インプレッサ スバル

インプレッサの乗り心地や静寂性のレベルを解説!悪い?良い?

ドライブを快適に楽しむためには車の乗り心地や静寂性がポイントになってきます。でも乗り心地は乗ってみないと分からないのが困りますね。また買った当初は良かったのに最近急に乗り心地の悪さを感じるようになった場合もあります。長時間のドライブの疲れ方も乗り心地で大きく変わるので譲れないポイント。ではどんな車なら快適で疲れないドライブを楽しむことができるのでしょうか。改善策はあるのでしょうか?

1998年にセダンとコンパクトワゴンの2タイプを揃え発売されたインプレッサ。世界ラリーに参戦したことにより世界からも注目を浴び、特別仕様車も多くあり限定車は高値になるほどの人気でしたがあっという間の完売に。根強いファンも多く今なお愛され続けているインプレッサです。走りには定評のあるインプレッサですが乗り心地や静寂性はどうでしょうか?

今回はインプレッサの乗り心地や静寂性を解説していきます。

インプレッサはこんな車!

インプレッサの魅力

走りと安全性能で抜きん出ているスバルのインプレッサ。

4WDと水平対向エンジンを搭載し揺れを軽減し乗り心地性を高め、安定性がより向上しているので特にコーナリングのときハンドルの操舵が意思通りに機敏な動きを見せてくれます。これはコーナーのみならず危険回避にもその性能を発揮し、突然飛び出してきた障害物などにも俊敏に対応し避けられ安全性能を高める結果になっています。

初代は5ナンバーでも発売でしたがセダン、スポーツとも3ナンバーとなり室内空間が広くなったことで後部座席は足元、頭上空間が広くなり窮屈感がありません。またフロントガラスを拡大しピラーの形状を細く、インパネをフラットにし視界を広げ見晴らしの良い運転も安全面につなげています。

インプレッサ根強い人気のWRX

インプレッサでも特に人気の高いWRXシリーズ。世界ラリー選手権にも参戦し高成績を残したことから世界にもスバルの名前を広める事になりました。参戦からたったの6年でラリーの頂点に立ったことからもスバルの走りを追及し極めたボディが伺えます。そんなラリー参戦のコンプリートカーは限定販売で即完売になるほどの人気で今なお中古車市場でも高値が付いています。走行距離10万km超えでも人気の秘密は軽量なボディながらも重厚な走りにあり根強いファンが復刻版を望むほどです。

世界水準の安全性能

インプレッサには全グレードにアイサイトを標準装備しています。人の目と同じように二つのカメラで前方はもちろん歩行者や車、道路の白線までを認識し突然の車や歩行者の飛び出しに段階によって警告抑制し、アクセルやブレーキの踏み間違いによるご発進を軽減します。ふらつきやはみ出しを防止し先行車の間隔を一定幅とり走行したりインプレッサのアイサイト。

ツーリングアシストは高速道路にてアクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をアシストし渋滞などのイライラを軽減し疲れない運転を楽しめる注目の機能となっています。

インプレッサの燃費は?

走りの性能や安全性能は格段にレベルアップしたものの燃費に関しては初代から比べてもさして向上したイメージはありません。アイドリングストップによりエコドライブが望めると言ったところでしょうか。ただ高速道路など条件が揃えば燃費は伸びる傾向にあります。燃費の面でも走れば走るほどインプレッサの良さを実感できます。

インプレッサの乗り心地は良い!

インプレッサの乗り心地の良さは抜群の安定性にある

こだわり続けている優れたボディの剛性とサスペンションの取り付け剛性を低下させる事により振動を吸収し、インプレッサは乗り心地を快適にしています。水平対向エンジンとAWDの組み合わせで実現した低重心は、安定性を感じ特にコーナリングではハンドル操作の応答性があり安定性とスムーズなハンドリングが望めます。濡れている路面でも吸い付くような走行は安心にもつながり乗り心地のよさとなりますね。悪路では突き上げ感がある場合もありますが収束力に優れているので一瞬にして何事もなかったような走りを見せてくれるのもインプレッサの魅力のひとつでしょう。

インプレッサの室内は3ナンバーとなり車体が大きくなった分、室内空間も広くなり特に後部座席の足元と頭上空間にゆとりが感じられます。5代目インプレッサはシートの厚みやクッション性を改良し柔らかめの座り心地となり長距離のドライブでも快適でしょう。背面のフィット感やホールド感もしっかりとしていてリクライニングはできませんが程よい角度になっていて高レベルです。フロントシートを1番後ろにスライドすると後部座席の足元はやはり狭くはなりますが、フロントシートに下に足先が入るスペースがあるのでそれほど窮屈に感じることはなく足を伸ばして十分快適に座れます。

