フリード ホンダ

フリードの維持費を内訳別解説【ガソリン代・車検費用・自動車税・保険料等】

皆さんは車を購入する際、どんなところを見てから購入に至っていますか?燃費や外観、その他自分の生活のスタイルに合わせて車を選ぶ方が多いですよね。そんな車を購入した際に、維持費については皆さんどこまで理解できているでしょうか?

維持費と一括りに言っても、その中身は様々です。ガソリン代や車検費用も維持費の内訳に入っているのです。そんな、意外と知っているようで知らない維持費の内訳について今回は解説していきます。

維持費も各車ごとに値段がかかるので、今回は大人気ファミリーカーフリードの維持費の内訳をみていきます。フリードは、ファミリーカーなのにコンパクトで、運転の不慣れな方でも、細い道や、駐車も楽で、スライドドアということもあり、おおきな荷物の積み下ろし、お年寄りの乗り降りも簡単で、大変おすすめの車です。そんなフリードの維持費は安いのか、また、どんなところで費用が多くかかるのかなどについて徹底解説していきます。

それでは見ていきましょう。

フリードはどんな車?

まずは、フリードという車が一体どんな車なのかということから解説していきます。

フリードは、ホンダが誇る大人気コンパクトミニバンで、3列シートがあるファミリーカーとなっています。収納スペースが広く、スライドドアなので、大きな荷物の積み下ろしも楽にでき、子供からお年寄りまで乗りやすい便利な車になっています。

乗り心地も良く、ファミリーカーなのに長距離運転も可能にしていることから、アウトドアが好きな方にもおすすめできる車だということも特徴になっています。

フリードの維持費とはこんな料金がかかる

続いて、フリードにはどんな維持費用がかかるのかを解説していきます。

自動車税

まず、フリードにかかる維持費の一つとして、自動車税があります。自動車税とは、毎年4月1日に、自動車を所有している人が国に納めなければならない税の事です。その費用は用途や、排気量によって各車両毎に納める金額が変わります。

フリードにつきましては、排気量が1000cc~1500cc区分に当たるのでおよそ30500円~34500円になります。

この自動車税には、重量税というものが合わせてかかります。重量税とは、車両重量によって金額が変わる税金の事です。ガソリン車、ハイブリッド車共に、エコカー減税対象であれば、重量税が安くなるパターンが存在します。対象の場合のフリードであれば、重量が1000kg~1500kgなので7500円エコカー減税対象外のパターンであれば、約24600円となります。

あくまで税金ですので、年毎によって変化することがあるので、年毎や、タイミングをみて確認をすることをおすすめします。

ガソリン代

一見、維持費にカウントされるのかと思わせるガソリン代ですが、こちらもしっかり維持費の内訳として入ってきます。フリードの年間にかかるガソリン代は、走行距離によって変わります。

フリードの燃費は、ガソリン車ですと約19.3km/Lとし、その走行距離とガソリン代で算出されます。年間5000Km走行すると設定した場合、5000÷19.3km/L=259.1Lとなります。この259.1Lにガソリン代を合わせると、259.1L×128円=33251円が年間でかかるガソリン代の維持費という計算です。

このように、走行距離と実燃費により、ガソリン代は変動されるので、一概に何円かかるとは言えないのですがフリードの自分で乗っているときの燃費を確認し、ここに書いてある計算方法を使い、算出することが可能なので、一度確認してみてください。

車検費用

続いての維持費の内訳として入ってくる費用は車検費用です。車検費用とは、自動車検査登録制度と言い、車が安全面、環境面などが、国に決められた基準通りの車であるかを検査するものです。

期日としては、新車購入より3年後、その後は2年おきに車検を受ける必要があります。車検には、法定費用、車検基本費用、部品交換費用と3種類大きく分類することができます。

法定費用とは、自賠責保険、自動車重量税、印紙代の事を指します。車検基本費用とは、定期点検料、測定検査料、代行手数料のことを指します。

以上の料金が合わさり、車検費用となります。フリードの車検費用は、検査料約11000円、自賠責保険料21550円、自動車重量税24600円、印紙代1100円の合計58250円がかかり、ここに部品交換、修理などがあれば、別途で乗っていくという形です。

大体6万円以上はかかると考えておきたいですね。

保険料

そして、維持費にもう一つかかってくる費用として、保険料があります。保険料とは、いったいどのようなものがあるでしょうか。それは自動車保険です。等級や走行距離などで金額は変化しますが大体の例を紹介します。

15等級の場合だと、30歳以上で、年間走行距離が10000Km以内の場合だと、およそ60000円です。20等級の場合だと45000円程度となります。

任意保険はどこに加入するか、支払い方法などで金額の変化が大きいです。自分に合った保険会社と契約するために、色んな保険会社と相談してみるのが最善の判断と言えるでしょう。

合計でかかる維持費の年間費用は?

以上の、維持費の解説から年間フリードはどのくらいの維持費がかかるでしょうか?乗っている人、入っている保険、フリードの状態などで、金額は変化が大きいので大体で確認してください。

フリードの年間維持費用は、自動車税30500円、ガソリン代30000円~50000円、車検費用約50000円、任意保険40000円~50000円、以上の事から少なくとも16万円以上はかかると思っていてください。

フリードの維持費用の節約方法は?

