フリード ホンダ

フリードの人気モデルは!?フリードのモデルチェンジを紹介!

2008年に登場したフリード。
ミニバンの中でも3列シートなのに小さい車体で女性でも運転しやすく利便性・機能性に優れていることからファミリー層を中心に人気が高く2016年に2代目としてフルモデルチェンジし更にユーザーを選ばないフリードの人気は衰えないままです。
人気の秘密はコンパクトながら室内が広く小回りが利いて狭い道でもスイスイ走れることでしょう。
シートのバリーエーションも豊富なのでシーンに合わせて大家族でも余裕の広さ。
またアレンジ次第で大きな荷物から長いものまで積むことが可能でフラット状態にして車中泊も出来るんです。
無限大の使い道ですね。

細部まで優しいこだわりで低床設定で小さなお子さんや年配の方でも乗り降りしやすいスライドドアに、Honda SENCINGによるホンダ独自の先進技術の安全性能機構を搭載し快適、安全なドライブを楽しめます。
ハイブリットやガソリン車はもとより5人乗り、6人乗り、7人乗りに4WDとラインナップを取り揃えライフスタイルに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

常にマイナーチェンジや改良を続け、よりコンパクトに、より快適な室内空間に、より安全な車と成長してきたフリードですが中でも1番人気のモデルとモデルチェンジしフリードがどんな変化を遂げたかを紹介していきます。

フリードの歴史

2008年発売の初代フリード

2008年に新登場したフリード。
3列シートでありながらコンパクトミニバンとしてスライドドアも装備し街乗りに使いやすい車と注目を集めました。
発売後1ヵ月後には目標の5倍の売り上げをみせ同年の下半期ミニバン販売台数で1位を獲得。
人気の高さが伺えますね。1.5Li-VTEC4気筒エンジン搭載で安定した強い走りと最小回転半径5.2mの小回りのよさ、また低床にこだわり両側スライドドアの利便性を兼ね備え好調な売れ行きを見せました。

モビリオの後継者として登場したフリードですがそのボディはスタイリッシュでユーザーを問わないデザインとなっています。
3列シートで5~8人乗りのラインナップでグレードは3種類。
2009年には新タイプのジャストセレクションを追加し2010年には特別仕様車ハイウェイ エディションを発表し、また2列シートのスパイクをサブネームとして独立させました。
ラゲッジスペースの広い使い勝手の良いスパイクはアウトドア志向の人にも人気を集め2011年にはこのクラスでは初のハイブリット車が追加となり3列目を3席から2席へと変更しスペースの拡大、また2013年2015年にもそれぞれ特別仕様車を発売。

車名の由来はFreedom、自由な発想で追い求めた車。まさにフリードですね。
フリードプラスはその名の通りフリードのいいところに新たにプラスすると言う由来だそうです。
まだまだユーザーの求める車へと進化を遂げそうですね。

幾度のマイナーチェンジ、改良

フリードは発売から毎年マイナーチェンジや改良を重ねられています。
より安全により快適なユーザーが求めるフリードへ変化を遂げていますね。
2010年のマイナーチェンジではECONボタンが追加となりエアコンの効かせすぎやアクセルのスロットルが大きくなりすぎないように抑制し燃費の向上につなげています。
2011年のマイナーチェンジではエコアシストの装備により更に低燃費となりフロントウィンドウに遮音機能付きガラスを装備し静寂性をアップし乗り心地が快適になりました。

2012年には右側パワースライドドアをメーカーオプション設定にし2014年にはスーパーUVカットを装備しプラズマクラスター機能のエアコンを標準装備しました。

2016年注目を集めての発売!2代目フリード

2代目フリードとともにスパイク改めフリードプラスとして登場しました。
2017年には走りと乗り心地を追求した最上級クラスのModuloを発売

前モデルよりも車体が50mm長く室内の長さも430mm長くとコンパクトさはそのままに5ナンバーの規格ギリギリに抑えています。
安全面に快適性、乗り心地にと細やかな改良を加えられスライドドアは両側パワースライドドアとなりいっそう子育て世代のファミリー層の人気をがっちりつかんでいますね。

外装的には細かな実用性や利便性に対する改良はありますがボディのデザイン自体は大きな変化はなくフロントガラスやバックガラスが大きくなった分車体が引き締まったイメージがあります。
その分視界が広がり運転も負担なく死角を作らないデザインになっていますね。

フルモデルチェンジした2代目フリードのラインナップは?

