トヨタ ランドクルーザー

【徹底解説】ランドクルーザーの寿命はいつ?買い替え時期を紹介!

トヨタの「ランドクルーザー」といえば、日本を代表する人気のSUV車。

耐久性も優れており、いわゆる「強いクルマ」として長年認識されています。

そんなランドクルーザー、車としての寿命は実際のところどうなのか?気になりますよね!
そこで、年数や走行距離など様々な角度からランドクルーザーの寿命とおすすめの買い替え時期について解説します。

ランドクルーザーの寿命に影響する要素

年数

最近は、全体的に車の寿命は延びているようです。

その中でも特に、耐久性、悪路走破性に優れたランドクルーザー。
元々環境の悪い場所での走行に耐えられるように作られている為、少々の事では壊れない強さが魅力の車種です。

海外でも「丈夫」「長持ちする」と長年高い評価を受けており、日本とは比べ物にならないくらい悪条件で扱われていても壊れにくい、丈夫な車です。

その為、日本でも長く乗り続ける前提で購入するユーザーは多く、メンテナンスしながら乗ることで10年以上余裕で乗り続けている人が多いのです。

 走行距離

ランドクルーザーのユーザーの口コミなどを見ると
25~30万kmあたりで複数の不具合に見舞われて寿命を意識する人が多いようです。

元々ランドクルーザーは耐久性に優れ、故障もしにくい作りになっている為、一般的に車の寿命を意識する走行距離10万km超であっても
「まだまだイケる!」と感じられる頼もしい車です。
過酷な走行条件に対応できるように作られた車種である為、実際に20万km、30万kmと乗り続けているユーザーさんも多いようです。

ランドクルーザーを選ぶ人は耐久性重視や、ランドクルーザーにこだわって乗る人が多いせいか特性を良く理解していて
「10万、20万kmなんて慣らし走行程度」という意識で長く付き合う傾向があるようですね。

しかし、さすがに30km超の距離を走っていれば、細かい部分の故障やエンジントラブルも発生しやすくなり、そのたびに修理をしていくことになります。
なので、走行距離を重ねるにつれコストパフォーマンスの面でもかなりの負担になることは充分考えられます。

タイミングベルトの消耗が寿命の目安のひとつ

寿命を考える1番の重要ポイントがタイミングベルト(もしくはタイミングチェーン)の不具合、交換時期です。
タイミングベルトは走行の要のひとつとも言える部品なので、ここに不具合が生じた時に寿命を意識したほうが良いとされています。

通常、10万km走行で交換時期が来ると言われる定期交換部品のタイミングベルト。
ファンベルト、エアコンベルトなどと違い、エンジン本体に直接関わる部品である為、これが消耗、破損などの不具合を抱えたままで走り続けると大変な事になりますし、エンジン自体の故障の引き金になってしまう可能性も大いにあります。

もちろん、タイミングベルトは交換可能ですが、ここに不具合がでる時期ともなれば走りに関わる他の部分も故障、消耗、不具合が出てくる可能性が高くなります。

特にエンジンの致命的な不具合が出てしまう前に買い替えを検討する人が多いので、この当たりを寿命と捉えていいでしょう。

走行距離から見る寿命としては13~15年程度ではないかと思われます。

もちろん、これも一概に言えることではなく、環境や乗り方によって変わってきます。

しっかりメンテナンスをしながら乗ることが、長く乗る為にとても大切です。
逆に、メンテナンスをしっかりしていればかなり長く乗れる車種として充分期待が出来る車種です。

整備性

メンテナンスや、不具合が発生した時の整備の環境も車の寿命に大きく関わってきます。
国内のみならず、海外でも人気のランドクルーザーですが、その理由に「耐久性」ともうひとつ、「信頼性」が高いことがあげられます。

信頼性の重要なポイントのひとつとして、部品の安定供給が続いているかどうかという事が気になりますよね。

ランドクルーザーは部品の供給が長期に続いている為、いざ故障が発生しても修理に必要な部品が揃っており安心して長く乗ることが出来ます。

走行に関わる部品はほぼ純正の供給が続けられていますし、外装や内装は社外メーカーが各種提供していてこちらも「もう合う部品が見つからない!」といったことは今のところなく安心です。

長く乗れる前提の車種でも、部品供給が終了してしまっては困りますよね。
その点においてもランドクルーザーは安心して長く乗ることが出来ます。

ガソリン車とディーゼル車の寿命の差は?