続いては先ほど解説した、必要となる維持費用は少しでも安くならないのかということをテーマに、費用の節約方法を紹介、解説していきます。

ガソリン代の節約方法

まずは、一番節約することができそうなガソリン代について説明していきます。先ほども解説した通り、フリードに年間かかるガソリン代は、約3万円~5万円ほどかかります。意外と、維持費用の中でもガソリン代は大部分を占めていて、ばかにできない金額です。

それでは、どのようにしてガソリン代を節約するかがポイントになります。まずは、年間の走行距離で考えた時に、長距離の運転があり、走行距離が多い方は、ガソリン車ではなく、ハイブリッド車の購入を視野に入れるという方法です。ハイブリッド車であれば、初期の車代はガソリン車より高いものの、年間を通してみると節約料金は大きく下がります。

そもそもそこまでの走行距離を年間を通して走らない方はガソリン代を節約するほどの金額にはならないと思うのでフリードにおいては気にする必要なないと思われます。

保険料の節約方法

続いて、保険料は節約できるのかについて解説をしていきます。保険料の節約は保険会社の選択で大きく変わります。自分の年間の走行距離、事故歴、等級などと、変化するポイントは様々です。また、保険会社により、どこを重点を置いて値段が変わるかも会社毎に違うので、できるだけ多くの保険会社と相談し自分にあった保険を見つけることが最善の節約方法と言えるでしょう。

フリードを購入される方は、家族で使う場合が多いと思いますので、家族全員が乗っても保険が下りるものなどの保険をメインで考えてくれる保険会社などの選択がおすすめです。

車検費用の節約方法

そして、車検費用についても、節約の余地はあります。それは、部品交換など、できるところはできるだけ自分ですませるという方法です。例えば、タイヤ交換が車検を通した結果ある場合、工賃込みで54000円ほど費用が掛かるところを自分でタイヤ交換をすれば、約30000円で済みます。

このように、オイル交換や、ヘッドライトの曇り、ワイパーブレードなど、自分でショップに行き購入し、自分で部品交換をできるものをするだけで、工賃はかかりませんし、部品代も安く済むケーズが非常に多いです。点検費用や検査費用を下げれない分、こういった自分でできることをするだけで車検費用をぐんと落とすことができます。

このようなちょっとした工夫で、維持費用は節約することができるので、できることがあればぜひ挑戦してみてください。

フリードの維持費についてのまとめ

フリードの維持費について解説してきたことをまとめていきます。まず、年間を通してフリードの維持費用は17万円くらいを想定しておくべきだと思いました。維持費用としては、ガソリン代、車検費用、保険料は、やり方次第で抑えることもできるのでできるだけ抑えて年間維持費用を抑えていきたいところです。

フリードはファミリーカーということもあり、大人数で乗ることが予想されるので、保険はしっかり確認しておきたいですね。アウトドアとして使用したい、長距離運転が見込まれる場合は、ハイブリッド車を購入し、ガソリン代を浮かせることで、結果的にお得に済むことが多そうです。

フリードは比較的に年間を通してかかる維持費用は高くない車ですので、節約できるところをできるだけ節約し、お得にフリードが乗れるようにしましょう。

損をしない賢く愛車を高く売る方法!

愛車を手放す際にどのような方法を考えますか?

「とりあえずディーラーに下取りを出す方が良いのかな〜」
「近くの中古車販売専門店にとりあえず行ってみようかな」

上記のように検討されている方も多いかと思います。ただ、この方法だと他社と比較するにも時間もかかるし、ほかも後で検討しようと思っても途中で面倒になって「まーいいや!」と妥協して売却されるケースが多いように感じます。

これだとディーラーや中古車販売専門店の思うツボです。。
そうならないためにはどうしたら良いのか・・・
ズバリ!最初に「自分の愛車の相場を知る」ことが一番重要になってきます!!

初めて自分の愛車を売却する際は、どうすればよいのか右も左も分からない方も多く、費用の相場もまちまちで余計にわからなくなられる方が多いのが現状です。
もちろん、初めての経験だとわからないことは無理もないのですが、そこを上手く業者につかれてしまうと損することにもなります。

そこで、まずは自分の愛車の相場が実際いくらなのかを知ることによって、足元を見られることもなくなります。

「車査定比較.com」を利用することであなたの愛車の相場を把握することできます!

「車査定比較.com」ってどんな会社?

「車査定比較.com」とは、どんな会社なのか下記にポイントをまとめました。

ポイント

  • 高く車を売ることができる!(車を売った人の77.5%が高く売れている)
  • 利用者が200万人以上!
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼ができる!
  • 査定時の満足度80%以上(2018年9月〜12月データ)

この「車査定比較.com」を利用して、まずは自分の愛車の相場を把握してみてください!
買取会社によって、費用が異なってくることも理解できるかと思います。

相場が分かれば、ディーラーや中古車販売専門店に行ってみてください。
そこで「車査定比較.comのサイトを利用したところ、この車は〇〇万円が相場のようです。ここだと、この車はいくらで買い取ってくれますか?」と聞いてみてください。
この時に他の買取業者にも既に確認していたら、「A点では〇〇万円で買い取ってくれるそうです」と付け加えてみるのがオススメです!

「車査定比較.com」を利用したからと言って絶対にこのサイトで売却しなければならないかと言うと、答えはもちろんNOですのでご安心ください。

このように対応することで、ディーラーや中古車販売専門店に足元を見られることもなく、ご自身が希望する金額に最も近い価格で売却することができるかと思います。

少し手間だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この少しの手間を挟むだけで何万円〜何十万円の金額を損すること可能性を減らすことができるので、是非利用してみてください!

車査定比較.comはコチラ

-フリード, ホンダ

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.