フリードのベースともいえる「B」

6人乗りでガソリン車のみ価格は1,997,600円。
パワースライドドアが装備されていないのが大きな違いでしょうか?
開口部も広いスライドドアなのでパワースライドドアでないと開閉に苦労しそうですが2列目をあまり使わないのなら必要な装備でないのかもしれませんね。
あえて省いて価格を抑え標準装備の「G」との価格差は162,000円ほど。
それ以外の装備は十分なものが付いていて安全装備は標準なのでライフスタイルのシーンに合わせての検討でしょう。

内装装備の充実とコスパのいい「G」

1番人気のグレード「G」こちらは両側パワースライドドアが標準装備
ファミリー層に人気のポイントにもなるのでやはり欲しい装備です。
さらにオプションでハンズフリースライドドアを装備すれば足をかざすだけで開けることができ大きな荷物や赤ちゃんを抱いているときなど嬉しいですね。

SUVテイストのスタイリッシュな「CROSSTAR」

専用のパーツが多く外装も内装もノーマルモデルとの違いを感じさせます。
5人乗りと6人乗りが設定されSUVテイストではありますが標準のフリードとあまり変わりはありません。
ただ外観は人気が高く前後バンパー、ルーフレールに専用のホイールとSUV好きにはたまらないボディに仕上がっていますね。

乗り心地と走りを追求した最高級クラスの「Modulo」

専用LEDフォグライトや専用フロントエアロバンパー、専用フロントグリルとボディのフロントはかなり攻めています。
内装も専用シートでブラックを基調にシックな高級感を出していますね。かなりの特別感。
外装は風を味方につける工夫3つのフィンガ装備されていて安定性や上質なコーナリングを可能にしています。
走りにとことんこだわったグレードです。

フリードの人気の衰えない秘密は?

モデルチェンジごとにバージョンアップするフリードの利便性

フルモデルチェンジし利便性もこんなに快適に。

両側スライドドアがファミリー層からは特に人気のポイントでしょう。
パワースライドドア(B以外)は大きな荷物を持っているときや赤かちゃんを抱っこしている時など鞄から鍵を出さなくてもいいのでとても便利ですね。
また新たに追加されたオプションで装備できるハンズフリースライドドアは足をかざすだけでドアを開けることができドアノブ付近にあける際にうっかり傷をつけてしまうようなことも防げます。

低床でスライドドアへのステップ高は390mmと低くくなりお子さんでも年配の人でも乗り降りが楽です。
開口幅も665mm高さも1,170mmと広い空間を実現し、またフリードはフロア位置を50mmほど低くしているのでより乗り降りしやすい工夫がされているのが分かります。
狭い駐車場でもドアの開閉に困ることもなく、子供がいきなりドアを開けて隣の車や壁にぶつけた!何てこともありません。
子育て世代に人気のスライドドアは工夫や嬉しい装備で快適になっています。

フリードの実用性 モデルチェンジごとに燃費率もアップ!

最小回転半径は初代から変わりなく5.2mと小回りが利くので駐車場でも1度の切り返しで負担なく停められます。
フロンドガラスが広くインパネは初代から水平でフラットなイメージですがフルモデルチェンジ後はよりすっきりしたデザインで圧迫感をなくし視界の邪魔をせず前方の死角を限りなくなくしています。
ただボンネットの先が少し見えにくいのでコーナーを曲がる時慣れるまではギリギリに感じるかもしれません。
後方の視界も広いのですがコンパクトミニバンの弱点でもある車体の真後ろは見えにくいのでバックモニターで確認が必要です。

初代フリードの燃費はガソリン車がJC08モード16kmでしたが2010年にECONモードが追加されエアコンの効かせ過ぎを防ぎ、アクセルのスロットルが大きくならないように抑制し燃費率アップに貢献しています。
2011年にはエコアシストの装備により同年追加されたハイブリット車はJC08モード21.6kmを達成し細やかな運転抑制機能などを使い現在の燃費はハイブリット車がJC08モードで27.8km、ガソリン車でもJC08モード19kmまで実現しています。
コンパクトとは言え3列シートで荷物を乗せているとすればまずまずの燃費でしょう。

