インプレッサ スバル

インプレッサのサイズ(長さ・横幅・高さ)の数字を全部紹介

インプレッサは、1992年にセダンと5ドアハッチバックを発売。
発売当初はどちらも5ナンバーでしたが2代目からはセダンのみ3ナンバーとなり、3代目からはどちらも3ナンバーとなっています。
全幅が少し超えているものの全体的には小さめでコンパクトに収まっているので負担なく運転ができます。

特にスバル独自のAWDを搭載する事により抜群の安定感を体感できます。
四輪駆動システムで左右対称の全輪駆動によりコーナリングなどでは特に安定感を見せてくれ、水平対向4気筒エンジンにより走行時の振動を抑え地面に吸い付くような走りで快適なドライブが楽しめます。
水平対向4気筒エンジンは世界ではポルシェとスバルしか搭載していないエンジンで回転バランスが優れています。
カーレースなどにもその実力を発揮していて凸凹道ほど安定した走りを見ることができます。
安定した走りを追及するスバルならではの特徴であり魅力ですね。

走りだけでなくスバルのアイサイトは安全面でも世界水準です。
人間の目と同じように前方はもちろん距離、人や車や道路の白線までを認識しぶつからない、はみ出さない、飛び出さない、そして付いていく機能を備えて運転を快適にアシストしてくれる技術です。

取り回し、乗り心地、走りに定評のあるインプレッサですがサイズ感はどう影響しているでしょうか。
ここではインプレッサのサイズに焦点をあてて紹介していきます。

インプレッサの車体サイズは?

スポーツの車体サイズ4,475mmx1,775mmx1,480mm・G4の車体サイズ4,640mmx1,775mmx1,455mm

街乗りに適している?

セダンタイプのG4はボンネットが比較的シンプルな形状なので前方の感覚はつかみやすいため運転はしやすく一般のセダンに比べてオーバーハングも少なめ設定なので狭い道やすれ違いでも走行しやすいでしょう。
またインプレッサスポーツの最低地上高は130mmとかなり低めで安定感がありコーナーを曲がるときなど吸い付くようなぶれない快適な運転を実感できます。

またスバルグローバルプラットフォーム採用により振動や騒音が抑えられ質感の良い走りを見せます。
安全性能もバージョンアップされ突然の危険状況に対して抜群の安定性があり車体の高剛性化と低重心により衝撃も最大限に軽減します。

駐車場の切り返しは?

最小回転半径5.3mと一般的に5.5m以内だと切り返しに負担がないと言われていますので通常の駐車場なら問題ないですね。
また平置き駐車場のサイズはほぼ横幅が2.5mと長さ5.0mの範囲内ですので十分なスペースがあります。
3ナンバーにしては長さがそんなにないので後ろを気にする必要がないのが嬉しい安心です。
機械式駐車場では高さが1.55m以下の制限がある場合でも余裕で停められ駐車に関しては問題がありません。
全長が5ナンバークラスの長さに収まっているのが駐車しやすくなっている要因ですね。

インプレッサの室内サイズ

スポーツ室内サイズ2,085mmx1,520mmx1,200mm・G4の室内サイズ2,085mmx1,520mmx1,200mm

室内空間の快適さは?

広さ的には格別広々しているイメージはないですが室内高1,200mmと高めで圧迫感を減らし揺れが少なくシートにゆとりがあるので長距離運転でも快適さを感じることができます。
特に静寂性に優れているのでリラックスできる室内空間と言えるでしょう。

シートの足元や座り心地

前席のシートはホールド感があり座り心地がよく長時間のドライブでも疲れることがありません。
運転席の奥行きが900mmで後部座席は1,000mmと広く、また後部座席の3人席はより足元にゆとりがあり3人座っても左右のサイズ感は十分です。
室内高さが1,200mmと高めなので頭上高があり座ったときの圧迫感を感じないことが快適さを引き出しています。

内装のシートカラーはG4がシックなコンビカラーでスポーツは明るめのコンビカラーとなっています。
オプションで本革シートを設定するとシートヒーターも装備されているので高級感がある上に嬉しい装備付です。

インプレッサ ウィンドウの大きさは?