ディーゼル車があるのはランドクルーザープラド

ランドクルーザーの中でも、より日常使いに向いている仕様のプラド。
ランドクルーザーでディーゼル車が選べるのはプラドのみです。

ここでは、寿命に影響すると考えられる面からプラドの特徴を踏まえつつ、
ガソリン車とディーゼル車の寿命の差を解説します。

プラドの特徴

ランドクルーザーの特徴は既述の通り「耐久性に優れている」こと。

粗悪な走行環境でもガンガン走ることに長けている車種ですが、プラドはその長所を生かしつつ、更に快適な乗り心地と装備を充実させ車体サイズ、重量、排気量など
、街中でも使いやすいよう少々コンパクトに仕上げています。

特に車体重量が約500kgも軽いことから、足回りにかかる負担も軽減されるものと考えられます。

プラドのディーゼルターボエンジンがパワーアップ

プラドは2015年6月に、2.8リットルクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を国内初搭載しました。
日本でランドクルーザーシリーズにディーゼルエンジンが復活したのは実に8年ぶりのことです。
当時の日本はディーゼル規制がかかった後であり、ディーゼル自体の市場が厳しい目で見られがちでしたが、DPR(排気ガス浄化装置)など環境に配慮した機能を全搭載したフルスペック仕様で発表されました。

さらに最近では2020年8月に一部改良され、ディーゼルターボエンジンがパワーアップしています。

寿命が長いのはガソリン車よりディーゼル車

同じグレードのガソリン車とディーゼル車では、圧倒的にディーゼル車の方が長持ちします。
その差はなんと倍以上とも言われているんですよ!

ちなみに、燃費もディーゼル車のほうが低燃費です。

ランドクルーザーの買い替えはいつがベストか

寿命まで乗るか、残価率を取るか

買い替え時期として、寿命がそのタイミングになることも多いかと思います。
ここまでで、ランドクルーザーの寿命は走行20~25万kmあたりと考えて良さそうだということがわかりました。

更にメンテナンス次第ではもっと長く付き合えそうですね。
寿命までしっかり乗り続けたい、できるだけ長く乗っていたい、という方はここまでの記事内容を参考にしてみてください。

ランドクルーザーの残価率はどうか

寿命までなるべく長く乗りたいという人の一方で、値崩れしないうち、価値が大きく落ちないうちに買い替えたい、と考える人も多いでしょう。
今度は「価値を重視」した場合の買い替え時期を見ていきましょう。

残価率(価値)を決めるもの

年式(年数)、走行距離

どの車でも、まずわかりやすく価値を見るのは「年式(年数)」と「走行距離」ですね。
年数が経っていけばいくほど、そして走行距離が長いほど車としての価値は下がっていきます。

人気

年数、走行距離と違い、車種によって大きく異なるのが「人気」。
人気がある車は買い手が多く見つかる為、買い取り(下取り)価格も比較的高めになります。

ランドクルーザーは長年人気が高く、走行距離が長くても年式が古くても好きなモデルに乗りたい等、こだわりのある人も多い車種の為、残価率は高めです。
もちろん、グレードやカラー、個々の車両の状態によって差はありますが、値落ちしにくい車種ということは間違いないようです。

参考までに一例をあげると、ランドクルーザープラドの場合、5年落ちでも残価率は50%を超えています。

それでも、あちこちに不具合が出ている状態になれば車としての価値は下がってしまうので、なるべく状態のいいうちに買い替えをしたほうがお得です。

まとめ

ランドクルーザーの寿命と買い替え時期について解説しました。

耐久性に優れた丈夫な車であるランドクルーザーの寿命は一般的に言われる「車の寿命」より長めだということがわかりました。

長く乗れて丈夫なランドクルーザーは頼もしい車ですね。

買い替え時期は「高いうちに買い替える」か「寿命まで乗りつぶす」かで検討時期が違ってきますが、どちらにしても納得できるタイミングで買い替えすることをおすすめします!

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-トヨタ, ランドクルーザー

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.