大幅に進化したフリードの安全面

緊急自動ブレーキが装着されていなかった初代から2代目は緊急自動ブレーキを含め安全をアシストしてくれる機能がついた「Honda SENSING」が装備されています。

  • Honda SENSINGポイント

    • 突然の人の飛び出し、前方の車の急ブレーキなどを感知して衝突を段階的に教えてくれる機能
    • 誤発進による衝突を抑制
    • 車線の真ん中を走るようにハンドルを補正し車線のはみ出しも防ぎます。
    • 丁度いい車間距離を保ち前方の車が発進したことを知らせてくれます。
    • 標識などの見落としがないように知らせてくれる機能。
    • ブレーキとアクセルの踏み間違いを軽減し後方への衝突を防ぎます。

安心してドライブが楽しめる機能が満載です。

またフルモデルチェンジにより追加となったLEDヘッドライト(タイプ別)は長持ちするだけでなく遠くまでを照らし暗い夜道や見通しの悪い雨の日なども明るく見やすくしてくれます。
ヘッドライトは明るさを感知し自動で付いたり消えたりしてくれ、うっかりの消し忘れも防げるので嬉しい装備ですね。
やむ得ず急ブレーキを踏んでしまったとき後続車にハザードランプが高速で点灯し知らせ衝突の危険を軽減。
坂道の発進の際のペダルを踏みかえる瞬間に思いのほか下がってしまってヒヤっとなったことないですか?
フリードは約1秒間後退するのを抑制してヒヤリをなくします。

車は思わぬ事故を起こすこともあります。
しっかり抑制、軽減する事により大きな事故を防ぎます。
常に改良を重ねて安心して乗れる車フリードにますますなっていますね。

フリードのここが魅力!

フリードのアレンジ能力

室内の広さが自慢のフリードは発売当初からシートのアレンジは豊富です。
3列シートを片方だけ倒したり格納したりして大き目の荷物を3列シートを倒して4人~5人乗せて荷室も広げてちょっとした遠出バージョン。
2列目は片一方ずつ倒せるので人も乗せながら長いじゅうたんなども乗せられるスペースができます。
1列目のヘッドを取り1列2列を後ろに倒すと長距離の休憩に休めたりマットを引けば車中泊も可能になります。
2列目のヘッドを外し倒すと運転しながら後部スペースで目的地まで子供を寝かせて向かうこともできます。
シーンに合わせてアレンジできるのは室内の広さがあるからですね。
無限大の使い道です!

フリード自慢の室内と荷室の広さが更に広く使いやすくなっている。

室内サイズはフルモデルチェンジにより全長が420mmも長くなり3,045mm。
横幅は1,455mmx高さ1,275mmとなっています。ボディサイズを前モデルより50mm長くしたのに対し室内の長さが420mm長くなっていることからもホンダの室内空間へのこだわりが見られますね。
室内は高さがあるので乗り込みやすく小さなお子さんの着替えなども楽にできるのは子供を持つ世代には嬉しいポイントです。

初代は3列目がどうしても補助席のような扱いでしたが2011年には3席を2席と変更し8人乗りをなく、2016年にはフルモデルチェンジにより1列目~3列目全てのヒップポイントが90mm拡大した事により特に窮屈に感じていた3列目に座ったときの足元の空間が広く足を組んでも余裕のスペースになっています。
2列目のスライド幅も120mm広げ360mmになったことによりスライドドアを開けた時に乗り込みやすくなり6人乗りのウォークスルー幅も広がった事により車内の移動が快適になりました。

荷室は開口部の高さ1,110mmx横幅1,080mmx開口部高さ480mmx奥行き250mmです。高さも幅も十分ですね。
ただ3列シートの状態だとかなり奥行きが狭いです。
ベビーカーでさえ横に倒して乗るか乗らないかと言ったところ。
でも格納すると約900mmと一気に3倍の長さになり広々荷室となり高さもあるので大きな家電や子供の自転車なら積めるスペースが出現します。
ただ3列シートは跳ね上げ式なので荷物の形状によっては乗せられないものがあるので要注意です。
若干出っ張りが後ろの視界を邪魔にしているようなのも難点ですね。

