フィット ホンダ

フィットでの車中泊を徹底解説!寝心地や快適さはどの程度?

「フィットで車中泊をしてみたい」「スペースを便利に使うコツが分からない」などと悩んでいませんか。
2020年にフルモデルチェンジしたフィットを使って、車中泊をしてみたい人もいるでしょう。

しかしコンパクトカーなので、車中泊にはさまざまな注意が伴います。
それでもスペースを有効に使いこなせば、キャンプに役立てられるでしょう。
今回はフィットを使った車中泊をしたい人のために、快適に過ごすためのポイントを解説します。

フィットは工夫次第で車中泊に使える

フィットはコンパクトカーなので、SUVやミニバンより制約があります。
しかしコンパクトカーとしては余裕があるので、工夫次第で車中泊にも使えるでしょう。
車中泊に使いやすいグレードもあるので、アウトドア志向なら車選びの段階で意識してください。

フィットの車中泊で重要な基本情報を解説します。

コンパクトカーとしては余裕があるサイズ

フィットはコンパクトカーとしては余裕のあるサイズです。
ライバル車であるトヨタ・ヤリスと比べたら分かるでしょう。基準は2WDのベースグレードです。 

項目 フィットの数値 ヤリスの数値
長さ 3995 3940
1695 1695
高さ 1515 1500
室内の長さ 1955 1845
室内の幅 1455 1430
室内の高さ 1260 1190

フィットの幅はヤリスと同程度ですが、長さと高さに余裕があります。
室内のサイズは長さ、幅、高さのすべてでヤリスより上です。
このことからフィットはコンパクトカーの中でスペースに余裕があると分かるでしょう。

以上からフィットは、コンパクトカーとしては車中泊に使いやすいと結論づけられます。 

車中泊に使いやすいグレードは?

フィットのグレードによるサイズの違いを見ていきましょう。

項目 BASIC HOME NESS CROSSTAR LUXE
長さ 3995mm 3995mm 3995mm 4090mm 3995mm
1695mm 1695mm 1695mm 1725mm 1695mm
高さ 1515mm(4WD: 1540mm) 1515mm(4WD: 1540mm) 1540mm 1545mm(4WD: 1570mm) 1540mm(4WD: 1565mm)
室内長 1955mm 1955mm 1955mm 1955mm 1955mm
室内幅 1445mm 1455mm 1445mm 1455mm 1455mm
室内高 1260mm 1260mm 1260mm 1260mm 1260mm

※表中のサイズについて、ガソリンエンジンとハイブリッドによるサイズの違いはありません。

フィットには、車中泊に使いやすい特定のグレードがありません。
室内のサイズが全グレード共通だからです。

車体サイズは、グレードや駆動形式によって異なります。
特にCROSSTARは他より大きいので、車中泊に便利と考える人もいるでしょう。
しかし実際はオフロード走行やSUVスタイル特有の機能性に対応するためにサイズが違うだけで、室内の使いやすさは他と変わりません。

車中泊を目的にしたグレード選びは、特に意識しなくてもよさそうです。

車中泊のためのシートアレンジ

フィットの車中泊はシートアレンジ次第で快適に過ごせます。
ここでは車中泊に便利な3つのアレンジをまとめました。 

リフレッシュモードでフルフラットに

リフレッシュモードは運転席と助手席両方を倒した状態です。
それぞれの背もたれが後部座席の座面とつながっているように見えることから、「フルフラット」が成立します。
フィットの座席をリフレッシュモードにするには、最初にヘッドレストを外してからやりましょう。

この状態は長距離運転の仮眠に役立ちます。車中泊においても一泊程度なら対応できるでしょう。
リフレッシュモードは面倒な人でもセッティングしやすくておすすめです。 

後ろのシートを畳むユーティリティモードも効果的

ユーティリティモードは後部座席をたたんでフルフラットモードにすることです。
この状態を作れば荷室が広くなるメリットがあります。

荷室拡大により、キャンプに持っていく荷物を多く積み込めるのが助かるでしょう。
車中泊においても、体格が大きすぎなければ、就寝スペースとして活用できます。

後部座席を使ったカスタマイズは、リフレッシュモードよりも用途が広いでしょう。
アウトドア志向ならぜひ試してもらいたいシートアレンジです。

ロングモードで助手席を倒す 

ロングモードは後部座席のシートをたたむだけでなく、助手席をリクライニングするシートアレンジです。
一人の車中泊で、最大限の就寝スペースを作りたいときに役立つでしょう。

