トヨタ ノア

ノアのバッテリーはどれくらいもつの!?バッテリーの交換時期も紹介!

「ノアのバッテリーはいつ交換すればいいの?」「バッテリーの耐久性を知りたい」などと考えていませんか。ノアのバッテリーは生活状況や運転環境により消費が違うので、電圧確認をしないと正確な時期は分かりません。

今回はノアのバッテリーの適切な交換時期を知りたい人のために、チェックポイントを解説します。適合バッテリーや型番の読み方、交換方法など実践的な情報にも注目です。この記事で車のバッテリーの扱い方とともに、適切な交換時期を学べます。

ノアの適合バッテリーは?

まずはノアの適合バッテリーを知っておくことが大切です。ノアはモデルによって採用しているバッテリーが違うので、自身が使っているモデルに合うものをチェックしましょう。バッテリー専用の充電器も、ネットで注文しておくことが大切です。

モデル別の適合バッテリー

ノアのモデル別適合バッテリーは以下のとおりです。

型式 モデル 仕様 適合バッテリー
DBA-ZRR80W 2014年 アイドリング S-95
DBA-ZRR80G 2014年 アイドリング S-95
DBA-ZRR80G 2014年 Q-85
DBA-ZRR85W 2014年 4WD・アイドリング S-95
DBA-ZRR85G 2014年 4WD・アイドリング
DBA-ZRR85G 2014年 4WD Q-85
DBA-ZRR70G 2010年 2WD 65B24L、85D23L
CBA-ZRR70G 2007年 2WD 65B24L、85D23L
DBA-ZRR70G 2007年 2WD 65B24L、85D23L
DBA-ZRR70W 2007年 2WD 65B24L、85D23L
CBA-ZRR75G 2007年 4WD 65B24L、85D23L
DBA-ZRR75G 2010年 4WD 65B24L、85D23L
DBA-ZRR75G 2007年 4WD 65B24L、85D23L
DBA-ZRR75W 2007年 4WD 65B24L、85D23L
DBA-AZR60G 2005年 2WD 65B24L(寒冷地仕様不可)、85D23L
DBA-AZR65G 2005年 4WD 65B24L(寒冷地仕様不可)、85D23L
CBA-AZR60G 2004年 2WD 65B24L(寒冷地仕様不可)、85D23L
CBA-AZR65G 2004年 4WD 65B24L(寒冷地仕様不可)、85D23L
TA-AZR60G 2001年 2WD 標準仕様: 44B19L、65B24L

寒冷地仕様: 65B24L、85D23L

TA-AZR65G 2001年 4WD 標準仕様: 44B19L、65B24L

寒冷地仕様: 65B24L、85D23L

バッテリー専用の充電器にも注目

バッテリー専用の充電器も用意しておきましょう。ノアのバッテリーが上がってしまい、エンジンがかからなくなったときは、充電器を使えば復活させられるからです。

特に長期間にわたって車を動かしていないと、自然放電によりバッテリーが上がる可能性があります。ルームランプがつきっぱなしだったり、ライトをつけたままエンジンを切ったりしたときに、気がつかないうちにバッテリーが消費されていることがあるので注意しましょう。

バッテリー切れでノアが動かない場合に備えて、専用の充電器は大切です。現在ならネットショップでも注文できるので、お金に余裕のある人は今から準備してもよいでしょう。 

ノアのバッテリー交換はいつすればいい?

ノアのバッテリー交換のタイミングについて「分からない」と悩む人は多いでしょう。バッテリーは生活環境や運転状況に左右されるので、正確な寿命はこちらから伝えられません。しかしバッテリーが限界を迎えるサインのように、一定の目安は紹介できます。

バッテリーの適切な交換時期を知るためのヒントを学びましょう。 

メーカーや業者がおすすめする目安は2~3年

一般的にメーカーや業者は2~3年でのバッテリー交換をおすすめします。しかしそれは本当の寿命とはいえません。これは国内製バッテリーの保証期間だからです。

保証期間なら新品交換を無料で済ませられますが、期間外まで使っての交換費用は自己負担しなければなりません。 

維持費を無駄に増やしたくないなら、保証期間が切れる前の交換が望ましいでしょう。しかし実際は保証が切れても、動かそうと思えば動かせるバッテリーは世の中に多いのです。 

アイドリングストップ車用は標準車用より寿命が短い

バッテリーにはアイドリングストップ車両標準車用があります。このうちアイドリングストップ車用の方が寿命が短いことを覚えましょう。

2種類のバッテリー差は約2倍です。多くのメーカーが保証する時期は、標準車用が3年または5万kmに対し、アイドリングストップ車両は18カ月または3万kmになります。

アイドリングストップ用は余分な機能があるぶん、バッテリーを消費しやすいでしょう。燃費が良いという前向きなイメージばかりが先行しますが、消費電力の面では標準車より劣勢として注意が必要です。

以上からアイドリングストップ車用を使うときは、あまり使わない機能はオフにするなどして、電力を温存しましょう。

電圧確認でバッテリーの寿命を確かめよう

正確なバッテリー交換時期は、電圧確認でチェックできます。電圧の正常値は、何もしていないときが12.5~12.8V、エンジンを動かしているときは13.5~14.5Vです。

通常時の電圧が12.5Vに届かなくなったら寿命のサインでしょう。定期的に電圧を確かめることで、自身が使っているノアのバッテリー寿命が分かります。保証期間を超えてもバッテリーを使う見通しがあるなら、電圧確認の作業が不可欠です。