2列目も格納してしますとフリードは1,400mm、フリードプラスは1,900mmとちょっとしたお昼寝や車中泊まで出来る大空間となります。
高さがあるので広がりを感じ座っても頭上に余裕があるのは嬉しいです。
車内でランチなんかもできそう!
フリードプラスの荷室までの高さは335mmと低めに設定されているため重いに持つでも楽々乗せられます。
左右にはユーティリティフックが各10個付いていてオプションのボードを取り付ければ荷室を上段、下段に分けて使い分けることができます。
ボードをひっくり返せばワイパブル仕様になっているので濡れたものでも気にせず乗せられます。
アクセサリソケットも装備されているのでドライブの途中にハッチバックを開けて休憩を土地ながら荷室で充電や音楽を聞いたりも可能ですね。

フリードの人気のモデルはやはり「G」

断然人気ガソリン車の「G」モデル

フリード販売数で約6割の売り上げです。
その中でもガソリン車が60%
ハイブリット車が40%でガソリン車でも燃費がJC08モード19kmと低燃費で価格が抑えられているので選ばれているようです。
価格は2,160,400円~2,418,900円。
ハイブリット車と比べると約400,000円ほどの価格差になります。
両側パワースライドドアが標準装備されて安全装備も付いているのでコスパ的にも十分快適な「G」です。

中古車市場でもやはり「G」の人気は高く1番出回っているモデルです。
初代のモデルでもまだまだ市場に出ています。1番多いのは2017年式の「G」モデルで価格は1,000,000円~2,600,000円からと広いですが選択肢の幅はたくさんあります。

2代目ハイブリット車に比べて付いていない装備はLEDヘッドライトや車両接近通報装置ですがLEDヘッドライトはオプションでつけると70,200円となります。
またCパッケージのオプションは48,600円で内容はUVカットガラスやエアコンのプラズマクラスター、運転席と助手席のシートヒーターにロールシェードと快適性が格段に上がる装備です。
暑い夏や寒い冬、花粉の季節などももう気になりません。
ハイブリット車かガソリン車かは用途で選ばれるのがいいですね。

何人乗りが人気?

リード人気は7人乗り!

フリードは8人乗りがなくなり5人~7人乗りがあり、5人乗りは2列シートで荷室を大きく取ったフリードプラスのみです。
6人乗りと7人乗りの違いは2列シートにあり6人乗りはキャプテンシートで独立しています。
運転席と同様なホールド感のあるシートで長距離のドライブでもゆったり座れて疲れません。

スライド幅も拡大され360mmとなり荷物や人により調節が可能。
ウォークスルーの幅も50mm広がったことにより車内の移動がスムーズになりました。

カラー人気で言うと?

やはりプラチナホワイト・パールが堂々の1位です。
独特の深みのある白でパール色なのできらきら輝いて綺麗です。ただ水垢などはどうしても目立ってしまうので洗車はまめにすると綺麗を保ってくれ傷も目立ちにくいので買取市場でも高値がつく人気のカラーです。
ただパールはオプション色で33,000円が別途かかります。特別感が増しますね。

2位はクリスタルブラック・パール
重厚感のある黒でエアロパーツを装着ししたりすると全身真っ黒のボディはかなりの迫力があります。
3位はスーパープラチナグレー・メタリックでこちらもオプション色になりますが汚れが目立ちにくく濃いグレーでメタリックが上質な質感を出しています。

前スパイクから引き続きアウトドア志向のユーザーからも支持を得ているフリードプラス

今流行の車中泊を可能にしてくれるフリードプラス。
普段使いにも乗りやすく利便性にも安全面でも優れアレンジ次第でキャンプ気分も味わえるのは嬉しいです。
カスタマイズで自分仕様にしていくとよりお出かけが楽しくなります。
専用のアクセサリーがたくさんあり、また自分でDIYして棚や別途まで自作している人もいますね。
荷室が広いといろいろなことができますね。

フリードのモデルチェンジは?人気モデルのまとめ

名前の由来になったFreedom自由な発想で改良を重ねられコンセプトであるコンパクトながら広い室内空間はそのままに実用性・利便性・安全面に力を入れ大幅にバージョンアップに成功し、子育て世代のファミリー層からアウトドア志向のユーザーにも指示され益々好調な売れ行きを見せています。
あったらいいなとあってよかったを実現したフリードだからでしょう。

中でもモデル「G」は中古車市場でも人気があり台数も多く街乗りにも遠出にも快適な走りを見せるフリードだからこそですね。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-フリード, ホンダ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.