またフロントガラスが大きく改良されピラーも細い形状なので視界を邪魔することなくダッシュボードがフラットなので見晴らしがいいので快適になっています。

インプレッサの高速道路での乗り心地

道路の繋ぎ目などでは多少のカツカツと反動がします。サスペンションや車体の剛性が固めなのでノイズの吸収が早いために感じる反動ですが、その分揺れや振動は少ない乗り心地です。運転側のハンドリングに素早く反応してくれるのでコーナーはもちろん始終安定して走行を楽しめます。

またインプレッサのアイサイトで高速道路の走行は劇的に快適な乗り心地になっています。アイサイトツーリングアシストは全車速追従機能と車線逸脱抑制機能で高速などの走行時アクセルやブレーキ、ステアリングを抑制御してくれ、これにより渋滞などの運転者への疲れや負担を減らしてくれ長距離運転を楽しくしてくれます。

インプレッサ マイナーチェンジで改善されてきた点

インプレッサはほぼ毎年改良を行い3年でマイナーチェンジ、6年でフルモデルチェンジと進化し続けてきています。特に毎回のマイナーチェンジで常に車体の剛性と強度にこだわり向上してきたインプレッサ。揺れや歪みのない車体こそがサスペンションも剛性名物にし、これにより急なハンドルの操舵でもコントロールができやすくなっています。高剛性は危機回避にも抜群の能力を発揮しますが乗り心地や静寂性にもつながります。

インプレッサの静寂性

インプレッサの静寂性とは?

車の静寂性と聞くとエンジン音が1番に頭に浮かぶでしょう。しかしインプレッサのようなスポーツタイプの車種では逆にエンジン音を好む傾向もあります。インプレッサのエンジン始動時のドドドと言う低音はスバル独自のボクサーサウンドと言われ魅力のひとつでもありますね。ではインプレッサにおいての求められる静寂性とは何でしょうか?

ロードノイズや風切り音やパターンノイズでしょう。ロードノイズは路面の刺激によってタイヤが弾性振動を起こし車体に伝わり不快な音を発生するので路面の状態が大きく関係してきます。走っている以上は聞こえるロードノイズですがタイヤの交換やノイズ軽減のシートを装着したりディーラーでロードノイズを対策することで多少は軽減することが可能です。

風切り音とは走行中にフロントガラスに当たった風が左右に流れ進行方向にも流れている風とぶつかる事により生じる音です、ドアなどの隙間があると風に渦が生まれ鳴ることもあります。

パターンノイズはタイヤが路面に接したときに縦溝や横溝に空気が流れることで発生する音で、特に縦溝から発生する音は高音で不快な音で横溝から発生する音は走行の速度により変化するのが特徴です。

インプレッサの静寂性が優れている理由

初代の頃の人気のエンジン音、所謂ボクサーサウンドは5代目インプレッサには感じられません。やはりあのエンジン音がないとインプレッサではないとの声もありますが時代の流れでしょうか。とても静かです。エンジン音だけでなくインプレッサの静寂性が優れているのは、ドアを閉めた瞬間の音を感じない車体で実感できると思います。

インプレッサはフルモデルチェンジするたびに車体の剛性にこだわり続け向上してきています。剛性の良さは音を遮断し、また車体の骨格がしっかりしているので余分な振動も起こらずタイヤの制度もいいことからインプレッサの静寂性につながっています。また次世代CVTのリニアトラックの改良により最適化と軽量化され、エンジンの高回転域でのリニアトラックから生じるノイズを軽減しています。

遮音ガラスをフロントガラスに採用していることもインプレッサの静寂性を高めています。静寂性が優れているとドライブ中の会話もよく聞き取れ音楽を聴くのにも気になる音がないので邪魔をしません。密閉性はエアコンの効きも良くしエコにもつながりますね。

高速で走りったら?

高速時はエンジンの回転が速くなるのでエンジン音や風切り音は多少しますが気になる程度ではなく、エンジンの遮音や吸収性に優れているインプレッサならではの仕上がりとなっています。高速道路でも静寂性には優れているでしょう。

インプレッサ乗り心地と静寂性のまとめ

結論から言うとインプレッサは走りだけでなく乗り心地も静寂性も優れた車です。こだわり続けたボディの剛性と水平対向エンジンにより、揺れがなくコーナリングでのハンドルの操舵はコントロールしやすく、密閉された車内は快適で楽しいドライブができますね。

シートの座り心地にフロントガラスの見通しのよさでより乗り心地のよさを引き出してくれていて、スポーツカーのよさをのこしつつ安全面を向上し全ての面で満点なインプレッサでした。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-インプレッサ, スバル

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.