就寝時以外でも、スノーボードや釣り竿のようなアウトドアグッズを積み込むときにもおすすめです。
リフレッシュやユーティリティのようにフルフラットにならず、段差を感じるのが弱点ですが、車中泊マットで充分にカバーできます。

近年話題のソロキャンプでも、フィットをロングモードにしての車中泊が役立ちます。
一人だからこそスペースを最大限に使える強みを生かしてみませんか。

フィットの車中泊はどこまでできるか

フィットを使えば、大人2名までは車中泊が可能です。
一人で使うときと、二人で泊まる場合に分け、理想の使い方を解説します。

ソロキャンプならスペースの余裕は確保できる

近年話題のソロキャンプなら、フィットでも充分に就寝スペースを確保できます。
特にロングモードを使えば、余裕のあるスペースを有効活用しやすいでしょう。

他にもリフレッシュモードやユーティリティモードでも、窮屈さを感じずに寝られます。
特にユーティリティだと、体格によっては後部座席から荷室にかけてななめに横たわれるでしょう。
段差のような違和感も、車中泊マットでカバーできます。

フィットはコンパクトカーとしてはスペースに余裕があるので、ソロキャンプに役立つでしょう。

大柄すぎなければ大人2人まで泊まれる

フィットは大人2人での車中泊も可能です。
体格が大きすぎると窮屈に感じるかもしれませんが、そうでなければシートアレンジ次第で快適に寝られます。

前の座席をアレンジしたリフレッシュモードなら、2人並んでの就寝が可能です。
しかし後部座席をいじるユーティリティモードはスペースが限られるので、2人では厳しいかもしれません。

ロングモードも2人の車中泊には使いづらいでしょう。
後部座席全体をたたむため、運転席を倒してもフルフラットのようにはできず、一人がそこで寝るには窮屈になるからです。

制約が気になるところですが、フィットのリフレッシュモードなら2人での車中泊はできます。

車中泊のためにフィットを工夫してみよう

車中泊ではさまざまな専用アイテムを使うことで、快適性を引き上げられます。
フィットもアイテム次第で、キャンプ用の車として役立てられるでしょう。

車中泊用のマットや目隠しのグッズ、収納ボックスなど、重要なアイテムをまとめてみました。

車中泊の最重要アイテムは専用マット

もっとも重要なのは専用マットでしょう。アレンジしたシートに直接寝ると、段差で寝心地が良くありません。
しかし車中泊マットを敷けば、寝る場所の凸凹をカバーできるので、ぜひ押さえておきましょう。

車中泊マットを選ぶときは、厚さがポイントです。
特に10cm前後あれば、一枚だけで凸凹をかなりカバーできるでしょう。
素材は特にウレタンフォームなら寝心地が抜群です。 

フィットでの車中泊を考えているなら、ぜひウレタンフォーム素材の専用マットを探してみましょう。

夏場はポータブルエアコンで涼しくできる

夏場の車中泊は熱中症のリスクがあるので、ポータブルエアコンを持ち込みましょう。
フィットに備えつけられたエアコンを夜じゅう動かしていると、バッテリー上がりのリスクがあるからです。
バッテリーの切れた車では、車中泊の場所から帰れないおそれもあるでしょう。

しかしポータブルエアコンを使えば、車のバッテリーを消費せずして室内を涼しくできます。
熱帯夜の就寝時も快適に過ごせるでしょう。
夏の車中泊を考えているときは、ぜひポータブルエアコンを準備してください。 

目隠しのためのシェードとカーテンを装備しよう

車中泊では目隠しのために、シェードやカーテンの準備も大切です。
これらを窓にセットすることで、防犯対策にもつながります。

カーテンやシェードで窓をカバーすれば、外から中が見えなくなります。
車内をのぞかれたくない人にとっては、プライバシーの面で安心です。

カーテンを少しだけ開けて、朝の日差しを取り入れるような柔軟に使い方も試せます。
このようにシェードやカーテンを窓に取りつければ、安心感のある車内環境を実現できるでしょう。

小物整理にミニコンテナボックスを持ち込もう

小物整理にはミニコンテナボックスがおすすめです。
車中泊では室内で物が散らかりやすいので、片づけられる道具があれば便利でしょう。

収納用の小さなボックスは、100円均一のショップでも購入できます。
洗面道具やシューズなど、ちょっとしたものを片づけて車内をキレイにまとめられるでしょう。

車中泊以外でも、さまざまな小物を入れておくことで、常に室内をスッキリできます。
清潔感のあるカーライフに、ミニコンテナボックスは有用です。

タッチライトブロックで車のバッテリーを守る

タッチライトブロックがあれば、車のバッテリーを消費せずして室内を明るくできます。
フィットの室内灯を長時間使っているとバッテリーの無駄使いになるので、車中泊ではタッチライトブロックを使いましょう。

