インプレッサ スバル

インプレッサの維持費を内訳別解説【ガソリン代・車検費用・自動車税・保険料等】

皆さんは、車の維持費についての知識はどのくらい持っていますか?
また、毎年払っている自動車税や、保険が一体どのような仕組みでその値段になっているかは知っていますか?
このような維持費と呼ばれるお金の内訳を理解しているかどうかで、節約をしたり、払う料金がおかしいことに気づいたりできることはたくさんあります。

また、普段は気にもしていない維持費かもしれませんが、ガソリン代や、車検費用も維持費の中に含まれているのです。

今回は、インプレッサの維持費の内訳を解説していきたいと思います。
インプレッサは、スバルの中でも根強い誇り続ける大人気車です。
そんなインプレッサの維持費は、他の一般車両に比べて、どのような差があるのか等についてみていきましょう。

インプレッサはどんな車?

インプレッサは、スバルが誇る大人気車の一つです。
日本だけでなく、海外での人気も非常に高く、世界からも愛されている車となっています。
そんなスバルが一体どんな車なのか、どこが魅力的で、みんなから愛されている車なのかについて解説していきます。

ドライブに特化した性能

インプレッサは、低重心で、風の影響を受けにくい設計にしていたり、水平対向エンジンを搭載し、運転時の車の振動を減らしたりするなどの様々な観点から、快適なドライブができるように考えられて作られています。

このような、運転が好きな方への、運転を楽しんでもらいたいというスバルの思いが伝わりますね。
このことから、インプレッサはドライブ好きな方が良く乗る車として、人気を集めています。

外観に飽きが来ず、長く楽しめる

最近は、時代の流れで、車の買い替えが減ってきており、買い替えのサイクルが長くなっていることを知っていますか?
多くの方が、長年同じ車に乗り続け、一台を履きつぶすまで乗ることが多いので、必然と車の外観は大事になってきます。

そんな中、インプレッサは無難な外観と、隙のないデザインで、長い年月乗り続けるのに持って来いの外観をしています。
また、モデルチェンジの期間も、他の車に比べると長めになっているので、新しいデザインに変わりにくく、長く乗れるようになっています。

インプレッサの維持費はどのようなものがある?

続いては、インプレッサにはどのような維持費があるのかについて説明していきます。

ガソリン代

まずは、ガソリン代になります。意外と知らない方も多いですが、ガソリン代も、車を維持するにあたって、必要な維持費になっています。
インプレッサのガソリン代の年間の維持費は、走る走行距離と、インプレッサの中でも燃費が変わるので、必ずしも決まった金額ではないのです。

例えば、インプレッサは2WDと4WDがあり、この2種類でも燃費は変わります。
仮に燃費を11.7km/Lとした際、走行距離を1万キロとした場合、年間にかかるガソリン代は、約10万円となります。
しかし、4WDでは、燃費が少し下がるので、同じ1万キロを走ってもガソリン代は12万円近くになります。

このように、ガソリン代は変動がある維持費なので、一概に値段を言うことはできないのですが、大体走行距離が1万キロの場合は、10~15万円くらいだと考えておきましょう。

車検費用

続いてかかる維持費は車検費用となります。
車検費用も、インプレッサの修理しなければならないところや、交換しなければならないところがどれくらいあるかで、金額に大きな差がでるのですが、固定でかかる費用もあります。
それが法定費用の、自賠責保険料、重量税、印紙代と、車検の基本料です。
合わせると約62000円となっているので、こちらが必ずかかる料金となっています。

この必ずかかる料金以外に、修理代、部品交換費用が発生するので、ざっくり10万円くらいをみていれば安心だと思います。

自動車税

インプレッサを維持していくには、自動車税も必ず支払わなければいけません。
自動車税とはいったいどういったものなのでしょうか?
自動車税とは、排気量毎に値段が変わる、車を所有している人が、必ず払わなければならない税金の事です。
インプレッサの場合は、1500CC~2000CC未満に属されるので、年間に必要な金額は、36,000円となります。

この他に、重量税も支払わなければなりません。
重量税とは、500kg重くなる毎に、金額が変動する税金のことを指します。
インプレッサは、すべてのグレードが、1000kg以上1500kg未満となりますので、1年間で、12,300円かかります。

また、これらの国に治める税金は、年が変わることに多少の変動はありますが、基本的に値段が変わることはなく、かつ必ず納めなければいけないということを忘れないようにしましょう。