バッテリーの消費状況は運転環境に左右されるので、電圧チェックからコンディションを確かめてください。 

バッテリー上がりの前兆を知れば交換タイミングが分かる

電圧を確認しなくても、バッテリー上がりの前兆から交換すべきタイミングが分かります。 

寿命のサインとして、エンジンがかかりにくくなることが挙がります。具体的にはセルモーターの回転が弱くなってくると、交換が必要でしょう。他にもヘッドライトの明るさやパワーウインドウの開閉が弱まってきても交換のサインといえます。

バッテリー本体の液量が規定ラインを下回っているときも注意です。端子周辺が粉がふいていたり、本体が膨らんでいたりしても、だましだまし使うのはやめましょう。とにかく異変があったら、安全のために交換した方がよいと考えてください。

アイドリングストップ車を使っていて、アイドリング機能が弱まってきても寿命の兆候でしょう。以上に挙げた異変があなたの車に起きたら、すぐにバッテリーを交換してください。

バッテリーの型番の見方は?

バッテリーの型番は、アイドリングストップ車用と標準車用で異なります。それぞれの見方を覚えておきましょう。

標準車用バッテリーの場合 

標準車用バッテリーは「65B24L」のように、4つの数字と2つのアルファベットで構成されています。この例だと「65」はバッテリーの性能ランクです。「B」はバッテリー本体の短側面と高さを示しており、ここでは短側面129mm×高さ203mmです。

24は長側面の長さで、数字×10mm、つまりセンチメートルで示されます。最後の「L」は左側に端子があるという意味で、右側なら「R」という表記です。以上が標準車バッテリーの表記になります。

アイドリングストップ車用バッテリーの場合

アイドリングストップ車用の型番はシンプルで、「S-95」のように表されます。ここではアルファベット一文字でサイズを示しており、「S」の場合は短側面173×高さ204mm×長側面260mmです。95」は性能ランクになります。

簡単で読みやすいのがアイドリングストップ車用の特徴です。

おすすめのバッテリーメーカーを紹介

ノアに適合するバッテリーを探すうえで、おすすめのバッテリーメーカーを紹介します。ここではパナソニックやGS YUASAが信頼性が高くておすすめです。それぞれの特徴を学びましょう。 

パナソニック

パナソニックでは大容量かつ高品質なバッテリーシリーズ「caos」を提供しています。アイドリングストップ車用と標準車用両方を扱っており、ノアへの適応性も高いでしょう。

万が一電力不足になっても、クイックチャージ性能ですぐに立ち直れます。アイドリングストップ機能も使いやすくなるので、初めてのバッテリー選びにはピッタリでしょう。

大手電化製品メーカーらしい高品質なので、パナソニックのバッテリーにはぜひ注目してください。 

GS YUASA

GS YUASAでは国内シェアトップクラスの「ECOR」というシリーズが人気です。百年の歴史があるので、信頼性は抜群でしょう。 

用途に合わせてバッテリーを使い分けられるのもポイントです。たとえば「ECO.R Revolution」はアイドリングストップ車用として優れた耐久性が魅力でしょう。他にも充電制御車用、ハイブリッド車用など、バラエティに富んだラインナップです。

歴史と技術力に裏打ちされたGS YUASAのバッテリーは、ノアの運転にも役立ちます。

自力でバッテリーを交換する方法

バッテリー交換には自力での完結と業者への依頼という2つのパターンがあります。ここでは自力でバッテリーを交換する方法の解説です。 

準備に必要なもの

バッテリー交換に必要な道具は、ゴム手袋保護メガネ10mmか12mmのスパナです。他にもバッテリーの取りつけ時には、さび止めグリースで劣化防止しましょう。さらに交換によって車の電気系のデータが初期化されないために、メモリーバックアップも事前に済ませておきましょう。ナビや時計などのデジタルデータを守るうえで重要です。

以上の準備ができたら、バッテリー交換に入ります。 

バッテリー交換手順

バッテリーの交換は車のエンジンを停め、キーを抜いた状態で始めましょう。

古いバッテリーを外す際は、-から+の順番でやってください。続いて取りつけ金具を外してから、本体を車体から取り除きます。このとき端子が汚れていれば、ワイヤーブラシがサンドペーパーで掃除しましょう。

新しいバッテリーを入れるときは、取りつけ台に金具で固定してください。+と-の順番にケーブルを本体の端子につないで、ナットで締めましょう。さび止めグリースも塗ることが大切です。最後に端子カバーがあれば、元どおりにつけ直しましょう。

以上でバッテリー交換は完了です。 

バッテリー交換を業者にまかせるパターンは?

バッテリー交換を業者にまかせるなら、カー用品店がおすすめです。バッテリー本体を購入してからすぐに取りつけてもらえるのが特徴で、本体価格を除けば1000円程度の工賃で済ませられるケースもあります。

しかしネットで注文したバッテリーを持ち込んでも、取りつけてもらえないケースが多いでしょう。バッテリー上がりで車が動かない場合は、ロードサービスに対応してもらう必要があります。

バッテリーを交換すべきタイミングが来たら、すぐにカー用品店を訪れて、購入した本体を業者に取りつけてもらうのもよいでしょう。 

まとめ

ノアのバッテリーの寿命は、正確には分かりません。2~3年という説もありますが、これはメーカーによる保証期間を意味しており、実際には5年ほどもつケースもあります。電圧を調べることで、基準値を下回ったときが寿命と分かるでしょう。

いつでもバッテリー上がりに対応できるように、適合商品や交換方法についても学んでください。有意義なカーライフを送るには、バッテリーのような消耗品を正しいタイミングで替えることが重要です。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, ノア

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.