車買取・売却

車の売却査定に重要な走行距離について徹底解説!

中古車の購入を検討した時、車の何を基準に判断しますか?年式、走行距離、車の状態ではないでしょうか。
売却査定でも同じです。特に走行距離は、車の状態にも直結しがちなので重要になってきます。
車のパーツがどれだけ消耗しているかを知る目安になるからです。一般的にみると、走行距離が少ないほうが査定額は高めになる傾向にあります。
反対に10万kmを超えるような、過走行車には査定額が付きにくいです。買取り業者にも得意な車種や特別な販売ルートを持っているので、走行距離も重要ですが、売却先も重要になってきます。

多くの買取り業者が査定基準を元に査定していて、加点、減点しながら査定金額をはじき出しています。
同じ走行距離でも車種によっては、減点数が違ったりもします。
買い手が付かないと困りますから、需要がある車種や人気車も査定額は違うでしょう。
また、売却のタイミングにも波があり、同じ車の売却でも時期によれば、相場より高値を期待できるタイミングがあります。

では、走行距離は査定にどれだけ影響するのでしょうか?査定に重要な走行距離について解説してきます。

車の売却査定どこを見る?

外装の汚れや傷

日常的に使用していれば、どうしても小さな傷は付いてしまいます。
でも、小さな傷は、あまり査定には影響がありませんが、大きな傷や凹みなどは査定に影響はしてきます。
ただ、査定の前に修理しても、修理代金分が査定金額に、上乗せになることはありません。
ご自身で修理した場合、その代金には、部品代はもちろん、人件費や修理工場の利益分が含まれているので、高くなりがちだからです。
大きな傷や凹みがあっても、買取りは可能ですので、そのままの状態で持っていくことをお勧めします。
傷などの差し引き額と、修理した場合の見積もりと、比べてみるのもいいでしょう。

ランプやフロントガラスなどの、ヒビや破損、傷などもチェック項目です。

また、ボディカラーも査定に影響する場合があります。需要があるカラーや人気のあるカラーのほうが査定額は、高くなる傾向にあります。

内装のシミや匂い

中古車を購入する際も、やはりシートの汚れは気になるポイントになるでしょう。
特にタバコやペットのにおいは、シートに染み付いて、なかなかとれないために、減点の対象になることが多いです。
消臭剤をおいたり、タバコを吸った後や、ペットを乗せるたびに、消臭スプレーで消しておくといいですね。
シートやマットも破れなどは修復できにくいために、減点になることが多く、使用中に汚れたときは、その都度こまめに拭いておきましょう。
エアバックの有無やトランクルームなどもチェックします。

車の消耗判断をする走行距離

走行距離は査定のチェックポイントとして重要になります。
車の消耗度合いを、知る判断材料になるためです。
エンジンやバッテリーは、ある程度動かしておかないと、不具合を起こす原因にもなり、一般的に1年間で1万kmを基準として、それより下回るか、上回るかで査定額をだします。
走行距離は、実際に走行している距離で査定してもらうしかないので、他の査定項目で、できる範囲でプラスにもっていくしかないですね。

エンジン周り

エンジンのかかり具合や、異音がないか正常に作動しているか、バッテリーの状態などを見ます。
車の走行に重要なエンジン周りですが、特に異常がなければ減点されることはありません。
オイル漏れなどしていないかを査定しますので、オイル交換は、できるならしておいたほうがいいでしょう。
きちんとメンテナンスをしている印象を与えます。

特に、車体番号が車検証の番号と違いがあった場合は、買取りそのものを、受けてもらえない可能性があるので要注意です。

電気系統部品

エアコンやパワーウィンドウが、正常に動くかをチェックします。
エアコンの故障度合いによっては、修理代が50,000円前後になることもあります。
パワーウィンドウは30,000円ほどかかり、電気系統は修理代が高くつくために、十分にチェックされます。

修復歴の有無

修復歴ありとは、事故や災害で、車の骨格部分に当たるフレームを修理した車のことを言います。
今では、修理技術も上がってきていますので、修復歴ありの車でも十分走行できますが、どれだけダメージを受けたのかは、分からないために不具合を起こす確立は高いと見られ、査定額は大幅にさがってきます。
通常の査定額の2~3割は下がってしまいます。フレームを修理しなかった事故でも、1割ほど下がる傾向にあります。

ディーラーなどで修理した場合は、車体番号で修理履歴が登録されていますので、正直に告知しましょう。
告知をしなくても、プロの査定士の修復歴の見落としは2%もないといわれています。
後にばれると心象も悪くなりますし、売却後であれば、損害賠償を請求されるケースもあります。

事故でも、被害者の場合の事故もありますよね。被害者なのに査定額まで減額になったら、当然納得がいきません。
そこで事故での修復などにより、これだけ価値が下がりましたと言う証明として、事故減価額証明書を発行してもらうと、減額になった査定額を請求できます。
発行してもらうには、日本自動車査定協会に、車を持ち込むか出張査定を依頼するかの方法になりますが、全て実費となります。

装備品の有無

車の購入の際に、装備されていた書類などが揃っているかどうかも判断基準のひとつです。
車検証や取扱説明書、スペアキーなどです。社外品に取り替えた場合は、純正の部品の有無も査定の対象となります。

売却査定に重要な走行距離

一般的な走行距離とは?

