インプレッサ スバル

インプレッサの燃費(実燃費・カタログ燃費)の全て!悪い?良い?

皆さんは、車を買うときはどういったところから購入する車を選んでいますか?
燃費で見る方も、時代の流れからして増えてきている傾向もありますよね。
また、最近はハイブリッド車も増えており、燃費に対する意識が強くなってきていると感じます。
そんな世の中ということもあることから、燃費についての理解が高いほうが、車選びであったり、取捨選択をしやすくなるので、燃費について、いろいろと解説していこうと思います。

また、今回は、インプレッサについて、重点をおいて、燃費について解説していこうと思います。
インプレッサは、高い運転性能と、飽きの来ない外観から、根強い人気を誇る、スバルの大人気車です。
そんなインプレッサの燃費について、徹底解説していきます。

それでは見ていきましょう。

インプレッサはどんな車?

運転を楽しいと思える車

まず、インプレッサは、燃費を気にしている方が、低燃費だから購入したい等となる車というよりかは、運転が楽しみたいと思う方が購入する車なイメージがあります。
坂道、山道でも、パワー不足は感じず、アクセルを踏み込まないと進めないなどとはならず、運転は本当に快適です。

インプレッサについては、購入する多くの方が、試乗で購入することを決め手にする方が多いほど、運転性能が高いのです。
内装、乗り心地もモデルチェンジをするたびに向上しており、運転性能の高さが人気の理由でしたが、様々な面で、運転だけではなく、他の部分でも人気を後押しするような人気車になっています。

インプレッサのカタログ燃費

続いて、インプレッサのカタログ燃費について解説していきます。

JC08モードとは

カタログ燃費を確認する上で、JC08モードWLTCモードという言葉を理解する必要があります。
JC08モードとは、1リットルの燃料で何メートル走行できるのかを計測する測定方法の事を指します。
この測定方法は、エンジンが冷えている状態から測定を行うので、実際の車に乗っているときに近い燃費を算出します。

WLTCモードとは

WLTCモードとは、日本が新たに導入した、世界基準で採用されている測定方法で測った燃費の計算方法になります。
3つの走行モードでの燃費も表示してくれるので、使用環境が分かりやすくなっていることも利点です。
また、どの走行環境がどのくらいの燃費で走るのかなども確認できるので、その時々にあった走行モードの燃費の車が判断できます。

1.6i-L EyeSight

まずは、スタンダートで装備の充実している1.6i-L EyeSightモデルのカタログ燃費です。

2WD ADW
JC08 17.2km/L 16.2km/L
WLTC 14.1km/L 13.5km/L
WLTC-L(市街地モード) 9.8km/L 9.5km/L
WLTC-M(郊外モード) 14.9km/L 14.1km/L
WLTC-H(高速道路モード) 16.7km/L 16.1km/L

1.6i-S EyeSight

次は、スポーツカーらしさを大事に作られている1.6i-S EyeSightモデルのカタログ燃費です。

2WD ADW
JC08 16.4km/L 16.2km/L
WLTC 14.0km/L 13.5km/L
WLTC-L(市街地モード) 9.9km/L 9.5km/L
WLTC-M(郊外モード) 14.7km/L 14.1km/L
WLTC-H(高速道路モード) 16.5km/L 16.0km/L

2.0i-L EyeSight

そして、2.0Lの直噴エンジンが搭載され、走りに力強さのある2.01-L EyeSightモデルのカタログ燃費です。

JC08 16.0km/L
WLTC 14.0km/L
WLTC-L(市街地モード) 9.8km/L
WLTC-M(郊外モード) 14.6km/L
WLTC-H(高速道路モード) 16.6km/L

2.0e-L EyeSight

続いては、e-BOXERと呼ばれる電動技術が搭載されている2.01e-L EyeSightモデルのカタログ燃費です。

JC08 19.2km/L
WLTC 15.2km/L
WLTC-L(市街地モード) 11.7km/L
WLTC-M(郊外モード) 15.7km/L
WLTC-H(高速道路モード) 17.0km/L

Advance

先ほどもあったe-BOXERと呼ばれる電動技術が搭載されていながら、デザイン性と、最先端の技術が搭載されているAdvanceモデルのカタログ燃費です。

JC08 19.2km/L
WLTC 15.2km/L
WLTC-L(市街地モード) 11.7km/L
WLTC-M(郊外モード) 15.7km/L
WLTC-H(高速道路モード) 17.0km/L