フロントウィンドウはG4、スポーツともに1,400mmx400mm、サイドウィンドウはG4、スポーツともに2,000mmx400mm、リアウィンドウがG4が1,200mmx250mmでスポーツは1,200mmx300mmと一般のセダンタイプやハッチバック車と比べると少し大きめのサイズになっています。死角が少ないとその分視野が広がり安全な運転につながりますね。

ウィンドウの大きさだけではなくドアミラーの位置やピラーの形状を工夫し死角の軽減化をはかりインターフェイスの配置にこだわり目線を前方から限りなく少ない範囲で確認できるようにしています。
細かな配慮が大きな事故も防ぎます。

インプレッサの荷室はどれくらい?

インプレッサ G4

セダンタイプのトランクですので高さは500mmほどしかないですが奥行きは広く1,000mmほどの長さがあります。
タイヤベースの出っ張りはありますが倒せばかなりの荷物を乗せることが可能です。
また後部座席はトランクルームとつながっているために後部座席を倒せば意外にフラットな広々空間が現れ長いものでも積み込むことができますね。

特徴的なのが荷室開口部への低さ。690mmで大きく開いたトランクは何でも入りそうな気になるほどの大きさです。
実際ゴルフバックなら最大4つ、スーツケースも大きさにもよりますけど4つとかなり積み込むことができます。
重い荷物でも低いと積み込みに負担がかからず最大限にトランクを活用できそうです。

インプレッサ スポーツ

後部座席を分割して倒すことができるので荷物や乗車人数に合わせてアレンジができます。
長いものが積み込みできるのも嬉しいポイント。
荷室の高さは777mmx最大横幅1,039mmx奥行き820mmで日常使いなら十分な広さ。
後部座席を倒せば自転車を積むことも可能です。荷物を吊り下げたりできるフックも左右に計6個付いていてサブトランクもあり、深さはないですがあまり使わないものなどの収納に便利でしょう。

インプレッサのここが魅力!

抜群の安定感

自慢の安定性は突然の危険の対応にもドライバーの思うような走行を可能にし回避できます。
水平対向エンジンと左右対称のパワートレインのAWDシステムは重心が低く重量バランスに優れているために濡れた路面や雪道、どんな悪路でも安定感を体感できます。
また横滑りを抑えるVDC搭載でコーナリングなどでの危険な限界値では4個のタイヤが別々に制御し安定性を保ちアクティブ・トルク・ベクタリングでコーナーを曲がる際に内側の駆動にブレーキをかけ外側の駆動力を大きくすることで旋回能力を高める機能も付いています。

燃費がいい?悪い?

インプレッサにはハイブリット車がラインナップにありません。
走りで勝負と言ったイメージですが意外に燃費も悪くはありません。
JC08モード15.5~17.2kmとガソリン車でこの燃費は平均だと言えるでしょう。
ただ高速では燃費が伸びるものの街乗りだとガクッと燃費率が落ちるとの声も。走れば走るほど伸びる傾向にあるようですね。
安全面と快適な走りを追求していますが燃費に関してはアイドリングストップを採用しているのみが現状です。
実際現オーナーさんは燃費の良さを求めて乗っている人は少なくカーレースでも通用する走りを求めている人が多いため初代から変わりない燃費ですがこれも仕方ないでしょう。

ただスバルの特徴のアイサイト。
レーダークルーズコントロールシステムを活用し速度を一定に保ち、前車を追従走行する事によりエンジンにかかる負担を減らし燃費率をあげたり運転方法により伸ばすことはできますね。

