インプレッサ スバル

中古でインプレッサを購入する際の相場や価格を徹底解説

中古車を購入を検討したとき1番どこに重点を置きますか?

やはり車の状態が気になりますね。どこにポイントを置くかは大切で少しでもお得に買いたいところ。
走行距離や年式は最低限の判断材料になりますが膨大な数の中古車がある中で自分の希望に合った1台を選ばなければいけません。ある程度の条件を絞って探す必要がありますが大切なのは基準となる相場です。そしてこの相場は時期やモデルチェンジがあると割りと動くんです。中古車購入を検討したときからしっかりとしたリサーチが必要ですね。

また目で見えるものは自分で確認できますが車の前オーナーさんのメンテナンス頻度まではわからないのが中古車購入の際の悩みです。現車をチェックするしかないですが自分が納得し中古車購入に失敗しないために、欲しい基準を決めて選んでいく必要があります。中古車の決め手のランキングは意外に価格ではなく走行距離、綺麗さ価格という順番です。これから購入して乗る車ですから走行距離が10万km超えの車では少し心配ですね。購入後に故障ばかりでは困りもの。

では何を基準に選んだらいいのでしょうか?
インプレッサの中古車の相場は?失敗しないための注意点を解説していきます。

スバルのインプレッサって?

インプレッサについて

1992年にセダンタイプと5ドアのハッチバックの二つのスタイルを揃えて発売されました。WRXは今でも根強いファンがいるほどで世界ラリー選手権にも参戦し初代は異例の8年間と言う長期にわたって特別仕様車を投入しながら商品能力を見せました。2000年には2代目として5ドアハッチバックを5ナンバーはそのままにセダンを安全性を考慮し3ナンバーに改良しています。車体の剛性ボディへ力をいれ、またヘッドランプの形状を丸目、涙目、鷹目としたのが2代目の特徴です。

2007年3代目では2タイプとも3ナンバーとなりコンパクトサイズからミドルサイズのインプレッサに。2011年4代目では水平対向エンジンを搭載し安定した走りを実現し車体は更に超高張力鋼板を採用し全方向において衝突安全性を実現しました。アイドリングストップを搭載した事により燃費率も上がり全グレードで平成22年燃費基準+25%を達成しました。

2016年現インプレッサの5代目が登場し新世代プラットフォームを始めて採用。サイズも全モデルから全長、全幅、全高とすべて拡大され最小回転半径は初代から変わらず5.3mを保っているのがスバルの実力を感じます。更にボディを強化し重厚な走りと衝突時のダメージを最小限に押さえ安全性能も大幅に改良されています。

走りにも安全にも快適な走りにもより追求されたインプレッサとなっています。

インプレッサの自慢の走り

発売から走りにこだわり続けたインプレッサ。フルモデルチェンジをするたびにボディは常に強化剛性を向上させ世界の衝突安全規制の基準のトップレベルを達成しままを毎年維持し続けるのはスバルの並々ならぬこだわりを感じます。2010年新世代水平対向エンジンが搭載され走行時の揺れを抑え低重心を可能にしています。水平対向エンジンは世界的に見てもポルシェとスバルしか搭載しておらず特に回転バランスが優れているためにカーレースなどの凸凹した悪路では特に飛びぬけた安定感を見せてくれます。

街乗りでの揺れの少ない安定性や快適なドライブを楽しめ、急な飛び出しなどへの対応も運転手の思う通りのハンドリングができ危険を回避してくれます。

世界水準の安全面

人間と目と同じように車両や歩行者、道路の白線までも認識し衝突軽減をはじめとする運転支援機能を強化し、また疲れない運転をアシストする機能となっています。突然の歩行者の飛び出しや車両との衝突を抑制しアクセルやブレーキの踏み間違いによる衝突もブザーなどで知らせてくれます。ふらつきやはみ出しを防ぎ、先行車に追従し高速などの渋滞時にアクセルやブレーキ、ステアリングを操作し運転をアシストしてくれます。渋滞時などのアクセルを踏んだりブレーキを踏んだりの繰り返しは思いのほか疲れ疲れますがかなり軽減する快適な機能になっていますね。

また車両間隔を自動で保ちより高速道路などの運転が疲れにくいようになっいて、街中などで先行車が発進したときのお知らせブザー。うっかりしていて発進が遅れてしまうことを防ぎます。

走りと安全性能が自慢のインプレッサ中古車について

インプレッサ中古車相場は?

インプレッサの中古車相場は100,000円~5,000,000円。現5代目のインプレッサの価格は2,000,000円から2,700,000円ですので中古車のほうが高い値段が付いている車体があります。高値が付いているのは主に初代と2代目で相場と言うよりスバルのインプレッサが欲しい、この年式のボディが欲しいと需要に対しての価格ですね。ただインプレッサに限り10年以上の年式の車でも2,000,000円くらいで相場が読めない珍しい車種です。走行距離とか大まかに見て1,600,000円くらいが相場でしょうか?それでもかなりの価格です。

また7年以内の年式のインプレッサは中古車市場にほぼ出回っていません。10年落ちでやっと数台がある程度でかなり珍しい特徴ですね。希望の年式があれば絶えずリサーチするのみですね。

インプレッサの人気の高い年式

初代のWRXの人気は未だに衰えることなく走行距離が10万km越えでも500,000円から高いものなら3,000,000円以上の値が付いている車も!限定車なら5,000,000円とマニアにはたまらない車体となっています。ワンオーナーが多くタイミングベルト交換などかなりのメンテナンスをされ大切に乗っているのを感じますね。そしてほとんどがミッション車です。台数は50台前後しか市場に出ていないので希少価値でしょうか?インプレッサのWRXに限り年式の古いほうが価格が高い結果になっています。

インプレッサお勧めのモデルはコレ!

