車買取・売却

ローンが残っている車は売却できるのかを解説

車を購入する際、どのような支払い方法で購入しますか?大きく分けると2通りで現金かローンでしょう。
ローンには一般的なローンから、決まった年数だけ乗ることを前提に、その分を差し引いた金額だけをローンする残額設定ローンや、クレジットカード、銀行のマイカーローンなどがあります。
ローンのメリットは車の所持金額が少なくても購入できる事にあり、逆にデメリットは利息や手数料がかかるために、現金支払いよりも総額は多くなってしまう事にありますね。

でもローンで購入した車を、支払いの途中で売却しなければならない時もあります。ライフスタイルの変化により、現在の車が手狭になった時や、新しく発売された車が欲しくなった時、電車通勤になって車を使わなくなったときなど、様々な理由で売却しなければならない時もあるでしょう。

では、ローンの残債がある車の売却は可能なのでしょうか?どうやって売却したらいいの?などの疑問を解説していきます。

ローンの残債のある車の売却は可能です。

まずは車の所有者を確認!

車には所有権のある所有者と、車の管理に責任のある使用者があります。所有権を持つ所有者とは、売却や廃車の手続き、車検証の記載事項の変更などができる権限を持っていて、売却するためには所有権がご自身でないとできません。

使用者は文字通り実際に車を使用している人です。なので登録手続きをする管轄は使用者の住所で決まり、ナンバープレートや車庫証明も使用者の住所となります。まず、車検証に記載されている所有者が誰になっているか確認しましょう。

所有者が自分か家族名義の場合

現金で購入したときは、所有者がご自身となり手続きはスムーズです。家族でも同意が得られ、委任状と印鑑証明があれば問題ありません。レアなケースとして所有者が死亡している時や、意思表示ができないときなどは、この限りではありません。売却後のローンは残ってくるので、どうするかの相談は必要になってきますね。

銀行マイカーローンなどは、銀行にローンを組み現金一括で車を購入した事になるので、この場合も所有者はご自身名義となり、売却は可能になりますがローンは残ります。

所有者がローン会社の場合

ローンを組み車を購入したとき、車の所有者はローン会社となり、ご自身は使用者です。そのため売却の際は所有権を自分に移してもらわないといけません段取りや必要な書類は、ローン会社によって異なるので確認しておく必要があります。

車を売却するまでの流れ

ローンの残債を知る

ローンを組んだときの、カード会社から届いたハガキなどから簡単に分かります。なくてもカード会社に問い合わせ、残一括返済依頼書の発行を依頼することで確実な金額は分かります。個人情報もあり電話の口頭での回答を得ることは難しく、必要書類を揃えたりしないといけないので、時間がかかるのがネックになります。毎月支払っている金額で計算もできますね。この場合は利息分が、繰上げ返済のため計算よりも少し低めの残債金額になります。

車の売却価格を調べる

インターネットで一括査定をしてもらうのが1番早いでしょう。比較も簡単にできるので便利です。中古車市場で、自分の車の大体の価格をリサーチするのもひとつの方法です。その場合の買い取り価格は、販売価格より2割~3割くらい少なく見ておくといいでしょう。

売却も下取りにするか、買取リにするかでも売却価格は変わってきます。下取りをした場合は、その業者での購入が前提なので価格も高いことが多いですが、やはり相場を知っておくとは大切になりますね。また買取りで得たお金は車でなくても、用途は自由に使うことができるのが利点です。

売却価格は業者によって大きくばらつきがあり、ローンの残債の支払い方法を左右するので慎重に検討しましょう。

ローンの残債額と売却額の差額を知る

差額によって、ローンの残債の支払い方法も変わってきますので重要です。売却に必要な所有権を自分に移すためには、ローンの完済は絶対条件になるからです。売却額のほうが大きければ、ローンの完済も可能になり、その際は見積書を提示して所有者に所有権解除書類を作成してもらい、車を売却することができます。

ローンの完済方法は4通り

残金を現金で支払う

ローンの残金を現金で完済する方法残債があまりない場合は、繰上げして払うほうが総額も少なく、ローンがなくなれば名義変更のみで、車の売却ができます。ローンの残債額と売却額の差があまりない場合も、現金で支払ってしまったほうがいいでしょう。

売却額が大きく利益が発生してしまった時は、確定申告が気になりますが税金はかかりません。注意点は売却額が購入時の金額より高くなってしまった場合は、納税義務が生じてきます。

新しく他ローンを組む

残債が大きい場合など、現金での支払いが厳しいときはキャッシングや、カードなどでローンを組み完済する方法です。完済すれば売却はできます。車などのローンは比較的、金利が低いものが多く、フリーローンの場合はカーローンに比べて高い傾向にあるので、慎重に選ぶ必要があります。

新しく購入の車に残金を上乗せて新しくローンを組む方法

新しく車の購入を検討している場合は、新たな車のローンに上乗せして組むことができます。ローンの支払い年数は、支払いの金額によっては伸びることもあり、その分支払い総額も増えますが、売却して新しい車に乗ることはできます。車の販売店でも多いケースです。

所有権の解除ってどうやるの?

