ジムニー スズキ

ジムニーの気になる評判や口コミをまとめました!

2018年7月に実に20年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たしたスズキ・ジムニー。
軽規格ながらラダーフレーム構造を持つ本格オフローダーという特異な存在感を放つ超人気車です。

4代目となる現行ジムニーもFMCから2年半以上経っても全く衰え知らずで、未だに納車は数か月~1年待ちといった状況が続いているようです。この記事の読者の方々の中にも納車を今か今かと心待ちにしているジムニーファンもいらっしゃることでしょう。

そんなジムニーファンたちにとって気になるのがジムニーユーザーさん達による生きた口コミや評判の数々ではないでしょうか?

今回はジムニーに実際乗っているユーザーさんたちの様々な口コミ意見や評判を集めてご紹介していきましょう!

ジムニーユーザーによる評判や口コミ評価

ジムニーに限った話ではないですが、購入候補として考えている自動車の実際の乗り心地・使い勝手等の評価を参考にしたい場合、どういった口コミ評価を本当に知りたいですか?

リアルにその車の実態が知りたいのであれば、評論家などの専門家の意見よりも実際にその車を所有し日々乗っているユーザーさん達の生きた意見の方を知りたいと思うのではないでしょうか?

ここでは以下に、価格.comやみんカラといった口コミサイトを参考に、ジムニーユーザー達の正直な口コミを集めてまとめてみました。

ジムニーの走行性能に関する評判や口コミ

ジムニーの魅力は多々ありますが、その中でもジムニーファンを惹きつけてやまない大きなポイント!
それは、本格クロスカントリー車としての「悪路走破性の高さ」という定評ではないでしょうか?

ここではそんなジムニーの「走行性能」に絞ったジムニーユーザーさん達の多種多様な口コミ評価を、ポジティブな評価&ネガティブな評価に分けて以下にご紹介していきましょう!

ポジティブな評価一覧

ポジティブな評価

  • 悪路走行性はピカイチ。
  • 雪道はスタック知らず。
  • 高速走行以外は無敵。
  • 悪路走破性が高い。
  • パワフルに走れる。
  • 街乗りでは十分だと思う。
  • カーブでの安定性は高く良く作り込まれている。
  • 悪路でも底を擦る心配なくオフロードは文句なし。
  • 国産最強のオフロード性能。
  • 特に登りの砂利道は抜群。

ジムニーユーザー達の走行性能に関する良い口コミ評価で目に付くのはやはり、未舗装の悪路や雪道などでの抜群の走破性の高さを讃える意見。さすがFRベース4WDの本格オフローダーといったところですね。

ネガティブな評価一覧

ネガティブな評価

  • 660cc+ターボエンジンなのに正直パワー不足。
  • 進まない・遅い。
  • パワーは無い。
  • 低速トルクが弱く、ハイギヤードなのでエンジン回転が上がってくるまでなかなか加速しない。
  • 電子制御がトロく踏んでも力が出ない。

ジムニーユーザー達の走行性能に関する悪い口コミ評価で多いものは、「パワー不足で思ったように進まない」的なものが多いようですね。

ジムニーのデザインに関する評判や口コミ

4代目ジムニーはスクエアなラインを強調した野性味あふれるデザイン。
軽ながら本格クロスカントリー車らしい風貌に生まれ変わっています。

ここではそんなジムニーのエクステリア・インテリア含めた「デザイン」全般に絞ったジムニーユーザーさん達の様々な口コミ評価を、ポジティブな評価&ネガティブな評価に分けて以下にご紹介していきます!

ポジティブな評価一覧

ポジティブな評価

  • カクカクのデザインが良い。
  • デザインだけで100点。
  • 角ばってて丸目がかわいい
  • インテリアデザインはシンプルで無駄の無さがいい。
  • バンパーがスッキリしていて イケメン。
  • スクエアな無骨さがカッコイイ。
  • 男が乗っても恥ずかしくない軽自動車、カクカクしたフォルムが素晴らしい。
  • 直線基調のインテリアが好印象。
  • 先祖返りしたデザインが秀逸。
  • 「良くこの時代にこの形で出してくれた!」と、100点満点で200点あげたい出来栄え。

やはりスクエアな武骨でたくましいクロカン車らしいエクステリアデザインはほとんどのジムニーユーザーさんから絶賛されています。
武骨さと可愛らしさを共存させているデザインが大好きという意見も多かったです。

ネガティブな評価一覧

ネガティブな評価

  • アンテナがダサい。
  • インテリアがプラスチッキーな印象。
  • メーター周りのデザインがいまいち、エアコン吹き出し口のメッキは不要。
  • ウィンドウボタンが遠くて不便。
  • 運転時にハンドルに隠れて見えにくいメーター類のデザインが欠点。

デザインに関するジムニーユーザーさんのネガティブな口コミ評価はほとんどがインテリアデザインや機能に関するものでした。
エクステリアデザインに関するネガティブな評価はほぼ見当たらず、概ね好評なところはさすがですね。

ジムニーの居住性・燃費その他に関する評判や口コミ

4代目ジムニーではそのスクエアなフォルム同様室内もスクエアで、居住性や積荷性も向上したと言われています。

ここでは居住性をはじめ燃費やその他全般についてのジムニーユーザーさん達の多様な口コミ評価を、ポジティブな評価&ネガティブば評価に分けて以下にご紹介していきます。

ポジティブな評価一覧

ポジティブな評価

  • 私の運転でリッタ15~19キロ、平均17キロ前後。アイドリングストップさえ付いてないAT車としては良好。
  • マニュアルだからなのか実燃費12~15。この手の車なのに優秀。
  • 新型ジムニーでは、静粛性が大幅に進化している。道路の凹凸では、少し跳ねるような感覚もあるがその後の収まりは速い。
  • 一般道の乗り心地は非常に良い。
  • 積載性は2シーターと思えば問題無し。
  • 過去のジムニーにはないフルフラット(4代目ジムニー)。荷室でストレスなく車内飯できる。
  • 椅子を倒した状態でのタイヤ+ホイール箱4本分が並んで収納できるのはこの手の車としてはスゴイ!
  • 軽に乗ってる感じがしないです。剛性が高い!