一般的には、10年で10万km、1年間で1万kmが目安とされています。
日頃の買い物にしか使わない人は、年間5,000kmも走らない人もいるでしょう。逆に毎日通勤に使うので、年間2万km以上になる人も。

このように、走行距離でどのくらいの使用頻度かを判断し、車の劣化具合を見る基準にしています。
査定に重要な走行距離ですが、査定はあらゆる面で見るので、走行距離が少ないほうが査定額は高くなりがちですが、過走行車でも高い査定額が付くこともあります。

走行距離は査定にどれくらい影響する?

走行距離~1万km

走行距離による減点は、ほとんどなく、車種によっては加点があるケースも。
中古車としても、需要が多いためにタイミングがよければ、高値がつくこともあります。

ただ、年式が古いのに1万km以下の走行距離だと、低年式低走車と呼ばれ、ほとんど乗らなかった車ということになり、たとえボディが綺麗でも、経年劣化の影響を受けている部品がある可能性が高いために、査定価格にひびく可能性があります。
低年走行車でも、試乗車などはしっかりとしたメンテナンスをされているために、お買い得車になるので、走行距離の少ない理由を、聞いてみるのもいいですね。

走行距離~5万km

査定額が変わるボーダーラインと言われていて、5万km未満と5万km以上では、2割ほどの差が出ることもあります。
標準価格の5割ほど低めの査定額が予想されます。
走行距離が5万km未満ですので年式が4年なら、走行距離4万km、年式が3年なら走行距離3万kmが、減点がほぼない状態になります。
逆に、5万km未満で年式が1年~2年だと、低年走行車の場合は減額のケースもあります。
買い手側でも、走行距離5万km未満は、まだまだ乗れる車として人気があるので、査定額は上がるのでしょう。

走行距離~7万km

売却するタイミングに多い7万km。
3回目の車検の前に買い替えをする人が多いために、中古車市場でも最も多い走行距離
となります。
査定額は、標準価格より、7割ほど低めとなりますが、10年式では、減点がない場合があります。

走行距離~10万km

標準価格より、8~9割の減額がある場合があります。
走行距離も10万kmになると、いろいろな不具合や、バッテリーや、タイミングベルトの交換の費用が出てきてメンテナンス費用がかかる頃です。
交換して乗りつぶすか、交換しないで査定してもらって売却するかの、2回目のボーダーラインともいえます。
年式に見合う走行距離なら、一括査定をして比較検討するのがいいでしょう。

走行距離10万km以上

過走行車と呼ばれる10万km以上。10万km以上でも、まだまだ乗れますが、10万km以上の車を購入するのは、不具合や経年劣化を考えると、需要が見込めないために、走行距離によっては、かなりの減額となります。

ただ、海外への販売ルートを持っている買取り業者だと、思わぬ高値になることもあります。
日本製の車は海外で人気が高いために、需要が多いためです。
買取り業者によっては、パーツを販売するルートを持っているところもあるので、海外は無理な場合でも、パーツでの査定で売却できる可能性もあります。

過走行車とは?

走行距離を10万km超えると過走行車と呼びます。今では車の寿命も延び、10年10万kmでも現役の車が多く走っています。
ただ、経年劣化する部品の交換時期が10万kmを基準としているので、10万kmで買い替えの検討をされるのもそのためです。
1番気になる部品として、タイミングベルトが上げられます。
タイミングベルトは、エンジンを正しく作動させるために欠かせないパーツの1つですが、交換費用は排気量により相場は変わり、70,000円~120,000円ほど。かなりの高額になります。

車種によって走行距離の影響は違う?

排気量などの車種別のクラスにより、多少基準が変わります。
高級車では、走行距離が少ないと加点が大きい分、走行距離が増えると普通車よりも減点数が大きかったりもします。
どのクラスの車種でも、1万km以下の走行距離では、加点が見込めますが、1万km以上になると年式と走行距離が関係してきます。
1年で1万kmの基準を下回るか、上回るかで加減点数は変わってくるようです。
同じ10万kmでも、1年で10万kmの走行距離の車と、10年で10万kmの走行距離の車では、10年で10万kmの車のほうが減点数は少ないです。

売却査定で見るポイント

どんな基準?

