フリード ホンダ

【徹底解説】フリードの寿命はいつ?買い替え時期を紹介!

皆さんは、車の買い替え時や、寿命をある程度想定していますか?急なトラブルなどで思わぬタイミングで車を買い替えなければならなかったり、まさか故障するなんて、などといやなタイミングで車の買い替えを決意しなければならないなどはありませんか?

しかし、車の寿命や、買い替え時期をある程度知っているだけでそういったタイミングを回避できることもあります。ここを気を付けていれば寿命がもう少し延びたかもしれない、買い替え時期をある程度把握していたおかげでスムーズに買い替えることができたなどと、安心できることも多いです。

そこで今回は、大人気ファミリーカーフリードの買い替え時期や寿命について解説していこうと思います。

フリードの特徴

まずは、今から解説するフリードがどのような車なのかについて、説明していきます。

ホンダが誇る大人気ファミリーカー

フリードは、ホンダが誇る大人気ファミリーカーです。スライドドアで、乗り降りがしやすく、大きな荷物の積み込みなど楽さから、幅広い年齢層に愛される車となっています。また、乗り心地も良く、長距離運転でも快適にドライブができ、遠出するのにも安心して運転していけます。

収納スペースも豊富で、2列目、3列目シートを倒すと、マウンテンバイクなども載せることができる広さです。キャンプ、釣りなどのアウトドアが好きな方にも、おすすめの車となっています。

また、ハイブリッド車もあり、燃費も良いので、運転することが多い、通勤距離が遠い方にもおすすめな車となっています。

安全面が優れている車

フリードは、安全面にとても優れています。Honda SENSINGというホンダ独自の安全装備が搭載されており、事故被害の軽減から、運転をアシストしてくれるものまで幅広い安全装置が搭載されています。

最先端の技術が多く、高速道路などでは、運転補助を行い、車間距離を見ながら自動でアクセルとブレーキを支援してくれるものから、対向車などと接触しようとすると、ステアリングを振動させ、警告を鳴らしてくれるものまで幅広い最先端技術が取り入れられています。

このことから、普段あまり運転をしない方や、久々の運転で不安がある方等、様々な方にお勧めされている車となっています。

フリードの寿命

それでは、フリードの寿命は一体どれくらいなのかについて解説していきます。

フリードの寿命はどのくらい?

寿命は約7年

フリードの寿命は約7年とされています。7年は世間一般の車でいうならば、少し短いほうだと言えます。理由としては、壊れやすいといわれている場所がいくつかあるようです。その場所について説明していきます。

CVT

まず、CVTが壊れやすいとされています。CVTとは、トランスミッションの事を指します。このCVTから異音が発生し、故障につながります。

一般車のCVTの故障につながる原因としては、変速に動かすプーリーと呼ばれる部分の滑りや、変速の時に不具合が起きたり、異物の混入が原因で故障します。しかし、フリードの場合は、CVT内部にエアーが混入し、オイルとエアーが混ざり合って異音が発生します。この不具合は、防止や対策がなく、また、修理にもかなりの費用が掛かってしまいます。

値段にしたら150000円を超える費用が掛かってしまうので乗っている期間や、壊れる頻度などを考え、一つの寿命と考えても良いでしょう。

ディーラーによっては、CVTの修理は無償で行ってくれることもあるみたいなので、壊れ始めたら1度相談に行ってみるのも一つの手です。

パワーウィンドウ

続いては、パワーウィンドウの不具合になります。パワーウィンドウに関しては、フリードだけというわけではなく、長く使えば、どんな車にも送る現象の一つとされています。

パワーウィンドウとは、サイドガラスのスライドに使われる機能の部分なのですが、こちらが劣化により、開閉しなくなる不具合が起きます。この不具合を直すには、必ず部品交換が必要になっており、修理費用は約100000円となっており、かなりの費用になってしまいます。

パワーウィンドウはスライドガラスの開閉をするたびにかなりの負荷がかかっています。不用意な開閉は劣化を早める恐れがありますので気を付けましょう。

エアコンコンプレッサー

エアコンコンプレッサーとは、エンジンの動きをベルトで伝達し、高速回転させる部品で、車の中でも重要な部分を担っています。長い間車に乗っていると、必ず摩耗してくる部分ではあります。エンジン内でも、壊れやすい部品でもあります。また、エアコンコンプレッサーは走行距離100000kmまでに必ず交換しなければなりません。

エアコンコンプレッサーの交換には100000円~150000円ほどかかるので、状況に応じては寿命と判断することが賢明なこともあります。

走行距離から見た寿命

フリードの走行距離の寿命は、約100000kmとされています。トヨタの車などに比べると少し短く感じますね。しかし、大事に扱っている方だと160000kmを超えても乗り続けているなんていう方も実際にいますのであくまでも目安として考えましょう。

一つの寿命としての判断材料であれば、100000kmの段階に一度考えてみるのがよさそうですね。

以上の事から平均寿命は大体7年くらいということが分かりました。思っているより故障に費用がかかりそうで、トラブルが相次ぐのであれば、買い替えるほうが安く済む、というパターンもありそうです。また、壊れやすいといわれている場所は困ったらディーラーに早めに相談し、プロの意見を取り入れたほうが、全体的に見切りも早く決めれそうです。

フリードの寿命を延ばすには?