居住性(乗り心地)や燃費はその悪路走行性の高さから従来期待するだけ野暮な車がジムニーでしたが、4代目ジムニーではこの最も犠牲になっていた点でさえ大幅に改善されているようです。

ネガティブな評価一覧

ネガティブな評価

  • ラダーフレーム + リジッドサスなので、乗り心地はイマイチ。
  • ゴムの上に載っているかのような強い横揺れ。
  • ただシートが良くない。長距離(300kmを往復)でかなり腰が痛くなった。
  • 燃費は悪い。
  • 燃費ははじめから期待していない。

一般の軽自動車と比較すれば燃費はお世辞にも良いとは言えないので、ネガティブな評価ともいえず、まあ妥当な意見でしょう。

ジムニーユーザーの評判や口コミ評価から見えてくるもの

エクステリアデザインは高評価!

ジムニーユーザーの生きた多数の口コミ評価を見てきて、4代目ジムニーで最も高評価で一致していた点。

それは、スクエアでワイルドなエクステリアデザインが大好きで気に入ってるユーザーがほとんどだという点です。

そもそも「ジムニスト」と呼ばれるジムニー愛好者達は、根っからクロカン車とオフロード走行の好きなドライバーがほとんどです。
そして本格クロカン車のエクステリアデザインイメージは、昨今流行の都市型クロスオーバーSUV車とは一線を画す、野性的でカクカク角張ったスクエアなフォルムなのでしょう。

4代目ジムニーのエクステリアデザインはある意味「先祖返り」ともよく言われますが、こういったジムニー好き・クロカン好きにはこれ以上ない魅力的なものとなっているようです。

悪路走破性の高さは折り紙付き!

ジムニーユーザーさん達が口を揃えて高評価をつけている走行性能に関する点。

言わずもがなの感はありますが、ジムニーの枕詞にもなっている「悪路走破性の高さ」でした。
これはやはり自分で所有して乗るほどに実感し、感動するジムニーのチャームポイントであることは確かなようです。

それと今回悪路走破性の高さだけでなく、一般道(オンロード)での乗り心地の改善を評価する口コミ意見も多数見られたことは特筆に値します。

燃費と積載性は良いとは言えない

ジムニーユーザーは基本ジムニーにベタ惚れしている愛好者が多いので、正直「アバタもエクボ」的にちょっとの欠点には目を瞑るという風潮が強く感じらました。

そういった大目に見るという甘々な評価を加味しても、やはりお世辞にも良い評価は付けられないのが燃費とラゲッジルームの積載性の悪さです。

これらはジムニーという本格オフローダーでしかも軽規格という特殊性を加味すれば、仕方のないものです。
走行性能や本格ラダーフレーム構造の4WD車では犠牲にすべきものと割り切ってもらいたい点になります。

ただ積載性が悪いという点に関しては、あくまでラゲッジルームスペースに限定したもの。
4人乗車せずに1人または2人限定乗車の車と割り切れば、後席スペースはフルフラットアレンジもできるのでフレキシブルに色々なものが積めます。

燃費に関してもジムニーにはまだまだ根強く存在するMT車を選べばさほど悪くもないレベルまでは向上します。

所有する喜びとリセールバリューの高さがジムニー最大のメリット!

ジムニーユーザーの生きた声、数々の口コミ評価を目の当たりにして感じた最大の特徴は、「オーナーさんたちから溢れ出るジムニー愛の大きさ」でした。
どの車種にも「この車種じゃなきゃ乗りたくない!」と心底惚れこんで乗っているユーザーさんは一定数いますが、ジムニーの場合、その割合が飛びぬけて高いのは明らかなようです。

なので欠点すらも好き、という極端なユーザーさんも少なくない稀有な車種がジムニーと言えます。

4代目ジムニーは未だ納車に数か月~1年待ちという状態。それでも待って手に入ったときの喜びは格別なのでしょう。
このような人気の高さと愛好者の多さも相まって、ジムニーは中古車市場でも非常に相場が高く、リセールバリューの高い車となっています。

所有する喜びとリセールバリューの高さを兼ね備えた車なんて高級車レベルの満足感ですよね。
そういった意味でもジムニーがいかに稀有な軽自動車かがわかります。

まとめ

今回は実際にジムニーを所有して日々乗っているジムニーユーザーさん達の口コミ評価を色々な角度から検証してきました。
自動車の評価を知るには、専門の自動車評論家の意見も参考にはなりますが、何と言っても実際に自分で毎日乗っているユーザーさんの生きた口コミに勝るものはありません。

全般的に言えることは、ジムニーが好きな人であれば「ジムニーは買って損の無い・非常に満足度の高いクルマである」ということです。

本稿にまとめた口コミや評判が、これからジムニー購入を考えている読者の方の一助になれば幸いです。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-ジムニー, スズキ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.