保険関係

そして、維持費でもう一つかかる料金が、保険料になります。
保険にも2種類あり、自賠責保険という必ず支払わなくてはならない保険と、任意保険という強制で交わさないといけない保険ではないのですが、事故をした際などの保証をしてくれる保険の2種類が存在します。

自賠責保険とは、一般道路を、インプレッサを持っている人が走ることを許可してもらうために、加入が義務付けられている保険となっています。
自賠責保険は、車を購入した際と、車検時に基本的には支払うものとなっており、2年で約26000円となっています。

任意保険とは、先ほど解説した自賠責保険とは違い、必ず加入しなくてはいけないというわけではないですが、ほとんどの方が事故などをしてしまった際に、少しでも保証が下りるように加入しています。

任意保険の料金は、その人の等級であったり、免許証の種類であったり、運転者が本人限定であるのかどうかなど、様々な判断基準のもと金額が決定します。
なので、一概にこのくらいの金額がかかるなどとは決めがたいですが、平均的には、年間で3~4万円だといえるでしょう。

インプレッサの維持費を下げる方法はある?

続いては、そんなインプレッサの維持費は下げることができるのかどうかを解説していきます。

ガソリン代は下げれる?

まずは、インプレッサのガソリン代を下げれるのかどうかについて解説していきます。
インプレッサは、もともと運転を楽しむことがメインで購入される方が多いと思いますので、ガソリン代を節約するのは少し難しいかもしれません。
また、燃費も元々良いわけではないので、あまりガソリン代の節約で、大きく維持費を下げようとは思わないほうが良いかもしれません。

車検は内容によって費用が大きく変化するポイント

続いては、車検にかかる費用を節約できるかについて説明していきます。
まず、先ほども少し解説したように、車検には必ずかかる料金に対してそうではないものがあります。
それが、修理費用と部品交換費用です。
この2つについては、節約をすることで、費用を削減することが可能です。

方法としては、修理、部品交換をできるところは自分でするという方法です。
車検の時、一番お金がかかるのが、部品交換です。また、修理についても同様で、意外と簡単にできる大したことでもない修理が、思わぬ金額になることがあります。なので、できる修理と交換は自分でしてしまいましょう。

特に、タイヤ交換等は、車検時に交換してもらうことと、自分で交換することで2万円以上安くなることもあるので、ぜひ自分で交換してみてください。

保険会社を選ぶことで費用は大きく変わる?

保険についても、保険会社を選ぶことで、維持費を削減することが可能です。
保険会社は個人の自由で選ぶことができます。また、保険会社も保険会社毎に強みが違うのです。
例えばですが、家族全員が運転をするのに、インプレッサに乗れる人は、保険の関係上一人までしか保証されないとなるとあまり意味がないですよね。

このように、誰が乗るかや、どんな運転量なのか、様々な乗り方でその人にとって必要な保険も変わってくるのです。
なので、乗っている方たちが話し合い、自分たちに合った保険が一番安い保険会社を選ぶことが、維持費節約の鍵となります。

インプレッサの維持費は他の車と比べて高い?

ここまで解説してきた結果、インプレッサの維持費は、他の車と比べて高いのでしょうか?
まず、ガソリンについては、やはり他の車と比べて高くなる傾向があります。
理由としては、やはりそもそもの燃費があまり良くはないということと、最近はハイブリッド車や、低燃費車が多いので、そういった車と比べる年間のガソリン代ではインプレッサの方が高くなるでしょう。

しかし、それ以外の部分では、個人のやり方次第では安くできる部分も多く、必ずかかってしまう法定費用などについても他の一般車両に比べて差があるわけではないので、ガソリン代以外では比較的オーソドックスな維持費と言えます。

インプレッサの維持費についてのまとめ

これまで解説してきたインプレッサの維持費についてまとめていきます。
インプレッサの維持費は比較的平均的だということが分かりました。
また、維持費の中にも自分の力で節約できるところがたくさんあるので、そういったところで少しでも維持費を抑えていけば、長い目でみるととても大きい額になっていきそうです。

インプレッサは、運転好きの方が乗るくるまだと思われがちですが、最近では家族で乗る方も増えてきています。
なので、改めて維持費のことについて理解をし、少しでも維持費を節約しながら快適な運転ライフを楽しんでもらえたらと思います。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-インプレッサ, スバル

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.