天井に装着し、スイッチを入れるだけで灯りを点けられます。
別売りの電池を備えておけば、2~3泊程度のキャンプにも対応できるでしょう。
特にLEDライトは性能に優れています。

キャンプにおける車中泊は、周囲の灯りが少ないことも予想されるので、タッチライトブロックは有用です。 

純正アイテム「どこリラ」に注目

フィットの純正オプションアイテムとして「どこリラ」があります。
これは枕やひじかけなど、さまざまな用途に使用できるリラックスグッズです。
サイズも小型なので片づけやすく、収納が苦手な人でも試しやすいでしょう。

使い方は、枕として頭を預けられるだけでなく、足やひじをかける道具としても役に立ちます。
ひとつのアイテムを柔軟に活用できるものは、キャンプでも有用です。

これからフィットを注文するなら、ぜひ「どこリラ」も買うとよいでしょう。 

車中泊で注意すべきポイント

車中泊ではエアコンの扱いやエコノミー症候群、防犯対策に気をつけましょう。
慣れない場所で一晩を過ごすことになるので、自身の安全を守ることが重要です。
車中泊の注意点を3つに分けてまとめました。

就寝時のエアコンの扱いに注意しよう 

就寝時はエアコンをつけっぱなしにしないように気をつけてください。
多くの車はアイドリングをかけたままでなければエアコンが動きませんが、つけっぱなしでさまざまな問題が生じます。
代表的なのは以下のとおりです。

  • アイドリングの騒音で周囲が迷惑する
  • 冬はマフラーの出口が雪でふさがれ、排気ガスが車内に流れて一酸化炭素中毒になる
  • エアコンの長時間使用はバッテリーはガソリンを消費し、切れて車が動かなくなるリスクがある
  • 地域の条例によってはアイドリング自体が禁止である

以上のリスクを分かっていても、暑い夏や寒い冬は、車内環境が厳しくて不安という人も多いでしょう。
夏場はポータブルエアコンを持ち込み、冬は寝袋や金属製ゆたんぽを持ち込むことで、エンジンオフでも車内を快適にできます。 

キャンプでは車のエアコンに頼らず、専用のアイテムで快適な環境を作りましょう。 

エコノミー症候群にも要注意

車中泊ではエコノミー症候群にも気をつけてください。
特にフィットはスペースの制約があるので、窮屈な体勢を長時間取ったときに症状のリスクが現れるかもしれません。

エコノミー症候群は、血管の中で血栓ができる症状です。
長時間座りっぱなしのような同じ体勢で、足が痛くなったり腫れたりすることもあるでしょう。
対策として小まめな水分補給や適度な運動などが挙がります。

就寝時はなるべくフラットな場所を心がけてください。
フィットではユーティリティモードを施した場所に車中泊マットを敷いたり、ロングモードでたたんだあとの助手席から後部座席にかけてのポジションで寝るとよいでしょう。

エコノミー症候群は、シートアレンジや水分補給、適度に体を動かすことなどで対策できます。 

防犯対策を忘れずに 

車中泊では防犯対策を忘れないようにしましょう。
プライバシーの管理や施錠を心がけてください。

寝ている間に車内を外から見られないためには、窓にシェードやカーテンを装着するのがよいでしょう。
これらは着替えの際のプライバシー確保にも役立ちます。 

多くの人は車を使ったキャンプで施錠を忘れがちです。
車上荒らしや盗難防止のためには、寝る前に鍵をかけることを徹底してください。
防犯対策で安全を守ることが、楽しい車中泊では重要です。 

まとめ

ホンダ・フィットはコンパクトカーなのでスペースの制約が気になる人も多いでしょう。
しかし実際はコンパクトカーとしてはゆとりのある室内なので、シートアレンジのような工夫次第で快適な車中泊が可能です。

大人2人までなら、ちょうどよいスペースで一晩を過ごせるでしょう。
ただし夏や冬の夜間の車内環境を健全に保ち、防犯対策を充分に施すことが大切です。
エコノミー症候群のような健康面のリスクにも気をつけましょう。

それでもフィットの車中泊は、専用マットをはじめとした多くのキャンプアイテムを使うことで有意義に過ごせます。
フィットが好きでアウトドア志向なら、ぜひ試してみませんか。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-フィット, ホンダ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.