続いては、そんなフリードをもっと長く乗りたい、愛着がわいて買い替えたくないという方に、どのようにすれば、少しでも長くフリードにのれるのかについて解説していきます。

細かいメンテナンスで寿命を延ばす

まず、第一の方法として、メンテナンスを怠らないことです。一見当たり前のように聞こえるかもしれませんが、意外と、車のメンテナンスを怠っている方はいます。例えば、オイル交換を決まった時期にできていない、違和感を感じた時にディーラーに見えなかったら大きな故障につながったなど、様々な失敗を耳にします。

なので、プロでなくても簡単にメンテナンスが行えるところ、また、メンテナンスをすれば寿命が延びる場所や方法について細かく説明いたします。

エンジンオイルの交換を忘れない

エンジンオイルとは、車を運転するにあたって、エンジンの摩擦によるダメージを軽減する大切な潤滑油です。このエンジンオイルの交換をきちんと行っていないと、エンジンが焼き付き、大変な修理が必要になります。オイル交換は、最低でも半年に1回、走行距離で言うと、5000km走れば、一度オイル交換はしたいところです。

金額自体もお願いしてもそこまで高くはなりませんし、工具さえあれば、自分で交換することも簡単です。しいて言うならオイルを捨てる場所さえ確保できれば大丈夫です。ぜひ、オイル交換には気を付けてみてください。オイル交換を怠るのかどうかで、寿命が顕著に変わります。

オイルフィルターの確認を怠らない

オイルフィルターとは、エンジンの動きを良くするもので、かつ、エンジン内部に入ってくる不純物を取り除いてくる大事な役割を担っています。このオイルフィルターの確認を怠り、汚いままにしていると、不純物の取り除く機能が働かず、エンジンの故障に直結し、寿命を縮めてしまいます。

なので、できるだけ確認をし、汚ければ1年に1度は最低でも交換はしたいところですね。

フリードの買い替え時

それでは次に、フリードの買い替え時について説明をしていきます。

車検のタイミング

まずは、乗っているフリードが車検になったタイミングです。車の状況にもよりますが、車検はかなりの費用が掛かります。その費用を払うのであれば、フリードを買い取ってもらい、車検代を浮かせ、新しい車を購入するのもひとつの手段でしょう。

しかし、フリードの状態がまだ良く、一度目の車検でまだまだ乗れるなどの判断の場合は、買い替え時としなくても大丈夫でしょう。

買取価格が下がるタイミング

続いては、買取価格が下がるタイミングです。新車でフリードを購入したら、大体3年毎にモデルチェンジが行われ、当時新車だったフリードも価値が下がります。こういったタイミングでフリードを手放すことで、買取価格の価値が上がり、次の車の購入が楽になります。

このような方法も、意外と買い替え時のタイミングの目安となりますので、着眼点を置き、3年目に差し掛かる時には、一度考えてみましょう。

保証がなくなるタイミング

最後の買い替え時のタイミングとしては、保証がなくなる時です。具体的に言いますと、新車で購入した場合、5年経つと、国産車の特別保証が基本的に終了します。この特別保証が終了すると、部品などの生産も終了するのです。

そうなった場合、フリードに乗り続けていて、フリードの専属部品が壊れてしまった、修理をして直したいと思っても修理部品がなかったり、非常に価値が高くなっており、普通に修理するよりかなり費用が掛かってしまいます。

そうなってしまう前に買い替え時と判断し、新しいフリードに買い替えたり、乗り換えたりしたほうが、お得に買い替えることができるでしょう。

フリードの寿命、買い替え時についてのまとめ

フリードの寿命、買い替え時についてまとめていきます。フリードの寿命は約7年で、他の車に比べ、少し寿命は短いということを覚えておくといいでしょう。壊れやすい箇所が何か所かありますので、そういったところを気を付けて確認することと、日々のメンテナンスを怠らなければ、寿命は延ばすことは可能です。

買い替え時については、いくつかタイミングがありますので、乗っている方の一番良いタイミングを選び、買い替えることでお得に乗り換えれたり、損をしなくて済むので最善のタイミングを選べるように備えておきましょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-フリード, ホンダ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.