STI Sport

最後は、最上級モデルとなっているSTI Sportのカタログ燃費についてです。

2WD ADW
JC08 15.5km/L 15.1km/L
WLTC 13.0km/L 12.4km/L
WLTC-L(市街地モード) 9.2km/L 8.9km/L
WLTC-M(郊外モード) 13.7km/L 12.7km/L
WLTC-H(高速道路モード) 15.3km/L 14.7km/L

カタログ燃費から感じた印象

カタログ燃費を見て感じたことは、やはりe-BOXERが搭載されているインプレッサの燃費は良いという印象でした。
全体的にみると、WLTCモードの、市街地モードの走行燃費が10km/Lを切ってしまうので、ここだけが少し気にかかりました。
他の部分については、比較的もっと悪いのかな?と思っていましたがそこまでは感じませんでした。

それでもカタログ燃費なので、実燃費との差が凄ければ意味がありません。
続いては、インプレッサの実燃費について解説をしていきます。

インプレッサの実燃費

インプレッサの実燃費について解説していきます。
まず、実燃費は、乗っている方の運転の仕方や、走行する道路で、燃費に差がでます。
そのため、カタログ燃費のように~km/Lですということができません。

なので、おおよその平均値で解説をしていきますが、2WD車は基本的には11.2km/L~13.4km/Lほどといわれています。
AWD車は11.7km/L~12.0km/Lほどとなっています。
どちらもカタログ燃費より3割ほど落ちてしまうこともありますが、意外とカタログ燃費より大きく下がっているわけではなさそうでした。

ライバル車と比べて燃費は良い?

続いて、インプレッサは、ライバル車に比べて燃費は良いといえるのかについて解説していきます。

トヨタ【カローラ】

まず、一つ目のライバル車といわれているのが、トヨタのカローラです。
どちらも海外の人気も強く、走行性能の良さが魅力のこの2車がライバル車としてよく比較されます。

カローラのJC08モードの1.2Lターボは、18.1~19.6km/Lほどですが、ハイブリッド車も存在し、ハイブリッド車の場合だと30.0~34.2km/Lの燃費性能になります。

対してインプレッサは1.6Lのグレードの燃費は16.5~18.2km/Lであり、ハイブリッド車がなく、2.0Lグレードの燃費は16~17km/Lとされています。

燃費性能だけでみると、ハイブリッド車のあるカローラが圧倒的な差で低燃費です。
ハイブリッド車の燃費性能は圧倒的なので、多少比較のしようがないというところもあるのですが、ガソリン車で見た場合はほとんど差がないので、ハイブリッド車を購入しない場合であれば、燃費性能で選ぶ場合は、大差がないと言えるでしょう。

マツダ【MAZDA3】

続いてのライバル車はマツダのMAZDA3です。
価格もほとんど変わらず、カローラと一緒で走行性能に自信がある車両として、インプレッサのライバル車としてあげられます。

JC08モードで比較したところ、インプレッサは200Km走行したところ、燃費は12.0km/Lに対し、MAZDA3は13.0km/Lでした。
こちらも比較した結果は、MAZDA3の方がほんの少し燃費性能は良いという結果になりましたが、大きな差ではありませんでした。

このことから、ライバル車と比較したところ、燃費性能で優劣をつけるのは少しもったいない気がしました。
インプレッサのような走行性能の高い車のライバル車たちも燃費性能はあまり変わらないということがわかりました。

インプレッサの燃費についてのまとめ

インプレッサの燃費についてまとめていきます。
まず、解説して感じたことは、運転性能の高さ、ドライブの楽しみのような、運転が好きな方が購入する車の割には、そこまで燃費が悪いわけではないなということです。
実燃費にしても、10km/Lを切ることはあまりなさそうですし、運転の楽しみの代わりにガソリン代が大変なんていうこともそこまではなさそうです。

ライバル車と比較してみても、ハイブリッド車以外との燃費にも差はなかったです。
運転性能の高い車を購入したいと思っている方は、燃費性能では決めにくいと思いますので、その他の部分で比較するほうが良いと思います。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-インプレッサ, スバル

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.