普通自動車と軽自動車では少し異なります。軽自動車に場合はローン会社の印鑑証明のみになります。

どんな手続き?

所有権を移すためにいったん所有権の解除をしなければいけません。まず所有者に電話をいれて、解除のお願いと必要書類を聞きましょう。所有者から売却の許可をもらえたら、所有権解除書類交付依頼書が必要になります。解除をしてもらうために、車検証、残金を支払っている場合は完済証明書や住民票などが必要です。会社によって揃える書類は違うので確認しましょう。買取や下取りで完済できる場合は、見積書が必要となります。

所有者から送られてくる、委任状・譲渡証明書・印鑑証明が送られてきますので、これで手続きの1段階となります。これらの書類は再発行ができないので、大切に保管しましょう。印鑑証明は3ヶ月以内の期限がありますので切れてしまわないように。

必要な書類

運輸局で所有権解除の手続きをします。

委任状・譲渡証明書・印鑑証明・所有権解除通知書(前所有者)

車検証・印鑑証明書・委任状・車庫証明書・自動車税の納税証明書(新所有者)となり、押印はすべて実印となります。印鑑証明の期日は、3ヶ月となりますのでそれまでに手続きを終わらせる必要があります。

運輸支局にある用紙に記入をし、用意した書類を提出すれば、その場で所有者が自分に変更された車検証を受け取ることができます。手数料は印紙代くらいですが、時間がない人やなれていない人は代行手続きを頼むと簡単です。費用は業者によって変わりますが、10,000円くらいでしてくれます。

お得に売却したいなら

車の売却は、買取業者や時期にとっては100,000円~300,000円ほど変わってくることもあるので重要ですね。時期ではやはり決算期と言われる1月~3月や9月でしょう。この時期は転勤や新入学などで車も動く時期になりますので、高値の買取も期待できます。特に4月1日以降の購入だと、自動車税を一旦前払いしないといけません。月割りで還付されますが(軽自動車は月割りしてくれません)、自動車重量税は還付されません。

下取りの前に、買取り業者での一斉見積もりは相場や比較が手軽にできます。比較査定はとても重要で相見積もりにより、お得な買取金額が出るケースが多いです。5社くらいは比較したいところを、インターネットでの一斉査定は色んな情報が得られます。中古車販売者だけではなく、マーケティング会社も参戦しているので信頼もあつく競争が起これば起こるほど、価格の変動に期待できます。ただ、最大のデメリットが多くの業者から電話がかかってしまうことですね。ある程度自分で比較検討し、3業者ほどに絞りやり取りしないと疲れてしまいますね。

売却を迷っているなら

車の売却を検討したのには理由があるでしょう。たとえば通勤が電車になった場合。平日などの通勤時は車を使わなくても、仕事が休みのときに使う頻度がどれくらいあるかがポイントでしょう。月に1~2回なら、カーシェアやレンタカーで十分ですね。

また維持費がかかりすぎるときは、ローンの残債額や売却金額で年間でどちらの比重が重いかで検討できますね。ライフスタイルが変わった場合は、売却時期のタイミングをみて、1度一斉査定をしてみるといいでしょう。車は大きな買い物になりますので、家計を圧迫してしまう可能性も出てきますね。

車の売却金額の大きく、ローンが完済できるのならば、迷わず売ることができます。

大事に乗ってきた愛車ですから、売却後に後悔しないようにしたいです。

売却するときの注意

凹みや傷があった場合、自分で修理せずそのままの状態で査定してもらうほうがいいでしょう。もちろん綺麗な状態が望ましいですが、修理代50,000円かかったとしても、買い取り価格がその分上乗せになる補償はないからです。車内をある程度綺麗にしておくのは心象的にもいいですので、できる範囲で大丈夫でしょう。

まとめ

ローンが残っていても車の売却は可能です。ローンの残債金額や車の売却価格、所有者により揃える書類や手続きが違ってきます。

中でも売却価格はローンの残債の支払い方などに大きく関係していて、売却価格は業者によって変わるので重要です。ネットでの一括返済や中古市場で相場のリサーチやタイミングをみて検討するのがいいですね。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-車買取・売却

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.