よけなどの効果があるから
自動格納式ドアミラー ミラーが格納するとドアがロックしている証拠。カギの閉め忘れで不安にならないように 

以上の9点は新車に揃っていると便利なアイテムです。すべてが揃っている必要はないので、自身で本当に必要なものを分析し、目当てであるノアのグレードにあるかを確かめましょう。

ノアに追加すべきオプションパーツは?

ノアへの追加におすすめのパーツとしては以下が挙がります。

オプションパーツ 使い方・おすすめの理由 設定可能モデル 価格
T-Connectナビ 10インチモデル NSZN-Z68T トヨタ純正ナビ歴代最大クラスである10.5インチ オーディオレス車  29万8100円(DCMパッケージは34万4300円)
リモートスタート(スマートキー一体タイプ) 離れた場所からエンジンを始動できるリモコン ハイブリッド、ITS Connect対応車  6万8200円 

以上の2点はノアの利便性を引き上げるうえで重要です。10インチのナビは見やすくて、走行中の周辺地図や交通情報をチェックしやすいメリットがあります。リモートスタートを使えば夏場や冬場でも、乗るときから最適な車内温度を保てるでしょう。

以上の2点は、ノアのカーライフを便利にするうえで大切なアイテムと覚えてください。 

ノアの人気グレードは?

現行である2014年モデルのノアで人気なのは、Siです。価格.com調べにおいて、ガソリンとハイブリッド両モデルにおけるレビュー数がもっとも多いことが理由として挙がります。以下は2020年10月7日時点の集計結果です。

ノアのグレード レビュー数 
Si 35人
G 32人
X 25人
Si W×B 14人

レビュー数の結果が示すように、もっとも関心を集めているのがSiと分かるでしょう。 

おすすめグレードはベースグレードのX

当編集部がおすすめするノアのグレードは、エントリーモデルであるXです。ベースグレードは装備が足りないイメージがありますが、ノアに関してはそのような心配がありません。

ノアのXにはスマートエントリーがないなど気になる点はあるでしょう。しかしLEDヘッドランプ、フルオートエアコン、充電用USB端子などが揃っているので、快適な運転環境を楽しめます。

エントリーモデルの時点でさまざまな用途を試せることから、ノアのベースグレードはコストパフォーマンスが高いでしょう。 

まとめ

ノアにはベースグレードのXから始まって、G、Siといった上級グレードがあります。しかしXでも充分に快適な装備が揃っていることがポイントです。

グレードを選ぶときは、あなたにとって最低限必要なパーツが何かを検討してからにしましょう。オプションパーツは点数が多いほど支払い金額も高くなるので、無駄に買わないためにはグレードごとの標準装備を確かめる必要があるからです。

ノアのグレードごとの違いを比較検討したうえで、理想の一台を決めましょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, ノア

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.