世界水準の安全面

スバルの代名詞ともいえるアイサイト。ついてて良かったとの声が多いです。
衝突防止などの危険回避はもとより快適な運転、疲れを感じない運転が可能とすることにも人気が高いようですね。
アイサイトのシステムには4つの性能あります。ぶつからない、疲れない、ヒヤリを感じない運転、死角を軽減するの4つです。
非搭載車より追突事故発生率が84%も減少しています

突然の歩行者の飛び出しや、うっかり運転による衝突などを段階によって知らせてくれます。
またアクセルやブレーキの踏み間違いによる衝突や誤発進を回避します。疲れない運転のアシストとしてアクセルやブレーキ、ステアリングを車線中央を保ちながら前車を追従しオートで運転してくれます。
高速の渋滞などで少しずつ進むときは疲れる運転になりますね。正確性もあり人の運転のような滑らかさでストレスも大幅に減らしてくれます。

インプレッサ スポーツのライバル車との比較

トヨタのカローラツーリング

車体サイズは全長さ4,495mmx全幅1,745mmx全高1,465mm。
長さ以外はインプレッサが少し大きいようですが全体的にあまり変わりません。
カローラツーリングはヘッドランプの形状がスタイリッシュな攻めたイメージでインプレッサは上品なイメージでしょうか。
内装のシートは明るめのコンビカラーとシックなブラックで質感はよく座り心地はよさそうです。

室内空間は全長1,795mmx全幅1,510mmx全高1,160mmとインプレッサが一回りほど大きい結果になりました。
荷室の高さは655mmx横幅950mmx奥行き920mmと奥行き以外はインプレッサが広いです。
ただカローラツーリングも後部座席を倒せばかなり奥行きが長くなり荷室のボードをひっくり返せば100mmほど低くなるので少し高い荷物も対応できますね。

車体サイズや室内サイズには大きな違いはありません。
安全性能も衝突防止やうっかりの踏み間違い、追従機能にオートマチックハイビームと安心・安全・快適な装備は付いていて走りの面では最小回転半径5.0mとかなりの小回りを期待できます。
重厚な走りは好みの違いになるのかもしれませんね。

マツダのマツダ3

車体サイズは全長4,460mmx全幅1,795mmx全高1,440mm。
インプレッサと大きな違いはありません。
外観はラインナップされているカラー全て艶感があるようで上品さと高級感があります。
全体的に細かなデザインにも高級なイメージがありますね。
室内もやはりスポーティと言うより上質なセダンを思わせるような内装に仕上がっています。

室内空間サイズは長さ1,820mmx横幅1,490mmx高さ1,160mmと全体的にインプレッサのほうが広めです。
荷室の高さは790mmx横幅1,040mmx奥行き960mmとマツダ3のほうが奥行きは少し広いようですが5ドアのハッチバックなら平均的なサイズです。

マツダ3はディーゼル車もラインナップに揃えているのでディーゼルだと燃費はJC08モード19.8kmでガソリン車だとJC08モード15.6km~17.8kmとなり燃費性能的にはマツダ3のほうが上だと言えます。
またインプレッサにはない装備がマツダ3にはありフロントガラスに道路標識や速度が表示されるシステムや緊急車両の手配や何かと困ったときのコネクティッドサービスが3年間無料で付いています。

安全面でもマツダは後退時の自動ブレーキが車の接近時にも作動し抑制し、ドライバーの状態をカメラで感知し眠気などが見られたとき注意喚起して知らせてくれます。
前方左右のからの車両の接近を検知するシステムもマツダ3には付いていますね。

インプレッサのサイズまとめ

コーナリングの走りに定評があるインプレッサ。
重心の低さは突然の危険回避にもつながります。5人乗っても室内は高さがある分ゆとりを感じ揺れや振動が少ないので快適な長距離ドライブが楽しめそうです。
荷室のアレンジにより荷物の形状にもよりますが意外に荷物を積むこともでき、走りだけでなく安全性能にも優れているのでファミリーカーとして人気があるのも納得なインプレッサです。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-インプレッサ, スバル

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.