状態の良いインプレッサならば4代目になります。ただインプレッサの場合は明確なこのモデルが欲しい!と中古車を探す人が多いようなので一般的な年式や走行距離が当てはまりません。初代のインプレッサでも装備が今も劣らず充実していてメンテナンスがしっかりとされている状態の良い車が多いです。ただより上質を求めるならあえて4代目をお勧めします。

4代目といっても年式で言えば5年落ち10年落ちで台数もかなり少なく価格は500,000円から1,900,000円。走行距離は5万km未満なら1,500,000前後で購入することも可能です。スバル独特の走りや適な攻め感はあまりないですが4代目から搭載の水平対向エンジンより重厚で振動の少ない快適な運転ができアイサイトにより安全な車体です。

インプレッサ中古車購入失敗しないために

年式と走行距離のバランスは?

一般的に1年間で1万kmが通常の走行距離と言われていますので10年落ちの車体で2万kmだと余り乗っていないと言うことになるのでバッテリーやメンテナンス面で少し心配になりますね。5年落ちなら5万キロがベストな状態です。ただインプレッサに関しては少なからずこれが当てはまらないことが多く10万km超えは普通でメンテナンス度合いと経年劣化の部品が交換されているかのチェックのほうが重要になりますね。

保障ってついてる?

最近では販売店でも保障を付けているところが多いです。内容は販売店により様々ですので思いがけず短くて保障を使えなかったなんて事がないようにきちんと確認する必要があります。また有償保障制度があり加入すれば規定の範囲内の故障の場合は修理費用が保険でまかなえます。新車についていたディーラー保証が残っていたらそのまま受け継ぐこともできます。

中古車はどうしても隅々まで車の状態を知ることはできません。当然何年かは乗っている車ですからタイミングによってはすぐに故障することもありますので保障に入っておくことは安心につながります。

車検の有無

車検有りの場合は残日数が重要です。あと1ヶ月しか残っていなければ購入後すぐに大きな出費がかかりますし慌てますね。車検なしも当然受けなければいけません。車検済みは購入が決まったら車検をしてからお渡ししますよということなので1番良い状態で車が乗れるので安心ですね。

インプレッサ中古車購入の際の注意点

修復歴あり、なし

インプレッサの中古車の修復歴ありだと通常の価格より100,000円から300,000円価格は下がって設定されています。

修復歴とは過去に事故などで車体の骨格部分となるフレームを修理交換した車両のことをいいインプレッサでは普通の車種よりも少し多めかなと言う印象です。

多くは修復歴ありと明記されていますが自分の目でもある程度確認するのがいいでしょう。ボンネットとフェンダーの間やトランクやドアを閉めたときの隙間などにズレがないか、塗装にはがれがないかやトランクの床下を除いてみてゆがみがないか水没車などは錆びていたりするので錆がないかのチェックも必要になります。ただ現在は修理技術も上がっているので修復歴ありとなっていても、どこをどう修理したかが重要になってくるので事故車かどうか直接聞いて見るほうがいいでしょう。

フレームを修理していなければ修復歴なしとなるので水没車などでフレームを直していなければ要注意です。水没はどこまで水でダメージを受けたのかが分かりにくく購入してから故障するケースもあります。一度濡れてしまった部品の修理は高くなることもあります。

現車のチェック

試乗ができないことが多いですがエンジンは掛けてみたいですね。かかり具合や異音がないかアクセルやブレーキを踏んでみて効きや余り具合は確認しましょう。外装では傷やひびや錆び、タイヤの磨り減り具合。内装はエアコンをつけたときの匂いやシートの様子。シートは替えられないので気持ちよく乗るためには重要です。そして電気系統のパワースライドドアやナビなどが正常に作動するかドアはスムーズに開閉するかなどです。

実は中古車市場にもランクがある

中古車業者のオークションでは評価点があり車体本体と内装などの2点でつけられ走行距離や年式などでランク分けされています。車体の評価点はSが良好な状態で6~2と数が少ないほど状態は悪くなり、内装はA~EとAが1番綺麗な状態です。もちろん現車を確認するのが確実ですが大まかなポイントにはなりあまり当てにならないとの声もありますが良質な車を探しているのなら5点以上の車体に絞ってリサーチするときには役立ちます。

インプレッサ中古車相場まとめ

インプレッサは根強いファンもいることから一般的な相場と言えるものがありません。あえていうなら100,000円~4,300,000円でしょうか。10年落ちでも中古車市場に出回っている台数が少なく年式が古く走行距離が長くても価格は高めです。ただワンオーナーが多くメンテナンスもしっかりしているので欲しいモデルがあれば通常なら確認する年式や走行距離よりもボディなどのチェックのほうが重要ですね。

さすが走りに定評があるインプレッサと言える結果です。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-インプレッサ, スバル

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.