基準のルールに沿って、査定していきます。
チェックシートは11項目に分かれていて、点数式になっています。
点数式で、細かく分類された項目を加点してり、減点してりで査定していきます。

変動する査定のポイントもある

査定後、当然買取り業者は、その車を販売しますので、需要の高い車や人気のある車は、査定額は高くなる傾向にあります。
また買取り業者でも、それぞれ持っている顧客や、得意とする車種があるために、専門業者に査定してもらったほうが、独自の販売ルートを持っているので期待できます。
輸入車が多く並べてある買取り業者に軽自動車を査定してもらうよりも、車種によって相場の上限がある程度決められているために、高値を狙うのなら、軽自動車専門業者に査定してもらったほうがいいですよね。

減点されるポイントは?

傷や凹みなどは、その大きさにより査定していきます。
修復がいる大きな傷などは、25,000円~250,000円ほど減点となります。1つ1つの傷に対しての減点となるので、合わせると大きな額になることも。
ボディカラーは、赤や特別色などは需要が低いために、減点の対象になることがあります。
タバコなどのにおいがきつい場合は、40,000円ほどの減点となり、スペアキーの紛失も対象となるので要注意です。

高く売却するコツ

ベストなタイミングでの売却

売却の査定額は、1月~3月は比較的高値になる傾向があります。
4月は転勤や新社会人になるなどの、ライフスタイルの変化がある時期で、車の購入や買い替えをされる人も多くいるために、査定額があがります。
また、自動車税は、4月1日の所有者に対して課せられる税金なので、4月以降の売却だと、一旦まとめて納め、売却の際に還付の手続きなどを、しなければいけないので手間がかかります。
また、ボーナス時期も需要が高まるために、査定額は上がる傾向にあります。

買取業者の決算期も狙い目です。この時期は、台数を多く揃えて売りたいと買取業者も意気込んでいるので、査定額も期待できます。
決算期は、3月や9月が多く、このほかにもキャンペーンを行っているときもありますので、近くのディーラーなどは、たまにチェックしておくといいですね。

最大の高値を狙えるのが、モデルチェンジの前です。ただ、モデルチェンジの時期は直前にならないと分かりません。
非公式で半年前くらいに情報が流れることはありますが、そのタイミングで中古車も新車も売れなくなるので、売却価格は当然上がりません。
ですので、モデルチェンジの周期を読んで予想しないといけません。
モデルチェンジ予想の1年前が、最大高額査定になる狙い目です。と言っても、1年も前に予想するのは難しいですね。
一般的には、国産車は4~6年、海国産は7~8年が周期とされています。

純正のパーツに戻す

社外品より、純正パーツのほうが有利な傾向にあるので、売却の際は純正品に変えていくほうがいいですね。
ですから、できるなら純正品は保管しておくのがいいでしょう。
タイヤやホイルは社外品でも単体で価値が出る物もあるので、単体オークションなどで売却するか、そのままの状態で査定してもらうとしても、純正品も持一緒に持っていくのがいいです。

ETCはつけたまま?外す?

ETCをつけたまま売却の場合、まず取り外しの費用がかかりません。
通常取り外しには、5,000円ほどかかります。外して売却した場合は、新しい車に取りつける場合、取り付け費用とセットアップ費用10,000円~15,000円ほどかかります。
今ではETC車載器は10,000円ほどで売られているために、一般のETCなら査定額は低めです。
新たに車の購入を考えているなら、その車にETCが付いているかにもよって、外すか、取り付けたまま売却するかも変わりますね。

また、取り外して単体で売る場合、性能の良いものなら高値も期待ですが、一般のものや3年以上経過しているものは、売却額は低めになるので、取り外し費用を踏まえたら、つけたままの売却がいいでしょう。

内装、外装、エンジンルームなども綺麗にする

エンジン周りが汚れていると、メンテナンスをこまめにしていないと見られがちですので、埃などは綺麗にしておきましょう。
シートなどのシミもできる限り掃除し、タバコのにおいやヤニは、減点の対象になりますので、匂いはなかなかとりづらいですが、ヤニぐらいは念入りに掃除しましょう。
掃除や洗車は査定額に直結することはないですが、印象がかなり変わってきます。
日頃からメンテナンスをしているオーナーさんだなと言う印象を与えますし、内装では特に目立った減点ポイントがなければ、加点される項目でもありますので、また、常識的にもやはり綺麗にして手放したいですよね。

小さな傷なら補修していきましょう

乗っている以上は、どうしても傷は付いてしまいます。
ボディの傷は、小さくても減点の対象になる場合もあるで、コンパウンドなどで綺麗にしてから売却するといいでしょう。
それでも消せない傷は、無理に直さず査定に出すほうがいいです。
ご自身で無理に修繕すると、綺麗になっていない時に、逆に減点の対象になります。

まとめ

走行距離は車の寿命とも言えるので、査定に際に重要な査定ポイントとなります。
走行距離が少ないと高値がつく可能性がありますが、年式に見合った走行距離が1番重要になります。
走行の距離は、そのまま提示するしかないですが、売却の時期や車種でも査定額は変わってきますので、タイミングの見極めも重要になってきます。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-車買取・売却

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.